\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「ナラタージュ」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「ナラタージュ」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「ナラタージュ」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『ナラタージュ(作品名)』ってどんな作品?
 

直木賞作家の島本理生さん原作の同名小説を映像化した「ナラタージュ」

2006年度の「この恋愛小説がすごい」で一位に輝いた原作を、恋愛映画の名手・行定勲監督が瑞々しく丁寧に描き出しています

女子大生の泉のもとに、恋心を抱いていた高校時代の演劇部の顧問から電話が掛かってきます。

母校の後輩たちの卒業公演に参加して欲しいという依頼に応えるため顧問と再会した泉でしたが、抑えていた恋心が再燃してしまい…。

ヒロインを演じる清純派トップ女優の有村架純さんが初の濡れ場を演じるということで、公開当時に大きな話題を呼びました。

ヒロインが恋する母校の恩師役を日本を代表する大人気アイドルグループ・嵐の松本潤さんが、そして坂口健太郎さん、瀬戸康史さん、市川実日子さんという若手実力派の豪華メンバーが脇をしっかりと固めています。

狂おしいほどの純愛を描き、女性の心をわしづかみにした本作品は、原作同様多くのファンを獲得しました。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「ナラタージュ」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「ナラタージュ」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

\本日から【11月20日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

『ナラタージュ』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

ナラタージュの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「ナラタージュ」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年10月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpFODプレミアムTELASAの5つのサービスでナラタージュの無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 無料登録後はすぐにナラタージュが視聴できる
  • ナラタージュが見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • 無料トライアルの登録も解約もとっても簡単

U-NEXTの最大の魅力は、なんといっても業界No1の圧倒的な作品数。

しかも、31日間の無料トライアルが用意されているので、業界ナンバーワン!の見放題作品を思い存分楽しめます!

ちなみに、U-NEXTでは、

  1. 見放題作品(無料コンテンツ)
  2. ポイント作品(有料コンテンツ)

の2種類のコンテンツが用意されており、ナラタージュは1つ目の見放題作品(無料コンテンツ)に該当します。

よって、

  1. 31日間無料トライアル登録
  2. ナラタージュを無料視聴

の2ステップで、ナラタージュを簡単に無料で楽しむことができるうえ、無料登録時にタダでもらえる600ポイントで本来課金が必要な新作も実質0円で見れるんです。

\解約OK!簡単無料登録♪/

※無料期間中の解約で→0円。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければいつでも解約可能ですので、安心して動画見放題の世界をお気軽に体験してみてください。

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

人気ドラマ
人気アニメ・キッズ
  • アナと雪の女王2
  • 怪盗グルーのミニオン危機一髪
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • 鬼滅の刃
  • あひるの空
  • NARUTO-ナルト-
  • 僕のヒーローアカデミア

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

\人気作品も豊富/

 

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ナラタージュ」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『ナラタージュ』の作品情報

      基本情報

      作品名ナラタージュ
      原題
      原作ナラタージュ
      制作年2017年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)東宝、アスミック・エース
      公開年(公開日)2017年10月7日
      上映時間(話数)140分
      公式サイトhttps://www.asmik-ace.co.jp/lineup/941
      公式Twitter
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      「リトル・バイ・リトル」「Red」など多数の恋愛小説で多くの女性ファンを持つ島本理生さん原作の同名小説を映像化した「ナラタージュ」

      女子高生と高校教師として出会った男女の狂おしいまでの純愛を、「クローズド・ノート」「世界の中心で、愛をさけぶ」の名監督・行定勲さんが原作のイメージを損なわぬよう丁寧に描き出した作品です。

      大学二年生の泉のもとに、「母校の後輩の卒業公演に出てくれないか」と高校時代の恩師・葉山から電話が掛かってきます。

      葉山と再会した泉は、卒業と同時に封印していた彼への恋心が再び募っていき…。

      日本のトップ清純派女優の有村架純さんと、国民的大スターとなった嵐の松本潤さんが狂おしいまでの恋愛に落ちていく男女を演じ、大きな話題をさらいました。

      張り詰めた空気感の中で繰り広げられる繊細で複雑な恋模様に、視聴者は最初から最後まで引き込まれていくことでしょう。

       

      大学二年生の工藤泉(有村架純さん)の元に一本の電話が掛かってきました。

      それは高校時代の演劇部の顧問・葉山(松本潤さん)からの電話で、泉の母校の後輩の卒業公演に出演してくれないかというものでした。

      泉は高校時代、人間関係のトラブルに遭い居場所がありませんでした。

      そんな彼女を演劇部に入部させ、何かと気に掛けてくれる葉山に泉はずっと恋心を抱いており、練習会にも参加することを決めました。

      練習会には現役の演劇部の生徒、塚本柚子(神岡実希さん)、新堂慶(金子大地さん)、金子伊織(駒木根隆介さん)の三人の他に、泉の親友の志緒(大西礼芳さん)、志緒の恋人・黒川(古舘佑太郎さん)も一緒でした。

      そこに黒川の大学の友人・小野玲二(坂口健太郎さん)も参加し、演出と舞台監督は顧問の葉山先生が担当することになりました。

      メンバーたちは夏休み明けの本番に向けて毎週土曜日に集まり練習していました。

      そのうち泉たち卒業メンバーと小野の4人で頻繁に遊ぶようになり、泉と小野は良い雰囲気になりますが、それでも彼女の心の中から葉山先生が消えることはありませんでした。

      ある日、在校生の柚子が突然行方不明となり、練習会は中止となります。

      泉が心配していると葉山先生からの着信があり、その様子から異変を感じ取った泉はすぐに彼の元に向かうことにします。

      葉山先生は柚子を探し回りボロボロになっており、心配になった泉は「先生の家に泊まる」と言いますが、お礼だけ言って彼は一人で帰宅するのでした。

      次の練習会の日、柚子はまるで何事もなかったかのように姿を現しました。

      ある日、小野に誘われて泉は二人で演劇を観に行きます。

      その帰り道に小野の家に寄った泉は、彼から突然抱き締められて告白されます。

      しかし高校生のころから葉山先生だけを見てきた泉は、他の男性と付き合うことなど考えられないのでした。

      泉は卒業間近に葉山先生と交わした会話を思い出します。

      葉山先生は大学時代から交際していた美雪(市川実日子さん)と結婚しましたが、彼女の反対を押し切り自分の母親との同居を選びました。

      しばらくすると奥さんと母親の折り合いが悪くなり、我慢の限界だった奥さんは自宅に放火しようとして逮捕されてしまったのでした。

      その後、奥さんと葉山先生は別れ、奥さんは実家の北海道に戻りました。

      この話を聞いた当時の泉は、「葉山先生のために出来ることを全てしてあげたい」と思ったのでした。

      ある日の練習会当日、葉山先生は体調不良で欠席することになり、練習会は中止となりました。

      心配になった泉は葉山先生の自宅を訪ねますが、気持ちを抑えられなくなった彼女は突然、彼にキスをします。

      葉山先生の寝室に入ると、部屋のあちこちに女性の影を感じて泉は立ちすくみます。

      そこへ葉山先生が「これは全部妻のものなんだ」と言い、本当は妻の美幸と別れていなかったことを白状します。

      混乱した泉は怒り、結局その日は葉山先生の自宅で別々に眠りにつくのでした。

      翌朝、二人は美術館に出掛けることになりますが、泉はこれを最後にもう葉山先生を追い掛けることをやめる決心をするのでした。

      演劇の本番を無事に終わらせたメンバーたちから打ち上げに誘われた泉でしたが、参加せずに小野と一緒に帰ることにします。

      帰り道、泉は小野から実家の長野に誘われます。

      一人でいたくなかった泉は小野と一緒に長野で数日を過ごし、改めて彼から交際を申し込まれ承諾します。

      東京に戻ったある日、小野の家で寝ていた泉のもとに葉山先生から電話が掛かってきました。

      大した内容ではなかったのに、その日から小野は嫉妬で精神不安定となってしまい、執拗に泉を束縛するようになります。

      戸惑いながらも小野との交際を続ける泉でしたが、ある夜、葉山先生から再び着信があります。

      すぐに切ろうとした泉でしたが、すかさず葉山先生が要件を切り出します。

      その要件はとてもショッキングな内容で…。

       

      葉山先生からのショッキングな電話の内容が気になります…。

      しかしこの一件から泉と葉山先生の距離は再び近づき、いろいろなことが変化していきます。

      惹かれ合う二人の恋が一体どんな結末を迎えるのか、最後まで見逃せない内容となっています。

      狂おしいまでの純粋さで一人の男性を想い続ける女性を演じた有村架純さんですが、大胆なラブシーンにも果敢に挑戦し一皮剥けた印象があります

      松本潤さんも今までのキラキラした役柄とは正反対の、地味でどこか野暮ったい役柄をうまく演じ切っており、プロ意識の高さを感じました。

      原作のイメージを損ねることのないキャスティングと丁寧な撮影手法で原作ファンをも魅了した本作品は、多くの女性の共感と感動を呼び起こすと同時に、苦しい思いも抱かせる本格的な恋愛映画と言えるでしょう。

      キャストとスタッフ

      ナラタージュのキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 葉山貴司:松本潤
      • 工藤泉:有村架純
      • 小野怜二:坂口健太郎
      • 山田志緒:大西礼芳
      • 黒川博文:古舘佑太郎
      • 塚本柚子:神岡実希
      • 金田伊織:駒木根隆介
      • 新堂慶:金子大地
      • 葉山美雪:市川実日子
      • 宮沢慶太:瀬戸康史
      詳細を見てみる

      一人の男性を思い続ける女子大生・泉を演じる有村架純さん

      1993年2月13日生まれ・兵庫県伊丹市出身の彼女は、2010年テレビドラマ「ハガネの女」でドラマ初出演を果たし、2013年にはNHK朝の連続テレビ小説「あまちゃん」に出演し大ブレイクします。

      2015年の主演映画「映画 ビリギャル」では髪を金髪に染め上げて挑み、大きな話題を呼びました。この作品は大ヒットを記録し、日本アカデミー賞優秀主演女優賞、同賞の新人俳優賞をダブル受賞しました。

      他にも映画「ストロボ・エッジ」でブルーリボン賞の主演女優賞を獲得、「何者」「夏のホタル」で日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞の新人賞を受賞し、今日本で最も勢いと人気のある清純派女優となりました。

      テレビドラマへの出演作は、「失恋ショコラティエ」「MOZU」「ようこそ、わが家へ」など多数、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「中学聖日記」では主演を務め話題となりました。

      女優業の他にも2016年、2017年と二年連続でNHK紅白歌合戦の司会者に抜擢されていることからも分かるように、国民的女優としての地位を確立しつつあります

       

      泉が想い続ける葉山先生を演じる松本潤さん

      1983年8月30日生まれ・東京都豊島区出身の彼は、中学一年生でジャニーズ事務所に入所し、1999年アイドルグループ嵐のメンバーとして活動を開始します。

      歌手活動に留まらず俳優としても活躍し、主な出演映画に「僕は妹に恋をする」「花より団子ファイナル」「陽だまりの彼女」があります。

      テレビドラマへの出演作が多く、大ヒットドラマ「ごくせん」「花より男子」ではザテレビジョンドラマアカデミー賞の助演男優賞を受賞、「ラッキーセブン」では同賞の主演男優賞を獲得しています。

      歌手、俳優、司会者やラジオのパーソナリティとしても活躍するマルチな才能を持つ国民的大人気スターです。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:行定勲
      • 原作:島本理生
      • 脚本:堀泉杏
      • 製作:佐野真之、市川南、藤島ジュリーK.、堀内大示、弓矢政法、倉田泰輔、高橋誠、荒波修、古賀俊輔、吉川英作、小川真司
      • エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎、上田太地
      • プロデューサー:小川真司、古賀俊輔
      • 共同プロデューサー:吉澤貴洋
      • 音楽プロデューサー:北原京子
      • 撮影:福本淳
      • 照明:市川徳充
      • 録音:伊藤裕規
      • 美術:相馬直樹
      • 装飾:田中宏
      • 衣装デザイン:伊藤佐智子
      • ヘアメイク:倉田明美
      • VFXスーパーバイザー:進威志
      • 音響効果:岡瀬晶彦
      • 編集:今井剛
      • 音楽:めいなCo.
      • 主題歌:adieu
      • 主題歌(作詞・作曲):野田洋次郎
      • キャスティング:杉野剛
      • スクリプター:押田智子
      • 助監督:増田伸弥
      • 制作担当:中村哲也
      • ラインプロデューサー:金森保
      • プロダクションマネージャー:杉崎隆行
      詳細を見てみる

      恋愛映画の名手と呼ばれる監督の行定勲さん

      1968年8月3日生まれ・熊本県出身の彼は、高校卒業後に東宝学園専門学校で映画制作を学び、在学中から制作会社に入社します。

      「スワロウテイル」「Love Letter」などで助監督を務めた後、初の長編映画監督作品「OPEN HOUSE」でみちのく国際ミステリー映画祭in森岡で新人監督奨励賞グランプリを獲得し、映画関係者の間で注目されます。

      映画「GO」では日本アカデミー賞、ブルーリボン賞などの多数映画祭で監督賞を獲得し、その後も「世界の中心で愛をさけぶ」で同賞の優秀賞、「北の零年」で優秀監督賞に輝きました。

      その他「クローズド・ノート」「うつくしいひと」「春の雪」など多数のヒット作を手掛け、「リバーズ・エッジ」ではベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞を獲得し、海外でも高く評価されました。

      恋愛映画を繊細で丁寧に描き出し多くのファンを持つ彼の次回作に、期待が集まります。

      口コミ・感想・評価

      「ナラタージュ」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもナラタージュを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      恋とはなにか、愛とはなにかと考えさせられる映画

      恋のすべてが詰まった作品
      ナラタージュは、行定勲監督のもと制作された作品です。1度でも人を好きになったことがある人なら、共感するところがいくつかあると思います。人を好きになり、苦しくて、思うようにいかない恋の辛さなど、恋のすべてがぎゅっと2時間16分でまとめられています。また、出演している役者の方々が素晴らしかったです。特に、有村架純さんが印象に残っています。等身大かつ、自然な演技は、彼女にしか表現できないのではないかと思いました。彼女の電車に乗って涙を流しているシーンは、完全に感情移入してみていたので、私も涙が止まりませんでした。こんなにも美しい涙を見たのは、初めてです。最後まで、心が苦しい映画ですが、見る価値は絶対あると断言できます。
      らな(20代・女性)
      詳細を見てみる

      鮮烈な恋愛作品

      超正統な純愛もの
      超正統な純愛です。この作品は、一人の人を愛し続けることが本当に幸せであることかどうかが分からなくなります。それだけ深く考えさせられる作品でした。一人の人を愛し続けることで壊れていってしまう人も大勢います。また、愛し合うことと付き合うことも違うということも分かってはいましたがこうも鮮烈に描かれていると考えさせられます。一人の人を本気で愛してしまうことは一種の呪いのようかもので、いくら他の人に目を向けても忘れられずふとしたことですぐに思い出してしまったり、好きじゃなくなったと思ってもいざ会うと忘れられていない。そんなことは誰にでもあると思います。この作品のサブタイトルで、あなたは今日、一番好きな人を思い出すとありましたが、本当に思い出してしまいました。
      ゆう(20代・男性)

      儚さがあるけど素敵な作品

      思わず心にグッとくる
      この作品は思わず儚い気持ちになれます。泉は葉山にどんどん想いが溢れていくところが印象的です。葉山のどこかミステリアスな雰囲気が、とてもハラハラドキドキします。そして小野はなんだか予測出来ない感じが怖かったです。泉のことを追いかけるところは、とてもインパクトが強かったです。好きな想いがいつの間にか歪んでいくようなところがリアルです。それぞれの想いが複雑に絡み合っていくのが、この作品の魅力だと思います。いろんな恋愛があって好きな人を幸せにしたい、幸せになりたいなど人間らしさを感じます。自分が辛い時にそばにいてほしい存在がいるのは、とても心強いことだと思えます。泉のどこかレトロな雰囲気がこの作品にピッタリです。
      はる(20代・女性)

      考えさせられます

      泣けました
      やっぱり原作ファンになると期待が込められてしまうかのでよく厳しい目で観てしまいがちだけど、キャスティングがすごくよかったです。特に葉山先生。読めない表情、理性的なのか時間の流れ方が違う人種なのか、大人なのかなりきれてないのか、イライラさせるはっきりしない態度が、松本潤さんがぴったりでした。最後に手も振らないで、見送る葉山先生。我慢してたのにと思うと最後だけ泣いちゃいました。強いね。強い。正しいことをしたいと考えている人の葛藤する姿がよく表現されており、見入ってしまいました。感情移入してまい涙を流してしまう人が多いと思います。愛の形について何が正解なのか、巡り会う順番が違っていればどうだったのか、少し考えさせラれる作品でした。
      コロコロ(20代・女性)

      元生徒と教師のもどかしい恋の作品。過激な作品かと思ったがあまり展開のない落ち着いた感じの作品でした。激しめが苦手な人は楽しめる作品だと思います。

      内容は思っていた感じと違っていたので少しがっかりしました。
      観る前のあらすじだと元生徒と教師の禁断の恋で大人な映画でドキドキする感じなんだろうな、と思っていたのですがあまり展開がなくドキドキする場面もあまりなく思っていたのと違うな、と思ってしまいました。もう少し過激な感じでもよかったのかな、と思います。映像はちょっと暗めな独特な感じがレトロ感が出ていてよかったです。出ているキャストの方々は好きな方が多くて嬉しかったです。また、みなさん演技が上手だったので思わず魅入ってしまいました。また、有村架純ちゃんがとてもかわいくてますます好きになりました。エンディングの曲は心地良いメロディーで耳に残る曲で気に入りました。映画の内容的にはいまいちでしたが、映像、キャスト、音楽はとてもよかったです。
      まっちゃん(20代・女性)

      恋愛映画やキャストが好きな人におすすめの作品

      瀬戸康史がよい
      有村架純さんと松本潤さんに期待して観始めましたが、全編鑑賞し終わったあといちばん演技が印象に残っていたのは瀬戸康史さんでした。一歩離れたところから主人公に優しいまなざしを向け、未来に踏み出させる重要な役割を、説明的でなく自然に一人の人間として見せていたのが素晴らしかったです。監督の好みの問題なのだろうとは思いますが、とにかくやたらと有村架純さんの脚が映ります。体を見せることが重要なシーンではなくてもひたすら映ります。有村架純さんが一人のタレントさんとして、モデルさんとして大好きな人にはたまらないはず。松本潤さんはよく引き受けたな?と思うような人間性がペラッペラの役どころですが、ファンの人にはそれも嬉しいポイントなのかも。
      らっこ(20代・女性)

      ドロドロ恋愛が好きな人にはたまらないラブストーリー

      モヤモヤじっとりと…。
      ロケ地である富山の風景もとても綺麗なうえに、何より主要な演者の見目麗しいこと。”純愛”と謳われていることもあって、きっと爽やかで美しい恋愛模様が描かれるのだろうと、原作を読んでいない私はそう思っていました。しかし見事に予想を覆されたのです。主人公の泉も彼女が慕ってやまない葉山も、心の中に大切な人がいながら、自分を想ってくれる人に縋っているではありませんか!竹を割ったような性格の自分には、とても続けられない人間関係なのですが、どうやらこのドロドロ加減が女性に人気らしいです。紗をかけたような映像と、それぞれの想いが共にモヤモヤしていて、じっとりとしたラブストーリーが好きな人にはたまらない作品ではないでしょうか。
      11(40代・女性)

      大人の恋愛

      悲しい
      とっても、独特な雰囲気の映画でした。ほっこりと言うよりは、ハラハラドキドキ。松本潤さんと有村架純さんの織りなす雰囲気と、演技力でとても作品に引き込まれる魅力がありました。大人になっても忘れられない恋ってすごいなと思いました。禁断だけど、お互いに惹かれあっていても結ばれない関係。切なくて苦しかったです。好きな人と一緒にいたいけど、その思いに封印をするのは簡単なことではないとおもいます。そんな恋愛したら、一生忘れられないものとなる。良くも悪くも思い出として終わってしまう、いいのか悪いのか。ほんとに切なくて涙が出てしまいました。恋愛をして、付き合って幸せになれるのは奇跡なんだなと感じました。その時間を大切にしなければいけないなと思いました。
      ぴょん(20代・女性)

      アブノーマルながら美しい世界観

      儚い純愛
      高校教師と生徒の恋愛という、ありがちだけどご法度なテーマで、一見するとドロドロした感じなのかなと思われがち(私も鑑賞前はそのように想像していました。)が、典型的なドロドロ感はそこまでなく、多少グレーではありつつも一途に先生を想い続ける真っ直ぐなヒロインの姿と、普通の少し冴えない高校教師の話で、感情移入して観られた気がします。時間軸としては、ヒロインの泉が大人になって就職した後、先生との思い出の懐中時計を見ながら先生との一夏を思い出すという回想シーンの中で物語が進んでいきます。主には、所属していた演劇部の人数合わせのために、大学生になった泉が後輩の卒業公演を手伝うためにまた先生と再会する中での出来事がメインなのですが、大学生とはいえ少し際どいシーンもあり、ドキドキしながら観てしまいました。
      紫華(20代・女性)

      最後まで見どころのあるラブストーリー映画

      恋の行方とラストが見どころ
      主人公の泉が昔好きだった葉山先生との再会をきっかけに再び恋が動き出す話ですが、恋の行方が気になってストーリーから目が離せませんでした。うまく行くのかなと思えるシーンもあればそうではないシーンもあり最後まで恋の結末がなかなか見えてこないため、途中観ていてちょっともやもやしました。恋の行方を見守ってきて泉と葉山先生の二人が結ばれなかったのは残念でしたが、まだストーリーは続いておりラストを迎えたのが印象的です。ラストは明るく締めくくられており、観終えた後ホッとする感じがしました。失恋して終わりではなく、ラストに明るさを残していることで作品が重い感じになるのを回避していたと思います。最後の最後まで見どころのある作品でした。
      E.I.(30代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      映画『ナラタージュ』のまとめ

      「ナラタージュ」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

      超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \31日間無料トライアルキャンペーン中/

      ※無料期間中の解約で→0円。

      ※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。