【ネタバレ感想評価】事故物件恐い間取りは怖い?怖くない?つまらない?感想評価を調査!

2020年8月に公開されるやいなや、動員数ランキングで初登場1位を記録した映画「事故物件 恐い間取り」。

”事故物件住みます芸人”・松原タニシさんのノンフィクション本が原作となっています。

日本ホラー映画界が誇る中田秀夫監督がメガホンを取り、KAT-TUNの亀梨和也さんが主演を務めました。

「ホラー好きだから見てみたいけど、怖くなかったらつまらないし・・。」

「亀梨君のファンだけど、怖すぎるホラーは苦手・・。」

という方のために、今回は「【ネタバレ感想評価】事故物件恐い間取りは怖い?怖くない?つまらない?感想評価を調査!」と題し、実際に見に行った人たちの感想を調査していきたいと思います!

ネタバレ感想もありますので、知りたくない方はご注意ください!

「事故物件 恐い間取り」ってどんな作品?

「事故物件 恐い間取り」のあらすじ

あらすじ
コンビ結成10年目を迎える売れない芸人・山野ヤマメ(亀梨和也さん)。
ある日テレビ番組のプロデューサーから、番組への出演と引き換えに事故物件に住み、そこでの生活を撮影をするように言われます。
これを逃すと後がないヤマメは、殺人事件が起こったという”事故物件”で生活をする事に。
初日の晩に撮影した映像を見てみると、得体の知れない”白いモノ”が映っていて、さらには音声も乱れていました。
その映像を放送した番組は好評を博し、気を良くしたヤマメはさらなるネタを求めて、次々と新たな事故物件で暮らしていきます。
”事故物件住みます芸人”として売れだしたヤマメでしたが、周囲では不可思議な事が起こりはじめ・・・。

いやー怖いですよね。

何が怖いって、これが全て実話にもとづいている所が怖いですよね。

事故物件なんて絶対に住みたくありませんが、なんでもネタにして笑いに変えてしまう芸人さんってすごいです!

「事故物件 恐い間取り」のスタッフ・キャスト

スタッフ・キャスト
原作:”事故物件住みます芸人”松原タニシ
監督:中田秀夫
山野ヤマメ役:亀梨和也
中井大佐(ヤマメの相方)役:瀬戸康史
小坂梓役:奈緒
横水純子(不動産屋の女性)役:江口のりこ

本作でメガホンを取ったのは「リング」や「スマホを落としただけなのに」など、数々のホラー映画で知られる、中田秀夫監督です。

ホラー映画の監督ですが、とても優しそうな方ですね。

あらゆるホラー映画を世に送り出している中田監督の、他の作品はまた後ほどご紹介していきます!

そして売れない芸人・山野ヤマメを演じているのは、KAT-TUNの亀梨和也さん

ホラー映画出演も、芸人を演じる事も初挑戦だったという亀梨さん。

役作りで壁にぶつかった際には、原作者である芸人の松原タニシさんの雰囲気などをイメージしたとのことですが、実際のタニシさん

こんな感じの方なので、ビジュアルは全く違いますね。

その他、人気急上昇中の俳優・瀬戸康史さんや、

ドラマ「あなたの番です」での怪演でブレイクした、女優の奈緒さん

実力派女優・江口のりこさん

などが出演されています。

「事故物件 恐い間取り」のネタバレ感想

ではさっそく、映画を見た人たちの感想を見ていきましょう!

「事故物件 恐い間取り」怖いという感想

怖かったという意見、かなりありました。

実話をもとにしている作品のため、なぜそこが”事故物件”となったのか、の部分がとても怖いとの声もとても多く、結局は怨念や憎悪を生み出す行動をしている「人間」が一番怖いと感じた人もいるようです。

「事故物件 恐い間取り」怖くないという感想

全く怖くなかったという感想もありました。

お子さんでも鑑賞できそうという声や、まさかのファンタジーという感想も!

見る人のホラー免疫やビビリ度、また人生経験などによって全く違った感じ方になるのが、ホラー映画なのかもしれません。

ちなみにこちらの映画は特にR指定はされていないので、どの年齢の方でもご覧いただけます。

「事故物件 恐い間取り」って面白いの?つまらないの?

否定的な感想としては、ストーリー展開がゆっくりだった、亀梨さんの”売れない芸人役”がミスキャストだった、などがありましたが、全体としては「おもしろかった!」という高評価の方が多い印象でした!

「事故物件 恐い間取り」は怖いけど怖くない!まさに”恐ポップ”!

様々な感想を調査してみて、

「事故物件 恐い間取り」は・・・
  • 怖い人にはかなり怖い
  • 怖くない人には全く怖くない
  • 本当に怖いシーンもある
  • ゲラゲラ笑っちゃうシーンもある
  • ファンタジー要素も感じられる
  • 恋愛映画の要素も感じられる
  • 子どもでも楽しめる(その子による)

という事がわかり、恐さと楽しさのバランスが非常によく取れている作品である事がわかりました!

恐怖とポップさが共存していることから、ちまたでは”恐ポップ”と呼ばれていて、ホラーの巨匠、中田監督が新たに創りだした「令和のホラージャンル」と言えるのではないでしょうか。

ホラーの巨匠!?中田秀夫監督のオススメ関連作品

中田監督といえば、デビュー作が『本当にあった怖い話』だったり、出世作が『女優霊』だったり、ヒット作が『リング』だったりと、まさに日本映画界のホラーの巨匠!

実は、中田監督自身は特にホラー映画指向ではなく、ホラーが撮りたいわけではないそうです(笑)

今回は「事故物件 恐い間取り」が気になる方や気に入った方に、そんな中田秀夫監督のおススメ関連作品をピックアップしてみました!

誰にでも起こりうる恐怖「仄暗い水の底から」

中田監督の代表作「リング」の原作者・鈴木光司さんと再タッグを組んだ作品。

新居のマンションへ引っ越してきた母親と娘を、次々と起こる不可思議な現象が襲います。

娘を必死に守ろうとする母親を、女優の黒木瞳さんが熱演。

日常の中に潜む誰にでも起こりそうなホラーに、全体的にも暗い印象の映像が肌寒さを感じさせます。

怖いです。

国民的ホラーアイコンが現代版で蘇る「貞子」

「リング」シリーズの核となるキャラクター、貞子をメインとした作品です。

これまでのシリーズの、ビデオを見たら呪われてしまうという設定からバージョンアップして、動画を撮影したら呪われる、という現代のSNS社会に対応した貞子になっています。

貞子の呪いに振り回される、主人公の心理カウンセラー役を、モデルで女優の池田エライザさんが務めました。

「仄暗い水の底から」に比べて、こちらはホラー要素が少し軽めなので、ホラー初心者の方にはいいかもしれません。

舞台女優に迫る恐怖!「劇場霊」

新作舞台の稽古場に持ち込まれた不気味な人形

この人形をきっかけに、舞台の演者やスタッフに様々な不幸な出来事が起こります。

AKB48グループの全てのメンバーの中から、オーディションで主役の座を射止めたという島崎遥香さんの、恐怖の熱演にも注目です!

中田監督作品の中では、良い意味で”チープなB級感”のある珍しい作品となっています。

人妻の狂言から始まるサイコサスペンス「カオス」

人妻から狂言誘拐を依頼された探偵。

しかしその後、なぜかその人妻が死体で発見され・・・。

物語は衝撃の展開を見せていきます。

中谷美紀さん演じる人妻が、とにかく魔性で美しく目が離せません。

ホラーというよりもサスペンス要素の高い本作品。

のちにフランス人監督により、フランスでもリメイクされています。

エロティックサスペンスホラー「殺人鬼を飼う女」

子供の頃に義理の父から性的虐待を受けたことによるトラウマから、多重人格な面を持ちながら生きている少女が主人公の物語。

1人の少女の中の、4つの異なる人格をそれぞれ別の女優が演じており、それぞれの人格が会話をするシーンなど、一風変わったホラー作品となっています。

仮面ライダーシリーズなどに出演経験もある、女優の飛鳥凛さんが主人格であるキョウコを演じています。

妖艶でエロティックな性的描写が話題となった本作品。

映画におけるタブーにとらわれずに、先鋭的な作品を創り出す「ハイテンション・ムービープロジェクト」の一つとして制作されました。

 

ここでご紹介した作品は、U-NEXTの31日間お試し期間を利用すれば無料で観れるようです。

上記作品が気になった方はトライしてみては?

\中田秀夫監督作品が無料で観れる!/

 

まとめ

さて「【ネタバレ感想評価】事故物件恐い間取りは怖い?怖くない?つまらない?感想評価を調査!」と題してお届けしましたがいかがでしたか?

実はこの作品、本編中に「白い何か」が映っていた、セリフにはない「たすけて」という声が聞こえた、などの噂がネット上に広まっているんです!

実際に見に行った方からも「見えた」「聞こえた」との報告が続々と上がっています。

製作者が仕込んだネタなのか、それとも・・・。

ぜひ噂の真相をご自身で確認しつつ、新感覚な”恐ポップ”を体感してみてはいかがでしょうか?