新型コロナ|自宅待機40代男性感染者の埼玉県の住所は何市のどこで、入院先の病院は?やむを得ない事情は?行動経路は?

政府のチャーター機で中国・武漢市から帰国した日本人から新たに新型コロナウイルスに感染している人が2人、確認されたと報じられました。

そのうちの一人は、帰国時の検査では陰性で、一度は「やむを得ない事情」として埼玉県の自宅に帰ったものの、症状が悪化したため再検査したところ、感染が確認されたとのことです。

今回、新型コロナウイルスの感染が確認される結果となってしまいましたが、「やむを得ない事情」とは何だったのでしょうか?

また、この方は埼玉県内で自宅待機されていたことから、住所や入院先の病院、行動経路が気になってしまいますよね。

そこで今回は、「新型コロナ|自宅待機40代男性感染者の埼玉県の住所は何市のどこで、入院先の病院は?やむを得ない事情は?行動経路は?」と題し、40代男性感染者の埼玉県の自宅住所は何市か、入院先の病院はどこか、やむを得ない事情は何だったのか、行動経路などについて調査してみたいと思います。

あわせて読みたい

新型コロナ|埼玉県で自宅待機の男性が感染…発熱も 国内感染者163人に

政府のチャーター機で中国・武漢市から帰国した日本人から新たに新型コロナウイルスに感染している人が2人、確認されました。これで国内で確認された感染者は163人となりました。

厚生労働省によりますと、新たな感染者2人のうち、先月29日に第1便で帰国した50代の男性は帰国時の検査では陰性となり、千葉県勝浦市のホテルに滞在していました。今月7日に発熱し、10日に感染が確認されました。また、先月30日に第2便で帰国した40代の男性も帰国時の検査では陰性で、埼玉県の自宅に帰っていました。今月8日に39.5度の高熱が出て10日に肺炎と診断され、感染が確認されていました。これで、国内で確認された感染者は横浜港に停泊しているクルーズ船の135人と合わせて163人となりました。

新型コロナ|埼玉県40代男性感染者の症例報告で判明した「やむを得ない事情」とは?

厚生労働省のホームページにて掲載された40代男性感染者の症例報告は以下のとおりです。

概要
(1)年代: 40代
(2)性別: 男性
(3)居住地: 埼玉県
(4)症状、経過:
1月30日 第2チャーター便で帰国。
同日 空港から移動し、国立国際医療研究センターにおいて診察を受けた際にPCR検査を実施したが陰性。
2月1日 小児と一緒に帰国したため、希望により自宅へ帰宅。自宅待機。
2月8日 発熱39.5度。
2月9日 市販薬を服用し37.2度まで解熱。
2月10日 午前 埼玉県内医療機関を受診。胸部X線写真上、両側中下肺野に肺炎像あり。
同日 検体(咽頭ぬぐい液)を採取し、地方衛生研究所においてPCR検査を実施し陽性。埼玉県内医療機関に入院。
2月11日 午前 38度台の発熱。
(5)行動歴:
ご家族2名が濃厚接触者の疑い。詳細調査中。
本人の報告によると、武漢市の海鮮市場(華南海鮮城)には立ち寄っていない。
中国において、肺炎患者との明確な接触は確認できていない。

 

中国・武漢からチャーター機で帰国した方のうち、11人の方が「やむを得ない事情」があるとして自宅に帰宅されていました。

今回感染された方はその中の一人ということになります。

この方のやむを得ない事情とは「小児と一緒に帰国したため」ということが判明しました。

何歳の子どもかは分かりませんが、確かにお子さんと2週間近くホテルに滞在することは大変だったかもしれません。

しかし、今回のようにご自身が感染するリスクと、他の人にも感染を拡大してしまうリスクを考えると、ホテル待機をしていた方が良かったのではないでしょうか。

新型コロナ|埼玉県40代男性感染者の行動経路は?

先の症例報告を整理すると以下のとおりです。

  • 1月30日 第2便で羽田空港に到着、国立国際医療研究センターに移動
  • 2月1日 埼玉自宅に帰宅、自宅待機
  • 2月8日 39.5度の発熱
  • 2月10日 新型コロナウイルス肺炎と診断、埼玉県内医療機関に入院

2月8日に発熱とあるため、新型コロナウイルスの潜伏期間が最大14日であることを考慮すると、1月30日の帰国時点ですでに無症状感染の可能性があります。

となると、羽田空港から国立国際医療研究センターを経て埼玉自宅に帰宅するまでの道のりで、感染が拡大している可能性がありそうです。

また、埼玉県自宅に帰宅後は自宅待機をしていたと報じられていますが、その間発熱など発症していないことから、外出などしていないかも気になるところですね。

また、奥さんとお子さんとも濃厚接触をされていたことから、奥さんとお子さんの行動まで調査しない限り、厳密な行動経路は特定できなさそうですね。

新型コロナ|埼玉県40代男性感染者の自宅住所は何市のどこ?

新型コロナウイルス肺炎に感染したことが確認された40代男性について、現時点の情報をまとめます。

名前:不明
年齢:40代
住所:埼玉県

これまで日本政府は感染した方の詳細情報を公開してないため、今後も40代男性の自宅住所の特定は難しいと思われます。

埼玉県といってもその範囲はかなり広いですので、少なくともどの市かくらいは公表してもらった方が、埼玉県民の方は安心できるのではないかと思いますね。

新型コロナ|埼玉県40代男性感染者の入院先の病院は何市のどこ?

新型コロナウイルス肺炎に感染したことが確認された40代男性の入院先の病院について「埼玉県内医療機関に入院」とだけ発表されています。

現在、埼玉県で「特定感染症指定医療機関」「第一種感染症指定医療機関」「第二種感染症指定医療機関」に指定されている病院は以下のとおりです。

  • 埼玉医科大学病院
  • 防衛医科大学校病院
  • さいたま市立病院
  • 東松山市立市民病院
  • 深谷赤十字病院
  • 埼玉県済生会 栗橋病院
  • 埼玉医科大学病院
  • 本庄総合病院
  • 春日部市立医療センター
  • 埼玉県立循環器・呼吸器病センター
  • 上尾中央総合病院
  • 独立行政法人国立病院機構 埼玉病院
  • 独立行政法人国立病院機構 東埼玉病院
  • 埼玉県立精神医療センター

この中のいずれかの病院に入院している可能性が高いですが、どこの病院かまでは特定が難しいと思われます。

ネットの反応

あわせて読みたい