映画『コララインとボタンの魔女』のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、映画『コララインとボタンの魔女』を見逃した方や無料で観たい方へ向けて、フル動画を安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『コララインとボタンの魔女』ってどんな作品?

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の奇才、ヘンリー・セリック監督が手掛ける、世界中で愛されているニール・ゲイマンの、ヒューゴー賞を受賞した、同名のファンタジー小説を映画化しました。

パラレルワールドに迷い込む主人公・コララインの世にも奇妙な冒険と成長を描く、ダークで幻想的なアニメーション作品となっています。

ちょっと生意気な主人公、コララインの吹き替えを演じるのは、「アイ・アム・サム」にて、映画俳優組合賞の助演女優賞に、最年少でノミネートされたダコタ・ファニング。

日本語版の吹き替えには、「余命1ヶ月の花嫁」日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞した、今回が初声優の、榮倉奈々さんが抜擢されました。

その他にも、日本語吹き替えでは「それいけ!アンパンマン」のアンパンマン役で有名な戸田恵子さんお笑いタレント・劇団ひとりさんなど、豪華声優陣が作品を彩っています!

今作は、構想に5年、撮影期間が4年に及ぶ、長期間を経て制作されたストップモーションを用いたアニメとなっています。

1コマごとに人形やセットを動かしつつ撮影する手法の中で、細部までこだわりが溢れており、一時も目が離せない幻想的なダークファンタジーに仕上がりました。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「コララインとボタンの魔女」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「コララインとボタンの魔女」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

\本日から【2月16日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2659円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「コララインとボタンの魔女」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『コララインとボタンの魔女』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

コララインとボタンの魔女の動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「コララインとボタンの魔女」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2659円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpHuluの4つのサービスで「コララインとボタンの魔女」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「コララインとボタンの魔女」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「コララインとボタンの魔女」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYA DISCAS TVトップ画像

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,659円(税込)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『コララインとボタンの魔女』の作品情報

      基本情報

      作品名コララインとボタンの魔女
      原題
      原作ニール・ゲイマン
      制作年2009年
      製作国アメリカ
      制作会社(配給会社)ギャガ
      公開年(公開日)2010年2月19日
      上映時間(話数)100分
      公式サイトhttps://ulm-design.com/%e3%82%b3%e3%83%a9%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%81%a8%e3%83%9c%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%81%ae%e9%ad%94%e5%a5%b33d/
      公式Twitter
      公式Facebookhttps://www.facebook.com/ulm.coltd/
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」の奇才、ヘンリー・セリック監督が手掛ける、世界中で愛されているニール・ゲイマンの、ヒューゴー賞を受賞した、同名ファンタジー小説の映画化です。

       

      11歳の少女コララインは、引越ししたばかりの古びた家で、小さなドアを見つける。

      それは、奇妙な“もう1つの世界への入り口だった

      ドアのむこうでコララインを待っていたのは、豪華で美味しい料理、綺麗な花が咲き誇る庭、愉快なサーカス、そしてコララインの願いを何でも叶えてくれる“別の”ママとパパ。

      ただ1つ奇妙なのは、ママもパパも目がボタンであること

      「こっちの世界の方が、全然素敵!」楽しくて、夜が来るたびドアを開けるコラライン。

      しかし、そんな美味しい話には罠があった。

      ある日、別のママが優しい声でコララインに語りかける。

      「ここが気に入った?ずっと居ていいのよ。ただ1つだけ条件があるの。その目をボタンにしましょう。」

      次第に明かされていく、別のママの恐ろしい秘密の数々。

      コララインは必死に現実の世界へ逃げ帰るが、本物の両親はどこかに姿を消してしまっていた…

       

      今作は、アニメ界のアカデミー賞とされるアニー賞にて、最多の8部門10ノミネートという異例の評価を受け、キャラクターデザイン賞、美術賞などをも受賞

      世界で最も権威ある、アカデミー賞の長編アニメ映画部門にもノミネートされ、全世界から注目を浴びた作品です。

      本作の脚本・監督を担当するのは、「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」で長編映画監督デビューし、第66回アカデミー賞において視覚効果賞にノミネート

      その後も、長編映画「ジャイアント・ピーチ」などで活躍を魅せる、ヘンリー・セリック。

      CGを駆使した作品が世に溢れる中で、ストップモーションの世界にこだわりを見出しているヘンリー・セリック監督。

      見るものを圧倒する、ストップモーションのリアリティの高さも去ることながら、感情に訴えかける濃密なストーリーも魅力です。

      そんな彼が、美術デザインを依頼したのが、日本人イラストレーターの上杉忠弘さん。

      日本人初のアニー賞を獲得した、上杉さんは「ベイマックス」や「リメンバーミー 」などのコンセプトアートも手掛けており、繊細なタッチながら独創性豊かな作風が、海外でも高い評価を得ています。

      独自の確立した世界観を持つ、2人の想像力が見事に融合し生まれた、主人公・コララインから見た現実と理想の世界

      その2つの世界は、巨大なスタジオに2つのセットが作られ1コマごとに人形やセットを動かしつつ撮影するストップモーションアニメとして、それぞれの世界に息を吹き込みました。

      現実と理想、2つの世界をヘンリー・セリック監督お得意のダークさとユニークさを混えて表現した、スリル満点な冒険の世界にぜひ、足を踏み入れてみて下さい!

      キャストとスタッフ

      映画『コララインとボタンの魔女』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • コラライン:ダコタ・ファニング、榮倉奈々
      • ママ、ボタンの魔女:テリー・ハッチャー、戸田恵子
      • ジェニファー・ソーンダース
      • ドーン・フレンチ
      • 黒ネコ:キース・デビッド、劇団ひとり
      • パパ:ジョン・ホッジマン、山路和弘
      • ロバート・ベイリー・Jr.
      • イアン・マクシェーン
      詳細を見てみる

      主人公・コララインの声を務めるのは、ダコタ・ファニングです。


      7歳のとき「トム・キャッツ 恋のハメハメ猛レース」で映画デビュー、同年に、ショーン・ペンの娘役で出演した映画「アイ・アム・サム」での演技が高く評価され、各種の新人賞を総なめに

      ディズニー英語版の「となりのトトロ」では、主人公の草壁サツキ役の声優を務めました。

      また、サツキの妹のメイの声は、実妹であるエル・ファニングが声を担当しているそうです。

      日本語吹き替えにてコララインを務めるのは、榮倉奈々さんです。

      この投稿をInstagramで見る

      榮倉奈々(@nana_eikura)がシェアした投稿


      NHK総合のテレビドラマ「ジイジ〜孫といた夏」で女優としての活動を開始し、フジテレビのテレビドラマ「ダンドリ。〜Dance☆Drill〜」にてドラマ初主演を務めます。

      日刊スポーツ・ドラマグランプリ助演女優賞をドラマ「プロポーズ大作戦」で受賞

      「余命1ヶ月の花嫁」では、日本アカデミー賞新人俳優賞を、「アントキノイノチ」では、モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門で、イノベーションアワードを受賞した経歴を持ちます。

      ママ、ボタンの魔女の声を務めるのは、テリー・ハッチャーです。


      「ケビン・ベーコンのハリウッドに挑戦」で映画デビュー。

      テレビシリーズ「新スーパーマン」にて一躍脚光を浴びました。

      2004年に始まった、有名テレビドラマ「デスパレートな妻たち」では主役の一人、シングルマザーのスーザンを演じており、この役でゴールデングローブ賞を受賞します。

      日本語吹き替えにてママ、ボタンの魔女を務めるのは、戸田恵子さんです。

      この投稿をInstagramで見る

      Mari Sekine 浅井企画の関根麻里です♪(@marisekine)がシェアした投稿


      (画像左側)
      1979年に実写版「眠れる森の美女」のオーロラ姫役で声優デビュー。

      「ゲゲゲの鬼太郎(第3作)」の鬼太郎役、「きかんしゃトーマス」のトーマス役や、「それいけ!アンパンマン」のアンパンマン役として名を轟かせました。

      女優としても活躍し、「ラヂオの時間」にて、日本アカデミー賞の優秀助演女優賞を受賞

      「ショムニ」「ちゅらさん」等のヒット作にも登場し、名バイプレーヤーとして無くてはならない女優となります。

      黒ネコの声を務めるのは、キース・デビッドです。

      映画「ROOTS/ルーツ2」と「遊星からの物体X」で俳優デビューし、「ガーゴイルズ」のゴライアス、サイラゴ役で、デイタイム・エミー賞アニメ番組部門パフォーマンス賞にノミネートされました。

      舞台にも出演しており、1992年にはトニー賞にノミネートされています。

      日本語吹き替えにて黒猫を務めるのは、劇団ひとりさんです。


      1992年に、「天才・たけしの元気が出るテレビ!!」内のコーナー「お笑い甲子園」に、「バーテックス」というコンビを組んで出場し、その後、太田プロダクションに所属しデビュー。

      芸人という分野以外でもマルチに活動し、小説「陰日向に咲く」で小説家デビューを果たし、実写映画化にもなりました。

      2014年には自身の映画監督デビュー作「青天の霹靂」が公開され話題を呼びます。

      劇場アニメ「クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」では、監督の高橋渉さんと共同で初の脚本を担当、映画シリーズにおいても、お笑いタレントが脚本を務めるのは史上初となりました。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:ヘンリー・セリック
      • 製作:ヘンリー・セリック、ビル・メカニック、クレア・ジェニングス、メアリー・サンデル
      • 原作:ニール・ゲイマン
      • 脚本:ヘンリー・セリック
      • 撮影:ピート・コザチク
      • 美術:ヘンリー・セリック
      • 編集:クリストファー・マーリー、ロナルド・サンダース
      • コンセプトアーティスト:上杉忠弘
      • 音楽:ブリュノ・クーレ
      詳細を見てみる

      監督・脚本を担当するのは、ヘンリー・セリックです。

      カルフォルニア芸大在学中に、制作した2本の学生映画、「Phases」と「Tube Tales」が学生アカデミー賞にノミネートされその頭角を現します。

      その後、アニメシリーズ「Slow Bob in the Lower Dimensions」の6分間のパイロット版を、大学とディズニー時代の知人であり、映画監督のティム・バートンに注目されたことから、バートンの製作の元「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」で長編映画監督デビューに至ります。

      この作品は、アメリカの大手映画スタジオが初めて手掛けた長編ストップモーション映画でもあり、第66回アカデミー賞において視覚効果賞にノミネートされました。

      セリックは次なる長編映画「ジャイアント・ピーチ」を発表、この作品も高い評価を受け、アヌシー国際アニメーション映画祭で最高賞を受賞します。

      原作を務めるのは、ニール・ゲイマンです。


      代表的な作品にはコミックブックシリーズ「サンドマン」、小説「スターダスト」、「アメリカン・ゴッズ」などがあります。

      ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ブラム・ストーカー賞など多数の文学賞を受賞しており、「墓場の少年 ノーボディ・オーエンズの奇妙な生活」では、ニューベリー賞とカーネギー賞の両方を受賞した最初の作家として知られています。

      本作のコンセプトアーティストを担当するのは、上杉忠弘さんです。

      漫画家 谷口ジローさんのアシスタントを経て、イラストレーターとして活動を始めます。

      2011年発売のニンテンドー3DS用ゲームソフト「謎惑館 〜音の間に間に〜」のビジュアルアートを担当。

      その後、ディズニー映画「ベイマックス」、「リメンバー・ミー」など、数多くのディズニー・ピクサー作品でコンセプトアートを務め、海外でも高い評価を得ました。

      また、2016年には、自身初となる絵本「ねこの看護師 ラディ(渕上サトリーノ (著), 上杉忠弘 (イラスト))」を出版しています。

      口コミ・感想・評価

      「コララインとボタンの魔女」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもコララインとボタンの魔女を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      奇妙且つ不思議な世界から目が離せない作品

      ボタンの目の世界は奇妙だが見る人をひきつける

      どこにでもいそうな平凡な女の子コララインは、少しわがままで気の強い女の子で、両親を困らせてばかりです。最初すごく見ていて小生意気な女の子だなと思えるが、一人遊びをしたりして、ちっちゃい自分に似た人形に出会ってから人生が変わる。ボタンの魔女が、さみしい想いをしたり、退屈な女の子をおびきよせるために人形を作るシーンがオープニングで、流れます。私はこのオープニングで流れる奇妙な歌声と音楽、人形を作る工程がリアルに表現されていて何度見ても飽きないほどです。何かにとりつかれたようにみてしまったこともありました。コララインの家の住人も個性豊かで、占いが好きなエイプリルとミリアムも愉快だがやさしくて魅力的である。ネズミと会話をするボビンスキーさんのジャンプ力や身体能力も超人的で面白い存在です。ボタンの魔女の世界には、別のパパや別のママが存在して目がボタンで恐怖を抱くはずだが、現実世界より優しく接してきて、おもちゃの機関車がグレイビーソースを運んだり天井からいろんな種類のドリンクがおりてきたりするシーンも子供ならわくわくするようなしかけがあり、見ているわたしたちもボタンの魔女の世界に行ってみたいと感じさせるつくりになっています。
      しー(30代・女性)
      詳細を見てみる

      子供向けかと思ったら、全然違う…大人向けファンタジーホラー。

      大人向けファンタジーホラー

      正直、見始めたきっかけは子供とファンタジー系の映画を見ようと思ったからでしたが…見進めていくうちに独特の空気感を感じました。子供向けのファンタジーかと思いきや、全然子供向けではなく、大人向けの内容でした。ダークファンタジーというか、ホラーのようなジャンルだと思います。目がボタンでできている人形がはじめは不思議な世界の存在かと思っていましたが、だんだんそのボタンの目が不気味でしかないように見えてきて怖かったです。日常に不満がある人への教訓のようでしたが、設定が主人公が子供だったので気軽に見てしまいました。見た後に色々と考えさせられる映画だと思います。子供に見せるには怖すぎる内容だと思いますのでお気をつけください。
      ふわり(30代・女性)

      理想を実現させるためには努力が必要だと気付かせてくれる物語

      見た目は怖いけど思いは本物

      子どもの頃に誰しもが思い描いた、理想のお父さん、お母さんに囲まれた、何不自由のない生活。コロラインの両親はいつも忙しく、コロラインはいつも寂しさと不満を抱えていました。ある日、自宅で不思議な体験をします。そこには料理がとても上手なお母さん、ピアノを弾いて家族を盛り上げるお父さんがいます。そしてコロラインのやりたいことは何でもかなえてくれる魔法の世界だったのです。ただ違うのは、お父さんもお母さんも目玉がボタンになっていることくらい。理想の世界に浸り、帰りたくなくなるコロラインに、魔法の世界のお母さんはある提案をします。魔法の世界でコロラインはいろいろな人たちに出会います。その出会いから、本当に大切なことに気付くストーリーです。ちょっと不気味だけど、愛嬌たっぷりのキャラクターたちが繰り広げるストーリーは、ホラー要素もありながら、見終わると晴れやかな気持ちに包まれます。
      マドギワ(30代・男性)

      映像がきれいで、ちょっと不気味で楽しいアニメ映画。

      絵柄が好き

      ストップモーションアニメで絵柄がとても好みでした。また、話の内容がじぶんに似た人形が送られてきて、目がボタンのパラレルワールドみたいなところに女の子が行くというもので、絵柄と内容が合っていたと思います。最初のオープニングで魔女が人形を作るのですが、そこがすごくよかったです。物づくりが好きな人なら気にいると思います。主役のコロラインはほんと普通の子って感じで、あのくらいの年代ならお母さん、お父さんにもっとこうあって欲しいと思うし、でもいくらおこられても、仕事があって料理もしなくてもほんとの両親の方がいいって思うし、よくわかる話でした。魔女がなんで子どもたちを集めてるのか、それはよくわからなかったけど、面白い話でした。ストップモーションアニメってやっぱり細部がすごくいいなと思います。いろいろ確かめながら見直したいです。
      マイ3(30代・女性)

      ダークファンタジーが見たい方はぜひ見てほしい作品

      世界の裏側が見える映画です。

      主人公の女の子コララインは遊ぶ相手もおらずパパとママは仕事で忙しく何もすることがない退屈な毎日を過ごしていましたというところからお話が始まります。映画タイトルにもなっているボタンの魔女ですが割と早い段階で登場してきます。体のとある部分がボタンになっているのですが作品全体がどこかお人形を連想させる作りになっておりそれほど違和感もなく視聴ができます。また、小さい子供には何か引き付けられる物があるようで最初から終わりまでしっかりと座って見られていました。この手の映画で小さい子供が最後まできちんと内容を理解し見終えられる物は中々ないと思うのでどんなひとが見てもきっと面白いのだと思われます。ボタンの魔女の見た目が苦手な方ももしかしたらいるかもしれないのでそこだけ注意が必要かもしれません。
      青白(20代・女性)

      子供向けだと思って油断していると大人のほうが熱中しちゃう映画

      大人もつい集中して観てしまう

      昔、英語の授業教材で内容は知っていたのですが、息子が見たがったので先日初めて映画を見ました。日本のアニメとは違うタッチでいかにも海外のアニメ!という感じが新鮮です。タイトル通り、ボタンの魔女が登場するのですが結構不気味です。話の内容は引っ越した家の中に別世界へつながる扉がありその先で…という感じでとても面白いのですがなぜか私はホラー映画並の恐怖を感じました。内容は童話のようなお話なのでそんなに怖くないのですが、登場人物の無機質さや表情、映画の雰囲気が怖い気がして気が付くと子供よりも私が集中して観てしまいました。ただの子供向け映画だと思っていましたがもう一回落ち着いてみたい、と思うほど心をもっていかれました。
      あってぃ(20代・女性)

      子供にはちょっと怖すぎる?大人も楽しめるダークファンタジー作品

      大人も楽しめるダークでホラーなファンタジー

      「ナイトメアビフォアクリスマス」のヘンリーセリック監督の作品なので子供向けダークファンタジーかと思いきや想像以上に怖いです。現実世界に孤独感と不満を持つ主人公の女の子がひょんなことから異世界へ行ってしまうストーリー。クレイアニメのストップモーション特有の拙い動きがより不気味さが増してますが、映像もとても綺麗で独特の世界観に引き込まれます。主人公の子供特有の悩みも誰もが一度は感じるもので考えさせられる内容でした。後半の異世界の雰囲気や住人、魔女たちは怖すぎてホラー耐性のない小さいお子さんにはちょっとトラウマ製造機かも・・。吹き替えの榮倉奈々ちゃんの棒読み具合が気になりますが、子供役なので慣れてくると平気かな?戸田恵子さんはさすがでした。ゴシックやアングラな雰囲気が好きな方にオススメです。
      まちえ(30代・女性)

      本当に大切なことは日常に感謝すること、不満ばかり言っていると魔女が狙ってくるよ!という作品

      ちょっと不気味、でも物語に引き込まれる!

      コララインという、少し気難しい女の子が主人公です。タイトルの通り、コララインとボタンの魔女の不思議なお話なんですが、このボタンの魔女ってやつがめちゃくちゃ怖い!!不気味!始めは、ボタンの魔女ってどういうこと?って思ったけど観ていくうちに納得!これは紛れもなくボタンの魔女だ!って感じます。、」不気味なんですが、アニメーションは可愛らしくてお子さんでも見やすい雰囲気。ですが、物語中盤ぐらいからお話がちょっと怖くなってきます。じわじわ。そして終盤にはもう恐怖!そういうことか!って感じです。映画を観終わった後には、自分の都合通りに何でもしてくれる人って、実は何かを私から奪おうと思っているのかも…なんて思いました。観始めたら最後まで、物語に引き込まれます。とても面白かったです!
      かえで(30代・女性)

      ダークでアバンギャルドな海外アニメ

      何を観ようかな?! と迷っているなら観てみて欲しい!! 上質の不気味テイストな海外アニメ

      子供が「観てみたい!」というので、私は「付き合いで観るか~」くらいの感じだったのですが、見事にハマりました。ダークでアバンギャルドな感じがして、日本のアニメの世界観とはちょっと違う感じ。後で知ったのですが、『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』のヘンリー・セリック監督ということで、クオリティの高い画面作りも納得です。子供にとっては、目がボタンなのも、登場人物の言っていることが理不尽なのも、ホラー要素満載で、けっこうドキドキしたようです。大人も、子供だましじゃないストーリー展開なので最後まで飽きずに観られること間違いなし! です。音楽も一度聴いたら耳からなかなか離れてくれない独特のメロディなんですが、クセになります。丁寧につくられた映画、という感じで、見逃せないシーンがいっぱいあります。なので二度三度の視聴も耐えうる上質なエンターテイメント。子供の頃に観てたら本気で怖かったかも…。
      キキジジ(30代・女性)

      子供と一緒に楽しめるストップモーションの良作

      子供向け映画かと思ったら・・・

      田舎町の古い屋敷に引っ越してきた主人公のコラライン。両親は仕事に夢中でいつも素っ気ない態度です。ある時コララインは屋敷の中で隠し扉を見つけます。扉の向こうにある不思議な通路を進んで行くと、そこにはコララインの理想の世界がありました…。美しく不気味な人形劇のような映像に目を奪われつつ、そのダークなストーリー展開に大人の私も恐怖を感じてしまいました。特に別世界の両親は、目がボタンであるが故に表情が分かりづらく、観る人によって異なる表情に見えてくる所が面白い。低学年の子供でも理解できる内容で、一緒に見ていた長男は大変気に入り何度も繰り返し鑑賞していました。しかし妹の方には恐ろしいトラウマ映画となってしまったようです。ストップモーションによる不思議な世界観が素晴らしく、子供も大人も開始5分で引き込まれてしまう、おすすめの映画です。
      山田のりこ(40代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『コララインとボタンの魔女』とあわせて、『コララインとボタンの魔女』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『コララインとボタンの魔女』のまとめ

      「コララインとボタンの魔女」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2659円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「コララインとボタンの魔女」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【2月16日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。