\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「清須会議」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「清須会議」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「清須会議」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『清須会議』ってどんな作品?

日本史上初めて“合議で歴史が動いた”と語られる清須会議に臨む重臣・柴田勝家、羽柴秀吉らの思惑と駆け引きをドラマチックに描いた、人気脚本家・三谷幸喜さんが初めて手掛けた時代小説が原作の歴史エンターテインメントです。

“本能寺の変”から数ヶ月、主君・織田信長亡き後の覇権争いが水面下で進む中、筆頭家老の柴田勝家と家臣・羽柴秀吉は、織田家当主の跡目争いで激しく対立します。

それぞれの思惑が交錯する中、運命の清洲会議が今、開かれます。

主演は、日本の演劇界の頂点に立つ実力派俳優・役所広司さんです。

共演には、演劇界に新風を巻き起こす新鋭俳優の大泉洋さんをはじめ、小日向文世さん、佐藤浩市さん、妻夫木聡さん、浅野忠信さんら、日本映画史上最も絢爛豪華な総勢26名のキャストが集結しました。

監督・脚本はもちろん、抜群のストーリーテラーとして絶賛される稀代の演劇作家・三谷幸喜さんです。

素朴な倫理観では、時代の流れに乗りきれない…戦国乱世の悲哀と権力に魅せられた人間の自己顕示欲がずしりと胸に響く、人生の複雑さと感慨深さを描いた時代劇ヒューマンドラマの傑作です。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「清須会議」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「清須会議」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月24日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

『清須会議』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

清須会議の動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「清須会議」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年10月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpFODプレミアムの4つのサービスで清須会議の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 無料登録後はすぐに清須会議が視聴できる
  • 清須会議が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • 無料トライアルの登録も解約もとっても簡単

U-NEXTの最大の魅力は、なんといっても業界No1の圧倒的な作品数。

しかも、31日間の無料トライアルが用意されているので、業界ナンバーワン!の見放題作品を思い存分楽しめます!

ちなみに、U-NEXTでは、

  1. 見放題作品(無料コンテンツ)
  2. ポイント作品(有料コンテンツ)

の2種類のコンテンツが用意されており、清須会議は1つ目の見放題作品(無料コンテンツ)に該当します。

よって、

  1. 31日間無料トライアル登録
  2. 清須会議を無料視聴

の2ステップで、清須会議を簡単に無料で楽しむことができるうえ、無料登録時にタダでもらえる600ポイントで本来課金が必要な新作も実質0円で見れるんです。

\解約OK!簡単無料登録♪/

※無料期間中の解約で→0円。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければいつでも解約可能ですので、安心して動画見放題の世界をお気軽に体験してみてください。

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

人気ドラマ
人気アニメ・キッズ
  • アナと雪の女王2
  • 怪盗グルーのミニオン危機一髪
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • 鬼滅の刃
  • あひるの空
  • NARUTO-ナルト-
  • 僕のヒーローアカデミア

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

\人気作品も豊富/

 

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「清須会議」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『清須会議』の作品情報

      基本情報

      作品名清須会議
      原題
      原作清須会議
      制作年2013年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)東宝
      公開年(公開日)2013年11月9日
      上映時間(話数)138分
      公式サイトhttps://www.toho.co.jp/movie/lineup/kiyosukaigi/index.html
      公式Twitter
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      人気脚本家・三谷幸喜さんが初めて時代劇に挑んだ書き下ろし小説を自ら映画化。日本史上初めて“合議で歴史が動いた”と語られる清須会議に臨む、重臣・柴田勝家、羽柴秀吉らの思惑と駆け引きをドラマチックに描いた、歴史エンターテインメントです。

      “本能寺の変”から数ヶ月、主君・織田信長亡き後の覇権争いが水面下で進む中、筆頭家老の柴田勝家と家臣・羽柴秀吉は、織田家当主の跡目争いで激しく対立します。

      それぞれの思惑が交錯する中、運命の清洲会議が今、開かれます。

      戦国乱世の悲哀と権力に魅せられた人間の自己顕示欲がずしりと胸に響く、時代劇ヒューマンドラマの傑作です。

       

      織田信長、死す・・・。

      天正10年、本能寺の変に見舞われた織田家の家中は風雲急を告げていました。

      一代の英雄が志半ばで果たせなかった、天下統一の夢を継ぐ者は誰か。

      混乱の織田家は、2人の後見人によって勢力が二分されていたのです。

      ひとりは、筆頭家老の柴田勝家。

      真っ直ぐで豪胆、猛将の聞こえも高い漢です。

      そんな彼は、信長の三男でしっかり者の信孝を跡継ぎに推薦していました。

      そして、もうひとりは、数々の殊勲を誇る新鋭家臣の羽柴秀吉。

      狡猾で計算高いが、人心掌握に長けた男は、虎視眈々と織田家の実権を狙っていました。

      彼は、次男で大うつけ者と噂される信雄を推します。

      信長の後継者の座をめぐり、それぞれの陣営の裏工作が始まりました。

      遺恨によって勝家に肩入れする信長の妹・お市、秀吉支持を明確にした信長の弟・三十郎信包、織田家臣たちの心をつかんでいく秀吉の妻・寧の内助の功・・・。

      両派の複雑な思惑が交錯していく中、いよいよ跡継ぎを決めるための清須会議が開催されます。

      勝家と秀吉、そして勝家の盟友にして家中随一の策士・丹羽長秀と会議の行方を左右する一票を有する池田恒興らが繰り広げる一進一退の頭脳戦と、なり振り構わぬ必死の駆け引き。

      果たして、跡目争いを制するのは勝家派か、秀吉派か!?

       

      主演は、織田家の筆頭家老・柴田勝家を演じた、日本の演劇界の頂点に立つ実力派俳優・役所広司さんです。

      また、のちの天下人・羽柴秀吉は、演劇界に新風を巻き起こす新鋭俳優の大泉洋さんが演じます。

      その他、丹羽長秀役の小日向文世さんをはじめ、佐藤浩市さん、妻夫木聡さん、浅野忠信さんら、日本映画史上最も絢爛豪華な総勢26名のキャストが集結しました。

      監督・脚本は、もちろん三谷幸喜さん。抜群のストーリーテラーとして絶賛される稀代の演劇作家が、時代劇の枠を超えた新しい歴史物語を、傑作ヒューマンドラマとして描きました。

      激動の乱世では、時代の寵児に淘汰される愚直な敗者という構図がしばしば起こるものです。

      その間柄は、ひょっとすると親子や師弟、親友だったりと、運命は時として残酷です。

      素朴な倫理観では、時代の流れに乗りきれない…柔軟な対応力こそが現在を生き抜くために必要であることは当然ですが、散り際が美しい”誇り高い敗者”にも共感を覚えてしまうところが、人の世の複雑で感慨深いところではないでしょうか。

      キャストとスタッフ

      清須会議のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 柴田勝家:役所広司
      • 羽柴秀吉:大泉洋
      • 丹波長秀:小日向文世
      • 池田恒興:佐藤浩市
      • お市様:鈴木京香
      • 織田信雄:妻夫木聡
      • 織田三十郎信包:伊勢谷友介
      • 織田信孝:坂東巳之助
      • 松姫:剛力彩芽
      • 織田信長:篠井英介
      • 織田信忠:中村勘九郎
      • 前田利家:浅野忠信
      • 黒田官兵衛:寺島進
      • 滝川一益:阿南健治
      • 堀秀政:松山ケンイチ
      • 前田玄以:でんでん
      • 佐々成政:市川しんぺー
      • 明智光秀:浅野和之
      • 森蘭丸:染谷将太
      • 小袖:瀬戸カトリーヌ
      • 義兵衛:近藤芳正
      • 寧:中谷美紀
      • なか:戸田恵子
      • 小一郎:梶原善
      • 枝毛:天海祐希
      • 更科六兵衛:西田敏行
      詳細を見てみる

      織田家の筆頭家老・柴田勝家を演じるのは、役所広司さんです。

      圧倒的な演技力で、日本の演劇界の頂点に立つ実力派俳優の役所広司さん。

      1979年のデビュー後、伊丹十三監督の映画「タンポポ」に出演し、存在感を示します。

      96年には、主演を務めた周防正行監督作「Shall we ダンス?」が空前の大ヒット。日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞するとともに、映画は社会現象にまでなり、後にハリウッドでリメイクされる名作となります。

      以降も出演した映画が続々と話題になり、「失楽園」をはじめ、「うなぎ」でカンヌ国際映画祭パルムドールを受賞、「EUREKA」でカンヌ映画祭の国際批評家連盟賞エキュメニカル賞を受賞するなど、青山真治さんや黒沢清さんといった巨匠と呼ばれる名監督の作品に欠かせない存在になります。

      最近では、アカデミー作品賞ノミネート作「バベル」、モントリオール世界映画祭審査員特別グランプリ受賞作「わが母の記」などで国際的にも高い評価を得る、名実ともに日本を代表する俳優です。

      本作で伝説の猛将・柴田勝家を演じるにあたって、役所さんは「久しぶりの三谷作品への参加、とても楽しみです。戦国武将の中で地味な印象の勝家ですが、きっといい奴だったんだろうなぁと思います。愛すべき男、勝家を楽しんで演じたいと思います」と、新しい人物像の表現に意欲を見せていました

       

      のちの天下人・羽柴秀吉を演じるのは、大泉洋さんです。

      近年、北海道が生んだ稀代の大スターとして、目覚ましい活躍を見せる大泉洋さん。

      バラエティー番組「水曜どうでしょう」で爆発的な人気となり、道内にとどまらず、全国にその名が知れ渡ります。

      そして、演劇ユニット「TEAM NACS」での舞台公演やテレビドラマ「救命病棟24時」の出演など、タレントから俳優業へと本格シフトをはかると、「ハケンの品格」、NHK大河ドラマ「龍馬伝」など話題作に続々出演し、表現力豊かな演技で高い評価を獲得します。

      映画では「アフタースクール」や、「探偵はBARにいる」シリーズ、「しあわせのパン」などで主演を務め、ジブリ作品「千と千尋の神隠し」、「ハウルの動く城」では声優を担当するなど、幅広い活躍で日本の演劇界に新風を巻き起こすトレンド俳優です。

      三谷監督は「芝居の基本的な部分がちゃんとしていて、すごく芝居ができる方なんだと思いました。秀吉には人の心をつかむ明るいお調子者の反面と、暗く冷たい反面がある。大泉さんもたまに陰気な顔になることがあるので、僕の考える秀吉になると思います。」と配役に自信を見せると、大泉さんも「尊敬する三谷さんの映画に出演し、本当に豪華な出演者の皆様の中で秀吉という大役を演じることに大変緊張しています。また監督の『今回の秀吉は本当の猿みたいな見た目です』という言葉にいささかの不安を感じております。」と応じるなど、お互いを信頼する様子が窺えます。

       

      小日向文世さんが演じるのは、織田家の重臣・丹羽長秀です。

      1977年、串田和美主宰の劇団「オンシアター自由劇場」に入団し、舞台人として活躍していた小日向文世さん。

      以降、映画やドラマにも続々出演し、名バイプレイヤーとして確かな評価を受けます

      役者として転機となったのは、木村拓哉さん主演の大ヒットドラマ「HERO」に出演して、注目を浴びたことです。

      それをきっかけに、俳優としての実力が評価されると、「銀のエンゼル」で映画初主演、「あしたの、喜多善男 世界一不運な男の、奇跡の11日間」でドラマ初出演と、一気にブレイクを果たします。

      三谷幸喜さんの作品にも常連となり、11年、舞台「国民の映画」で第19回読売演劇大賞の最優秀男優賞を受賞すると、本作映画「清須会議」や「ステキな金縛り」、NHK大河ドラマ「真田丸」などにも続々出演、その飄々としたキャラクターで人気のユーティリティな演劇人です。

      監督は、「小日向さんとは、映画でも舞台でもテレビでも何度もご一緒させていただいています。丹羽はとても冷静な男なので、汗をかかないようにとお願いしました。」と冗談まじりに小日向さんの起用理由を語ると、小日向さんも「三谷さん初の時代劇映画に参加させていただくことになり、大変光栄に思っております。三谷さんの演出にしっかり応えられる様、気合を入れて挑みます。」と意気込みを語っています。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:三谷幸喜
      • 製作:亀山千広、市川南
      • 企画:石原隆
      • プロデューサー:前田久閑、和田倉和利
      • アソシエイトプロデューサー:清野真紀
      • ラインプロデューサー:森賢正
      • 原作:三谷幸喜
      • 脚本:三谷幸喜
      • 撮影:山本英夫
      • 照明:小野晃
      • 録音:瀬川徹夫
      • 美術:種田陽平、黒瀧きみえ
      • 音楽:荻野清子
      • 編集:上野聡一
      • テクニカルプロデューサー:大屋哲男
      • VFXスーパーバイザー:田中貴志
      • スクリプター:山縣有希子
      • 衣装デザイン:黒澤和子
      • 美術デザイン:塩入隆史
      • 装飾:佐藤孝之
      • キャスティング:杉野剛
      • 助監督:片島章三
      • 製作担当:斉藤大和
      詳細を見てみる

      監督・脚本は三谷幸喜さんです。

      日大芸術学部演劇科在学中から才能を発揮していた三谷さんは、83年に旗揚げした劇団「東京サンシャインボーイズ」の劇作家・演出家として活躍します。

      その後、テレビドラマの脚本や番組の構成作家としても脚光を浴び、「振り返れば奴がいる」、「古畑任三郎」シリーズ、「王様のレストラン」など大ヒットドラマを数々手掛けます。

      97年、自身の舞台作品を映画化した「ラヂオの時間」で映画監督デビュー

      以降、本作「清洲会議」や「みんなのいえ」、「THE 有頂天ホテル」、「ザ・マジックアワー」など意欲的に映画製作に携わり、日本映画の観客動員数を更新する大ヒットを記録します。

      そんな、映画・舞台・TVドラマの脚本から著書まで、幅広く支持を集める希代のコメディ作家です。

      本作「清洲会議」の魅力について、三谷監督は、「爆笑コメディを期待して来られた方は、えっと思われるかもしれないけれど、見てもらえれば満足していただけると思う。今までにない画期的な映画になったという気はしています。時代劇専門の方々といろいろ相談して製作していく過程で、改めて映画ってこうやってできていくんだということをすごく体感できましたね。オーソドックスだからこそ、映画らしい映画になったかな」と、チャレンジ精神溢れるコメントを語っています。

      口コミ・感想・評価

      「清須会議」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも清須会議を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      ただただ馬鹿馬鹿しい会議の行方を心底笑って楽しめる痛快時代劇コメディ

      ハマり役の大泉洋的「秀吉」
      大泉洋という俳優は、本当に幅が広い。もともとコメディアンや劇団員という肩書が、ここまで豪快俳優陣の時代劇エンターテインメント作品の中で際立つのか、と「秀吉」憑依ぶりに感心した。もちろん本当の秀吉を知らないが、人たらしっぷり、アホに見せて実は巧妙な罠だったり一手だったりがうまい。単純にファンなので興味本位で観たが、まぁ役所広司のバカっぷりも素晴らしい!いるよなぁ、こういうオッサン。という感じ(笑)猪突猛進で単細胞で手のひらで転がされるオッサン。織田信長の跡取りをめぐって、清須というただ1点の舞台で様々な策略が繰り広げられる。何を見せられている?という声もある中、ただただ馬鹿馬鹿しい会議の行方を心底笑って楽しめる痛快コメディでもあるので、そういう間やオチを楽しむ映画かと。三谷作品おなじみの俳優の名演バトルが見られます!
      Rii(40代・女性)
      詳細を見てみる

      笑いながら歴史の勉強が出来る映画です

      THE三谷映画
      織田信長が本能寺の変で明智光秀の謀反で自害した後に次男の織田信雄と三男の織田信孝のどちらを跡目にするかを清州城にて決めた会議をパロディ風に映画にした話です。大泉洋さん演じる豊臣秀吉と役所広司さん演じる柴田勝家が信雄と信孝のそれぞれにつき争いました。三谷映画らしくまず俳優陣が物凄く豪華でした。信雄役に妻夫木聡さん。信孝役には坂東巳之助。それ以外にも中谷美紀さんや鈴木京香さん、佐藤浩市さんなど沢山の豪華な役者さんが出演されてました。信雄と信孝が様々な人たちの権力闘争の思惑の中で海のビーチフラッグなどで争ったりします。史実に基づいた登場人物以外にも素敵な金縛りに出演していた西田敏行さん演じる侍がなぜか出てきたりととても笑える映画です。
      chun0525(40代・男性)

      笑って泣けるポップさの一方で、合戦の場面だけが戦いではない!ということをじっとりと感じさせる映画。

      戦闘の場面を描かない合戦映画
      あまり歴史ものに強くはないのですが、清須会議という言葉自体は知っていました。三谷幸喜監督作品という事で見ようと思ったのですが、監督に時代劇……とくに合戦の場面に力を入れた、いわゆる戦国映画的なものを期待してはいなかったので、この作品は非常に好みでした。合戦ではなく、あくまで「会議」という人間同士が会話などでやりとりして行われた戦いなので、より群像劇的な色が濃くなるわけですが、それが監督の普段の作品の持ち味と上手い具合に合致していたのではないかと感じます。各登場人物も愛嬌のあるキャラクターとして描かれており、実際の人物像から考えると多少誇張している感があるものもいましたが、それはそれで許容範囲なのかなと。各登場人物たちが、自分にできる「戦い」をしていることがしっかり描かれており、合戦だけが戦いではない、そんなメッセージを強く感じる映画でした。
      nao(30代・女性)

      戦国時代好きにはかなり楽しめる作品です。

      秀吉役が意外過ぎる
      「清洲会議」は、織田信長の後継者を決める清洲会議をテーマにした映画ですが、豊臣秀吉役が大泉洋さんというキャスティングで意外過ぎるキャスティングでした。外見もどこかふざけた感じで、ちょっとコメディー要素の強い映画だなと見ていて思いました。武将たちの立ち居振る舞いなども大袈裟で誇張しすぎるぐらいで、見ていて笑えました。本当に会議であんなだったら怒られるだろうなというくらいで、それが作品のカラーなんだと思いながら見ていました。ストーリー的には史実を土台にしているので、歴史の勉強にもなるかなと思います。撮影にお城が使われていたのが、どこの城なのか気になりました。撮影用のセットなのか、実際のお城を使って撮影しているのか知りたいです。
      すぎ(40代・男性)

      織田信長亡き後、その後釜を決めるため、部下たちが行った清洲での会議の模様を描く時代劇。

      歴史的事実を知っておくとなおいい。
      見た目からしてこだわってて、猿耳にしてみたり、織田家の人は鼻を大きくしてみたり、監督のオタクぶりが発揮された作品だなと思いました。織田信長は、黒人の部下を持っていたこともこの映画で知りました。その史実を見る前から知ってたらよりおもしろかっただろうなと思います。お話は、織田信長亡き後、どうするかって会議なので、そんなに動きのある話ではなかったけど、みんなが自分の推している人を当主にしようとかけひきしたりしていておもしろかったです。誰が当主になるかでその後の自分の立ち位置とかも変わってくるから必死ですよね。ずるがしこい秀吉が大泉洋とはすごくあっていると思います。彼は芸達者で口もうまい印象ですから。また、丹羽長秀役の小日向文世さんも素敵でした。
      マイ3(30代・女性)

      歴史をあまり知らない人でも笑えて、感動できる作品

      三谷ワールド全開
      この映画の脚本、演出は三谷幸喜さんが手がけています。最初の語りのシーンから最後のシーンまで、三谷さんらしい面白いけどどこか人間味に溢れた演出で、笑えるシーンもあるけど涙してしまう場面もある、そういった作品です。そしてその作品を作りあげているのが、大泉洋さんや役所広司さん、小日向文世さんなどの個性派からベテランまでの多様なスタイルの役者さんたちです。出演者の名前を見ただけでも、この映画観てみようかなと思えるくらいです。それぞれが演じる歴史上の人物のコミカルな演技や陰謀、恋愛のシーンは本当に昔そのように生きていたのではないかと思えるほどリアルで、なぜか親近感も感じるほどです。信長暗殺後の、清洲会議という少しマイナーな部分に焦点を当てているけど、最後まで飽きずに観れる作品です。
      けん(20代・男性)

      三谷作品のいいところが凝縮されています。

      面白くて、ハマります。
      戦国時代の三谷作品で、出ているメンバーもすごく豪華で、ストーリーも大変面白く、映画の中に引き込まれていく作品です。実際の日本の戦国時代にあった話を、アレンジしているので、ストーリー自体も分かりやすく、昔勉強した日本史を思い出しながら、そういえばそういうこともあったなあと思いながら、見ることが出来ます。やはり、その中でも最も引きこまれるのが、人たらしと言われた羽柴秀吉の、敵だった人を自分の味方に引き入れていく策略は見ていてすごく面白いです。それとは反対に、鬼柴田の柴田勝家は、武骨で真っすぐで、お市様にうまく利用されながら、羽柴秀吉と対峙していくという真逆の人間模様もよく描かれているところも見どころだと思います。
      もふもふ(40代・男性)

      のほほんとした戦国もの

      想定範囲内の面白さ
      三谷脚本の戦国ものということで、安心して映画館に行きました。予想通りというかなんというか、派手な戦シーンなどございません。大の大人が必死に策を講じ、出し抜きあおうとするその顛末は、ひたすら平和で楽しく鑑賞できました。役所さんの勝家は意外でしたが、さすが名優だけあってそつなくこなしていた印象です。その後、過酷な運命が待っているはずですが、もの悲しさを全く感じさせなかったのでほっとしました。ただ、冗長さは否めません。放映時間が長く感じました。もう少しコンパクトにまとめられたんじゃないかなと思います。そこが減点。けれど、面白くない、ということでは決してないので、三谷脚本がお好きでしたら見て損のない映画だと思います。
      ふみもん(40代・女性)

      戦国時代好きにとっては理解が深まり、そうでない人にも笑える王道の喜劇

      とにかくキャラが立って面白い
      歴史的にも有名な清須会議で、登場人物の設定も歴史ものに描かれていると同じで結末も同じなのだが、それぞれの役者がそれを超個性的に演じていて、面白かった。秀吉の名古屋弁丸出しでいかにもさばけているが、ずる賢い側面がよくでていたが、私は役所浩司の演じる柴田勝家に嵌ってしまいました。無骨だけど芯が通っていて、どこか純粋でまがったことができないところやお市の方への素直な思いを観ていて、あのひげ面が可愛く観えてきました。話の展開も時系列になっていて清須会議のあの結末への過程が笑いながらもなるほど、そうなっていたのかと腑に落ちるところがありました。途中に出てくるバカバカしい運動会のような対戦も担ぐ織田の跡継ぎの性格を上手く表していたと思います。結末は秀吉が勝つのですが、お市の方と結婚することになった勝家のうれしそうな表情と秀吉の振られた表情。本当はどちらが勝ったのだろうかと思って、考えさせられるものでした。歴史的事実とこの映画の人間模様を重ねてみる本当に面白いと思います
      shoesaka(60代・男性)

      笑いのある時代劇

      爆笑がとまらない映画
      さすが三谷幸喜さん!といった感じの映画で、とにかく3分に一回は笑いがあるストーリーに、お腹がいたくなるほど笑わせてもらいました。なのに最後は感動があって、やっぱり三谷ワールドはすごいと思います。出演者が豪華で、ちょっとした役でも有名人が続々と出てきて、そこも見どころの一つかと思います。歴史はちょっと…、時代劇は…と言う人に是非見てもらいたい作品で、かたくるしい感じがなくどの年代の誰が見ても絶対に面白くてはまる作品です。これをきっかけに歴史に興味を私はもちました。それくらいストーリーが面白くて、史実も学べて何度も見たくなる作品です。主演の大泉洋さんが何とも言えない味のある羽柴秀吉を演じていて、私の中では羽柴秀吉と言えば大泉洋さんになるくらい、ぴったりの役でした。
      いも(30代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『清須会議』とあわせて、『清須会議』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『清須会議』のまとめ

      「清須会議」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

      超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \31日間無料トライアルキャンペーン中/

      ※無料期間中の解約で→0円。

      ※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。