地球に取り残されてしまった宇宙人と子どもたちの交流を描いた、巨匠スティーブン・スピルバーグ監督によるSFファンタジー映画E.T

本作の象徴とも言える、主人公の少年・エリオットがE.Tを自転車のカゴに乗せ、満月輝く夜空を飛ぶシーンはあまりにも有名で、公開から40年近く経った今もなお多くの人の心に残る名作中の名作映画です。

そんな世界中に根強いファンを持つ本作は、主人公の少年・エリオットをはじめ魅力的なキャラクターを演じた子役たちも、注目の的となりました。

公開から長い年月を経、大人になった子役たちの現代の様子が気になる方も多いのではないでしょうか?

そこで今回この記事では、『映画「E.Tの少年エリオット役や女の子など子役の現在は?』と題し、当時注目を浴びた子役たちの現在の様子や情報を、画像を交えてご紹介していきたいと思います!

あわせて読みたい

映画『E.T』の概要

記事の本題に入る前に、本作の簡単なあらすじや主要キャラクターなどをご紹介したいと思います!

概要

  • 監督:スティーヴン・スピルバーグ
    1. 脚本:メリッサ・マシスン
    2. 公開:1982年
    3. キャスト:ヘンリー・トーマス/ロバート・マクノートン/ドリュー・バリモア

    あらすじ

    あらすじ

    ある夜、アメリカのとある森に宇宙船が着陸。

    その宇宙船の中から数体の異星人が現れ、植物などのサンプルを採取していました。

    しかし間もなくして、アメリカの政府機関が宇宙船を調査するため森の付近の捜査を始めます。

    慌てて離陸した宇宙船でしたが、一体の異星人が乗り遅れ、取り残されてしまいました。

    一方同じ頃、近くの街に住む少年・エリオットは、兄のマイケル、妹のガーティの3人兄妹と母親の4人で暮らしていました。

    宇宙船が着陸したその日、エリオットは兄に頼まれて宅配ピザを受け取りに外へ出ると、庭の物置から物音が聞こえてきました。

    様子を調べに行くと、なんとそこに逃げ遅れた異星人が隠れていました。

    はじめは怖がったエリオットでしたが、その異星人を「E.Tと名付け、母親に内緒で自分の部屋で世話をする事に決めます。

    しかし一方では、政府機関の捜査はまだ続いていて・・・

    主要キャラクター

    • エリオット(ヘンリー・トーマス)・・・遭遇したE.Tを親に内緒でかくまう心優しき少年。地球のことを教えるなどE.Tと交流を重ねるうちに友情が芽生え、互いに感情を状態を共有するようになります。
    • メアリー(ディー・ウォーレス)・・・エリオットの母親。夫が愛人とメキシコに行ってしまったため、1人で3人の子供たちを育てています。夫の家出からはまだ立ち直っておらず、父親の話題が出ると涙を見せます。
    • マイケル(ロバート・マクノートン)・・・エリオットの兄。E.Tと初めて会った時は驚くものの、すぐに存在を受け入れます。E.Tのためにさまざまな協力をする、優しく頼もしい性格。

    • ガーティ(ドリュー・バリモア)・・・エリオットの妹。まだ幼く幼稚園に通っています。

      E.Tと初めて会った時は絶叫しますが、すぐに親しくなる人懐っこい性格の少女。

    • E.T・・・仲間と共に宇宙船で地球の調査に来ましたが、地球に取り残されてしまった宇宙人。エリオットと出会い、絆を深めます。

      体重16キロ、通常の身長137センチのエリオットより低いですが、首を伸ばすと同じくらいに。

      大きな頭と目が特徴的で、高い学習能力を持ち、テレビなどから言語も覚え、簡単な言葉を話すようになります。

    映画『E.T』の簡単なあらすじと主要キャラクターはこれでバッチリですね!

    いよいよ次のトピックスでは、本題でもあるエリオット役をはじめとする子役たちの現在の姿に迫っていきましょう!

    映画『E.T』のエリオット役や子役の現在は?

    本作に出演する子役の中でも、E.Tを一番最初に見つけるエリオット、そしてその兄妹たちがなんと言っても一番印象的ですよね。
    そこで今回は、その3兄妹の現在を調査していきたいと思います!

    エリオット役

    まんまるの瞳と赤毛がキュートな主人公の少年・エリオットを演じたのは、当時10歳だったヘンリー・トーマスです。

    簡単なプロフィールをご紹介します!

    プロフィール
    ・名前:ヘンリー・トーマス(Henry Thomas)
    ・生年月日/年齢:1971年9月9日/49歳
    ・出身地:米国テキサス州サンアントニオ
    ・身長:182cm

    オーディション合格をきっかけに、1981年公開の映画Raggedy Man(原題)でスクリーンデビューを果たし、映画『E.Tで主人公の少年・エリオット役に抜擢され、世界的に有名な子役となりました。

    E.T』出演以降も、1984年公開の映画『ウィンター・ローズ』にメインで出演、同年公開のスパイアドベンチャー映画Cloak&Dagger(原題)に主演するなど、子役として活躍しました。

    成人を迎えてからも、1994年公開の映画『レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い』で、主演のブラッド・ピットの弟役を演じるなど、俳優としてのキャリアを積んでいました。

    映画公開当時の写真を見つけました!(写真中央)

    ブラピに負けず劣らずの爽やかな青年となっていました!

    では続いて、エリオット役を演じてから39年後、現在49歳となるヘンリーの写真を見てみましょう。

    エリオット役を演じた10歳の頃と比べた写真を見ると、くりっとした目元は当時の面影を残しつつ、俳優としての貫禄もある素敵なおじさまという雰囲気ですね!

    現在も俳優として活動中のヘンリーは、最近では2018年に始まったNetflix配信のドラマザ・ホーンティング・オブ・ヒルハウス』にレギュラー出演するほか、今年から始まったスーパーヒーロードラマStargirl(原題)にも準レギュラーで出演しています。

    私生活では、これまでに3度の結婚と2度の離婚を経験しており、あわせて3人の子供をもうけています。

    波乱万丈な私生活を送りながらも、精力的に活動を続ける実力派俳優となっていました!

    また、お芝居の仕事に加え音楽活動にも力を入れており、テキサスを拠点とするバンドを結成し、活動しています。

    兄マイケル役

    エリオットの兄・マイケルを演じたのはロバート・マクノートンです。

    簡単なプロフィールをご紹介します!

    プロフィール

    ・名前:ロバート・マクノートン(Robert MacNaughton

    ・生年月日/年齢:19661219日/54

    ・出身地:アメリカ・ニューヨーク

    ・身長:185cm

    E.T』の出演が決まった時は、すでにオフ・ブロードウェイのThe Divinersでの演技で高評価を受けていたそうで、若い頃からその演技力に定評のある子役の一人でもあったロバート。

    現在も俳優として活動しているのでしょうか?

    54歳となるロバートの写真と合わせて調べてみました!

    当時の写真と比べると目元口元に面影はありますが、すっかり良いおじさんという風貌になっていますね!

    E.T』に出演した後も、1983年公開の映画I Am the cheese(原題)に主演、舞台などでも活動していましたが、30歳頃には俳優業を引退されていました。

    その後は、アリゾナ州やニュージャージー州で郵便物を取り扱う仕事に就き、2012年に女優のビアンカ・ハンターとの結婚を機にニューヨークへ移りました。

    2013年に一度俳優業に戻った彼は、2015年に妻ビアンカの出演作『ある殺し屋 KILLER FRANKに小さな役で出演していますが、現在は妻の連れ子である3人の息子と彼らの息子の合わせて4人の息子の父親として、家族と仲睦まじく暮らしているようです。

    妹ガーティ役

    愛くるしくオマセなエリオットの妹・ガーティを演じたのは、ドリュー・バリモアです。

    『チャーリーズ・エンジェル』シリーズでご存知の方も多いかと思いますが、簡単なプロフィールをご紹介します!

    プロフィール

    ・名前:ドリュー・バリモア(Drew Barrymore

    ・生年月日/年齢:1975222日/45

    ・出身地:米国カリフォルニア州ロサンゼルス

    ・身長:163cm

    芸能一家に生まれた彼女は、生後11ヵ月からテレビCMなどで活躍し、『E.T』での演技が多方面から高い評価を得、天才子役”の名を欲しいままにしました。

    可愛らしい容姿と抜群の演技力で世界中を虜にした一方、私生活では波乱万丈な10代を送っています。

    子役として有名になったことで学校でいじめに遭い、不登校となった後は、自殺未遂、喫煙、飲酒、薬物などに溺れ、度々問題を起こしました。

    そんな波乱な人生を歩みながら、大人へと成長したドリュー姿を見てみましょう!

    もう少女という枠は一気に飛び越え、妖艶な大人の女性へと変貌を遂げていました!

    1990年代に入ると、不良少女という自らのキャラクターを利用し、『ボディヒート』『ガンクレイジー』『プワゾンの香り』などのマイナー映画で女優としてのキャリアを積んでいきました。

    やがて20歳を過ぎた頃には、薬物やアルコールを絶ち、再び女優として返り咲き、『ウェディング・シンガー』『ラブソングができるまで』50回目のファーストキス』といった数多くのロマコメ作品に出演し、女優として人気と地位を確立しました。

    さらに、自身の製作会社フラワー・フィルムズを立ち上げ、チャーリーズ・エンジェル』シリーズを大ヒットさせるなど、映画プロデューサーとしても活躍していす。

    実は彼女のゴッドファーザー(名付け親)でもあるスピルバーグ監督は、「ドリューはこの作品に出る運命だった」と語られているそうで、ドリュー自身も今の自分があるのは『E.Tのおかげだと公言しており、自身にとっても思い入れの深い作品であることがわかりますね!

    大人になってからの私生活では、3度の結婚・離婚という経験をしながらも、2人の娘に恵まれ、可愛い娘たちと共に慈善活動にも熱心に取り組まれているそうです。

    まとめ

    さて、ここまで『映画「E.Tの少年エリオット役や女の子など子役の現在は?』と題し、本作のメインキャラクターを演じた子役3人の現在の姿に迫ってきましたがいかがでしたでしょうか?

    波乱万丈な人生を歩みながらも、俳優として活躍し続けている方もいれば、引退して全く別の人生を歩んでいる方もいて、まさに“三種三様”の人生があるのだなあと改めて実感しました!

    また、昔本作をご覧になられた方の中には、劇中に出てくる懐かしい名シーンや心に残る名セリフなどが思い起こされ、再鑑賞したくなった方も多いかと思います。(私もその一人です!)

    ぜひこの機会に、子役たちの心揺さぶる名演技やE.Tとの心温まる交流にもう一度涙を流してみてはいかがでしょうか?

    まだご覧になられてない方も、子役たちの現在の姿を頭に浮かべながら観るのもまた、楽しみ方の一つかもしれません!

     

    ※ちなみに、無料でE.T.を見る方法について以下の記事で解説していますので、まだ見てない!もう一度見返したい!という方は参考にしてみてください。

     >>【映画無料動画】E.T.の見逃し配信をフル視聴する方法(字幕吹替)!キャストやあらすじ感想評価も!

    無料で今すぐに見たい方は、U-NEXT公式ページへどうぞ。

     

    あわせて読みたい