新型コロナ|クルーズ船で感染した検疫官は誰で名前や顔画像は?感染理由はなぜ?入院先の病院は?

2月12日、クルーズ船で新型コロナウイルスに新たに感染した方が39人、それとは別に検疫官1人と報じられました。

なぜ検疫のプロである検疫官が感染したのでしょうか?

「新型コロナ|クルーズ船で感染した検疫官は誰で名前や顔画像は?感染理由はなぜ?入院先の病院は?」と題し、報道内容とネットの反応をまとめます。

あわせて読みたい

新型コロナ|クルーズ船で新たに39人感染、検疫官も

加藤厚生労働大臣は午前8時半すぎ、記者団に対し、新型コロナウイルスの集団感染が確認されているクルーズ船で、新たに39人の感染が確認されたことを明らかにしました。

また、これとは別に船内で検疫にあたっていた検疫官1人の感染も確認されたということです。

これで、クルーズ船で感染が確認されたのは、すでに下船している香港の男性を除いて、174人となりました。

新型コロナ|クルーズ船で感染した検疫官は誰で名前や顔画像は?

クルーズ船で新型コロナウイルスに新たに感染した方が39人、これとは別に検疫官1人と報じられました。

新たに新型ウイルスに感染した検疫官の情報をまとめます。

名前:不明
年齢:不明
住所:不明
Facebook、Twitter、Instagram:不明
顔画像:不明

現時点で厚生労働省のホームページでは詳細な発表がされていません。

確認できた情報は以下のとおりです。

当該者は既に入院して治療を開始しております。また、濃厚接触者については、外出自粛を指示しております。

 

既に入院し治療を開始しているとのことです。

濃厚接触者がいるとのことなのですが、濃厚接触者の情報は公開されていません。

新型コロナ|クルーズ船で感染した検疫官の入院先の病院は?

厚生労働省のホームページによると、クルーズ船で新型コロナウイルスに感染した検疫官の方は、既に病院に入院し治療を開始しています。

ただし、検疫官の自宅住所(何県か)や入院先の病院については公開されていません。

現時点でクルーズ船で感染された方は、東京都や埼玉、千葉、神奈川、静岡各県の医療機関に搬送されていることから、検疫官もこのいずれかの病院に入院されていると思われます。

新型コロナ|クルーズ船で感染した検疫官はなぜ感染?


これらのコメントにあるとおり、完全防護してるはずの検疫官がなぜ感染したのかが話題となっています。

これまでクルーズ船で感染された一般の方は、海上保安庁の巡視艇に移され、病院に搬送されています。

もちろんこの時、海上保安官は防護服を着て活動しています。

今回、検疫官は防護服とは言わないものの、完全防護をしたうえで感染されたのでしょうか?

それとも完全防護を怠った、もしくはその準備がなされていなかったのでしょうか?

もし前者であれば、検疫のプロでも濃厚接触時の感染から免れられないことになり、一般の方への影響が心配されます。

この辺りの情報については公開されていないため、情報が入り次第、更新していきます。

 

【追記:2/12】

検疫官が業務に従事する際の装備について、厚生労働省より発表があったと報じられました。

厚生労働省によると、新型コロナウイルスへの感染が判明した男性検疫官は、3日夜~4日夜のクルーズ船内での作業時、乗客ら1人に接するごとに手や指を消毒。マスクと手袋を着用するなど世界保健機関(WHO)の指針に基づいて作業をしたが、全身防護服などは身につけていなかった。

 

この報道について、「感染力が強い」など新型コロナウイルスの感染力を心配する声と、「なぜ防護服を着てなかったの?」という業務にあたるための準備が不足していたのでは?という声が多数上がっていました。

新型コロナ|ネットの反応