【映画無料動画】ソニック・ザ・ムービーの見逃し配信をフル視聴する方法(字幕吹替)!キャストやあらすじ感想評価も!
映画『ソニック・ザ・ムービー』のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、映画『ソニック・ザ・ムービー』のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します。

\作品概要はコチラをタップ/

『ソニック・ザ・ムービー』ってどんな作品?

世界で最も有名なゲームキャラクターである「ソニック」を待望の実写映画化。音速のハリネズミ・ソニックが友情と努力を重ねながら悪の科学者の陰謀を阻止すべく大冒険を繰り広げるアドベンチャー映画です。

ひょんなことから出会った保安官・トムとバディを組んだ、特殊能力を持った青いハリネズミ・ソニック。

彼は、自分の能力を悪用し、世界征服を企む悪の天才科学者ドクター・ロボトニックを倒すための闘いに挑みます。 

監督は第77回アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされたジェフ・フォウラー、製作総指揮の「デッドプール」などのティム・ミラーに加えて、ソニックの生みの親であるセガの親会社・セガサミーのプロデューサー中原徹さんやセガの映像部門出身の映画プロデューサー伊藤武志さんがディレクターを務めます。

主人公・ソニックの声優は、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」でBB-8の声を演じたベン・シュワルツです。

また、保安官・トム役を「X-MEN」シリーズのジェームズ・マースデン、ドクター・ロボトニックを「マスク」のジム・キャリーが演じています。

ソニックの爽快感溢れるスピード・アクション、トムとの間に芽生えた感動の友情、そしてドクター・ロボトニックの奇抜なキャラクターなど、見どころ満載のエンタテイメント映画です。

また、日本発のゲームを日本人が製作の中心となって映画化したハリウッド作品という、これまでにない新しい製作背景をもった物語だという点も大きな見どころのひとつです。

結論から言うと、映画『ソニック・ザ・ムービー』のフル動画を無料視聴するには、動画配信サービス『music.jp』の無料お試し期間を利用するのが一番おススメです!

今すぐに動画を見たい方は、music.jpの公式サイトをチェックしてみてください。

>>music.jpの30日間無料トライアルを試してみる<<

当記事では、なぜ『music.jp』がおススメなのか、その理由を丁寧に解説していきます。

その他にも、映画『ソニック・ザ・ムービー』のネタバレなしの簡単なあらすじキャスト・スタッフ情報感想・評価をまとめるとともに、あわせて見たいおススメ作品もご紹介していますので、是非参考にしてみてください♪

映画『ソニック・ザ・ムービー』のフル動画を無料視聴できる動画配信サービス一覧

映画『ソニック・ザ・ムービー』が配信されている主要な動画配信サービスを確認してみました!

配信状況は以下のとおりです。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サイト配信状況無料期間初回無料ポイント月額料金見放題作品数
TSUTAYAディスカス/TV30日間1100P~2417円非公開
U-NEXT×31日間600P1990円18万本
music.jp30日間1600P1780円非公開
Amazonプライム×30日間0P500円7千本
Hulu×14日間0P933円6万本
Netflix×なし0P800円~5千本
FODプレミアム×14日間100P888円1万5千本
dTV31日間0P500円12万本
Paravi×14日間0P925円1万本
TELASA30日間540P562円1万本
映画『ソニック・ザ・ムービー』は、music.jpで無料視聴が可能となっています。
へぇ~、『music.jp』だと無料で見れるんだな~。もっと詳しく知りたいな。

music.jpの概要・特徴

「そもそもmusic.jpって何?どんなサービス?最低限の内容が知りたいな。」

そんな方に向けて、簡単にmusic.jpについてご紹介します。

music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がりましたが、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

月額1,780円と他の動画配信サービスと比較すると少しお高めですが、「30日間の無料お試し期間」の登録時にもらえるポイントが主要配信サービスではNo.1となる1,600ポイントという点が魅力です。

これは新作映画であれば3本、準新作・旧作映画でれば4本以上を無料で見ることができます。

また、動画配信数も業界最大級の18万本以上という充実度であることも魅力のひとつですね。

music.jpのメリットデメリット

以下に、music.jpのメリットとデメリットをまとめてみました。

メリット
  • 初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
  • 初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
  • 国内最大級の18万本以上の動画配信数
  • 音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
  • 最新作がいち早く配信される
  • ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
  • 漫画の品揃えも充実

デメリット
  • 月額料金が他の動画サービスより高い
  • 聴き放題や見放題作品が非常に少ない
  • 動画ポイントは付与された月しか使えない

これらのメリット・デメリットを整理すると、動画だけでなく音楽や電子書籍も楽しみたい方や、毎月いち早く新作を楽しみたい方には『music.jp』はおススメです。

また、見たい作品が決まっていてmusic.jpでしか無料で見れない場合は、「30日間の無料期間だけ」と割り切って利用するのも賢い選択だと思います!

無料期間が30日と業界最長級ですので、実際に利用してみて継続するかどうかを検討してみるのが良いかもしれませんね。

>>music.jpの30日間無料トライアルを試してみる<<

映画『ソニック・ザ・ムービー』のあらすじ

大人気ゲーム「ソニック」シリーズをハリウッドで実写映画化して話題となった、音速のハリネズミ・ソニックが友情と努力を重ねながら悪の科学者の陰謀を阻止すべく大冒険を繰り広げるアドベンチャー映画です。

故郷の惑星から遠く離れた地球でひとり寂しく暮らしていたソニックが、自分の特殊能力を悪用して世界征服を企む悪の科学者ドクター・ロボトニックの魔の手から逃れるために、ひょんなことから出会った保安官・トムとバディを組んでさまざまな困難に立ち向かっていきます。

爽快感溢れるアクション、感動の友情エピソード、そして奇抜で個性的なキャラクターなど、見どころ満載のエンタテイメント作品です。

 

驚異的な超スピードで駆けることができる能力を持った、青いハリネズミ・ソニック。

故郷を離れて10年、ひとりぼっちで暮らしてきた彼が、最近思うこと・・・それは、「やっぱり、仲間がほしい」という願いでした。

自分が持つスーパーパワーを奪おうとする敵に追われて地球に来てからというもの、ソニックは誰にも見つからないようにアメリカの田舎町でひっそりと生活していました。

一人の時間を楽しむ一方で、孤独な生活による寂しさが日に日に募っていったのでした。

そんなある日、彼の前に地球征服を企む悪の天才科学者ドクター・ロボトニックが現れます。

数日前にソニックが憂さ晴らしに起こしてしまった大停電によって、ドクター・ロボトッニックに自分の存在が気付かれてしまったのです。

ソニックを捕まえて、その力を世界征服に悪用しようとするドクター・ロボトニック。

平和に暮らしてきた彼は、絶体絶命の大ピンチを迎えます。

そんな窮地を救ったのは、心優しき保安官・トムでした。

2人が偶然出会ったこの日から、追われるソニックとトム、追うドクター・ロボトニックという追走劇が始まります。

ソニックを助けることを最初は迷惑に思うトムでしたが、本当の友達が欲しいと願うソニックの気持ちを知り、2人は次第に友情を深めていきます。

果たして、ソニックとトムはドクター・ロボトニックの陰謀から逃れ、世界征服を阻止することができるのか・・・

 

主演は、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」でBB-8の声を担当したベン・シュワルツが主人公・ソニックの声優を務めます。

また共演は、「X-MEN」シリーズのジェームズ・マースデンが保安官・トム役を、ドクター・ロボトニック役を「マスク」のジム・キャリーが演じています。

監督は、第77回アカデミー賞短編アニメーション賞にノミネートされたジェフ・フォウラーがメガホンをとります。

また、製作総指揮の「デッドプール」などで知られるティム・ミラーに加えて、ソニックの生みの親であるセガの親会社・セガサミーのプロデューサー中原徹さんやセガの映像部門出身の映画プロデューサー伊藤武志さんがディレクターを務めることでも話題となりました。

超音速の演出が生み出す爽快感、心温まる感動の友情ストーリーが相乗効果をもたらして、鑑賞中はヒートアップし放題。疾走感と爽快感が抜群のエンタテイメント作品です。

ストレスで沈みがちな気持ちをスカッと晴らしたいとき、この映画で大人も子供も大興奮すること間違いなしです。

映画『ソニック・ザ・ムービー』のキャストとスタッフ

映画『ソニック・ザ・ムービー』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

映画『ソニック・ザ・ムービー』のキャスト

キャスト
  • ソニック(声):ベン・シュワルツ
  • トム:ジェームズ・マースデン
  • マディ:チカ・サンプター
  • ドクター・ロボトニック:ジム・キャリー
  • エージェント・ストーン:リー・マジュドゥーブ
詳細を見てみる

主人公・ソニックは、マルチな才能が高い評価を受けているベン・シュワルツが声優を務めます。

優れた脚本家であり、コメディを得意とする俳優でもあり、声優でもある・・・近年は、書籍の執筆もこなす、幅広い活動で世間に数多くのエンタテイメントを提供しているマルチ・クリエイターです。

2009年、第81回アカデミー賞のオープニングを共同執筆し、エミー賞のバラエティ/音楽/コメディ・スペシャル部門の脚本賞を獲得しています。

また、役者としてコメディドラマ「パークス・アンド・レクリエーション」のジャン・ラルフィオ役で知られるベンは、そのほかにも「あなたを見送る7日間」「ブルース一家は大暴走!」など多くの作品に出演しています。

声優としては「スター・ウォーズ フォースの覚醒」でBB-8の声を演じており、本作でも無邪気でナイーブなソニックを好演しています。

 

そして、保安官・トム役を演じるのは、ヒーローからミュージカルまで幅広い役柄をこなす俳優ジェームズ・マースデンです。

93年、テレビドラマ「アリー・myラブ」の若手弁護士グレン役が人気を博します。

94年に「No Dessert, Dad, Till You Mow the Lawn」で映画デビューを果たすと、98年には「洗脳」で映画初主演を飾ります。

そして、2000年「X-MEN」シリーズのサイクロプッス役が大ブレイク。一躍注目の存在になります。

その後も「魔法にかけられて」、「ヘアスプレー」といった話題作に続々出演している一流ハリウッドスターです。

スマートな大人の爽やかさと抜群の歌唱力が魅力のハンサム俳優ですが、その魅力は本作でも保安官トムの実直な役柄に発揮されています。

 

また、悪の天才科学者ドクター・ロボトニックを、稀代のコメディ俳優ジム・キャリーが務めます。

スタンダップ・コメディアンとして芸能活動をスタートさせた彼が、ブレイクするきっかけとなったのは94年の主演映画「マスク」の大ヒット

一気に人気俳優の仲間入りを果たし、続く「マン・オン・ザ・ムーン」でアンディ・カウフマンを演じた演技でも高い評価を受けます。

他にも、「バットマン・フォーエバー」「ケーブルガイズ」など多くの話題作に出演。

98年「トゥルーマン・ショー」では、ゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞しています。

コメディータッチの演技が彼の代名詞ですが、本作も悪役ながらどこか憎めないドクター・ロボトニックを、奇抜なパフォーマンスとコミカルな表情で唯一無二の魅力的キャラクターに創り上げています

映画『ソニック・ザ・ムービー』のスタッフ

スタッフ
  • 監督:ジェフ・ファウラー
  • 製作:ニール・H・モリッツ、トビー・アッシャー、中原徹、伊藤武志
  • 製作総指揮:里見治、里見治紀、前田雅尚、ナン・モラレス、ティム・ミラー
  • 脚本:パトリック・ケイシー、ジョシュ・ミラー
  • 撮影:スティーブン・F・ウィンドン
  • 美術:ショーン・ハワース
  • 衣装:デブラ・マクガイア
  • 編集:デブラ・ニール=フィッシャー、ステイシー・シュローダー
  • 音楽:ジャンキー・XL
詳細を見てみる

監督は、若手映画監督の旗手として期待されるジェフ・フォウラーです。

2004年に映画「プレーリードッグは骨折り損 」で監督を務めると、同作でアカデミー短編アニメ賞を受賞し、脚光を浴びます。

本作の映画「ソニック」は、2004年以来の監督作品となり、ほぼ新人の監督が話題作のメガホンを取るということは、異例の大抜擢と言えるでしょう。

将来を嘱望される、ハリウッドの若き才能のひとりです。

本作について、監督は「両極端な性格の2人だからこそ、人生が変わるような大冒険に踏み出すことができた」と、偶然の出会いから、ぶつかり合いながらもお互いに絆を深めていく2人のストーリーに、観客の心を動かす自信をのぞかせています。

 

製作総指揮は、CG制作の最前線で活躍する映像クリエイター兼映画監督のティム・ミラーです。

アニメーターやオンラインゲームの視覚効果アーティストとして活動する傍ら、製作総指揮・脚本を務めた短編アニメーション映画「プレーリードッグは骨折り損」がアカデミー短編アニメ賞を受賞します。

その後「ドラゴン・タトゥーの女」や「マイティ・ソー ダーク・ワールド」で映像ディレクターを担当すると、2016年にMARVELのヒーロー映画「デッドプール」で、50歳にして初の長編監督を務めます

同作品は驚異の大ヒットを記録し、全米興行収入オープニング記録を更新。

ティム・ミラーは一躍ヒットメーカーとして熱い視線が注がれる存在になります。

本作の監督を務めるジェフ・フォウラーとは17年間一緒に仕事をしてきた同僚で、2人ともソニックの大ファン。

自分の愛しているキャラクターを忠実に表現することをモットーに、映画「ソニック」の製作に尽力したそうです。

 

また、ソニックの生みの親であるセガの中原徹さんも映画製作に携わります。

セガのグループ会社「セガ・オブ・アメリカ」でプロデューサーを務め、映画「ソニック」の製作にあたり、セガの親会社であるセガサミーを代表してチーフプロデューサーを担当、製作現場を主導しました。

映画『ソニック・ザ・ムービー』の口コミ・感想・評価は?

高クオリティなCGが最高な作品

満を持してのソニック実写化作品
延期問題がありましたが無事に公開されたソニックの実写映画です。さらにクオリティに磨きがかけられ、ファンも納得のクオリティに仕上がっています。CGが多用されていますが、本当に精密さが素晴らしく、まるで実際にソニックが実在しているかのような出来です。ソニックに対する制作陣の愛情が伝わってくるようでした。アクションも素晴らしく、迫力満点になっていて見ごたえ抜群でした。ストーリー的にも申し分ない出来に仕上がっていて好印象でした。原作の雰囲気を壊さない感じの演出や内容には、思わず頭が下がるほどでした。作品がいかに丁寧に作りこまれているかがよく分かります。ソニックが好きな方には必ず見て楽しんでいただきたい作品です。
わたぽん(20代・男性)
詳細を見てみる

子供だけでなく大人もたのしめるソニックの大冒険&ロードムービー

ジム・キャリー扮するガイキチ科学者っぷりに大満足!
冒頭のロゴマークから遊び心満載で、最後の最後まで見る人を楽しませようとする心意気に溢れた作品。ひとりぼっちのソニックが保安官トムと旅する道中で様々な経験を積み重ね、安住の地を見出すストーリーは、ロードムービー的要素も兼ね備えていて、大人の心にもしっとりとした何かを残してくれます。もちろん目玉はジム・キャリー扮する天才?科学者のドクター・ロボトニック対ソニックの超音速バトルであり、もう、ジム・キャリー扮するガイキチ科学者っぷりはお約束に次ぐお約束の連続で満足度400%突破です!?。ベテランとはこうあるべきのツボを押さえきり、この役を務めるためにかれは存在していたのだ!と叫びたくなります。公開前のCG差し替えの件も忘れるくらいに、ソニックの造形や動きも問題なかったです。
ムネ(40代・男性)

ソニックの雰囲気を損なわず再現した作品

意外とマッチした有名ゲームの実写化
世界的知名度を誇るSEGAのゲームキャラクター「ソニック」の実写映画化で、昨年の「名探偵ピカチュウ」に続く、日本のゲームキャラクターのハリウッド実写化作品となります。ストーリー的には所謂王道的な流れとなっていて、多少平凡な印象は否めませんが、むしろ難しい事は考えずに見れるソニックというキャラクターとしてはありと思われますね。本作で特に話題になっているジムキャリー氏が演じるソニックの宿敵ドクター・エッグマン役もジムキャリーの個性が食いすぎず、原作のキャラを損なわない雰囲気で見事にマッチしていたと言えますし、ゲームの実写映像化という点ではかなりの再限度と言えました。一方で本作はあくまでソニックありきの映画化なので、ソニックがあまり馴染みのない人には少し平凡に思えてしまうかなっという印象もありました。
Shinya0544(30代・男性)

痛快でリアルなソニック

意外と面白い
あの有名なソニックが保安官とタッグを組んでマッドサイエンティストと戦うストーリーです。このような日本のゲームのキャラクターをハリウッドで公開すると、毛並みな表情がリアルすぎて気持ち悪かったり、本来のキャラクターの雰囲気を損ねることが多いと思いますが、ソニックは毛並みや表情がくっきりあっても違和感がなかったです。私自身、ソニックについて全く予備知識やゲームをやったことがなかったですが、仲間との熱い友情やソニック自身の成長を楽しむことができ、他のソニックのゲームにも興味を持てるようになりました。なので、ソニックを知らないからという理由で見ないのは少しもったいないと思います。ここからソニックを知る人、ソニックファン両方におすすめです。
ゆう(20代・男性)

ストーリーもアクションもテンポが速くて見やすい作品

高速で移動するアクションがカッコ良い
この映画に出てくるソニックは元のゲーム版よりもスリムな感じにアレンジされているので、人間っぽい動きをしているのが特徴的だと思いました。そして最大の見どころはソニックが持つ特殊能力である「超高速移動」を活かした迫力のあるアクションシーンです。敵が撃ってきた追尾ミサイルを街中を走って避けていくシーンや、周りの時間をゆっくりにして自分だけ動くシーンなどがとてもカッコ良かったです。そしてソニックを支えてくれる人間の仲間たちとの友情もあり、感動的でした。でもしんみりするほどではないので、最後まで楽しく見られる映画だと思います。エンドロールのあともファンサービス的なシーンがあるので、ソニックのゲームをやったことがある人ならテンションが上がると思います。
みん(20代・男性)

その他ネットの口コミ・感想・評価

詳細を見てみる

あわせて見たいおススメ作品

ここでは『ソニック・ザ・ムービー』とあわせて、『ソニック・ザ・ムービー』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
ジェームズ・マースデンのおススメ関連作品
ジム・キャリーのおススメ関連作品

これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

映画『ソニック・ザ・ムービー』のまとめ

映画『ソニック・ザ・ムービー』のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『music.jp』でしたね!

超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

>>music.jpの30日間無料トライアルを試してみる<<

※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。