\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「万引き家族」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「万引き家族」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「万引き家族」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『万引き家族(作品名)』ってどんな作品?

日本が世界に誇る名監督・是枝裕和さんがメガホンを撮った映画「万引き家族」は、東京下町に暮らす貧しい一家の姿を通し、人と人との絆を考えさせられる非常に見応えのある作品です。

東京の下町に暮らす柴田家は、父母、息子、父の母親、母の妹の5人家族で貧しいながらも笑いが絶えない日々を送っていました。

ある寒い冬の日、団地のベランダで震えている幼女を見かけた父と息子は、見かねて家に連れ帰ってしまうのですが…。

日本アカデミー賞最優秀作品賞を含む他8部門で最優秀賞を受賞した他、カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞、アカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされるなど、世界的にも大絶賛された見逃せない話題の作品です。

一家の夫役をリリー・フランキーさんが、妻役を安藤サクラさんがリアルに演じ、視聴者はどんどん物語の中に引き込まれていくことでしょう。

故・樹木希林さんの存在感ある演技に加え、松岡茉優さんの体当たりの熱演も話題となりました。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「万引き家族」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「万引き家族」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月29日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「万引き家族」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『万引き家族』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

万引き家族の動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「万引き家族」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年9月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpの3つのサービスで「万引き家族」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「万引き家族」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「万引き家族」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『万引き家族』の作品情報

      基本情報

      作品名万引き家族
      原題Shoplifters
      原作是枝裕和
      制作年2018年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)AOI Pro.、ギャガ
      公開年(公開日)2018年6月8日
      上映時間(話数)120分
      公式サイトhttps://gaga.ne.jp/manbiki-kazoku/
      公式Twitter
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞し、一気に世界的に注目を浴びた「万引き家族」

      その他にもアカデミー賞の外国語映画賞にノミネートされ話題となり、国内でも日本アカデミー賞最優秀作品賞を含む他8部門で最優秀賞を受賞した、大変見応えのある人間ドラマです。

      東京の下町に暮らす一家は、貧しいながらも和気あいあいと楽しく暮らしていました。

      ある寒い冬の日、団地のベランダで震えている幼女を見かけた一家の夫と息子は、こっそり幼女を家に連れ帰ってしまうのですが…。

      夫妻を演じるリリー・フランキーさん安藤サクラさん故・樹木希林さん松岡茉優さんなど豪華キャストの共演は本当に素晴らしく、各方面から多くの称賛を浴びました。

      世界的名監督となった是枝監督が”人と人との絆”の在り方を問う「万引き家族」をどうぞお楽しみ下さい。

       

      東京の下町に暮らす柴田一家は、祖母が所有する古い一軒家で貧しいながらも笑いの絶えない生活を送っていました。

      夫の柴田治(リリー・フランキーさん)は日雇い労働者として建設工場で、妻の信代(安藤サクラさん)は近所のクリーニング工場で働いています。

      二人には息子の祥太(城桧吏さん)がおり、他にも信代の妹・亜紀(松岡茉優さん)、治の母・初枝(樹木希林さん)が一緒に住んでいました。

      一家は治と信代の給料だけでは暮らしていけず、初枝の年金を当てにしながらの生活でした。

      生活費が不足すると、治は祥太と二人で食品や生活用品を万引きして生計を立てていました。

      ある寒い冬の日、近所の団地のベランダに幼女(佐々木みゆさん)が一人でいる姿を見掛けた治は、見るにみかねて震える幼女を家に連れ帰ってしまいます。

      幼女は”ゆり”と名乗りますが、自分の事を殆ど話しません。

      治と信代はゆりに食事を与えた後、元居たベランダに戻しに行くのですが、家の中からゆりの両親と思われる男女の激しく罵り合う声が聞こえてきます。

      結局ゆりを再び家に連れ帰り、後日また団地のベランダに戻そうということになりました。

      しかし、信代がゆりの体に火傷や傷跡を発見し、児童虐待の疑いを持ったことで彼女を柴田家で匿うことに決めました。

      ある日、職場で骨折した治は仕事を失ってしまいます。

      期待していた労災も下りず、一家はますます貧しい暮らしを強いられるようになります。

      そんな中、テレビのニュースを観ていた一家は”幼女失踪事件”の失踪者としてゆりの写真がテレビに映し出されているのを目にします。

      世間にゆりのことがバレてしまわないよう彼女の髪を短くカットし、名前をゆりから”りん”と変えて呼ぶことにしました。

      幼女失踪事件のニュースが流れて数日後、信代が勤務するクリーニング店の経営が悪化し、信代ともう一人の店員のどちらかが辞めなければならないことになります。

      もう一人の店員は工場の裏に信代を連れ出し、”幼女失踪事件の女の子と信代が一緒にいるところを見た”と言い、”バラされたくなければ工場を辞めろ”と脅してくるのでした。

      信代は仕方なく自らクリーニング店を辞めることにしました。

      ある朝、食事の時間になっても初枝が起きてこないため心配した亜紀は、初枝の体が冷たくなっていることに気付きます。

      治と信代は呆然としますが、初枝の遺体を自宅の下に埋めることを思いつきます。

      初枝が亡くなったことが役所に知られれば当てにしていた年金が受け取れなくなってしまう為です。

      初枝を埋めた後、一家は何事もなかったかのように生活していきますが、学校に行っていない祥太は万引きという行為に疑問を抱き始めていました。

      ある日、祥太とりんがスーパーマーケットで万引きしようとしていたところを店員に見つかってしまいます。

      祥太は走って逃げようとしますが、追い詰められて足を骨折してしまいます。

      警察に突き出された祥太を迎えに来た治でしたが、急用があると行って祥太を置いて出て行きます。

      一家は急いで荷物をまとめ夜逃げしようとするのですが、警察に捕まってしまい…。

       

      貧しいながらも笑いが絶えない幸せな一家という雰囲気ですが、それぞれに人には言えない悩みや隠し事を持っていそうですね。

      物語は祥太が万引きで警察に捕まってしまったことを機に、次々と驚愕の事実が明らかになっていきます

      この一家の結末がとても気になるところですが、終盤シーンでの安藤サクラさんの「泣き」の演技は必見です!

      彼女の素晴らしい演技はカンヌ国際映画祭の審査委員長である女優のケイト・ブランシェット他、クリスティン・スチュアート、レア・セドゥら世界の有名女優たちがこぞって大絶賛しています。

      現代日本が抱える闇を淡々と描きながら”人と人との絆”を問う、見応えのある作品「万引き家族」は、日本を代表する名作として後世に長く語り継がれていくことでしょう。

      キャストとスタッフ

      万引き家族のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 柴田治:リリー・フランキー
      • 柴田信代:安藤サクラ
      • 柴田亜紀:松岡茉優
      • 柴田祥太:城桧吏
      • ゆり:佐々木みゆ
      • 4番さん:池松壮亮
      • 北条保:山田裕貴
      • 北条希:片山萌美
      • 黒田大輔
      • 清水一彰
      • 松岡依都美
      • 毎熊克哉
      • 井上肇
      • 蒔田彩珠
      • 川戸頼次:柄本明
      • 堀春菜
      • 溝口奈菜
      • 安藤輪子
      • 逢沢一夏
      • 宮内桃子
      • 橋本真実
      • まりゑ
      • 瑛蓮
      • 高木直子
      • 松浦慎一郎
      • 友咲まどか
      • 結城さなえ
      • 森本のぶ
      • 足立智充
      • 笠井信輔
      • 三上真奈
      • 柴田譲:緒形直人
      • 柴田葉子:森口瑤子
      • 前園巧:高良健吾
      • 宮部希衣:池脇千鶴
      • 柴田初枝:樹木希林
      詳細を見てみる

      一家の父・治を演じるリリー・フランキーさん

      1963年11月4日生まれ・福岡県北九州市出身の彼は、武蔵野美術大学を卒業した後、文筆業で多忙を極めると同時に数多くのアーティストへの作詞提供でも活躍していました。

      初の長編小説「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン」で注目されたことを機に知名度を上げ、後この作品は映画化もされました。

      俳優としての活躍は2001年の主演作「盲獣vs一寸法師」に始まり、「ぐるりのこと。」で高い評価を得てブルーリボン賞の新人賞を獲得しています。

      映画「そして父になる」「海街diary」「海よりもまだ深く」「三度目の殺人」など、本作品の監督である是枝裕和さんの作品に多く出演していることは有名です。

      他にも「バクマン」「二重生活」「SUNNY 強い気持ち・強い愛」など多数のヒット作に出演し、多くのファンを獲得しています。

      テレビドラマ出演作も多数あり、NHK大河ドラマ「龍馬伝」「いだてん~東京オリンピック噺~」、民放では「ラッキーセブン」「ハロー張りネズミ」「セシルのもくろみ」などでクセのあるキャラクターを演じています。

      イラストレーター、ライター、小説家、エッセイスト、デザイナー、ミュージシャン、俳優と様々な肩書を持つ彼は、まさにマルチクリエイターと呼ぶにふさわしい多才な方です。

       

      一家の母・信代を演じる安藤サクラさん

      1986年2月18日生まれ・東京都出身の彼女は、俳優の奥田瑛二さんとエッセイストの安藤和津さんの次女として生まれました。

      幼少期に父である奥田瑛二さんの舞台を見て女優を志すようになり、2007年奥田さんが監督した「風の外側」で主演女優デビューを果たします。

      彼女に注目が集まったのは2009年園子温監督作「愛のむきだし」で、この作品で演じた”カルト教団の勧誘員”は高く評価され、ヨコハマ国際映画祭の助演女優賞、高崎映画祭の最優秀新人賞を獲得しました。

      その後も「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」でキネマ旬報ベストテンの助演女優賞を、「かぞくのくに」でブルーリボン賞、日本映画批評家大賞で主演女優賞に輝きます。

      主演を務めた2014年「0.5ミリ」で日本アカデミー賞の優秀主演女優賞を、2015年「百円の恋」では同賞の最優秀主演女優賞を獲得し、実力派女優の仲間入りを果たしました。

      本作品での演技は海外でも高く評価され、フロリダ映画批評家協会賞、ニューメキシコ映画批評家協会賞の助演女優賞を、ボストン映画批評家協会賞の主演女優賞次点を受賞しました。

      本国での評価も素晴らしく、日本アカデミー賞の二度目の最優秀主演女優賞に輝いた他、ヨコハマ映画祭、日刊スポーツ映画大賞、毎日映画コンクール、キネマ旬報ベスト・テン他数多くの映画賞で主演女優賞を受賞しました。

      プライベートでは俳優の柄本祐さんと2014年に結婚し、2017年に第一子を出産しています。

      今後も大注目の実力派女優、安藤サクラさんの活躍ぶりから目が離せません。

       

      一家の祖母・初枝を演じる故・樹木希林さん

      1943年1月15日生まれ、2018年9月15日没・東京都出身の彼女は、高校卒業後に文学座の第一期生として演技を学び、当初は“悠木千帆”という芸名で女優デビューします。

      1964年森繁久彌さん主演のテレビドラマ「七人の孫」にレギュラー出演し知名度を上げました。

      その後も「寺内貫太郎一家」「ゆうひが丘の総理大臣」「ママ母戦争」「味いちもんめ」シリーズなど多数の人気テレビドラマに出演し、コミカルで個性的な魅力で多くのファンを獲得しました。

      2005年のNHK朝の連続テレビ小説「はね駒」では芸術選奨文部大臣賞を授与されました。

      映画「半落ち」では日本アカデミー賞の優秀助演女優賞を、「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン」で演じた母親役が高く評価され、同賞の最優秀主演女優賞に輝きました。

      他にも「歩いても歩いても」「悪人」「あん」「モリのいる場所」などで多くの映画賞を受賞、日本アカデミー賞ではもはや常連の大御所となりました。

      本作品でも日本アカデミー賞、毎日映画コンクール、日刊スポーツ映画大賞、報知映画賞で助演女優賞を受賞しています。

      ミュージシャンの内田裕也さんとの不思議な結婚生活は常にマスコミを賑わせましたが、生涯に渡り添い遂げました。

      彼女の生き方や発言は多くの人々に影響を与え、その死を悔やむ声が後を絶ちません。

      感謝と共に、ご冥福をお祈り致します。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督・脚本:是枝裕和
      • 製作:石原隆、依田巽、中江康人
      • プロデューサー:松崎薫、代情明彦、田口聖
      • アソシエイトプロデューサー:大澤恵、小竹里美
      • 撮影:近藤龍人
      • 照明:藤井勇
      • 録音:冨田和彦
      • 美術:三ツ松けいこ
      • セットデザイン:郡司英雄
      • 装飾:松葉明子
      • 衣装:黒澤和子
      • ヘアメイク:酒井夢月
      • 音響効果:岡瀬晶彦
      • 編集:是枝裕和
      • 音楽:細野晴臣
      • 助監督:森本晶一
      • キャスティング:田端利江
      • 制作担当:後藤一郎
      • ラインプロデューサー:熊谷悠
      詳細を見てみる

      日本が誇る名監督・是枝裕和さん

      1962年6月6日生まれ・東京都練馬区出身の彼は、小説家を志望し早稲田大学第一文学部に入学しますが、在学中に映画監督を目指すことになります。

      大学卒業後は番組制作会社に入社し、「アメリカ横断ウルトラクイズ」「日立 世界ふしぎ発見!」といった大人気テレビ番組のADとして制作に携わっていました。

      その後ドキュメンタリー制作を手掛けるようになり、「もう一つの教育~伊那小学校春組の記録~」はATP賞優秀賞を受賞しています。

      1995年「幻の光」で映画監督デビューを果たし、ヴェネチア映画祭で金のオゼッラ賞に輝き、「ワンダフルライフ」ではナント三大陸映画祭のグランプリを獲得します。

      彼の名を一気に有名にした2004年の映画「誰も知らない」は、アカデミー賞外国語映画賞部門の日本代表作品として選ばれた他、国内外の多くの映画賞の作品賞、監督賞を受賞しました。

      その他にも「歩いても歩いても」「空気人形」「そして父になる」「海街diary」で数多くの映画賞を受賞しています。

      本作品ではカンヌ国際映画祭のパルム・ドールに選ばれ、国内でも日本アカデミー賞の最優秀作品賞を含む他8部門で最優秀賞を受賞するという快挙を成し遂げました。

      2019年にはフランスの大女優カトリーヌ・ドヌーヴを主演に迎え、フランス映画「真実」を手掛けました。

      今、日本で最も期待と注目を浴びる是枝監督の次回作の発表を楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

      まさに日本が世界に誇る、素晴らしい名監督です。

      口コミ・感想・評価

      「万引き家族」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも万引き家族を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      切ないけど温かい家族の物語

      誰よりも家族だったのではないか
      日本の、自分とは関係ない世界での貧しい家族のお話で、続きが気になるけど、リアルすぎて心が苦しくなることも。それぞれが秘密を抱えているあの家族は、ほかのどの家族よりも家族としての機能を果たしていて、それ故にラストシーンは切なくなってしまう。みんなあの家族として生きている方が、おそらく幸せなはずなのに、現実はそうもいかないところが悲しい。誘拐されて連れて来られたリンちゃんのその後が特に気になる。是枝監督の独特の世界観がすごく映像に現れていて、見ていて引き込まれる。心に刺さる映画だった。賞を取るのも納得できるし、もう一度見たくなる作品。また、キャスト全員の演技力がすごい。特に樹木希林の演技が見事で、本物のおばあちゃんを見ているようだった。
      くるみんぬ(20代・女性)
      詳細を見てみる

      ずしんとくる社会派の作品

      考えさせられます
      タイトルから家族ものだと思っていましたが、一筋縄ではいかない「家族」のお話でした。犯罪で繋がる家族の荒廃的ながらも楽しい生活と、その後崩壊していく過程が切なく、胸が締め付けられるような思いがしました。血の繋がった家族から捨てられたり虐待されたりする子供もいれば親を捨てる子供もいて、夫に裏切られる妻もいれば結婚していなくても繋がっている人たちもいる…。人の絆とは何か、本当の家族とは何かと考えさせられるお話です。出演している俳優さんたちの演技もとにかく素晴らしい!リリー・フランキーや樹木希林の存在感もさることながら、子役2人の物憂げな表情がとてもよく、どうか幸せになって!と願わずにはいられません。ハッピーな気分には決してなりませんが(笑)、生きづらい今を生きる多くの人に見てほしい映画です!
      サム(30代・女性)

      切なくも感動する家族物語

      家族とは…
      タイトルから想像する「どんな映画なんだろう」を超える感動がありました。そして、タイトルから分かるように家族の物語。親というものはどれだけ大事かということがありありと伝わってきます。そして、家族の大切さ、家族とは何なのか、終始そんなことを考えさせられる映画でした。そして、幸せや愛のかたち、これは本当に人それぞれで、難しいなと思いました。こういった考えさせられる映画が好きな方にはとてもぴったりな映画なのではないでしょうか。そして、沢山散りばめられた伏線を見事に回収し最後は切なくも感動する映画となっておりました。俳優の方々が本当に素晴らしくて終始見入ってしまいました。家族について、お金、愛、様々なことを考えさせられるいい映画でした。とてもおすすめです。
      ぷん(20代・女性)

      ドキュメントのようなドラマがある話

      フェイクの中のリアル
      タイトルもインパクト大ですが、内容も所々強烈です。貧困の中で日常的に万引きする子供や、あることから逃げている人たち、それぞれ事情があって家族でないのに一緒に暮らしている奇妙な関係がリアリティーがなさそうでリアルでした。綺麗な絵面ではないというのが余計リアルなのかもしれませんし、子供たちが演技しすぎていないのもリアルな感じになっているのかもしれません。人が生活するって泥臭いなぁと思いました。食べ物やお金に執着するというのもむき出しになっているし、家庭内暴力や死、性も隠さずに出てくるし、見終わって気分の良い映画ではないけれど、いろんな興味を持って見てみることができました。樹木希林さんや安藤サクラさんなどの演技も見応えがありました。
      もり(40代・女性)

      現代社会において問題となっていることが一つにまとまった作品

      感動と複雑な関係性
      周りから見たら普通の家族に見える年齢層の集まりですが、本当はそれぞれ他人でした。家庭環境に問題があり、どこか寂しさや、人間不信を抱える人々が、お互いを守りたいという思いから、まるで血縁関係のある家族のように見えてしまいます。自分たちの生い立ちや環境から、優しくされたいと思うほどに、自分と似た境遇の子を助ける一心で誘拐してしまったり、生きていく為に万引きをしたり、本当は犯罪だが、なぜか一概に彼らを責めることができない、複雑な気持ちになってしまいました。犯罪を犯す人々の生い立ちや、背景にあるものが犯罪意識を低くするのか、彼らに寄り添う社会的サポートがもっと必要なのか、色々考えさせられ、胸の奥が熱くなる作品です。
      うさぴょん(30代・女性)

      あまり重くない雰囲気で、誰でも楽しめる作品

      タイトルから想像できない作風
      「万引き」とタイトルにあり、生活に苦しむ、暗いストーリーを想像していましたが、実際は最初のイメージを覆す作品で楽しく観ることができました。万引きをして生活しているため貧しい家族には変わりないものの、貧しいなりに楽しんでいる様子からはお金がなくても楽しもうというポジティブな面が見えてきます。家族で過ごすシーンでは、隅田川の花火大会の音しか聞こえない縁側で花火見物をするシーン、海水浴に出かけるシーンが特に印象的でした。家族が楽しそうにしている表情が映画の雰囲気を明るくしています。社会においてお金がないことは弱みととられがちですが、この映画の家族はお金がなくてもないなりに楽しんでいて精神的な強さを感じました。
      E.I.(30代・女性)

      悲しいけど考えさせられる作品

      貧しいからこそ絆で乗り越える
      児童虐待や貧困問題、家族間の問題など日本社会でいまもなお起こっている様々な問題をまとめてそれにエンターテイメント性をつけたしたような映画だと思いました。特にこの映画では貧困問題についてより集中的に描いている印象です。お金がないから小さな犯罪を犯してでも生活費を稼ぎ、それを繰り返していくうちにそれを犯罪とも思わなくなっていく心理状態の変化は見ていて恐ろしかったです。そんな犯罪を繰り返して、血の繋がっていない家族でも心はつながっているし家族愛を感じられるシーンは確かにあります。だからこそ終盤でこの家族が崩壊してしまうシーンは悲しいですし、悪いことをしてきたのとは確かなのにどうしても同情せざるをえません。
      みん(20代・男性)

      本当の家族って何だろうと考えさせられる作品

      「家族とは何か?」を考えさせられます
      「万引き家族」というタイトルを聞いただけでは、ただ万引きで生計を立てているかわいそうな家族の物語なのかなと思ったけど、そんな簡単な話ではなかったんだよね。この作品に出てくる家族はみんな血のつながりはなくて、赤の他人なんだけど本当の家族以上の絆があるんだよね。温かい家庭に恵まれなかったみんなが寄り添うようにひとつ屋根の下に暮らしていて、その日暮らしをしているんだ。でも所詮、偽物家族。何もなかった時はそれなりにうまくいってたけど、世間的には隠れて生きてる家族だから実際は綻びだらけでね。それが露呈した時は簡単に家族バラバラになってしまってね。結局絆ってなんだったんだろうって思ってしまった。実際は騙し合いの中での偽物家族、何も残ったものはなかったんだと思う。それでも絆を求めて人は誰かに寄り添っていたいって思うのだろうね。
      おりえ(40代・女性)

      本当の家族って何?を問うヒューマンドラマ作品

      深い沼なのか、深い愛なのか
      さまざまな賞を獲り、世界中で話題になった作品だが、派手なキャストではない淡々とした自然派名優が名を連ねた。作品名にも興味をもったが、ストーリーはもちろん単純な万引き話だけじゃない。何もかもが寄せ集めの家族。誰かしらが既に犯罪に手を染めている。万引きだから可愛いという世界でもない。でも…でも。嘘の家族でもそこにはふと喜びがある。笑顔がある。ぶつかり合う相手がいる。信じたい相手がいる。信じられる何かがある。それらの綻びは、どこから始まったんだろうか。あれ?どこから偽物だったんだろうか。と考えずにはいられない作品でした。人にとって、何が大切なんだろう。一時の幻想が唯一の幸せだったのか。愛とか情とか複雑な感情を呼び起こす力のある作品です。安藤サクラ・樹木希林、2大女優の芝居、本当にすごい!
      Rii(40代・女性)

      家族って何なのだろうか、考えさせられた作品です。

      家族の形って何なのかを考えさせられました。
      「万引き家族」というタイトルだけだと、犯罪者の家族というイメージがりますが、家族の形って何なのかを考えさせられる奥の深い作品だと思いました。今、社会で問題になっている核家族やワーキングプア、待機児童や家庭内での虐待など、家族に関する社会問題を詰め込んだストーリーは、見ていて本当に「家族」について考えさせられました。本当の家族とは何か、血のつながり以上の心の繋がりがあるということを思い知らされた作品でもあります。実際にあのような家族がいるかもしれないなとも思いました。日本の社会システムが崩壊しつつあることを皮肉っぽく描いているのかなとも思います。何らかの問題提起をしたくて、このような作品を描いたのだと何となく思いました。
      すぎ(40代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『万引き家族』とあわせて、『万引き家族』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      安藤サクラのおススメ関連作品
      是枝裕和のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『万引き家族』のまとめ

      「万引き家族」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「万引き家族」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【11月29日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。