2020年1月に公開された映画『太陽の家』は、人情の厚い大工の棟梁とその家族、そして偶然出会った母子家庭の親子との交流を描いた「愛と優しさ」がテーマのヒューマンストーリーです。

2019年にデビュー40周年を迎え、シンガーソングライターとして活躍する長渕剛さんが20年ぶりに映画の主演を務めています。

そして、映画の主題歌も長渕剛さん自身が手掛けたことで世間からの注目を集めました!

そんな長渕剛さんの魅力がたくさんつまった本作を観た方の感想はどうなっているのでしょうか?

そこで今回は、「太陽の家(映画)感想評価評判はつまらないor面白い?」と題して、ネット上に寄せられている感想や評価を探っていきたいと思います。

 

※「太陽の家」を観たことがない方やもう一度見たい方に向けて、無料で視聴する方法を以下の記事でご紹介しています。気になる方はあわせてご覧ください☆

 >>【映画無料動画フル】太陽の家の見逃し配信を無料視聴する方法!長渕剛20年ぶり主演映画!

無料で今すぐ観たい方は、U-NEXTの31日間無料トライアルを利用するのがおすすめです。

\今ならU-NEXTで31日間無料体験実施中!/

※無料期間中の解約で、0円。

映画『太陽の家』はどんな作品?

『太陽の家』のあらすじ

神技的な腕を持つ大工の棟梁・川崎信吾(長渕剛)。普段は強面風な川崎は、やんちゃで人情味の厚い男。そんな川崎が現場で木と向き合えば、職人気質なオーラを放つ。しっかり者の女房・美沙希(飯島直子)と年頃の娘・柑奈(山口まゆ)と共に幸せに暮らす川崎だが、そこは男!好みの女性には少々弱い。いつものように弟子の入江たちと現場で仕事に励んでいるところに川崎が無視できない保険会社の営業ウーマンが通りかかる。彼女の名前は池田芽衣(広末涼子)。独身だと思っていた芽衣には、龍生(潤浩)という名の息子が一人。シングルマザーだった。父親を知らずに育った少年・龍生が気になる川崎。俺が男にしてやる!とばかりに、川崎の血が騒ぐ。半ば強引な川崎になかなか懐かない龍生だったが、徐々に男同士の触れ合いができるまで心を開いていく。そんな折、川崎はこの親子に家を作ろうと思い立つのだが、そんな父親の様子にどうも納得がいかない、娘と妻と信吾の一番弟子の高史(瑛太)。しかし周りの不穏な空気も気にせず、家づくりに没頭する川崎の前に、突如龍生の父と名乗る男が現れて・・・。

『太陽の家』のキャスト

キャスト
  • 川崎信吾(大工の棟梁):長渕剛
  • 川崎美沙希(信吾の妻):飯島直子
  • 川崎柑奈(信吾の娘):山口まゆ
  • 池田龍生(芽衣の息子):潤浩
  • 池田芽衣(シングルマザー):広末涼子
  • 河井高史(信吾の弟子):瑛太

主人公・川崎信吾を熱演した長渕剛さんです。

シンガーソングライターとして『乾杯』、『とんぼ』など数多くの名曲を生み出し、野外ステージやオールナイトライブなど全国各地で開催されるオリジナルスタイルのライブでは圧倒的な集客力を誇っています。

TVドラマ『家族ゲーム』や『とんぼ』に俳優として出演する他、映画『オルゴール』や『英二』では主演を務め、その個性的な演技で高い評価を獲得。

さらに詩人・画家・書道家として独特な作品を創作・発表するなど様々なジャンルでその魅力を発揮し、真摯な姿勢と芯の強い大きな優しさがファンの心を掴んでいます。

そんな長渕剛さんと同じくらい熱い魂をもつ主人公・川崎信吾はまさにハマり役と言えますね!

続いて、主人公・信吾を取り囲む登場人物たちを演じた俳優陣もご紹介します。

まずは、信吾の妻・美沙希を演じた飯島直子さん。

予告動画でも見ることができる美沙希が信吾に平手打ちを食らわすシーンは強烈です!

そして、信吾の娘・柑奈を演じた山口まゆさん。

シングルマザーとして働く池田芽衣を演じた広末涼子さん

芽衣の息子・龍生を演じた潤浩さん。

信吾の弟子・河井高史を演じた瑛太さん

このような粒揃いの俳優陣が集まり、その心打つ演技で人情味溢れるストーリーをより奥深いものにしています

映画『太陽の家』がつまらないという感想評価

人と人との温かい交流を描いた映画『太陽の家』ですが、実際にご覧になった方はどのように感じたのでしょうか?

Twitter上に寄せられている感想をご紹介していきましょう。

長渕剛らしさが強すぎる!

人情味のある熱い男・川崎信吾という役どころを演じたというよりは、長渕剛さんそのままの人柄という印象が強く、あまり意外性がなかったようですね。

上半身裸で腕立てをするといった筋トレシーンが作中にたびたび入ることに疑問を感じた方も多いようです。

長渕剛さんらしい魂の込もった熱い演技はファンにとってはたまりません。

ですが、純粋に映画のストーリーを楽しみたい人にとっては、長渕剛さんのアクの強さワンマンっぷりが前面に押し出されている内容に、少し冷めてしまったのかもしれませんね。

押し付けがましいストーリー展開

長渕剛さんのファンであったとしても、本作のストーリー展開が強引すぎると感じた方は多いようです。

思うがままに突き進む信吾の行動がありえない!というのではなく、その行動に至るのに現実味のない無理な展開が設定されているといったところでしょうか…

また、登場人物たちの人物描写も深く練られておらず、映画としての完成度の低さを残念に思う声もありました。

映画『太陽の家』が面白いという感想評価

長渕剛さんらしさが満載の映画とは言え、信吾の人柄と行動力に感動したという感想もたくさんありました!

また、脇を固めている俳優陣の演技を絶賛する声も多数ありますよ。

とにかく泣ける!

お節介と言えるほど人との繋がりを大切にする信吾の姿に、自然と涙がこぼれ落ちると言った感想が多く見られますね。

昨今では、信吾のような人はなかなか身近にはいないのかもしれません。

自分もそうなりたいと思っていたとしても、実際に行動できる人は多くないでしょう。

ですが、誰もが信吾のような真っ直ぐな想いを自身の心の片隅にもっているからこそ、どこか共感するものを感じて涙するのかもしれませんね。

飯島直子と瑛太の演技がいい!

セリフや登場シーンが少ないながらも、映画の中でキラリと存在感を示していた飯島直子さん

真の強い女性を演じてきたイメージがありますが、年齢を重ねたことで頼りになる存在という役どころも魅力となってきたようですね!

信吾の一番弟子・河井を演じた瑛太さんも長渕剛さんに負けないくらいの熱い演技を見せてくれています!

剃り込みアイパーとヒゲ面が妙に似合うこの姿は、どんな役でも演じ切る実力を持っているからこそ!

こんな瑛太さんは他では見ることができませんよ。

主題歌にも注目!

本作の主題歌として長渕剛さん自身が書き下ろした『Orange』

『Orange』というタイトルは、大切な人と一緒に歩く真っ直ぐな道を照らす夕焼けの色を表しています。

「限りなく優しくあり続けることとはどういうことなのか?」

純真無垢に優しさだけを注ぐ川崎信吾の生き方に感銘を受け、愛に満ちていた撮影現場の雰囲気そのままに作詞・作曲をしたそうです。

長渕剛さんの歌声を聞きながら、物語の余韻にひたるのもいいかもしれませんね。

まとめ

「太陽の家(映画)感想評価評判はつまらないor面白い?」と題して、ネットに寄せられている感想や評価を探ってきましたが、いかがでしたか?

感想は賛否両論ありましたが、20年ぶりに主演を務めた長渕剛さんの熱演飯島直子さんや瑛太さんら脇を固める俳優陣の演技、そして長渕剛さんが書き下ろした主題歌といった見どころがたくさんつまった作品です。

人との繋がりが以前より遠くなってしまったと感じている人にとっては、何か心に響くものがあるのかもしれませんね。

あなたの大切な人と一緒に、映画『太陽の家』をご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

\今ならU-NEXTで31日間無料体験実施中!/

※無料期間中の解約で、0円。