映画『マッドマックス』のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、映画『マッドマックス』を見逃した方や無料で観たい方へ向けて、フル動画を安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『マッドマックス』ってどんな作品?

監督のジョージ・ミラーと主演を務めたメル・ギブソンの出世作であり、オーストラリア映画のテレビ芸術アカデミー賞で7部門を受賞、後にシリーズ化されるほどの人気を得た、バイオレンスアクション映画の一作目です。

社会に蔓延る暴走族によって、妻子を惨殺され復讐に駆られる元警察官を描いた今作。

M.F.P.迎撃担当官の警察官・主人公のマックス(マクシミリアン)・ロカタンスキー役を務めたのは、映画「ブレイブハート」で監督及び主役を演じ、第68回アカデミー賞において作品賞、監督賞など5部門を受賞したメル・ギブソンです。

そんなマックスと敵対するのは、暴走族のリーダー・トーカッター役のヒュー・キース・バーン。

彼は今作で、オーストラリアン・フィルム・インスティテュートのAFI賞の最優秀助演男優賞にノミネートされた他に、オーストラリアのTV界で最も権威があるとされるロジー賞を受賞しています。

更に、本作の監督・脚本を担当するのは、ファミリー映画の傑作「ベイブ」に携わり、CGアニメ映画「ハッピー フィート」ではアカデミー長編アニメーション賞を受賞した巨匠、ジョージ・ミラーです。

ディストピアムービーの金字塔とも言われる「マッドマックス」シリーズの第一作。

主人公演じる、メル・ギブソンの甘いマスクから放たれる、復讐心に身を焦がした悲壮感と狂気が入り混じる奥深い演技と、瞬きする暇もない激しいカーチェイスで、熱狂的ファンを生み出した名作です。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「マッドマックス」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「マッドマックス」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

\本日から【2月22日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2659円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「マッドマックス」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『マッドマックス』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

マッドマックスの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「マッドマックス」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2659円
30日間無料
月額1780円
×
30日間無料
月額500円
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpHuludTVTELASAの6つのサービスで「マッドマックス」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「マッドマックス」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「マッドマックス」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYA DISCAS TVトップ画像

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,659円(税込)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『マッドマックス』の作品情報

      基本情報

      作品名マッドマックス
      原題
      原作
      制作年
      製作国オーストラリア
      制作会社(配給会社) ワーナー・ブラザース
      公開年(公開日)1979年12月15日
      上映時間(話数)93分
      公式サイト
      公式Twitterhttps://twitter.com/madmaxmovie
      公式Facebookhttps://www.facebook.com/MadMaxMovie/
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      監督のジョージ・ミラーと、主演を務めたメル・ギブソンの出世作であり、オーストラリア映画のテレビ芸術アカデミー賞で7部門を受賞、後にシリーズ化されるほどの人気を得た、バイオレンスアクション映画の一作目です。

       

      舞台は近未来、邪悪な暴走族の殺戮が蔓延し、それを止めるべく立ち上がる警察官と抗争を繰り返すディストピアと化していた。

      主人公のマックスは、相棒であった友人の死をきっかけに長年勤めた、危険と隣り合わせの警察の仕事を辞職する旨を上司に申し出るが、マックスの腕を見込んでいる上司は休暇を提案する。

      妻とまだ小さい子供の三人で平穏な生活を送ることを決め、休暇という名目で数週間の旅行へ出発するマックス。

      しかし、美人の妻に目をつけた暴走族により妻子を惨殺されてしまう。

      復讐の鬼と化した彼は、無断で持ち出した対暴走族追跡専用パトカー「インターセプター」に乗り込み、孤独と怒りに支配されながらも暴走族の親玉である、トーカッターやその一味と激突する。

       

      今作の監督を務める、ジョージ・ミラーは医学生時代に、負傷者を乗せた救急車に同乗した経験があり、その経験を本作のバイオレンスなシーンに活かしたそうです。

      ですが、劇中には見てわかる様なバイオレンス描写は少なく、その代わりにそれを匂わせる映像効果を駆使し表現しています。

      そして、ジョージ・ミラー監督の初長編映画だったこともあり、全体的に低予算で製作されており、予算の大半をフォード・オーストラリア製のファルコンXBを改造したインターセプターを始めとする車輌の改造につぎ込んだ為、金銭面の余裕はなかったそうです。

      そのこともあり、撮影は既存の建物を利用する場面が多く、M.F.P.( Main Force Patrol)が存在した司法省のビルは、昔に利用されていた水道局のものを利用し、地下駐車場においてはメルボルン大学のものを使っていたのだとか。

      米国ホラー映画の「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」が公開されるまでは、制作費と興行収入の差が最も大きい映画としてギネスブックにも載りました。

      主人公のマックスを演じる、メル・ギブソンは本作のオーディション会場に現れた際、前日の夜に喧嘩をし、そのままの状態で向かったためボロボロの服装だったそうです。

      そのエピソードをジョージ・ミラー監督が気に入り主演が決まりました。

      マックスと敵対する、暴走族のリーダーであるトーカッター役を演じた、ヒュー・キース・バーンはキャスト決定時にバイクの免許を持っておらず、撮影時は免許取り立ての初心者として演技に臨んだそうです。

      その他にも、トーカッターの一味を演じた暴走族は、セリフありやスタントマンを除いた殆どが、当時のオーストラリアで社会問題にもなっていた実際の暴走族を使っており、映画に真実味を持たせること、低予算で雇えることを起用理由にあげていました。

      なので現場には終始、不穏な空気が流れていたのだとか。

      今作の舞台は、オーストラリアの原野を使っての撮影となりました。

      その結果、あのド派手なカーチェイスシーンを演出することが可能となり、オーストラリア映画の名を世界に轟かせることとなった本作。

      永遠に続くのではと錯覚するほど、荒漠とした大地に伸びる道路に、狂気を孕んだ常識をものともしない暴走族たちの社会。

      そこに挑む、復讐に燃える主人公を演じるメル・ギブソンの常軌を逸した演技力は、今もなお観るものを圧倒し、魅了し続けています。

      キャストとスタッフ

      映画『マッドマックス』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • マックス:メル・ギブソン
      • ジェシー:ジョアンヌ・サミュエル
      • トーカッター:ヒュー・キース=バーン
      • ジム・グース:スティーブ・ビズレー
      • ジョニー:ティム・バーンズ
      • フィフィ:ロジャー・ウォード
      詳細を見てみる

      主人公のマックを演じるのは、メル・ギブソンです。


      映画「マリー・アントワネット」に出演している、ジュディ・デイヴィスらと共に、オーストラリア国立演劇学院に通い演技を学び、今作の「マッドマックス」にて主役を演じ一躍時の人となりました。

      その後も、オーストラリア映画で活躍し、1982年にアメリカ映画の「リーサル・ウェポン」シリーズで世界的スターとなります。

      映画以外にも、監督として活動しており「顔のない天使」でデビュー、続く「ブレイブハート」ではアカデミー監督賞を受賞

      監督3作目の「パッション」では、個人の財産である30億円をつぎ込み、イエス・キリストの最期を描いた作品を制作しました。

      同作ではイエス・キリストの磔刑シーンも描写され、評価は賛否が分かれるものとなりましたが、興行的には大ヒットを記録しています。

      主人公の宿敵トーカッター役を演じるのは、ヒュー・キース・バーンです。


      幼いころから演技を始め、TVショーの「ボーイ・ミーツ・ガール」や「Bellbird」に初のテレビ出演を果たします。

      1973年にイギリス在住だった彼は、英ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーのメンバーとしてオーストラリアに移住し、バイク映画「マッドストーン」に出演。

      その後も、オーストラリアにて様々な作品に携わり、本作の「マッドマックス」で暴走族のリーダーを狂気的な演技で熱演し話題を呼び、オーストラリアン・フィルム・インスティテュートのAFI賞の最優秀助演男優賞にノミネートされます。

      本作のシリーズ4作目である、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」ではイモータン・ジョー役を演じました。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:ジョージ・ミラー
      • 製作:バイロン・ケネディ
      • 脚本:ジェームズ・マッカウスランド、ジョージ・ミラー
      • 撮影:デビッド・エグビー
      • 音楽:ブライアン・メイ
      詳細を見てみる

      本作の監督・脚本を務めるのは、ジョージ・ミラーです。


      学生時代に製作した短編映画が、映画コンクールにてグランプリに輝いたことがきっかけで、テレビ・映画業界の道を志すことになりました。

      短編作品を数本製作したのち、監督及び脚本を担当した「マッドマックス」で長編映画デビューを果たします。

      本作はシリーズ化され、第4作目まで制作されました。

      その後、ファミリー映画として親しまれている「ベイブ」で製作・脚本を担当し、アカデミー作品賞と脚色賞にノミネート、続編の「ベイブ 都会へ行く」では監督として関わり、その実力を発揮しヒットに導きます。

      2006年に公開されたCGアニメーション映画「ハッピーフィート」が評価され、アカデミー長編アニメーション賞を受賞、それを皮切りに長年製作を中断してきたといわれる、マッドマックスシリーズ30年ぶりの新作となる、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」を2015年に晴れて公開し、爆発的人気を誇り第88回アカデミー賞で最多の6冠受賞を記録しました。

      ジョージ・ミラーの弟であるビル・ミラーも「ベイブ」や「ハッピーフィート」の製作で知られる映画プロデューサーです。

      口コミ・感想・評価

      「マッドマックス」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもマッドマックスを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      迫力のあるカーチェイスが観たい人にお勧めの映画

      主人公の復讐物語に思わず手に汗握る緊張感

      この映画は低予算ながらも世界中で大ヒットを記録した作品で、オーストラリアの広大な地形を活用したカーチェイスシーンが話題になりました。それだけではなく、主人公のマックスが妻子を殺された恨みをはらすというシンプルながら強烈なストーリーモ印象に残っています。実際に映画を見てみると、悪の暴走族たちがワガママに暴れまわっている荒廃した地で、マックスが復讐を誓いつつひたすら前進んで行くという淡々とした展開が続きます。しかし中盤からはアクションシーンやカーチェイスシーンがどんどん増えてきて、いつ殺されるのかわからない緊迫した雰囲気が持続していくところも良かったです。悪が蔓延する世の中で一人だけ正義を貫こうとするマックスの姿に勇気を貰えました。
      みん(20代・男性)
      詳細を見てみる

      バイオレンスな痛快さが光る傑作

      バイオレンス、SF感満載の不朽の名作

      1979年放映のまさしく、元祖マッドマックスです。バイオレンスな描写が光り、独特な世界観を映しだしています。バイクが好きな日人は特にハマると思います。それくらいに男のロマンが詰め込まれた作風になっています。70年代独特の演出も最高そのもので、カメラアングルや質感が思わずぐっときます。昔の映画好きであればさらに好きになること間違いなしでしょう。主人公の復讐もテーマに大いに含まれているので、そちらもみどころです。アナログ手法ながらのアクションシーンは流石の一言に尽きます。より、主人公の感情が伝わってくるようでとても好きでした。男気溢れる映画が好きな人はもちろん、バイクを愛する人など多方面の人に刺さる不朽の名作だと思います。
      みるく(20代・男性)

      車とバイク好きな人におすすめです。男性向き。

      圧倒的スピード感とバイオレンス

      初めて見たときぶっ飛んだ、こんな映画みたことない。とにかく車とバイクのスピード感、存在感がすごい。登場人物はほぼ男、男の映画でしょう。マックスもかっこいいが、悪役も魅力的。暴走族のリーダーはカワサキのバイクZ1000乗ってます。V8のモンスターマシーン、インターセプターかっこいい。アメ車すきな人におすすめ。上映当初はスタントマンが絶対死んでると言われていた、すごいアクションシーン。無名の役者メルギブソンはこの作品で、一気にアクションスターになった。後にシリーズ化されるが、だんだんSF感が強くなる、第1作がリアルな感じで一番クールだとおもう。漫画、北斗の拳はこの映画の世界観に影響受けていると言われている。
      JSAN(50代・男性)

      伝説のカーアクション。

      黒いインターセプターが主役。
      40年前、映画館で初めてこの映画を観たときの衝撃は凄まじいものでした。オープニングの追跡シーンからの派手なクラッシュ、いきなり度肝を抜かれたものでした。話の内容事態は今にして思えば単純で、暴走族に家族を殺された主人公の警官マックスの復讐劇がメインです。マックスが復讐の為に警察から盗み出すインターセプターがこれまた格好良いのです。はっきり言って仕舞えば車が主役の映画だったかもしれません。適度な近未来感と世紀末感。狂暴な暴走族。今からしてみれば、後のシリーズの土台は既に出来上がっていたのだと気が付かされました。今から40年も前の映画ですが、後に作られるカーアクション映画に多大な影響を残したのは言うまでもありません。
      脩尚(50代・男性)

      マックスの強さ

      アクションが最高
      核戦争勃発前の話になっていて、主人公であるマックスは現役警察官です。2を見て後にマッドマックスのファンになり1を見ました。時代背景などが全く変わっていてついていくのに必死でしたがストーリー的にはかなり楽しめました。バイオレンス的な展開が多くしっかりと成り立っていてラスボスがあっけなく倒された時には喜びました。暴走族とマックスの間で繰り広げられる紛争がかなり独特的で印象的です。カーアクションもかなりすごくアクションとしても見ていて最高です。復讐劇として恐怖もありますがマックスの力強さを改めて知ることもでき登場人物の強さを改めて感じました。彼の旅路の最後を絶対に見てみたいと思えるような素敵さがあります。
      すず(20代・女性)

      車とオートバイによるオーストラリア製アクション映画

      激しいアクションとリベンジ
      1979年にオーストラリアで公開され、1980年代に日本やアメリカで大人気となり、今でもカルト的人気のある映画です。オーストラリアの広大な大地を舞台とした激しいカーアクションは、かなりのスタントマンと使っていると思いますが、激しさに驚いてしまいます。ストーリーは妻を殺された男の復讐劇ですが、非常に単純でわかりやすいです。若き日のメル・ギブソン主演ですが、かっこいいです。その後、世界的スターになったのも納得できます。日本のメーカーのバイクも多く登場するので、バイク好きのライダーには、楽しめる作品と思います。1時間半あまりの短い映画ですので、休日などに少し時間があるときに気軽に見れる映画です。ただ、残酷な殺人シーンも多いので、小さなお子さんには刺激が強いと思います。  
      マーク(50代・男性)

      自信を持って勧められる、何度も観たくなる作品

      本物の迫力
      本物の迫力とは、この映画を観れば感じることができると言っても過言ではないでしょう。公開されてから40年の間、カーアクションというジャンルの映画がたくさん作られましたが、未だにこの映画を超える迫力を他の作品で観たことがありません。「撮影中に死者が出た」という噂が流れたこの作品ですが、本編を観ればそんな噂が流れるのも納得でしょう。残酷な暴力、復讐の連鎖、そしてスカッとするとは到底言えないラスト・・・。医師免許を持った監督ジョージ・ミラーがこの作品で表現したかったのは表面的なアクションだけではありません。秩序が崩壊しつつある近未来で、狂気に支配されていく人々を描いたこの作品は、いろいろな意味で何度も観たくなります。
      dune2006jp(50代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『マッドマックス』とあわせて、『マッドマックス』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『マッドマックス』のまとめ

      「マッドマックス」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2659円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「マッドマックス」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【2月22日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。