\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「ONE PIECE FILM Z」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「ONE PIECE FILM Z」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「ONE PIECE FILM Z」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『ONE PIECE FILM Z』ってどんな作品?

2012年公開の映画『ONE PIECE FILM Zは、大人気コミックONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第12作目となる作品です。

最終興行収入は68億7000万円観客動員数563万人を記録し、劇場版『ONE PIECE』シリーズの中で歴代最高記録を樹立

さらに、第36回日本アカデミー賞・優秀アニメーション作品賞を受賞しています。

全海賊を根絶やしにしようと目論む元海軍大将・ゼットを相手に、新世界の崩壊を防ぐため、麦わらの一味が史上かつてない戦いを繰り広げます。

監督は「プリキュア」シリーズを手掛けてきた長峯達也さん、脚本はワンピースの大ファンである放送作家の鈴木おさむさんです。

音楽プロデューサーの中田ヤスタカさんがオープニングテーマを担当し、日本でも大人気のカナダの女性歌手アヴリル・ラヴィーンの曲が主題歌に起用されています。

原作者の尾田栄一郎さんが総合プロデューサーを務め、劇場版では初となる「新世界」を舞台にして、壮大なスケールで麦わらの一味が死闘に挑む姿は必見です!

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「ONE PIECE FILM Z」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「ONE PIECE FILM Z」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

\本日から【2月22日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2659円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ONE PIECE FILM Z」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『ONE PIECE FILM Z』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

ONE PIECE FILM Zの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「ONE PIECE FILM Z」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2659円
×
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVTELASAの3つのサービスで「ONE PIECE FILM Z」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「ONE PIECE FILM Z」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ONE PIECE FILM Z」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVがおススメ。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYA DISCAS TVトップ画像

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,659円(税込)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    映画『ONE PIECE FILM Z』の作品情報

    基本情報

    作品名ONE PIECE FILM Z
    原題
    原作尾田栄一郎
    制作年2012年
    製作国日本
    制作会社(配給会社)東映
    公開年(公開日)2012年
    上映時間(話数)107分
    公式サイトhttps://one-piece.com/
    公式Twitterhttps://twitter.com/opcom_info
    公式Facebook
    公式Instagramhttps://www.instagram.com/onepiece_staff/
    主題歌

    あらすじ

    2012年公開の映画『ONE PIECE FILM Zは、大人気コミックONE PIECE』を原作としたテレビアニメの劇場版第12作目となる作品です。

    劇場版『ONE PIECE』シリーズの中で、歴代最高となる最終興行収入68億7000万円観客動員数563万人を記録

    さらに第36回日本アカデミー賞・優秀アニメーション作品賞を受賞し、ワンピースシリーズ作品としては3作目の受賞という快挙を成し遂げました。

     

    新世界の「ファウス島」にある海軍の基地を、元海軍大将のゼットをリーダーとする「NEO海軍」が襲撃。

    圧倒的な戦力で膨大なエネルギーを持つ鉱物「ダイナ岩」を奪い取り、起爆させることでファウス島を海に沈めてしまいました。

    これにより、新世界にある3つの火山島「エンドポイント」をダイナ岩のエネルギーで破壊し、海ごと全海賊を抹殺する計画が開始されたのです。

    この事件を知らないルフィたち麦わらの一味は、新世界を旅する途中で、爆発したダイナ岩の巻き添えとなって、気絶した状態で漂流するゼットを助けます。

    しかし、目を覚ましたゼットはルフィたちが海賊だと知った途端、態度を豹変させ襲いかかります。

    さらに、ゼット救出のためにNEO海軍の旗艦「ホワイトタイガー」が現れたことで、猛攻撃をうける麦わらの一味とサウザンドサニー号。

    訳もわからず追い詰められたルフィたちは、崩壊寸前で何とかNEO海軍の攻撃から逃れることに成功しますが、サウザンドサニー号は半壊状態になってしまいました。

    そんな中、海軍本部では元帥サカズキによって、ゼットとNEO海軍の討伐命令が下り、迫りくる新世界崩壊を阻止するため、海軍が本格的に動き始めます。

    一方、傷だらけの船と共に麦わらの一味が流れ着いたのは、同じようにゼットにやられた海賊達が集まっている島でした。

    そこで船の修理をする間、一味は大きな街のある隣島に向かい、ゼットの情報を得るために調査を開始。

    そこで一行はゼットの正体と彼の目的を知り、さらに島の裏側には2つ目のエンドポイントを破壊する準備を進めるゼットがいることも判明します。

    実はこの島は、温泉で有名な火山の島「セカン島」だったのです。

    島の破壊を食い止めようとルフィは再びゼットに戦いを挑みますが、その強大な力の前にまたしても苦戦を強いられてしまいます…

    果たして、全海賊の抹殺を目論む元海軍大将・ゼットの企みを阻止し、新世界を救うことはできるのでしょうか?

     

    原作者の尾田栄一郎さん総合プロデューサーを務め、脚本のセリフや絵コンテのチェックといった細かい作業の製作にまで関わっています。

    監督はワンピースシリーズ初参加となる長峯達也さん、脚本は原作の大ファンである放送作家の鈴木おさむさんが務め、考え抜かれたストーリーとルフィとゼットのラストバトルの演出に強いこだわりを込めています。

    東京で開催された展覧会『ONE PIECE展』のテーマ曲を手がけた中田ヤスタカさんがオープニングテーマを担当し、主題歌には劇場版初となる海外シンガーとしてアヴリル・ラヴィーンの楽曲を起用しています。

    ゲスト声優には、篠原涼子さん香川照之さんといった実力派俳優たちも参加。

    豪華なキャストとスタッフ陣が揃い、壮大なスケールで史上かつてない戦いが描かれており、劇場版作品の中でも最高傑作と高い評価を得ています。

    世界中のワンピースファンにとって、絶対に見逃すことのできない作品です!

    キャストとスタッフ

    映画『ONE PIECE FILM Z』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • モンキー・D・ルフィ:田中真弓
    • ロロノア・ゾロ:中井和哉
    • ナミ:岡村明美
    • ウソップ:山口勝平
    • サンジ:平田広明
    • トニートニー・チョッパー:大谷育江
    • ニコ・ロビン:山口由里子
    • フランキー:矢尾一樹
    • ブルック:チョー
    • アイン:篠原涼子
    • ビンズ:香川照之
    • ゼット:大塚芳忠
    • 青雉(クザン):子安武人
    • 黄猿(ボルサリーノ):石塚運昇
    • ゾノミ:佐々木希
    • ホーミー:田中美保
    • マリンばあちゃん:西内まりや
    • 赤塚弘卓
    • 岩永徹也
    • 大杉友兼

    スタッフ

    スタッフ
    • 監督:長峯達也
    • 企画:柴田宏明
    • プロデューサー:種田義彦、情野誠人
    • 原作:尾田栄一郎
    • 総合プロデューサー:尾田栄一郎
    • 脚本:鈴木おさむ
    • 作画監督:佐藤雅将
    • 美術監督:小倉一男
    • 美術設定:須江信人
    • ビジュアルコーディネート:辻田邦夫
    • CG監督:中沢大樹
    • 音楽:田中公平、浜口史郎
    • オープニングテーマ:中田ヤスタカ
    • 主題歌:アブリル・ラビーン

    口コミ・感想・評価

    「ONE PIECE FILM Z」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそもONE PIECE FILM Zを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    敵も味方も最高にかっこいい作品

    敵もものすごくかっこよくワンピース映画の真骨頂が見れます

    ポスターからして、ワクワクが止まらない作品です。今回の敵である『黒腕のゼファー』が作品を大いに盛り上げます。この敵にもドラマがあり、完全な悪役ではないからこその魅力があります。敵味方ともに信念をもって戦っている姿にうっとりします。旧来のキャラクターもかっこよく、特にアオキジのカッコよさは強く胸に残りました。主人公たちもマリンフォード以降の作品なので、大幅に強くなっていて良いです。バタバタと敵をぶちのめすのは、やはり見ていて非常に魅力的に感じます。アクションシーンも相当の気合が入っており、最後まで見逃せないほどのインパクトがありました。今までの作品が好きな方はもちろん、魅力的な悪役が好きな人にも強くおすすめしたい作品です。
    もりし(20代・男性)
    詳細を見てみる

    Zさんの快進撃!

    Zさんマジ最強!

    いつも通りの航海をしていたルフィー達の前に突如現れた巨漢の男。はっきり言ってマジパンクなおっさん。とてもじゃないが一般人じゃかなわないような見た目をしていたが、ルフィー通常運転。他は動揺していたっぽい。何やら困っていたらしい。助けたが、海賊と聞いて豹変。潰しに来ました。実は彼、元海軍。しかも、海賊絶対つぶすマン。しかも仲間にうらやましい能力者がいるではないですか!モドモドの実。若返りの力じゃないですか!いいな~って思っていました。ってかそれ以上に、Zさんの義手と覇気強すぎてブルってしまいました。のちに出てくるあおきじ。そこで赤犬との喧嘩の件についても語られる。見た目が痛々しい。あと、青木持参が言うには、Zさん、海賊に恨みありすぎ。途中まではいい人そうなのに。まあ、最後には少し助けてくれるみたいだけども。
    フェルドウェイ(20代・男性)

    迫力、画力、すべてがゴージャスなアニメ

    手に汗にぎる頂上決戦

    全体を通じてグラフィックがとにかく綺麗で、ワンピースという作品が持っているパワーを改めて感じさせられる完成度でした。一体一秒にいくらかかっているんだろうと思ってしまうような豪華な画面に、おしゃれな衣装デザイン、かっこいいサウンドトラックなど、すべてがワンピースの世界観をもっともっと盛り上げるぞという気合に満ちていて、そのエネルギーをもらっているような気持ちになりながら見られました。大ボスのZとルフィの対決も迫力満点で、最近では向かうところ敵なしの強さを誇るルフィですら今回はだめかもしれない…!と思わせるZの強さの描き方に圧倒されました。映画だからこそのゴージャスなワンピースを堪能出来てよかったです。
    まこ(20代・女性)

    信念を持つ強敵との闘い!まさにワンピース!

    男気溢れる映画

    この映画は元海軍大将であるゼファーをルフィ達むぎわらの一味が助けるところから始まります。助けてもらったことに感謝するゼファーでしたがルフィ達が海賊だとわかると突然牙をむきます。ルフィ達は手も足も出ずサニー号でその場を去ります。逃げ切ることができたルフィ達は、途中立ち寄った温泉で元海軍大将青キジと鉢合わせます。因縁のある相手でしたが青キジはもう海兵ではないのでルフィ達に危害を加えることはありませんでした。そして青キジの口からゼファーの目的が自らが組織した「ネオ海軍」の力で海賊という存在を根絶することだと聞きます。そしてルフィは再びゼファーに戦いを挑みますがゼットの腕に装備されている海楼石の効果で苦戦を強いられます。この戦いの行方がこの映画の見所です。
    りん(10代・男性)

    本当の正義について考えたくなる映画

    正義と悪について考える

    この作品で感じた事は、本当の正義とはなんだろうかという疑問です。愛する人を海賊に奪われ、強さを求め、悪を滅ぼそうとするZですが、民間人を巻き込む行為により、正義の道から逸脱してしまいました。しかし、元海軍大将だったということもあり、後輩育成など計り知れない功績があります。作中で登場した「海導(うみしるべ)」という歌がなんとも悲しい雰囲気を出しています。ただルフィが敵を倒した!世界を救った!やったー!!で終わらないのが今回の作品ではないかなと思いました。もちろん他にも見どころはたくさんあります!私としましては小さくなったチョッパーが可愛すぎて仕方ありません。若返ったブルックにも注目してみてください。
    ゆんやん(20代・女性)

    かっこいいみんな仲間になればいいのに

    かっこよかった、過去のことが知れたのが個人的に暑い内容

    一言でいうと楽しかったの一言に尽きます。内容、作画、どれをとっても一級品で、ファンなら絶対見るべき作品だと思いました。過去作で作画が苦手なものもありましたが、これは受け入れやすく話が入ってきやすかったです。ネタばれは僕自身が嫌いなので避けあすが、とにかく、今までの伏線込みで、過去を知って、さらに熱いバトル、仲間の大切さをああためて知れる作品だったと思います。個人的には前半のギャグの要素からの後半にかけての追い込みが、見ている人々を引き込み、虜にする作品だったと考えます。今後の作品にもどう絡んでくるのか、過去は関係あるのか、今後の展望も含め、ひたらに期待値を上げる作品でした。ザ・ワンピース、皆様もぜひご覧ください。
    ウツボ君(20代・男性)

    ONE PIECE を漫画やアニメでよく見たことない人でも楽しめる作品

    戦闘シーンの描写が特にしびれます!

    まさしく登場人物たちの強い信念がぶつかり合う熱い作品だった。特にルフィが敵の一撃をくらい、敗北しても、なお諦めない勇ましい姿勢やそれを支える数々のかっこいい仲間たちにとても感動した。高いストーリー性はもちろんのこと、戦闘シーンでの敵との掛け合いはスピード感や迫力が目に迫るものがあり、思わず流れる映像にくぎ付けになった。展開はキャラクターの過去の回想も含まれるため、少し複雑な部分があるが、話が進むにつれて理解が深まり、自分にとっての正義とは何かと考えさせられる作品だった!アニメや漫画を読んでいない、知らない人にも十分おすすめできる映画作品、特にアクション、コメディー要素が好きな人にぜひ見て欲しいです!
    Y.O(20代・女性)

    心に深い悲しみと愛情を持った男との闘い

    海軍の英雄

    敵のキャラクターに魅力があると見ていて面白い作品になりますが、今回登場する元海軍大将ゼットは、キャラクターとしての魅力に溢れています。その心に秘めているものは昔ながらの理想の上司って感じがしました。青キジや黄ザル、多くの海軍も登場してゼットと戦闘するシーンがあるのですが、なんだか定年退職する優秀な上司が部下に最後の授業をしているようで切なさもありました。ワンピースの映画で、いつも感じますがルフィーはただ敵を倒すために戦うのではなく、相手の心へ自分の意思をぶつけているようにも見えます。だから、戦っていてもどこか悲しそうです。ゼットはルフィーの気持ちを受けとめることができるのかにも注目していただければと思います。また、久しぶりに青キジが登場します。相変わらず、抜けているところもありますが随所にかっこよさを見せてくれます。ルフィーとは少しタイプが違いますが、やりたいことは同じ、そんな青キジはゼットへどんな方法で、意思をぶつけるのかにも注目です。
    ティラ(30代・男性)

    ワンピース作品の魅力の結晶

    最初から最後までアツイ

    ワンピースといえば、とにかくキャラの立ち方、キャラの魅力が凄まじい作品ですが、劇場版の今作も類に漏れず、その極地に達しています。敵役のZの魅力たるやすさまじい。単なる悪ではなく、己の、場合によっては主人公サイドに負けるとも劣らない信念を貫き通す強い男の生き様には、敵味方関係なく敬服に値するといった感覚です。そして個人的に、黄猿とゼファーの戦闘シーンが、劇場を出た後も気になって仕方がありませんでした。そもそも黄猿の飄々としたつかみどころのない恐ろしさが好きでたまらないのですが、あの時黄猿はどんな気持ちで恩師に致命傷を負わせたのか、声からも表情からも仕草からも、なお全く感情が読めず、あれこれと妄想してしまいました。
    svd(20代・男性)

    興奮と男を感じさせる感動の作品

    まさかルフィが2回も…

    ONE PIECE FILM STRONG WORLD以来となる長編作品で、キャッチコピーは「興奮再び」「海賊滅亡」「標的、全海賊」となる今作は最終興行収入額が68億7000万円を記録し、東映の最高記録を樹立するというとんでもない作品です。ゲスト声優は篠原涼子な香川照之という豪華なキャスティングでまさしく「興奮再び」な内容となっています。原作者の小田が今回の映画を一言で言うならば「男の映画」と語ってますが、まさしくその通りで、1本筋の通った男達の活躍を見る事が出来ます。アクションシーンにはかなりの拘った作りをしており、ラストバトルは圧巻の出来です。ストーリーも重厚な物になっており、男を感じさせるシーンが随所の散りばめられております。しかも今回はあの「青雉」も登場すると豪華っぷりで、目頭が熱くなる名場面も多々あり、瞬きが出来ない作品となっています。キャッチコピーの「標的、全海賊」にもある通り、海賊には容赦無しで麦わら一味も大ピンチになったりと最初から最初まで目が離せない展開、ワンピースを語るなら絶対に見るべき映画です。
    ponflower(30代・男性)

    その他ネットの口コミ・感想・評価

    詳細を見てみる

    あわせて見たいおススメ作品

    ここでは『ONE PIECE FILM Z』とあわせて、『ONE PIECE FILM Z』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
    中井和哉のおススメ関連作品
    岡村明美のおススメ関連作品
    長峯達也のおススメ関連作品

    これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

    ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

    映画『ONE PIECE FILM Z』のまとめ

    「ONE PIECE FILM Z」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

    最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

    本記事のまとめ

    配信サービス配信状況無料期間と月額料金
    31日間無料
    月額1990円
    30日間無料
    月額2659円

    • 「ONE PIECE FILM Z」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
    • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
    • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
    • 600円分のポイントがタダでもらえる
    • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVがおススメ
    • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

    どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

    ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

    無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    \本日から【2月22日】まで無料!/

    ※無料期間中の解約で、0円。

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

    ※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。