2017年に、西岸良平さんの漫画「鎌倉ものがたり」を、ヒットメーカーである山崎貴監督が実写化した、ファンタジー映画「DESTINY鎌倉ものがたり」は、興行収入約32憶円の大ヒットを記録しました。

この作品は、人間と魔物たちが共に暮らす不思議な街、「鎌倉」に住む新婚夫婦に起こった事件を、個性豊かなキャラクターたちと共に、解決していく物語となっています。

そんな個性豊かな面々の中でも、一際存在感を放っていたのが、中村玉緒さん演じる、家政婦の『キン』です。

とにかく謎の多いキンのさんの行動を不思議に思い、気になった方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、「DESTINY鎌倉ものがたりキンの年齢は何歳で正体は何者?なぜ黄泉の国の住所を知ってる?」と題しまして、謎に包まれたキンの正体について迫っていきたいと思います!

あわせて読みたい

「DESTINY鎌倉ものがたり」の概要

「DESTINY鎌倉ものがたり」は、2017年公開「誰も見たことがないファンタジー超大作」で、日本漫画家協会賞大賞を受賞した人気コミック、「鎌倉ものがたり」を原作として製作されました。

映画は、全国401スクリーンで公開され、初登場にして観客動員数23万1465万人を記録し、大ヒットした作品です。

新たな夫婦の愛の物語を描いたストーリーに、日本中が魅了されました。

「DESTINY鎌倉ものがたり」のあらすじ

そこまで大ヒットした映画のストーリー、気になりますよね?

そんなあなたのために、映画のあらすじを簡単にご紹介させていただきます!

あらすじ

鎌倉に暮らすミステリー作家、一色正和のもとに嫁いだ、まだ年の若い妻亜紀子は、その生活に驚くことばかりでした。
道を歩けば、魔物や幽霊、さらには妖怪や仏様、死神まで現れる不思議な街「鎌倉」、ここは人と魔物たちが仲良く暮らす街だったのです。
一色家では夫婦のほかに、長年家政婦として仕える謎多き女性のキン、腐れ縁の編集担当者、本田が暮らしており、果てには貧乏神まで住みつき騒がしい日々を送っていました。
理想とは少し違いながらも、楽しい新婚生活を送る亜紀子でしたが、ある日、不測の事態に巻き込まれ黄泉の国へと旅立ってしまいます。
病気で倒れた正和が目を覚ますと、そこに妻の姿が無いことに気づき、改めて妻への愛に気づいた正和は、1人黄泉の国へ向かう決意をします。
一色夫婦の命を懸けた運命の歯車が、今動き出しました。

キンさんの年齢は何歳?

映画をご覧になった方で、キンさんの正体が気になった方も多いのではないでしょうか?

キンさんの年齢は公式で発表されており、なんと142歳です!

142歳とは思えない元気さに驚きですよね。

キンさんの正体は何者?

キンさんってどんな人?

キンさんのことを妖怪だと思った方も、少なくないのではないでしょうか?

実は私もその1人です…。

だって142歳って、人間の領域を超えていますよね…。

しかし、化け物並みの年齢のキンさん、原作ではしっかり人間のおばあさんとして扱われているんです!

さらに、ちゃっかり82歳と自称する図太さも兼ね備えています。

142歳になっても特技が薙刀で、しかも達人レベルなのだそう。

まだまだ元気で長生きしてくれそうなところを見ると、もはや妖怪と言っても過言ではない気がします。

ちなみにこの薙刀は、一色先生の剣道を始めるきっかけになったそうですよ。

プロフィール
  • 名前:大河原キン
  • 性別:女
  • 年齢:142歳(自称82歳)
  • 職業:家政婦
  • 特技:薙刀

キンさんの過去

そんなキンさんですが、しっかり人間らしい過去を持っています。

キンさんは一色家に3代仕えており、昔は一色家に住み込みで働いていたそうです。

幼いころから面倒を見ているだけあって、正和に対して深い愛情があることが分かります。

キンさんは結婚経験があり、ご主人は日清戦争で亡くなっているそう。

原作では、鎌倉の市役所から「魔物」としての認定を受けており、古くから魔物や妖怪の知り合いも多く、とても慕われていると書かれています。

キンさんはなぜ黄泉の国の住所を知っている?

劇中では、正和が亜紀子を連れ戻すため、黄泉の国へ向かうことになります。

しかし、正和は五四郎の書いた「反魂奇譚」で、黄泉の国へ行く方法は知っていましたが、帰り方を知りませんでした。

そのため、黄泉の国で甲滝五四郎を探すことにします。

それを聞いたキンさんが、黄泉の国にある甲滝が住んでいる場所の住所を教えるのですが、なぜキンさんは甲滝の居場所を知っていたのでしょう?

このことは、劇中では描かれておらず、不思議に思う方も多かったようです。

そこで、キンさんが黄泉の国の住所を知っていた謎について、私なりに考察してみました。

過去に1度甲滝は、妻の絵美子を探すために、魔物松茸を食べ、黄泉の国を訪れています。

しかし、黄泉の国で妻の絵美子に再会することは出来ても、連れ戻すことは不可能だという事を悟り、住まいを定め、黄泉の国で一緒に暮らすことを選んだのではないでしょうか?

魔物松茸で仮死状態になり、黄泉の国へ行くことは可能でも、現世に身体が残っていると戻って来れるので、一度身体に戻った時に黄泉の国での住所をメモに残し、キンさんに渡していたとすると話の筋は通ります。

魔物と認定されたキンさんでも、人間である以上いつかは、寿命を全うする時が来ます。

その時に、黄泉を訪れたキンさんと再会するため、甲滝は彼女にメモを渡し、キンさんもまた、その時の再会を夢見て大切にメモを保管しておいたとすると、正和にすぐにメモを渡すことが出来たのも納得がいきます。

まとめ

ここまで、「DESTINY鎌倉ものがたり」に登場するキンさんの謎についてお話させて頂きました。

大河原キンは、この物語にとって、なくてはならないキーマンとして描かれていますが、演じているのが中村玉緒さんだという事もあり、さらに魅力的なキャラクターに仕上がっています。

1度見たことがある方でも、キンさんの素顔を知ってから見ると、また違った観方ができると思います!

 

※ちなみに、【映画無料動画フル】DESTINY 鎌倉ものがたりの見逃し配信を無料視聴する方法!キャストやあらすじ感想評価も!という記事で、「DESTINY鎌倉ものがたり」を無料で見る方法を解説していますので無料で見たい方はどうぞ☆

説明抜きで無料で今すぐに見たい方はU-NEXT公式サイトへどうぞ。

 

あわせて読みたい