\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「オデッセイ」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「オデッセイ」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「オデッセイ」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『オデッセイ』ってどんな作品?

アンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」を映画化した冒険心と科学へのパッションに満ちたサバイバルSF『オデッセイ』。

火星にひとり取り残された宇宙飛行士が極限状態の中でも人間性を失わず、地球帰還への希望をもって生き続ける様子を緻密な科学描写とともに描いています。

主人公マーク・ワトニー役は、今作品でアカデミー主演男優賞ノミネートされた「ボーン・アイデンティティー」、「インビクタス 負けざる者たち」のマット・デイモン

「エイリアン」「ブレードランナー」などSF映画の傑作を製作してきた巨匠リドリー・スコットがメガホンをとりました

デヴィッド・ボウイの名曲「スターマン」を背景に、クライマックスに向けて登場人物たちが主人公を助け出すために一丸となって動き出すシーンに感動すること間違いなしです。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「オデッセイ」のフル動画はU-NEXTで配信中!

「オデッセイ」は本来有料(ポイント作品)ですが、31日間無料トライアル600ポイントプレゼントを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【1月1日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「オデッセイ」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『オデッセイ』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

オデッセイの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「オデッセイ」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
×
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年8月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpTELASAの4つのサービスで「オデッセイ」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「オデッセイ」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「オデッセイ」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『オデッセイ』の作品情報

      基本情報

      作品名オデッセイ
      原題The Martian
      原作
      制作年2015年
      製作国アメリカ
      制作会社(配給会社)20世紀フォックス映画
      公開年(公開日) 2016年2月5日
      上映時間(話数)142分
      公式サイトhttp://www.foxmovies-jp.com/odyssey/
      公式Twitterhttps://twitter.com/odysseymoviejp
      公式Facebookhttps://www.facebook.com/OdysseyMovieJP/
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      アンディ・ウィアーのベストセラー小説「火星の人」を映画化した冒険心と科学へのパッションに満ちたサバイバルSFオデッセイ』が今作品です。

      火星にひとり取り残された宇宙飛行士が極限状態の中でも人間性を失わず、地球帰還へ希望をもって生き続ける様子を緻密な科学描写とともに描いています。

       

      火星での有人探査の最中、荒れ狂う嵐に巻き込まれ取り残されてしまったワトニー。

      ミッションに参加した6人のクルーたちは緊急事態を脱するため、死亡したと推測されるワトニーを置いて探査船を発進させ、火星を去ってしまいます。

      しかし、奇跡的に死を免れていたワトニーは、独りぼっちで火星に取り残され、酸素も水も少なく地球との通信手段もなく、食料は31日分しかありませんでした。

      そんな絶望的環境でも、彼は4年後に次の探査船が火星にやってくるまで生き延びることを諦めません。

      ワトニーは植物学者としての知識を活かし、前回のミッションから基地内に残留保存されていた資材を材料に水、空気、電気を確保します。

      また、物資の中にあった「生のジャガイモ」を発見し、火星の土と「クルーの排泄物」から耕作用の土を用意し、ジャガイモの栽培に成功しました。

      やがてワトニーの生存を知って衝撃を受けたNASAや同僚のクルーは、地球上のすべての人々が固唾をのんで見守るなか、わずかな可能性を信じて世界中から科学者を結集し、前代未聞の救出プランを実行していきます。

       

      主人公マーク・ワトニー役は、今作品でアカデミー主演男優賞にノミネートされた「ボーン・アイデンティティー」、「インビクタス 負けざる者たち」のマット・デイモン

      宇宙船船長役「ゼロ・ダーク・サーティ」のジェシカ・チャスティン、NASA長官役は「イカとクジラ」のジェフ・ダニエルズ、火星探査責任者役は「それでも夜は明ける」のキウェテル・イジョフォー、「LIFE!/ライフ」のクリステン・ウィグが脇を固めます

      「エイリアン」「ブレードランナー」などSF映画の傑作を製作し、「グラディエータ」でアカデミー賞作品賞、ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞を受賞の巨匠リドリー・スコットがメガホンをとりました

      今作品ではナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2015・監督賞、主演男優賞、脚色賞、ゴールデングローブ賞 映画部門 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞しています。

      本作品の製作には、NASAの惑星科学部門の責任者ジェームズ・グリーンが雇われました。

      グリーンは製作チームの科学的正確性を追求する姿勢を高く評価しています。

      ワトニーが水を作るために用いた電気分解の技術は、NASAの火星探査機でも実際に使用されているものであり、放射性同位体熱電気転換器を使って熱を発生させた方法も実際に可能です。

      ラストまでの成功や絶望、希望のアップダウンにハラハラドキドキ、主人公に感情移入しながらお楽しみください

      キャストとスタッフ

      映画『オデッセイ』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • マーク・ワトニー:マット・デイモン
      • メリッサ・ルイス:ジェシカ・チャステイン
      • アニー・モントローズ:クリステン・ウィグ
      • テディ・サンダース:ジェフ・ダニエルズ
      • リック・マルティネス:マイケル・ペーニャ
      • ミッチ・ヘンダーソン:ショーン・ビーン
      • ベス・ヨハンセン:ケイト・マーラ
      • クリス・ベック:セバスチャン・スタン
      • アレックス・フォーゲル:アクセル・ヘニー
      • ビンセント・カプーア:キウェテル・イジョフォー
      • ドナルド・グローバー
      • マッケンジー・デイビス
      • ベネディクト・ウォン
      • ニック・モハメッド
      • チェン・シュー
      • エディ・コー
      詳細を見てみる

      主演のマット・デイモンはアメリカ、ボストン出身です。

      この投稿をInstagramで見る

       

      Matt Damon(@matt_damon_official)がシェアした投稿


      10代の頃から役者を志し、ハーバード大学在学中に端役で映画やテレビに出始め、大学は中退します。

      1988年、ハーバード大学在学中にジュリア・ロバーツ出演の「ミスティック・ピザ」で映画デビュー。

      その後、「青春の輝き」、「ジェロニモ」、「戦火の勇気」などに出演します。

      無名時代、幼馴染のベン・アフレックと脚本を執筆・出演し、長い年月と紆余曲折を要した「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」でアカデミー脚本賞を受賞、アカデミー主演男優賞にもノミネートされ一躍注目を浴びました。

      その後「プライベート・ライアン」、「リプリー」、「オーシャンズ11」で人気の若手スターに。

      2002年、アクション映画「ボーン・アイデンティティー」が大ヒット、2004年には続編に出演、2007年にシリーズ3作目「ボーン・アルティメイタム」では2億ドルを超えるヒットとなりました。

      マーティン・スコセッシ監督のアカデミー賞受賞作「ディパーテッド」、ロバート・デ・ニーロ監督の「グッド・シェパード」に出演、クリント・イーストウッド監督の「インビクタス 負けざる者たち」ではアカデミー助演男優賞にノミネート

      その他「トゥルー・グリット」、「インターステラー」など名監督の作品で活躍します。

      2015年、リドリー・スコット監督の今作品『オデッセイ』でゴールデングローブ賞コメディ/ミュージカル部門の主演男優賞受賞、アカデミー主演男優賞にノミネートされました。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:リドリー・スコット
      • 製作:サイモン・キンバーグ、リドリー・スコット、マイケル・シェイファー、アディッティア・スード、マーク・ハッファム
      • 原作:アンディ・ウィアー
      • 脚本:ドリュー・ゴダード
      • 撮影:ダリウス・ウォルスキー
      • 美術:アーサー・マックス
      • 衣装:ジャンティ・イェーツ
      • 編集:ピエトロ・スカリア
      • 音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
      詳細を見てみる

      監督のリドリー・スコットはイギリスの映画監督、映画プロデューサーです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      Little Famous World(@famous.world92)がシェアした投稿


      英ウエスト・ハートプール美術大学を経て、ロンドン・カレッジ・オブ・アートに進み、在学中に弟トニー・スコットを主演に起用した16ミリ短編「Boys and bicycle」を監督しました。

      1年間アメリカで映像編集を学び、帰国後BBCにセット・デザイナーとして入社、その後CM業界に転向し、数多くのCFを制作、各国の国際映画祭で数々の賞を受賞します。

      1977年の「デュエリスト 決闘者」で長編監督デビューし、カンヌ国際映画祭新人監督賞を受賞

      「エイリアン」や「ブレードランナー」の類い稀な映像センスと大ヒットで世界的な人気監督となります。

      1995年に映画製作会社スコット・フリー・プロダクションズを設立、映画への貢献に対してBAFTAを受賞。

      「テルマ&ルイーズ」、「グラディエーター」、「ブラックホーク・ダウン」の3作でアカデミー賞監督賞にノミネートされ、「グラディエーター」は第73回アカデミー賞作品賞、第58回ゴールデングローブ賞ドラマ部門作品賞を受賞、世界的大ヒットで名実ともに不動の地位を確立しました。

      今作品『オデッセイ』はナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2015・監督賞を受賞。作品としては主演男優賞、脚色賞、ゴールデングローブ賞 映画部門 作品賞 (ミュージカル・コメディ部門)を受賞。

      近年の代表作は「エイリアン」の前日譚にあたる「プロメテウス」、続編の「エイリアン コヴェナント」、また、「ブレードランナー」の続編「ブレードランナー 2049」には製作総指揮として携わりました。

      2003年、イギリス映画産業への貢献を認められナイトの爵位を授与されます。

      自他ともに認める几帳面な性格の持ち主で「マッチスティック・メン」公開時のインタビューでは神経質な主人公のキャラクターには自身の性格が投影されていると語っています。

      口コミ・感想・評価

      「オデッセイ」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもオデッセイを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      ハラハラドキドキ感がたまらない。絶望と希望が入り混じる感情ジェットコースターな作品

      火星に取り残されたその後・・結末までのハラハラドキドキ感がたまらない。

      地球以外の宇宙スペースに取り残され系の映画は結構ありますが、その中で一番好きなのがこの映画「オデッセイ」。気になって意味を調べてみたのですが「長い冒険旅行」という意味でした。なるほど納得!といった感じです。火星調査をしていたクルー。火星を離れる際にトラブルが起き、クルーの一人が取り残されてしまう物語です。研究用の居住スペースはあるものの、そこで長期間一人でどうやって生き抜いていくのか、現存するものを使用していかにして地球に戻る方法を模索するのかという過程や葛藤やいろんな感情の変化や動きに合わせて、自分の気持ちも変化していきました。作品への引き込まれ具合が半端なかったです。他のクルーが火星を脱出した後の絶望や葛藤なども見どころの一つだと思います。無理だと思っていた地球との交信が可能になったり、これでうまくいくと思った方法が閉ざされてしまったり、ラストまで絶望と希望のアップダウンが激しく気づけば前のめりになって見てしまう、そんな作品です。
      蓮(Ren)(40代・女性)
      詳細を見てみる

      皆で応援できる脱出映画

      明るい気持ちになれる映画

      主人公が火星に1人取り残され、地球とも中々連絡がつかないまま火星での生存、脱出の為に奮闘するというストーリーです。これだけを聞くと辛いこと続きの鬱展開しかなさそうな映画に聞こえますが、実はこの取り残された主人公はとってもポジティブ&知識豊富で火星から脱出する為に前向きに様々な行動を起こす姿は映画をみる私達に笑顔と勇気を与えてくれます。また、彼を助け出そうと動く地球にいる人達も優しい人ばかりで彼の為に試行錯誤している姿を見ると一緒に応援したくなるし、心が温まります。この映画はどの年代の人にも見やすく、明るい気持ちにさせてくれる映画です。家族で笑いながら映画を見たい人、少し落ち込んでしまっている人にオススメの映画ですので、是非観てみてください。
      えのころ(10代・女性)

      ワクワク火星生活

      意外と楽しんでいた

      最初はもっと重い話だと思っていましたが、監督がリドリー・スコット、主演がマット・デイモンということでネームバリューから見てみようということになりました。これが大正解!私はあまり重いストーリーだと感情移入しすぎて気持ちが沈んでしまうのですが、こちらのストーリーはサクサク進んでいき、軽快さも覚えながら観ることができました。火星に一人で取り残されるって…これはアルマゲドンとかそういう類の感動モノかと思って見たら良い意味で裏切られます。この置かれている状況、主人公意外と楽しんでない?なんて思ってしまうほどでした。火星を背景にしたシーンはSF感いっぱいでワクワクします。ラストも気持ちよく終わるので、観終わったあと、あー、面白かった!といえる作品です。
      猫村(30代・女性)

      人間の逞しさと可能性を感じさせる作品

      絶望の中でも諦めない人間の強さ

      火星に一人、という絶望的な状況でも、助けが来ることを信じ、地球の常識が通用しない環境で知恵を絞って生き延びようとする主人公、マークの強さに感動します。中には結構勉強になるような内容もあって、宇宙飛行士という職業の凄さを良く活かした作品でした。宇宙の暮らしを少しでも快適にできたときの喜ばしさ、そしてその中で、彼がたった一人であることに気づいた時の絶望感。まるで自分がマークの立場になったかのようなあの感覚は他の映画では味わえません。万人受けするものではないので最高点を付けるのはどうかと思いましたが、私自身はこの作品を非常に楽しめたので5点をつけさせていただきました。まだ観ていない人、そして宇宙に興味のある人には是非とも見ていただきたい映画です。
      WebクリエイターR(20代・男性)

      火星で究極なサバイバルです。

      火星はこんな感じの星なのか

      2015年公開のマット・デイモン主演の映画です。この映画は、有人飛行で火星まで飛んでいって探索をしている映画です。この映画を見ていてまず感じたのが、火星とはこんな感じの星なのかという点でした。宇宙服を着ているとはいえ人が活動できるということが驚きでした。また、絶望的な環境に取り残されていても人はなんとかして生きていこうとするあたりも驚きでした。この映画では、絶望的な環境でも希望を見いだせることができれば人は進むことができるという良い例を見せてくれます。まさか、一人で火星でジャガイモを育てて迎えが来るのを待つなんて考えもしませんでした。映画全体はとても希望に満ち溢れ見ているこちらも元気付けられます。
      mom(40代・男性)

      たった一人火星に取り残されると言う絶望に立ち向かう勇気とサバイバル力を描いた作品

      究極のサバイバル

      この映画は火星に取り残されたひとりの宇宙飛行士の帰還までのサバイバルスト-リ-である。火星から帰還作業の最中に事故で死亡したと思われたワトニ-(マットディモン)が実は生きていてたった一人火星に取り残される。水も食料も無い中、驚異的な生命力と知恵で、NASAと連絡を取り合いながら、必死に生き延びる。、NASAからは反対される中、期間中の宇宙船が引き返すことになる。たった一人火星に取り残されるとしたら身の毛もよだつ、絶望的な恐怖であるが、主人公はユーモアさえ持ちその難局に立ち向かうところがたくましい。NASAの協力の元、科学的根拠に基づいた帰還作戦がリアリティーももって描かれており、手に汗を握る作品となっている。
      とし(60代・男性)

      マットデイモン名演!未知の惑星での孤独と生死と向き合う闘いを描いた至極の作品

      前人未到のサバイバル

      とんでもない状況でのサバイバル映画。リドリー・スコット監督が描くスペクタクル作品!とにかく、マットデイモン頼みの展開。彼の演技は自然で、物悲しい悲壮感もあり、死と向き合う絶望感や、友と自分自身を信じる熱意さえも、表情・トーン・目で語るところが本当にスゴイ。NASAは彼一人の救出のために、彼が死んだと思い地球へ帰還するクルーに彼の生存を伝えないでいた。戻れば燃料が足りない。ギリギリの決断をしなければいけない歯がゆさ。彼が生きていると知り、どうにか助ける策を練るクルーたち。自分たちの命も保証がない中の友情や正義心にも心が震えた。マットデイモンがジャガイモを作り次の4年後まで生きる。という設定が、突拍子もないことだが、植物学者としての知恵と生き抜く意地が素晴らしい。最後の救出劇では、クルーたちの知恵と勇気の結集!息つく間もない展開で、心臓がバクバクするリアル感。そんなリアルは体験することもないけど、とにかく手に汗握ります!俳優陣はなんとなく地味だけど、とにかく作品力が凄い。お勧めです!
      Rii(30代・女性)

      火星でのじゃがいも作りを通じて人間のすごさがわかる作品

      ポジティブな気持ちになれる映画です

      観ていてとても元気のでる映画でした。火星にひとりぼっちにされ、次の迎えがくるまでの間生き抜くサバイバルストーリーでした。火星に独りぼっちになってしまっても、ポジティブに生き抜くことを考え、陽気に日々を過ごすマットデイモンに、こちらまでポジティブで明るい気持ちになりました。はじまってすぐに傷を治す少しグロテスクなシーンがあったり、半ばはマットデイモンがひたすらじゃがいもを作るという単調な映画で、眠たさを感じることもありましたが、その単調な描写があったからこそ、ラストスパートにかけて盛り上がりがあったかなと思いました。人間の生存能力のすごさと、生き抜く知恵のすごさを感じられる映画です。宇宙系のSF映画だと思っていたのですが、宇宙の難しい話ではなかったので、誰にでも見やすい映画だと思います。
      あおい(20代・女性)

      エンターテイメント!かつ教訓的な映画!

      現代社会を生き抜く術を学べます! 

      本編開始後直ぐに宇宙に主人公が取り残されると言うなんともベタな展開でテンションが下がったのですが、その後はジワジワと心に刺さるものがありました。全体を通して学べたのは考えて行動することの大切さです。本編中でも小さなハプニングが発生しそれを乗り越えるが更に新たなハプニングが発生して・・・と言うのを繰り返す。私たちは特に若い時には将来設計を立てて堅実に人生を歩もうとするものですが、人生には突如として予想もしなかったようなハプニングが必ず生じます。現代人は打たれ弱いと言われますが、そのような人たちも考えて行動することによって困難を必ず乗り越えられると言う教訓と励ましを送ってもらったと思います。最後の場面で主人公が自身の経験を伝える短い場面があるが、人はまさにそのようにして社会の中で成長し研鑽を積んでいくものだと思います。そのような社会の縮図をこの映画の中に見ました。
      nora(30代・男性)

      一人芝居あり、友情あり、宇宙空間でのアクロバティックアクションありのヒューマンSF作品

      火星で自給生活が面白い

      マット・デイモンが火星に残された男を演じているのだが、この人の一人芝居が主な見どころだと思う。しかもわりとこの男が優秀で自分で野菜を育てたりとそれなりに充実した火星生活をおくっているのも面白い。個人的なツボは他のクルーが残したちょっと懐かしい音楽プレイヤーを男が聞いているシーンである。一人きりの男がこの音楽に救われ、精神を保っていられたというのがよく伝わってくる。そして何よりいいのはこの映画に登場する人々の多くが善良である点である。多少の対立はあるが、男が生きている事をしった地球の人々が奔走していく姿は、群像劇っぽさもあり、そしてドキュメンタリータッチにも見える。男が死んだと思っていたクルーたちもかなり仲間思いな点も応援できる。見て損はない映画である。
      ニカ(30代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『オデッセイ』とあわせて、『オデッセイ』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      ジェシカ・チャステインのおススメ関連作品
      マイケル・ペーニャのおススメ関連作品
      リドリー・スコットのおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『オデッセイ』のまとめ

      「オデッセイ」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「オデッセイ」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【1月1日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。