\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「ドラゴンボール超 ブロリー」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「ドラゴンボール超 ブロリー」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「ドラゴンボール超 ブロリー」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『ドラゴンボール超 ブロリー』ってどんな作品?

前作の「ドラゴンボールZ 復活の「F」」を超える、国内興行収入40億円以上を記録し、第42回日本アカデミー賞 の最優秀アニメーション作品賞を受賞するなど、モンスター級のメガヒットとなった「ドラゴンボール」シリーズの劇場アニメーション映画、記念すべき第20弾目です!

圧倒的な強さを誇るブロリーと、悟空とベジータの戦闘民族であるサイヤ人の誇りをかけた壮絶バトルが幕を開ける!

主人公・孫悟空の声優を演じるのは、短編アニメ映画「風のように」で主人公・三平役を演じ、第26回日本映画批評家大賞のアニメーション部門声優賞を受賞した野沢雅子さん。

孫悟空の好敵手である、ベジータ役には「名探偵コナン」で主人公・江戸川コナンのライバル的存在の服部平次を演じている、堀川りょうさんなど、豪華レジェンド声優が力演しています。

そして、本作最強の敵・ブロリー役には「スター・ウォーズシリーズ」にてルーク・スカイウォーカーの吹き替えを担当した、島田敏さんが24年ぶりにブロリーの声を当てる事となりました。

更に、新キャラクターとしてフリーザ軍の非戦闘員であるチライ役に水樹奈々さん、レモ役には杉田智和さんなど、豪華声優陣が新たに加わり、今作を盛り上げています。

前作の「ドラゴンボールZ 復活の「F」」に引き続きキャラクターデザインと脚本は、原作者である鳥山明さんが務めており、監督はテレビアニメ版「ドラゴンボール超」のシリーズ・ディレクターを担当し、「ONE PIECE FILM Z」を手掛けた長峯達也さんが携わりました。

そんな才能豊かなスタッフ陣の集結により、過去最高のアニメーションにより創り出された戦闘シーンの数々、息を飲む展開の連続でありながら、ブロリー、フリーザ、悟空、ベジータの今までフォーカスされていなかった新たな物語も加わり、一新した劇場版ドラゴンボールの最高傑作がここに誕生です!

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「ドラゴンボール超 ブロリー」のフル動画はU-NEXTで配信中!

「ドラゴンボール超 ブロリー」は本来有料(ポイント作品)ですが、31日間無料トライアル600ポイントプレゼントを利用して無料で楽しむことができます。

\本日から【2月17日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2659円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ドラゴンボール超 ブロリー」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『ドラゴンボール超 ブロリー』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

ドラゴンボール超 ブロリーの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「ドラゴンボール超 ブロリー」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2659円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpFODプレミアムTELASAの5つのサービスで「ドラゴンボール超 ブロリー」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「ドラゴンボール超 ブロリー」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ドラゴンボール超 ブロリー」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYA DISCAS TVトップ画像

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,659円(税込)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『ドラゴンボール超 ブロリー』の作品情報

      基本情報

      作品名ドラゴンボール超 ブロリー
      原題
      原作鳥山明
      制作年2018年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)東映
      公開年(公開日)2018年12月14日
      上映時間(話数)100分
      公式サイトhttp://www.toei-anim.co.jp/tv/dragon_s/
      公式Twitterhttps://twitter.com/db_super2015
      公式Facebookhttps://ja-jp.facebook.com/DBSuperToeiAnimation/
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      前作の「ドラゴンボールZ 復活の「F」」を超える国内興行収入40億円以上を記録し、第42回日本アカデミー賞 の優秀アニメーション作品賞も受賞するという、モンスター級のメガヒットとなった世界中で愛される「ドラゴンボール」シリーズの劇場版アニメーション映画の最新作です。

      劇場版オリジナルキャラクターとして過去作に登場し、その常軌を逸した強さがファンの心を掴み、世界でも圧倒的人気を生み出した最強のサイヤ人・ブロリーが新たな装いと時間軸のもと、降臨します!

       

      「力の大会」終了後、この宇宙にはまだ見ぬ強者がいると分かった悟空は、更なる高みを目指すべく日々鍛錬を続けていた。

      そんなある日、悟空とベジータの前に現れたのは、ほぼ全滅したはずのサイヤ人であるブロリーだった。

      悟空により再び地獄から這い戻ったフリーザも巻き込みながら、今まで全く違う運命を辿ってきた3人のサイヤ人の熱き戦いが繰り広げられる――。

       

      今作は、過去の劇場版作品「ドラゴンボールZ 燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦」「ドラゴンボールZ 危険なふたり!超戦士はねむれない」に登場した、未だに根強い人気を誇る最強のサイヤ人・ブロリーが、敵対するキャラクターとして採用されています。

      そこにアレンジを加え、過去の作品の設定を引き継がず、一から仕切り直すリブート作品として、悟空、ベジータ、ブロリーのサイヤ人である3人がどのような運命を辿り出会い、敵対に至るのかが新規で描かれ、フリーザ軍とサイヤ人の歴史も一新されました。

      その為、過去のブロリーの印象が強いファンにも受け入れて貰うべく、昔のイメージを念頭に置きつつ、新しいブロリーの姿をより魅力的に表現することに徹底したそうです。

      サイヤ人としての驚異的な戦闘能力だけでなく、人情深い一面や、親子の関係性などドラマチックなストーリーも紡がれており、その存在に一層深みを持たせています。

      そして、ブロリー同様、原作者の鳥山明さんの原作には登場しない劇場版オリジナルである、悟空とベジータの2人が融合技「フュージョン」により誕生した、究極の合体戦士・ゴジータ23年ぶりの復活を遂げました。

      そんな様々な、新要素を取り入れ完成した今作の見所は、何と言ってもかつて観たことの無いほどの怒涛の戦闘シーン

      現代技術を駆使し、滑らかな動きを可能にしたアニメーションで、手に汗握る展開を演出、そこに胸踊る劇伴が交わり、観るものを興奮の渦に巻き込む超大作を創り上げています。

      キャストとスタッフ

      映画『ドラゴンボール超 ブロリー』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 孫悟空/バーダック:野沢雅子
      • ベジータ:堀川りょう
      • フリーザ:中尾隆聖
      • ブロリー:島田敏
      • ブルマ:久川綾
      • ピッコロ:古川登志夫
      • トランクス:草尾毅
      • ビルス:山寺宏一
      • ウイス:森田成一
      • パラガス:宝亀克寿
      • チライ:水樹奈々
      • レモ:杉田智和
      • ギネ:渡辺菜生子
      • ベジータ:王銀河万丈
      • コルド大王:大友龍三郎
      • ビーツ:桐本拓哉
      詳細を見てみる

      主人公・孫悟空/バーダックの声を担当するのは、野沢雅子さんです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      Makoto Sasaki(@sasamako)がシェアした投稿


      あまり知られていませんが、実は野沢さんは3歳から子役として活動しており、映画デビューも果たしています。

      その後、中学の劇団に入団、学校が休みの時間を使い東京で女優業を行っていました。

      そんな日々を重ねながら高校に入学と同時に上京。

      本格的に芝居に打ち込み始めますが、当時所属していた劇団の経営が厳しく、女優業の傍ら声優業も始めることになります。

      アニメデビュー作は、アニメ第1作目の「鉄腕アトム」でのゲスト出演で、初主演を務めた作品は第1作目「ゲゲゲの鬼太郎」の鬼太郎役だったそうです。

      声優の代表作には、「ど根性ガエル」ひろし役や、「銀河鉄道999」の星野鉄郎、「ドラゴンボール」シリーズの孫悟空、孫悟飯、孫悟天などがあり大きな活躍を魅せました。

      2013年には、年ごとに最も印象に残った声優を対象とした、第7回声優アワード「功労賞」を受賞、翌年には、皇室から送られる賞であり、勲章や国家褒賞とならび、日本三大賞の一つである東久邇宮文化褒賞を受賞し、日本を代表する声優の一人となっています。

      ベジータの声を担当するのは、堀川りょうさんです。


      堀川さんも子役時代から活躍しており、国民的ヒーローとして人気を得た時代劇ドラマ「鞍馬天狗」の主人公の相棒である杉作少年を演じ、お茶の間に知れ渡りました。

      その後も、実力派子役として「水戸黄門」などにも出演しています。

      1984年には、声優としても力を入れ始め、テレビアニメ「夢戦士ウイングマン」の主人公・広野健太役で声優デビューを果たしました。

      堀川さんの中で特に、「機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY」は声優としてとても思い出深い作品であり、ガンダム史においてその名を刻めたことを誇りに思っていると語っています。

      ブロリー役の声を担当するのは、島田敏さんです。


      (画像の一番左側)
      島田さんは元俳優志望であり、声優という分野に興味がなかったそうですが、声優の納谷悟朗さんと村越伊知郎さんに連れられ、付き添いという形で訪れた吹き替え現場にて、音響監督である春日正伸さんからの突然の出演を命じられ、初のアテレコしたことが転機となり、声優業に興味を示すようになります。

      その後、洋画の吹き替えで活躍したのち、「宇宙魔神ダイケンゴー」のユーガー役でアニメデビューを果たしました。

      吹き替えでは「スター・ウォーズシリーズ」のルーク・スカイウォーカー役や、「オズ」のジャック・ザ・パンプキンヘッド役などを演じています。

      チライ役を声担当するのは、水樹奈々さんです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      【非公式】水樹奈々 Nana Mizuki(@mizuki.nana.unofficial)がシェアした投稿


      幼いころから演歌歌手を夢見、数あるコンテストを受けてきましたが、高校2年生から代々木アニメーション学院にて声優についても勉強を重ね、歌手よりも先に声優デビューを果たします。

      声優でのデビュー作は、ゲーム「NOëL 〜La neige〜」の門倉千紗都役であり、元からゲーム好きで作品を知っていたことから、自身で望みオーディションを受け、この役を請け負うことが出来たそうです。

      代表作は、「NARUTO -ナルト-」の日向ヒナタや「戦姫絶唱シンフォギア」の風鳴翼などがあり、シンフォギアに関しては水樹さんが声優・歌手として参加することを前提とした、アニメの創りとなっています。

      レモ役の声を担当するのは、杉田智和さんです。


      高校在学中に、日本ナレーション演技研究所主催の声優スプリングスクールにて、ミューラス&アニメージュ賞を受賞しており、その頭角を現し始めました。

      その後、「仮面ライダー」のプレゼント告知ナレーションにて声優デビューし、「ちょびっツ」の本須和秀樹役でテレビアニメ初主演を果たします。

      代表作には「ジョジョの奇妙な冒険」のジョセフ・ジョースターや、知名度を得るきっかけとなったアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のキョン、「銀魂」の坂田銀時などがあります。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:長峯達也
      • 原作・脚本・キャラクターデザイン:鳥山明
      • 作画監督:新谷直大
      • 美術監督:小倉一男
      • 色彩設計:永井留美子
      • 特殊効果:太田直
      • CGディレクター:牧野快
      • 音楽:住友紀人
      • 主題歌:三浦大知
      詳細を見てみる

      本作の監督を務めるのは、長峯達也さんです。


      日本のアニメーション演出家であり映画監督としても活躍、「夢のクレヨン王国」にて演出助手を務め、「おジャ魔女どれみ」の第25話で演出家デビューを飾ります。

      以降は、「おジャ魔女どれみシリーズ」や「明日のナージャ」で作品を支えるサブ演出家として、携わっていきました。

      アニメ「冒険王ビィト」では初のシリーズディレクターを担当、プリキュアシリーズに関しては「ふたりはプリキュアSplash☆Star」、「Yes!プリキュア5」や「Yes!プリキュア5GOGO!」などに演出として参加し、2007年と2008年に公開された「劇場版Yes!プリキュア5」2作品で監督を任せられます。

      その他にも、「ONEPIEC EFILMZ」の監督、「聖闘士星矢Ω」シリーズディレクターを務めるなど様々な名作を手掛けていきました。

      原作・脚本・キャラクターデザインを担当するのは、鳥山明さんです。


      1978年に「週刊少年ジャンプ」にて短編読み切りである「ワンダーアイランド」でデビューします。それ以降、集英社の専属契約のもと「週刊少年ジャンプ」などのジャンプ系列誌にて様々な作品を展開。

      その中で連載された「Dr.スランプ」「ドラゴンボール」はどちらもアニメ化され、1981年から1999年までフジテレビ系列にて長期に渡り、鳥山さん原作のアニメが放送されていました。

      原作の「Dr.スランプ」は第27回小学館漫画賞の少年少女部門受賞し、「ドラゴンボール」は日本のメディア芸術100選のマンガ部門3位選出されています。

      漫画家として以外にも、デザイナーとして活躍しておりRPGゲームの名作「ドラゴンクエストシリーズ」のキャラクターデザイン、プラモデルや車などのデザインを手掛けました。

      口コミ・感想・評価

      「ドラゴンボール超 ブロリー」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもドラゴンボール超 ブロリーを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      ブロリーが強くて素敵でした。

      ドラゴンボールの良さが全開でした!

      登場キャラクター数が限られているので、ゴチャゴチャしていなくて見やすかったです。ドラゴンボール初心者でも楽しめるでしょう。つい笑ってしまうほど、ブロリーが強すぎます。戦闘力もメンタル面も、とても逞しくてかっこいいですね。またベジータは色んな姿を見せてくれて、昔からのファンは何度も興奮したでしょう。フリーザの卑劣さにも磨きがかかっていたけれど、身長を伸ばしたいフリーザは可愛く見えてしまって好感を持てました。ドラゴンボールのギャグ要素もあり、シリアスな部分もあって終始ワクワクしながら見れました。後半は尻上がりに勢いが付いてきて良かったです。盛り上がるシーンで掛け声が入るのもテンション上がりますね。
      りんつ(20代・女性)
      詳細を見てみる

      スーパーサイヤ人孫悟空の限界を見せつけたブロリー、過去の成長物語との決別を悟空に要求したていえる作品

      宇宙人の希薄個性に我々はコンタクト

      宇宙の戦闘民族サイヤ人において、平和な暮らしに馴染み、優しい部分を持つ戦士がいた。その名は、ブロリー。しかし、一度、怒りの導火線に触れる事があると、烈火の如く怒り、自身の感情の制御ができなくなってしまう。そのブロリーの暴走を止める為、孫悟空とベジータは戦闘に。しかし、それが未だかつてないほど強い!。個性の核心が薄い個性であるといえば、宇宙人のサイヤ人のブロリーの薄さは希薄個性というレベル。あのサイヤ人の王子・ベジータよりもどこか薄い。すると、あの穏やかな雰囲気を麻痺させれば、簡単に暴走できるという危険が有り。そういう超人類がいたら?のifになんだか緊張感を覚える人もいたはず。そういう人の核心に話してわかってもらうには腕づくで、というサイヤ人の手法は真似できないから、う〜ん、地球人相手のノウハウを超えるマニュアルが必要⁉︎、宇宙新時代を感じさせます!。
      水素電池+人間(40代・男性)

      ドラゴンボールの世界、孫悟空の世界を知ることができる作品

      ブロリーと孫悟空の世界

      ドラゴンボール世代なので、テレビアニメ放送開始からドラゴンボールが好きで見ていました。今では、子供も大好きなアニメです。ドラゴンボールの映画は、初めて映画館で見たのは「神と神」です。子供と一緒に見ました。そして、この「ブロリー」は、「神と神」を超える映画だと思いました。ブロリーは、もともと好きなキャラクターでした。物語は孫悟空が幼い頃から始まります。もちろん、ベジータやブロリーも可愛い子供です。まず、ブロリーの生い立ちに泣きました。こんな苦労があったのかと。そして、ブロリーとベジータと悟空の闘うシーンも迫力がありました。始まりから終わりまで、息つく間もない程、見入ってしまう映画でした。最後、ブロリーに対する悟空の優しさにも感動しました。
      kat(40代・女性)

      最後まで目を離すことのできない作品

      洗練されたクオリティのバトルが見れる最高の映画

      ドラゴンボール作品の中でも屈指のバトル描写が見れる作品となっています。シンプルに力と力がぶつかっていく様は憧れてしまいます。作画へのこだわりや密度がすごく、制作陣の深い愛情を感じることができました。ブロリーにも大きく焦点が当てられており、旧来のファンからするととても嬉しかったです。きちんとブロリーが強く描かれており、満足しました。きちんと扱いがいいのが流石だなといった感じです。とはいえ、普段からの登場人物にもきちんとスポットが当たっており、不公平だなという感じはしませんでした。きちんとファンの声を聞いたうえで作られたことがよく分かります。ドラゴンボールファンであれば、見逃すことのできない最高の映画作品だと改めて思いました。
      うさいる(20代・男性)

      サイヤ人孫悟空と「初登場」サイヤ人ブロリーとのサイヤ人の誇り高き戦い

      今までのブロリーの話は消去されました、カカロットと初対決

      まず大前提として今回の映画ではブロリー初登場、悟空とも初対面。何十年?もアニメ版で何度も登場し殺されて、そのたびにバケモン扱いがグレードアップされてきたブロリーは完全になかったことになっている。いくらなんでも可哀そうな気がした。ブロリーじゃなくて別のサイヤ人でもよかったのでは。この映画は孫悟空ではなくサイヤ人カカロットとブロリーの物語で登場人物も少ない。サブキャラクターが登場しないのは今までのドラゴンボールZの映画を観てきたものとしては寂しかった。しかしラストのカカロットのセリフにニヤリとしてしまったのは孫悟空の精神的な成長が感じられたからかもしれない。ベジータやピッコロの内面の変化はわかりやすく納得できるものだったが主人公の悟空がどうしてもガキくさく一人浮いてる感がずっとあったからだと思う。他のドラゴンボールの映画より悪く言えば地味、よく言えば若干大人向けであった。でも最後のシーンの悟空はカッコよかった。
      とらさんた(30代・女性)

      バトルありお笑いありのコメディ・バトル作品

      合体が面白すぎ!

      物語の前半部分はドラゴンボールシリーズの総集編のような気持ちで見る事ができました。悟空・べジータの誕生、フリーザによる惑星べジータの破壊、フリーザ編の最終バトルなどが走馬灯のように描かれていました。これだけでも十分面白かったですね。次にブロリーと悟空・べジータのバトルになって行くんですが、悟空・べジータの合体はお笑い要素たっぷりでした。べジータは「死んだほうがマシだ。」と言っていました。それくらい面白いポーズでしたね。それでもポーズを取るべジータはいい人だと思います。最後に悟空がブロリーの星に行き食料を分け与え、「また闘おう。」と言うのもドラゴンボールらしいと感じましたよ。ドラゴンボールらしい映画だと思います。
      しばっち12(40代・男性)

      戦闘シーンが大好きな方におすすめしたい作品

      地球が壊れてしまうほどの熱い戦闘シーンに圧倒されます。

      ドラゴンボールの最大の魅力である戦闘シーンに圧倒される映画です。大迫力の技と技のぶつかり合いが何度も出てきて、地球が壊れてしまうぐらいすごいです。悟空とベジータの合体技にくすくす笑うシーンもありますが、技が成功して二人で戦うシーンはとてもかっこいいのでおすすめです。ブロリーという最強のサイヤ人が出てくるのですが、可哀想な環境で育った男の子で一番印象に残ります。特に父親が子供に対する恐れから、痛みを持って子供の感情をコントロールしようとするシーンが見ていて辛かったです。怒りで気持ちのコントロールを失ったブロリーを早く止めてあげてほしい気持ちでいっぱいでした。またひとりぼっちだったブロリーに初めて彼を理解する友達が出来ます。ブロリーと友達のやりとりが嬉しくてほのぼのするので、注目してほしいです。ブロリーと悟空、ベジータの戦いの行方、ブロリーはこるからどうなってしまうのか等、見どころたくさんの映画ですので是非観てほしいです。
      のんびりさん(40代・女性)

      ワクワク感と迫力が融合した作品

      懐かしい作品

      子供のころ、ドラゴンボールZの映画を見ていました。特にブロリーは映画にしか登場しないキャラクターのため3作品ありますが貴重な映画でした。ドラゴンボール超では、悟空やベジータもスーパーサイヤ人ブルーになれるようになり、相当にレベルアップしているのですが、そんな二人に対してもブロリーはやはり最強の敵として立ちはだかります。ブロリーといえば、本来やさしき心を持っているが気持ちが暴走するととんでもないパワーを発揮します。そんなブロリーが最後どういう結末になるのか、私としては本当に悟空らしいなという感想を持ちました。闘いのシーンでは、三浦大知さんの音楽と迫力の映像が見ている側のワクワク感を最大限に高めてくれるのでお勧めです。
      ティラ(30代・男性)

      バトルアニメの決定版。描写と音楽、すべての融合がここに極まっています。

      バトルアニメの最高潮。ドラゴンボールといえば、このバトル。

      ドラゴンボールの醍醐味は、スピード感ある戦いとその描写。そして、絶望感からの無双状態。この作品は、そういった部分が存分に詰め込まれています。ブロリーは以前にも登場したキャラクターではありますが、そのブロリーとは全くの別人物です。しかし、その強さは、前の時と比べ物にならぬほど強くなっています。最初は、それほどではないのですが、戦ううちにドンドン強くなっていく。悟空、ベジータのブルーを凌ぐほどに成長していきます。そこをどう逆転するのか。これは、自分で確認してください。こういったバトルだけでも見どころなのですが、この作品に使われた主題歌。まるで、ストーリーをぎゅっと圧縮したような、そして、作品を大いに盛り上げてくれるものとなっています。作品を見る→主題歌が耳に残る→作品を見たくなる→音楽が流れて、サブイボ発生。これ以上にないほど作品を盛り上げてくれる、最高の主題歌です。
      ZIN(40代・男性)

      すべてのドラゴンボール好きが見るべき作品

      新劇場版では最高
      神と神、復活のFにつぎドラゴンボール新劇場版3作目。今回の敵はブロリー。実は私旧劇場版も余すことなく見ていてその中でもやっぱりブロリーは特異な存在として私の中に刻み込まれています。とにかく強い。最強最悪の伝説の超サイヤ人というとんでもないインパクトが有りました。ただ、強いだけの存在というイメージもありました。それはブロリーが無個性でただ強いというだけだったからだと思います。この新劇場版のブロリーが個性の味付けがされていてブロリーと宇宙人たちとのやりとりや会話によりブロリーってこんなやつなんだというのがわかってブロリーというキャラがただ強いだけでないものとなっていたのはいいと思います。この映画最大の見どころはやはりアクション部でしょう。氷河でのベジータ戦は作画もめちゃくちゃよくまさに圧巻。でもだんだんと作画崩壊していき、フュージョンのシーンは崩壊しまくってなんじゃこりゃと思いました。しかし、ラストの超サイヤ人ブルーバージョンのフュージョンでブロリーと戦うシーンは本当にかっこいい。もう画面から目が離せません。いままでのドラゴンボールならブロリーやっつけて終わり、万事解決という感じですが、今作では不幸だったブロリー親子に救いと希望のある爽やかな終わり方だったのも良かったです。そういうのもあって全体的に好印象、アクションバトルも最高でもうドラゴンボール映画としては文句なしの100点満点です。
      ドラゴンハート(30代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『ドラゴンボール超 ブロリー』とあわせて、『ドラゴンボール超 ブロリー』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      堀川りょうのおススメ関連作品
      長峯達也のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『ドラゴンボール超 ブロリー』のまとめ

      「ドラゴンボール超 ブロリー」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2659円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「ドラゴンボール超 ブロリー」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【2月17日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年8月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。