\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円

>>無料で今すぐ「うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『うる星やつら2ビューティフルドリーマー』ってどんな作品?

本作品は高橋留美子さん原作「うる星やつら」の劇場版長編アニメーションの第2作品目です。

諸星あたるの高校ではなぜか同じ日を繰り返すという不思議な現象が起き、その現象を解明するためラム、温泉マーク、サクラたちお馴染みのメンバーが奮闘する様子を描いています。

主人公の諸星あたる役を声優、ナレーター俳優として活躍する古川登志夫さんが演じます。

異星人のラム役を演じるのは、女優、声優、ナレーター、ラジオパーソナリティ、エッセイストと多彩な才能を持つ平野文さんが務めます。

女の子大好き高校生の諸星あたるとキュートな異星人ラムを中心に繰り広げられる、ハイパーテンションSFラブコメディをぜひお楽しみ下さい。

結論から言うと、うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆のフル動画を無料視聴するには、動画配信サービス『TSUTAYAディスカス/TV』の無料お試し期間を利用するのが一番おススメです!

今すぐに動画を見たい方は、TSUTAYAディスカス/TVの公式サイトをチェックしてみてください。

 

当記事では、なぜ『TSUTAYAディスカス/TV』がおススメなのか、その理由を丁寧に解説していきます。

その他にも、うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆のネタバレなしの簡単なあらすじキャスト・スタッフ情報感想・評価をまとめるとともに、『あわせて見たいおススメ作品』もご紹介していますので、是非参考にしてみてください♪

『うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

結論から言うと、うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆の見逃しフル動画は、TSUTAYA DISCAS/TV(ツタヤディスカス/TV)で視聴するのがおススメ!

CMなし・30日間無料・フル動画で、安心、安全、快適に視聴することができます。

TSUTAYAディスカス/TVは有料のレンタルDVD宅配サービス/動画配信サービスですが、30日間の無料お試し期間あり!DVD8枚まで無料レンタルできるうえ、1,100円分のポイントで新作も見れる!

もちろん、無料トライアル期間中に解約すれば、一切料金はかかりません!

\23万本以上の作品がレンタルできる/

※無料期間中の解約で、0円。

うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆の動画配信状況

TSUTAYAディスカス/TVを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
×
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
×
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年9月時点で、TSUTAYAディスカス/TVmusic.jpFODプレミアムの3つのサービスで「うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆」の無料視聴が可能です。

この中でも30日間の無料お試し期間1100ポイントのプレゼント、そして見放題作品が豊富TSUTAYAディスカス/TVがおすすめです。

『TSUTAYAディスカス/TV』のサービス概要や特徴

TSUTAYAディスカスTV公式サイト

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップクラスの30日間無料でお試しできます。

旧作DVDなら制限なしで借り放題、しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付きなので、本来課金が必要な新作も実質0円で見れちゃいます。

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な見放題作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    デメリットとしては、DVDレンタルの場合は配送時間がかかってしまいますが、北海道・九州を除き翌日の配達率が98%以上なので、「今すぐに見たい!」という方以外は問題なさそうです。

    また、30日間の無料期間中は「TSUTAYAディスカス」では新作DVDのレンタルができませんが、「TSUTAYA TV」で配信されていればタダでもらえる1100ポイントを利用して実質0円で見れるので、上手くデメリットが補われている印象ですね。

    いずれにしても、業界トップクラスの30日間の無料期間があり、好きな時に解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

     

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    『TSUTAYAディスカス/TV』で見れる動画コンテンツ

    「うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆」以外に、TSUTAYAディスカス/TVで見れる人気の動画コンテンツをご紹介します。

    TSUTAYA人気邦画・ドラマ作品
    • SPEC
    • イタズラなKiss
    • アンナチュラル
    • きみはペット
    • JIN-仁-
    TSUTAYA人気洋画作品
    • ラ・ラ・ランド
    • キングスマン
    • バイオハザード
    • メイズ・ランナー
    • マトリックス
    TSUTAYA人気アニメ作品
    • 鬼滅の刃
    • スラムダンク
    • ドラゴンボール
    • 今日から俺は!!
    • 怪盗グルーのミニオン危機一発
    ジブリ作品
    • 天空の城ラピュタ
    • となりのトトロ
    • ハウルの動く城
    • 風の谷のナウシカ
    • 借りぐらしのアリエッティ
    • 千と千尋の神隠し
    • 魔女の宅急便
    • もののけ姫
    • 風立ち
    • 耳をすませば
    • かぐや姫の物語
    • 崖の上のポニョ
    • 思い出のマーニー
    • 紅の豚
    • ルパン三世 カリオストロの白
    • ゲド戦記
    • コクリコ坂から
    • 平成狸合戦ぽんぽこ
    • 火垂るの墓
    • 海が聞こえる
    • おもひでぽろぽろ

    特に、大人気のジブリ作品は他の動画配信サービスでは配信しておらず、TSUTAYAディスカス/TVでしか見れないのも特徴のひとつ。

    これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、最新の情報はTSUTAYAディスカス/TVで確認してみてください♪

    \人気作品も豊富/

     

    『TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV』の口コミ

    「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    そんな方のために、実際に「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

    豊富な作品が見放題!

    他の動画配信サービスでは新作や話題作しか配信されていなくて、見たい作品や懐かしいアニメが無い…という事がありますが、TSUTAYA TVは旧作が豊富に揃っています。どの年代でも楽しめるので、家族の仲も深まるでしょう。無料お試し期間が30日もあるので、どれほどの魅力が詰まっているのか存分にたしかめる事が出来るのも嬉しいですね。ただ他のVODに比べるとオリジナル作品が無いのでコンテンツとしては物足りなく感じる事もあるかもしれません。
    ゆいぴぴ(20代・女性)
    詳細を見てみる

    動画時代にディスクの良さを

    最近は動画配信されている作品が多く、気軽に映画やドラマを楽しめる様になりました。
    わざわざディスクを借りて見るなんて面倒くさいと考える方もいるかもしれませんが、TSUTAYAディスカスだとかなりお得に新作、準新作を毎月最大8枚、旧作に関しては借り放題と映画好きには堪らない仕様になっている事をご存知ですか?
    流石TSUTAYAというだけあって、ラインナップも豊富。
    動画では味わえない映像特典や趣向が凝らされたメニュー画面も楽めます。
    郵便での配達となるので、その間待ちきれないという方はTSUTAYATVに合わせて加入するのがオススメ。
    毎月、TSUTAYATVとディスカス分のポイントが2000ポイント以上入るので、新作を実質無料で楽しめる他、ドラマのまとめ買いにも使用可能ですので、他のサイトでは有料のドラマも手軽に楽しめます。
    勿論、見放題作品も豊富で、新しめの作品や人気作品多数。
    映画、ドラマ好きな方にはかなりオススメのシステムだと思います。
    月に30本映画を見る私にとっては欠かせない日々の活力となっている事は間違いありません。
    無料お試しもあるので、迷っている方は是非。
    白鷺千聖(40代・女性)

    田舎暮らしの人には便利

    私は田舎暮らしをしていて、近くにCDショップやDVDを販売している店もなく車で時間をかけてお店に行かなくては行けません。またそこも商品が少ないため取り寄せ…。それからレンタルに頼るようになりました。近くにレンタルショップはあるのですが新作を沢山集めてるだけだったり、韓流ドラマのDVDばかりで見たいものも見れず。CDもほとんど取り扱っていなかったので何かいいものはないかとTSUTAYA DISCASを見つけて利用するようになりました。料金は直接借りるより高めですが、商品数も多いですし店に出向かなくていいので田舎暮らしで近くにお店が無いという人には本当にオススメです。
    ひなた(40代・女性)

    見たいものが必ずみつかる!

    韓国ドラマが好きでよく見ています。動画サービスは他にもたくさんありますが、比較的新しいものやヒットしたものはどこにでもあるものの、古いものやマニアックなものがなかなか無いんです。ある俳優さんの初期の作品が見たくて探しまわり、ツタヤディスカスでやっと見つけて見ることが出来ました。ドラマは全部見放題で見れたし、古い映画はレンタルで借りることが出来ました。レンタルもネットで申し込むとすぐに発送され、返却もポストに投函するだけなのでとっても便利でした。今まで見れなかった作品を見ることが出来て、とっても感謝しています。プランも色々あるので選べますし、ポイントもつくので見放題以外の話題の映画もついでに見ちゃいました。30日間無料お試しで、まずは試してみてることをお勧めします。
    ruchia(50代・女性)

    無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    映画『うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆』の作品情報

    基本情報

    作品名うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆
    原題
    原作うる星やつら(高橋留美子)
    制作年1984年
    製作国日本
    制作会社(配給会社)キティ・フィルム、東宝
    公開年(公開日)1984年2月11日
    上映時間(話数)98分
    公式サイト
    公式Twitter
    公式Facebook
    公式Instagram
    主題歌

    あらすじ

    文化祭の前日から諸星あたるの高校では、なぜか同じ日を繰り返すという不思議な現象が起き、その現象を解明するためラム、温泉マーク、サクラたちお馴染みのメンバーが奮闘する様子を描いています。

     

    諸星あたるの高校では明日が文化祭です。

    文化祭を前にみんな大忙しで、学校に泊まり込みながら準備をしていますが、なかなか完成しません。

    夜食を買いに出掛けた諸星あたると面堂終太郎は、町の中が静まり返り、人が全然いないことに気が付きます。

    そして次の日の朝を迎えると、なぜかまた文化祭の前日に戻っていて、みんな大忙しで文化祭の準備をしているのです。

    疲れが溜まった教師の温泉マークが何日かぶりに自宅のアパートに戻ったところ、部屋の中はカビだらけで荒れ果てていました。

    温泉マークは養護教諭のサクラに、「自分たちは何日も同じ日を繰り返しているのではないか」という疑問を打ち明けます。

    サクラは「それなら生徒たちの親や世間が気付くのではないか」と答えますが、温泉マークは町の中全体に同じ現象が起こっていれば誰も気が付かないと主張します。

    温泉マークとサクラは生徒を全員自宅に帰宅させることにしました。

    ところが、電車やバスに乗ってもなぜか元の場所に戻ってしまうのでした。

    諸星あたるたちに一体何が起きているのでしょうか!?

    無事に文化祭は当日を迎えることはできるのでしょうか!?

     

    主人公諸星あたるを演じるのは「銀河鉄道999」「Dr.スランプ アラレちゃん」「進撃の巨人」など長年に渡り有名作品で活躍する古川登志夫さんです。

    キュートな異星人ラム役を「シティーハンター」「境界のRINNE」「名探偵コナン」とこちらも長年活躍し続ける平野文さんが務めます。

    原作は「めぞん一刻」「らんま1/2」「犬夜叉」と数多くの大人気アニメを描いている高橋留美子さん、監督、脚本を映画監督、アニメーション演出家、小説家、脚本家、漫画原作者、劇作家、ゲームクリエイターと多彩な才能を持つ押井守さんがメガホンを取ります。

    キュートな異星人のラムだけではなく、登場人物全員がちょっとおかしな個性を持ち、ちょっとおかしな舞台で笑いあり心がくすぐられる恋愛もありの見どころがたくさんある作品に仕上がっています。

    キャストとスタッフ

    うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • 諸星あたる:古川登志夫
    • ラム:平野文
    • 面堂終太郎:神谷明
    • テン:杉山佳寿子
    • 三宅しのぶ:島津冴子
    • サクラ:鷲尾真知子
    • 藤波竜之介:田中真弓
    • メガネ:千葉繁
    • パーマ:村山明
    • カクガリ:野村信次
    • チビ – 二又一成
    • あたるの父:緒方賢一
    • あたるの母:佐久間なつみ
    • 温泉先生:池水通洋
    • 竜之介の父:安西正弘
    • 校長:西村知道
    • 錯乱坊:永井一郎
    • 夢邪鬼:藤岡琢也
    • 白い服の少女:島本須美
    詳細を見てみる

    主人公の諸星あたる役を演じるのは古川登志夫さんです。

    声優、俳優、ナレーターとして幅広く長年活躍しています。

    兄弟が多く、10男5女の15人兄弟の末っ子として生まれました。

    兄が東京から送ってきた児童劇団のパンフレットを見て、12歳の時に芸能界を目指すことになります。

    パンフレットには、当時普及し始めたばかりのテレビでよく観ていた「月光仮面」の出演者が多数掲載されていたことに興味を持ち、その児童劇団に入団することになりました。

    1975年前後に「新宿警察」などテレビドラマに出演し、25歳の時に「FBIアメリカ連邦警察」で声優デビューを果たします。

    1974年にアニメ「ゼロテスター」の隊員役で声優を務めていますが、古川登志夫さん本人としては1976年に「マグネロボガキーン」北条猛役がアニメ声優としてのデビュー作品だと考えているとコメントしています。

    2枚目役を演じることが多かったのですが、本作品のテレビアニメ「うる星やつら」の諸星あたる役で初の3枚目を担当します。

    それ以降2枚目、3枚目の役が増えていくことになりました。

    1980年には「テーマ主義に立脚したオリジナル作品の上演」を目的とする劇団青杜を創立し、代表として多くの公演で作、演出を担当しました。

    2003年に解散しますが、その後も劇作活動を続けています。

    ラム役を演じるのは平野文さんです。

    女優、声優、ナレーター、ラジオパーソナリティー、エッセイストとして幅広い分野で長年活躍しています。

    3歳から舞台を踏み、12歳でNHKの少年ドラマ「名探偵カッチン」のチコタン役でドラマデビューを果たします。

    1972年、17歳の時にNHKラジオ「若いこだま」など他3番組のDJを始め、深夜放送の「走れ歌謡曲」のDJとなります。

    当時番組内でリスナーから「声優をやってみたらどうですか」というハガキを受け取り、本作品のテレビアニメ「うる星やつら」のラム役で声優デビューを果たします。

    声優デビューがラム役だったんですね。

    キュートな主役級の役柄と「うる星やつら」のアニメ自体もロングランとなり人気を集めました。

    高橋留美子さん原作のアニメ作品との関わりが深く、「うる星やつら」に続き、2003年には「高橋留美子劇場」の「専務の犬」でカンナ役、2015年「境界のRINNE」ではヒロインの真宮桜の母親役を担当します。

    声優として演じた中で気に入っている役柄は、「うる星やつら」のラム役、「アニメ三銃士」のミレディ役、「恋子の毎日」の恋子役だとコメントしています。

    スタッフ

    スタッフ
    • 原作:高橋留美子
    • 監督・脚本:押井守
    • 演出:西村純二
    • キャラクターデザイン:やまざきかずお
    • 作画監督:やまざきかずお、森山ゆうじ
    • 原画:山下将仁、板野一郎、吉永尚之、丹内司、丹沢学、山内昇寿郎、本橋
    • 秀之、桜井芳久、佐藤道雄、亀垣一、桜井利行、福島喜晴、奈良みつ子、岡
    • 本健一
    • 美術設定:小林七郎、森山ゆうじ
    • 撮影監督:若菜章夫
    • 音楽:星勝
    • 音楽監督:早川裕
    • アニメーション制作:スタジオぴえろ
    • アニメーション制作協力:スタジオディーン
    • 製作:多賀英典
    • 企画:落合茂一
    詳細を見てみる

    原作は高橋留美子さんです。

    1978年に「勝手なやつら」でデビューします。

    特にラブコメディを得意としており、代表作には本作品のアニメ「うる星やつら」「めぞん一刻」「らんま1/2」「犬夜叉」「境界のRINNE」などがあります。

    少年漫画の分野では女性漫画家としての草分け的存在で、代表作はどれもテレビアニメ化され大ヒットを記録し、長期シリーズ化されており、単行本の世界累計発行部数は1995年に1億部、2017年には2億部を突破しています。

    描かれる漫画は独特の世界観を持ち、「るーみっくわーるど」と称され、作品集のタイトルにも用いられています。

    監督、脚本を担当したのは押井守さんです。

    東京学芸大学教育学部美術教育学科在学中から自主映画を制作し、1977年にタツノコプロダクションに入社しました。

    1978年にテレビアニメ「一発貫太くん」で初めて演出を手掛けます。

    1983年に本作品のテレビアニメ「うる星やつら」の劇場版第1弾「オンリーユー」で劇場映画初監督を果たし、1984年に本作品「うる星やつら2ビューティフルドリーマー」で監督後フリーランスとなります。

    「機動警察パトレイバー」シリーズではOVA時代から絵コンテ、監督として携わり、1989年公開の劇場版「機動警察パトレイバーTHEMOVIE」とその続編となる1993年公開の「機動警察パトレイバー2Themovie」で監督を務めます。

    また1989年から1990年に放送された「機動警察パトレイバー」のテレビシリーズの数話で脚本を担当しました。

    1995年には「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」が海外でも人気となり、2004年に公開された続編「イノセンス」は日本アニメとして初めてカンヌ国際映画祭のコンペ部門に出品されました。

    その後も2008年に監督を務めた「スカイクロラ The Sky Crawlers」ベネチア国際映画祭のコンペ部門に出品されるなどアニメ作品で確固たる地位を築いていきます。

    その一方で実写作品の監督としても活躍の場を広げ、1987年のオリジナルビデオ「赤い眼鏡」、2000年公開の「アヴァロン」、2009年公開の「アサルトガールズ」といった長編映画を発表します。

    舞台演出でも才能を発揮し、2009年初めての舞台演出となる「鉄人28号」を手掛けました。

    また2012年には15年越しで実現させた実写アクション映画「GARM WARS The Last Druid」が初めての英語作品となります。

    その後、「機動警察パトレイバー」シリーズを完全オリジナル新作として、ドラマと劇場版の全7章で実写映像化した「THE NEXT GENERATION パトレイバー」シリーズで総監督を務めます。

    代表作の「GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊」はスカーレットヨハンソン主演でハリウッド実写映画化が進められています。

    口コミ・感想・評価

    「うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそもうる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    うる星やつらと高橋留美子の世界の凝縮版の様な映画です。

    初めて見たときは、難しかったです。
    うる星やつらの代表的な映画といっても良いとおもいます。文化祭前が、何度も何度も繰り返される最近ではありがちな設定も、当時は斬新でついて行けなかったのを覚えています。大人になって見直して、ああなるほどって理解でたほど、噛み締める味わい深い映画です。とはいっても、うる星やつらワールドですので、手放しでも十二分に楽しめる内容です。もともとの人間関係が、わからないと楽しさ半減なので、見る前には予習することをお勧めします。アタルとラムの恋愛描写が、甘酸っぱくて素敵です。ドストレートのラムちゃんと、ひねくれたアタルの関係は、今見ても新鮮に感じるとおもいます。周りのはちゃめちゃなメンバーも生き生きしていて、なんどでも見たくなる作品です。、
    さくら(50代・男性)
    詳細を見てみる

    「うる星やつら」らしいドタバタの笑いとひた隠しにしているラムへの気持ちが垣間見られホッとする作品です。

    最後は、やっぱり諸星あたる次第!
    うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆は、「犬夜叉」や「めぞん一刻」の原作者として知られる高橋留美子が週刊少年サンデーに連載されていた「うる星やつら」の劇場版であり、「攻殻機動隊シリーズ」で知られる押井守が脚本と監督を務めた傑作です。この映画は、ゴーストタウン化した友引町を舞台に学園祭の前日をタイムリープし続けるストーリーであり、何度でもやり直しができる夢の世界で思い通りに暮らす事と後悔を繰り返し思い通りにならないまま暮らす現実のどちらが幸せかの究極な選択に迫る作品です。うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆は、異変や怪奇にいち早く気づいた面堂終太郎やサクラが真相や解決策を模索しながらも力尽き全ての選択を諸星あたるに委ねられるストーリー展開はいつも通りと見やすく、元凶・夢邪鬼に沢山の悪夢を見せられたにも関わらず現実を選択したあたるへの気持ちが垣間見られる良い作品です。
    狐鹿(40代・女性)

    シリアスとギャグの切り替えが秀逸ならしくないと思わせながらも結局「うる星やつら」らしいオチのついた作品

    逆転に逆転を次ぎながら最後にはらしい終わりに?
    うる星やつらの中でも異色の作品だと思います。最初から最後まで一貫してギャグが多いアニメの中で中々シリアスな展開がちりばめられていて、ギャグの中に潜む謎解き要素が珍しくて面白いです。出だしからしていきなり何が起こったか分からない展開ですが、そんな中でも作品の特徴を失わず、シリアスとギャグの切り替わりが秀逸でギャップに突っ込みをいれてしまう場面もしばしば。繰り返された世界といきなりあり得ない非日常に放り込まれた主人公達はそれでもご都合主義な部分を何だかんだを受け入れてしまい生活していく順応性の高さは見習ってよいのものか悩みつつ図太い彼等にちょっと羨ましいと思う事も。一貫して謎解き部分はシリアスなので結末部分もシリアスで終わるかと思いきや、結局ギャグ主体のアニメ。最後は主人公とのアホなやり取りにペースを崩されて終結と向かっていく、その流れはらしいと思いつつもこうでなければうる星やつらじゃないと思わされる終わり方でした。うる星やつらにしてはシリアスの多い作品でしたが、結局はらしくギャグとして終わった面白いアニメでした。
    S.H(30代・女性)

    押井守ファン必見!押井守の原点がわかる映画。

    押井守作品の原点だと思う作品
    前作のオンリーユーは、うる星やつらの初の映画化といううこともあり、作画や効果や音楽など全てに渡ってやりたい放題のオンパレードで、期待したほど面白い仕上がりにはなってなかったような気がしました。テレビのうる星やつら自体、これまでのアニメとは違い、新しい技術を真っ先に取り入れて、それでいて、強烈なギャグが炸裂するものすごいものでしたが、映画第一弾はさらに極めようと、空回りしていた感があったように記憶しています。第二弾である本作品、ビューティフルドリーマーは、派手さは無いが、しっとりとした謎、それでいて謎解いていく時の緩急のついたテンポ、謎に迫っていく時のスピード感など、後年に制作された映画版パトレイバーや攻殻機動隊に繋がる物語に仕上がっているように感じました。うる星やつらは基本的にギャグが炸裂するものですが、高橋留美子が表現したかった、しっとり怪しい雰囲気が細かいギャグの中心据えられてるーみっくわーるど見事に表現している作品かと思います。ラブストーリーを描いていても、押井守の硬派な世界観の礎がこの作品で形作られたのだと思います。ラムの作り上げた世界が実は映画の謎多き世界だったという、それを、押井守の世界観で味付けされた面白い作品です。
    たいQ(50代・男性)

    うる星やつらの世界にちょっと理屈っぽいオカルト・ホラーの要素をもたせたドタバタ作品です。小ネタも満載で何でも観ても飽きのこない長編アニメ

    循環する怪談
    まず、よく動く。ラムちゃんが、あたるが、メガネたちがドタバタと動き回り飛び回る。アニメは動いてなんぼ! というが、本当に見ごたえのある場面が多く、それらのシーンだけでも「アニメをみた!」という充実感が得られて楽しめた。それもただのアクションではない。夢の中の夢、現実と虚構の狭間、そういうオカルトな雰囲気を漂わせた空間のなかで物語が進んでいくので、単純な爽快感だけではなく、そこにはちらりとのぞく恐怖感というか焦燥感が潜んでいる。だからこそ最後まで観た後の開放感もたまらない。また頭から観てみたくなる。ちょっとだけ、謎も解けたし、あらためて物語の導入部分を検証がてら観てみましょう、と今度は話の筋もわかっているので、安心しながら楽しめる……かと思うとそうでもなかったりする。ストーリーの根幹でもある、繰り返される日常、抜け出せないループ、その世界の異常さに気づく登場人物にフォーカスがあたる瞬間、観ている自分も背筋にスッと冷たいものが走る感覚が再現される。なんて思いつつ、やっぱりドタバタ繰り広げらる、うる星やつらワールドの楽しさを満喫しながら最後まで観てしまう。ラスト、夢の中の夢を示唆するセリフをつぶやく。あれ? そういえば校舎の階数って……? とまた頭から観たくなる。観ている自分も抜け出せないループにはまっているかもしれない。なんてことをあの、あたるやメガネ、面堂終太郎たちに思わされてしまうのが悔しくも面白い映画だった。そして、無茶苦茶に運用されるレオパルトとハリアーもかっこいいのだ。
    コールドスリープで 500年ローン(40代・男性)

    押井守監督入門にはうってつけ!原作ファンは困惑必須!

    押井守の原点にして頂点
    初めて観たのは、大学生のときにたまたまケーブルテレビで流れていたのがきっかけでした。もともと高橋留美子作品が大好きで、しかもうる星やつらの劇場版!ということでワクワクしながら観賞に至ったのですが、期待していたドタバタものと全く違って全体的に暗く、おどろおどろしい第一印象だったのを覚えています。数年たってから「あの作品って結局なんだったんだろう」という思い出から再び観賞。雷に打たれたように、その作品の魅力に気づかされました。全体的に登場人物の会話がストーリーの大半をしめており、「現実」と「夢(虚像)」のラインが如何に微妙なものなのかを訴え続けています。このテーマは後々の「Ghost in the Shell」や「パトレイバー」にも共通していると思うのですが、キャラクターがポップなだけあって「ビューティフルドリーマー」は同監督作品のなかでもだいぶ分かりやすい部類に入ります。サウンドトラック、いろいろな芸術作品をパロディーした作画演出なども相まって、アニメのみならず日本の映画史にのこる傑作だと思います。
    とほ(30代・男性)

    独特の演出や展開が光る作品

    うる星やつらの中でも異色な空気を放つ作品であることは間違いないです!
    監督が、押井守さんということもあり、独特な展開や作風が光る長編作品です。どこか、原作やアニメとは違うサイドが見れるので、面白い作品です。印象に残るシーンやセリフも多く、これをフェイバリットに挙げる方も多いのではないでしょうか。SF的な色も強いので、そういった空気感を好む方には強くお勧めできます。どちらかというと、子供よりは大人向けの作品であることは間違いありません。子供の時に見たけど、あまり理解できなかった方はいま改めて見ると、たくさん発見があるのではないでしょうか。作画などもキレイなので、クオリティも非常に高いです。押井守ファンの方にも、うる星やつらファンの方にも是非見てほしい名作であることは間違いないです。
    まるお(20代・男性)

    楽しくて切ない。青春SF映画

    永遠に続く世界を夢見て
    ずいぶん昔の作品ですが、今でも印象に残っています。文化祭の前日のワクワクした感じ、それが何度も繰り返される不可思議な現象、やがて明らかになる謎。廃墟と化した世界など、みどころがたくさんあります。特に、同じ日が何度も繰り返されているとわかった時、これから何がおころうとしているのか、期待と不安でワクワクしながら映画の中で引き込まれていきました。映画からは、楽しさとともに切なさが伝わってきます。大好きな人達とずっと一緒に、楽しく暮らしていきたい。でもそれはとても儚い夢だということ。この切なさの表現が何度見ても心がぎゅっとなるんです。後半では、普段はいい加減で浮気症のあたるが、ラムのために行動していく姿は、やっぱりかっこいいなと思ってしまいす。
    さらら(50代・女性)

    深く視聴者に問いかける作品

    タイムリープ作品はハズレなし
    うる星やつらの映画2作目の作品です。文化祭前日が何度も巻き戻されていくストーリーです。この終わってほしくない日常に閉じ込めてしまうのは、涼宮ハルヒの憂鬱のエンドレスエイトを彷彿とさせます。このように終わって欲しくない日常は終わってしまうからこそ貴重なもので、終わってから輝いてくるものだと思います。このようにその時間に閉じ込めてしまうのは、一見楽しいようでなかなか酷なことだと思います。なぜなら思い出して懐かしむこともできないことと、何度も同じように繰り返されて終わらない日常というのは拷問のように感じるからです。見る前はうる星やつらはコメディチックなものという印象がありましたが、これほど深く問いかけられるとは思いませんでした。
    ゆう(20代・男性)

    願望を叶えてくれる作品

    誰もが一度は抱くドリーム
    学園祭の開催前日を延々とループする世界。楽しい行事は、始まる直前が一番楽しいと思ったことはないですか? 楽しいことは楽しいけれど、始まってしまえば、そこには終わりが見える。日常という名の現実がこっちへ来いと呼んでいる。ならば、始まらなければ良いのでは? そんな夢想が現実となった世界では、強くそう願ったものと、そうでないものの鬩ぎあいが始まる。夢から醒めてほしいか、ずっとこのままで良いと思うか。観ている方も自問することになるだろう。原作の「うる星やつら」からは少し距離を置く形になるかもしれないけれど、原作の世界観と監督・押井守の世界観、それぞれのオリジナティ奪取の戦いとして観ても面白いかのしれない。
    ゆちこ(40代・女性)

    その他ネットの口コミ・感想・評価

    詳細を見てみる

    あわせて見たいおススメ作品

    ここでは『うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆』とあわせて、『うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
    押井守のおススメ関連作品

    これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

    ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

    映画『うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆』のまとめ

    うる星やつら2 ☆ビューティフル・ドリーマー☆のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

    本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『TSUTAYAディスカス/TV』でしたね!

    超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

    無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    \30日間無料キャンペーン中/

    ※無料期間中の解約で、0円。

    ※本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。