\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「坂道のアポロン」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「坂道のアポロン」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「坂道のアポロン」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『坂道のアポロン』ってどんな作品?

2012年にテレビアニメ化もされた、小玉ユキさんのコミックを原作にした青春音楽ラブストーリー『坂道のアポロン』。

海辺の街、長崎県佐世保市へと引っ越してきた高校生・西見薫の友情、もどかしくも爽やかな恋、そしてジャズに魅了された青春のほろ苦さを描きます。

主演の西見薫役は映画「超高速!参勤交代」で第57回ブルーリボン賞作品賞を受賞のHey! Say! JUMP知念侑李さん、川渕千太郎役は本作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞中川大志さん、迎律子役は「渇き。」で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞小松菜奈さん。

監督は「ソラニン」、「青空エール」の三木孝浩さんが務めます。

ジャズという音楽の力強さ、そして音楽をとおして築かれる友情に思わず胸が熱くなる作品に仕上がっています。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「坂道のアポロン」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「坂道のアポロン」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月28日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「坂道のアポロン」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

\本日から【10月28日】まで無料!/

 

\本日から【11月27日】まで無料!/

 

『坂道のアポロン』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

坂道のアポロンの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「坂道のアポロン」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年10月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpTELASAの4つのサービスで「坂道のアポロン」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「坂道のアポロン」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「坂道のアポロン」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『坂道のアポロン』の作品情報

      基本情報

      作品名坂道のアポロン
      原題
      原作小玉ユキ
      制作年2018年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)東宝、アスミック・エース
      公開年(公開日)2018年
      上映時間(話数)120分
      公式サイトhttps://www.noitamina-apollon.com/
      公式Twitterhttps://twitter.com/apollon_anime
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      2012年にテレビアニメ化もされた、小玉ユキさんのコミックを原作にした青春音楽ラブストーリー坂道のアポロン』が今作品です。

      海辺の街、長崎県佐世保市へと引っ越してきた高校生・西見薫の友情、もどかしくも爽やかな恋、そしてジャズに魅了された青春を描きます

       

      医師として忙しい毎日を送る西見薫のデスクに飾られた1枚の写真。

      そこには笑顔の3人の高校生が写っていました。

      10年前の夏、父を亡くし、親戚の住む長崎県佐世保に引っ越してきた薫は転校先の高校で誰もが恐れる不良の川渕千太郎と運命的な出会いをします。

      ドラムを叩く千太郎と、幼いころからピアノを弾いていた薫は音楽でつながり、ジャズの魅力にはまり彼の高校生活は思わぬ方向へ変化していきます。

      千太郎の幼なじみのレコード店の迎律子を交えた3人で過ごす日々の中、薫は律子に恋心を抱くようになっていなした。

      しかし、律子が恋焦がれるのは千太郎であり、千太郎は上級生の深堀百合香に、百合香は桂木淳一に思いを寄せていて、それぞれの恋の行方が複雑になっていきます。

      ある日、薫は律子の気持ちを承知の上で、彼女に自分の思いを告白するのでした。

      三角関係に思い悩みながらも、千太郎とのセッションを楽しむ薫でしたが、そんなある日、千太郎が薫と律子の前から自分のロザリオを置いて、突然姿を消してしまいます。

       

      主演の西見薫役は映画「超高速!参勤交代」で第57回ブルーリボン賞作品賞を受賞のHey! Say! JUMP知念侑李さん、川渕千太郎役は本作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞の中川大志さん、町のレコード屋の娘・迎律子役は「渇き。」で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞の小松菜奈さん。

      トランペット奏者の桂木淳一役は「結婚」のディーン・フジオカさん、百合香役は「リアル鬼ごっこ」の真野恵里菜さん、律子の父親役は歌舞伎役者の中村梅雀さん、ロックバンドのボーカル役でSixTONESの松村北斗さんらが脇を固めます。

      監督は「ソラニン」、「青空エール」の三木孝浩さんが務めます。

      演奏シーンの撮影のため、知念侑李さん、中川大志さんともに約10か月に及ぶ猛特訓を重ねています。

      知念侑李さんはピアノが初挑戦だったので、楽譜が読めないかわりに耳でメロディーを、目で演奏指導の先生の指の動きをコピーし、反復練習することで習得したそうです。

      三木孝浩監督は、「あんなに難しい演奏を、手元も含めて一切吹き替えナシで演奏シーンを撮っているんです。そんな映画今まで観たことないっていうくらい、難しいことにチャレンジしているんですけど、それをふたりが本当に軽々とこなしている」と猛特訓の成果を絶賛しています。

      人が疎遠になっても、また繋がれる楽器の素晴らしさが感じられ、楽器にはあまり興味がなかった人もこの作品をきっかけに、楽器演奏やジャズに興味が沸くに違いありません

      キャストとスタッフ

      坂道のアポロンのキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 西見薫:知念侑李
      • 川渕千太郎:中川大志
      • 迎律子:小松菜奈
      • 深堀百合香:真野恵里菜
      • 伯母:山下容莉枝
      • 松岡星児:松村北斗
      • 千太郎の父:野間口徹
      • 迎勉:中村梅雀
      • 桂木淳一:ディーン・フジオカ
      詳細を見てみる

      主演の西見薫役は映画「超高速!参勤交代」で第57回ブルーリボン賞作品賞を受賞のHey! Say! JUMPの知念侑李さん。

      2003年、9歳の時にジャニーズ事務所のオーディションを受け、「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」のメインキャラクターと同時に合格します。

      2004年、同作で映画デビューし、TVドラマ「七子と七生 姉と弟になれる日」にも出演、平成16年度文化庁芸術祭優秀賞受賞を受賞

      2007年、期間限定ユニット「Hey! ! Say! !7」としてのデビューを経て、Hey! Say! JUMPを結成、活動を開始し「Ultra Music Power」でCDデビューします。

      翌年のTVドラマ「スクラップ・ティーチャー 教師再生」ではメンバーとともに主演を務めました。

      2009年、山田涼介さんや中山優馬さんら7人で結成された「NYC boys」としてNHK紅白歌合戦に出場し、翌年からは山田さんと中山さんとの3人組ユニット「NYC」としてCDデビューして活動します。

      俳優としては、2012年にTVドラマ「最高の人生の終り方 エンディングプランナー」に出演後、「スプラウト」でTVドラマ単独初主演を果たし、「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」と共に読者が選ぶ「ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012」の最優秀新人賞[男優]を受賞。

      その後の出演作に、TVドラマ「よろず占い処 陰陽屋へようこそ」、映画「超高速!参勤交代」では第57回ブルーリボン賞作品賞を受賞、「金メダル男」で内村光良とダブル主演を果たします。

      2017年公開の映画「忍びの国」で憧れの先輩である大野智と初共演。

      アニメ映画「ストレンヂア 無皇刃譚」では声優を務めたほか、「スマーフ」には日本語吹き替え版のキャストとして参加しました。

      川渕千太郎役は本作で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞の中川大志さん。

      2009年にNHK「わたしが子どもだったころ」の再現VTRで子役として俳優デビューし、翌年、伝記映画「半次郎」で映画初出演。

      2011年、TVドラマ「家政婦のミタ」で阿須田家の長男を演じ注目を浴び、「南くんの恋人 my little lover」で主演を務めました。

      2015年、ホラーゲームを実写化した「青鬼 ver.2.0」で映画初主演を飾り、WEB小説「通学シリーズ」を映画化した「通学電車」「通学途中」にも主演します。

      その後、「坂道のアポロン」、「覚悟はいいかそこの女子。」で第42回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞

      「虹色デイズ」、「サムライマラソン」、「砕け散るところを見せてあげる」、「犬部!」など話題作への出演が続いています。

      迎律子役は「渇き。」で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞の小松菜奈さん。

      2008年、ファッションモデルとしてキャリアをスタートさせ、小学生向けファッション誌「ニコ☆プチ」でデビュー、CMやPVにも多数出演します。

      2013年には短編映画「ただいま。」に主演し、翌年、中島監督作「渇き。」で主演役所広司の娘役に抜てきされ、長編映画デビューを飾り、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受賞

      以降、「近キョリ恋愛」、「バクマン。」などでヒロイン役に起用され、マーティン・スコセッシ監督「沈黙 サイレンス」では厳しい弾圧に耐えるキリシタンのモニカ役に大抜てきされハリウッド・デビューしました。

      2016年、「黒崎くんの言いなりになんてならない」、「溺れるナイフ」、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」など5作品が公開。

      映画「さよならくちびる」で第41回ヨコハマ映画祭主演女優賞を門脇麦さんと共に受賞、「来る」と「閉鎖病棟 -それぞれの朝-」でも、第44回報知映画賞助演女優賞も受賞しました。

      その他の代表作は「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」、『坂道のアポロン』、「恋は雨上がりのように」、「糸」、「さくら」、「恋する寄生虫」など多数あります。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:三木孝浩
      • 原作:小玉ユキ
      • 脚本:高橋泉
      • エグゼクティブプロデューサー:豊島雅郎、上田太地
      • プロデューサー:八尾香澄、田辺圭吾、岡本順哉
      • ラインプロデューサー:森徹
      • 撮影:小宮山充
      • 照明:保坂温
      • 録音:矢野正人
      • 美術:花谷秀文
      • 装飾:鈴木仁
      • スタイリスト:望月恵
      • ヘアメイクプランニング:池田真希
      • VFX:菅原悦史
      • 音響効果:伊藤瑞樹
      • スクリプター:古保美友紀
      • 編集:穗垣順之助
      • 音楽:鈴木正人
      • 音楽プロデューサー:安井輝
      • 主題歌:小田和正
      • 助監督:成瀬朋一
      • 制作担当:藤野尚美
      詳細を見てみる

      監督は「ソラニン」の三木孝浩さん。

      (真ん中が監督)

      早稲田大学在学中に、自主映画「青空」で早稲田インディーズフィルムフェスティバルのグランプリを受賞

      1998年、ソニー・ミュージックエンタテインメントに入社し、ZONEやORANGE RANGE、YUIといったアーティストのPVを手掛けます。

      2005年には、MTV VIDEO MUSIC AWARDS JAPANの最優秀ビデオ賞を受賞し、翌年、フリーランスに転向、PVのほか、映画のメイキングやショートフィルム、ライブDVDの監修など活動の幅を広げます。

      2010年、「ソラニン」で長編映画監督デビューが大ヒット、以降、「僕等がいた」2部作、「陽だまりの彼女」といったラブストーリーで手腕を発揮。

      2014年、紡木たくの人気少女マンガを映画化する「ホットロード」など、少女漫画原作の恋愛映画を次々と手がけます。

      2015年、映画監督デビュー5周年を記念、音楽をモチーフにした作品「ソラニン」、「管制塔」、「くちびるに歌を」の3作を上映するイベント「三木孝浩filmo day 〜音楽と映画〜」がユーロライブで開催されました。

      代表作は「アオハライド」、「青空エール」、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」、『坂道のアポロン』、「フォルトゥナの瞳」、「思い、思われ、ふり、ふられ」、「きみの瞳が問いかけている」、「夏への扉」など多数あります。

      原作は漫画家の小玉ユキさん。

      デビュー作は、月刊漫画雑誌「CUTiE Comic」(宝島社)で2000年10月号に掲載された「柘榴」です。

      当時のペンネームはコダマユキでしたが、2005年現在の小玉ユキに改名します。

      2002年、月刊漫画雑誌「Vanilla」(講談社)に発表した「Beautiful Sunset」で金の獅子賞(新人の登竜門)を受賞しました。

      「CUTiE comic」、「Vanilla」が相次いで休刊、アルバイト生活を送っていた時期があり、その時にある出版社に積まれていた雑誌に掲載されていた彼女の作品が偶然編集者の目に留まり、「月刊flowers」(小学館)での再デビューになりました。

      2007年から2012年まで、同誌に「坂道のアポロン」を連載。

      2009年、同作は「このマンガがすごい!」のオンナ編で1位を獲得、2012年、同作は第57回小学館漫画賞一般向け部門を受賞

      2012年4月よりテレビアニメが放送され、三木孝浩監督の実写映画としても公開されました。

      代表作は「柘榴」、「満員電車のススメ」、「ムーンライト・セレナーデ」、「泣かない女はいない」、「キテレツな彼のこと」、「熱射病」、「ちいさこの庭」、「青の花 器の森」など多数あります。

      口コミ・感想・評価

      「坂道のアポロン」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも坂道のアポロンを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      音楽の力を実感する作品

      音楽を通して得られた友情に胸を打たれる
      優等生と不良という接点のない二人が音楽を通して友情を深めていくストーリーであり、音楽セッションを楽しむ姿に見ていてワクワクしたのを覚えています。知念侑李さん演じる主人公・薫が中川大志さん演じる千太郎のドラムの腕前を知り、触発されたようにジャズピアノにのめり込んでいく姿は、それまで転校ばかりで自分の居場所を見いだせずにいた薫が変わっていく瞬間にも感じられます。途中、将来への道筋を見失い絆が壊れかける展開が訪れますが、それを繋ぎ止めたのも音楽の力であり、文化祭での二人のセッションは鳥肌ものでした。再び絆を取り戻した二人ですが、千太郎が小松菜奈さん演じる幼馴染の律子をバイクに乗せ事故を起こし、その罪悪感から姿を消してしまいます。時が流れ、千太郎の居場所の手がかりを掴み、会いに行った際に音楽を続けていたと分かる千太郎に感動を覚えます。音楽の力の強さ、そしてそこから得られた友情に胸が熱くなる作品でした。
      parapi(30代・女性)
      詳細を見てみる

      THE!青春!懐かしい青春が思い出せる

      THE!青春
      どこにでもいる高校生の、ありきたりな一夏の青春の1コマを切り取ったような映画です。でも、ありきたりなんだけどそれがなかなか出来ないんですよね。現役学生世代にも、かつて学生として過ごした大人世代にも、全ての世代にトキメキを与えてくれるような、そんな映画だと思います。また、舞台は60年代なので、今では見かけることすら少なくなった公衆電話の前で、10円を沢山入れながら、親御さんが出てきたらどうしよう!と緊張して彼女の実家に電話をかけるシーンがあったり、彼女の実家がレコード屋だったり…一昔前ならではの描写も随所にあり、その古さが逆に私たち平成生まれの若者世代にはとても新鮮に映りました。普通、でも懸命に生きた高校生のお話です。
      紫華(20代・女性)

      ちょっと惜しい作品

      何かが少し足りない
      前半の出会いから3人の仲が深まっていく過程はとても面白く、大人が見てもなんだか懐かしさを感じたり爽やかな青春を思い出してワクワクできるような感覚になり良かったのですが、残念ながら後半にかけてどんどん失速していってしまった印象でした。恋愛的な要素もありましたし一体何が足りないのかよく分かりませんが、ストーリー展開に何かが足りないと感じてしまいました。知念侑李さんと中川大志さんのピアノとドラムでのセッションはとても格好よくて良いシーンだなと思いましたし、特に文化祭でのセッションのシーンは素敵で心を動かされるものがありました。何かに夢中になれる青春時代というのは見ていて羨ましくも感じましたが、後半の失速の印象が残ってしまうため全体的に惜しい感じになってしまいました。
      ありー(30代・女性)

      スッキリする映画

      感動します
      知り合いと観に行ったのですが、一緒に観に行った人は、「そんなに期待してなかったけど、良かったー!」と、映画が終わったあとに満足した雰囲気でした。普段は、洋画ばかりで萌芽を観ない人で、日本の俳優や女優にも詳しくないため、とても新鮮な気持ちで観て、観たあとにも映画についての感想をしばらく話せるくらいに楽しかったです。俳優や女優は、今人気の方が出ていますし、演技もうまく、さらには楽器をしっかりと練習したんだろうなと思えるような演奏の上手さでした。ストーリーも始めから最後まで上手にまとまっていたと思います。全てが観ていてシックリと来るために、違和感なく最後まで映画を観れて、最後も気持ち良く終わってくれたため、久しぶりに見ごたえのある映画でした。
      ようこ(30代・女性)

      人付き合いが苦手、何となく孤独、昔部活をやっていた。こういうことに心当たりのある方はぜひ見てほしい映画だと思います。

      ほっとする結末、素晴らしい演技
      家庭の事情から親せき宅へ預けられた優等生の主人公と、自身の境遇により家庭内で居場所のない不良の友達。この二人がジャズという音楽を通して心を通わせていく姿は、自分の学生時代を思い出させてもくれます。不良の友達は実は養子であるが、とても優しく家族思いであるが、その愛情が強すぎるが故、家庭内での孤立感にさいなまれているのだと思う。そして決定的な交通事故。これにより居場所が完全になくなってしまったのだが、主人公は友情を決して忘れず、最後に再会・演奏とう結末はほっとさせられました。狩猟の友達である川渕千太郎を演じた中川大志君の演技が素晴らしかった。原作イメージにぴったりで、彼あってこその素晴らしい映画だったと思います。
      げんたまる(40代・女性)

      大人になるとうらやましくなる青春、という感じのさわやかな映画

      あと味はさわやか
      原作、話題になっていたノイタミナは拝見しておらず、直接映画を拝見しました。ジャズという音楽を通じて、交わることのないような3人が仲良くなり恋をする青春映画という感想でした。元から交わりそうにない生い立ちの3人が仲良くなった後すれ違い切ないシーンもありますが、それぞれが大人になり、葛藤を抱えていた思春期の思い出として振り返ったあとに、結末はさわやかですっきり晴れやかな気持ちになりました。友人関係にこんなトラブルや変化がなかった自分にとってはやはりどこかマンガの世界、アニメの世界、という感覚が否めませんでしたが、あったらいいなーこんな青春。こんな甘酸っぱい思い出があったらよかったな、と思える作品でした。
      よっしー(30代・女性)

      涙あり、感動ありで誰でも親しみやすい作品

      楽器を奏でるシーンが見どころ
      作品では登場人物が楽器を奏でるシーンが見どころでした。主人公の薫が子どもたちにピアノを弾いてとせがまれるシーンではジャズの名曲を奏でる音色がとても美しく、思わず魅入ってしまいました。薫と子どもなど、人と人とを繋いでいるのが楽器という設定が素敵だなと思います。ストーリー展開は薫が友人と疎遠になってしまったり、事故に遭ったりと明るくはないのですが、楽器のおかげで救われています。特にラストシーンは感動的なものになっていました。人が疎遠になっても楽器によってまた繋がるという描写に、楽器の素晴らしさを感じられました。楽器にはあまり興味がなくても、この作品を観る前と後では楽器に対する価値観が変わるはずです。
      E.I.(30代・女性)

      方言が可愛かったです。

      この作品をきっかけに、ジャズに興味を持ちました。
      友情と恋愛と音楽のバランスが心地よくて、いつまでも見ていたくなるような映画でした。話は王道ですが、映像の美しさだったり演奏シーンのライブ感が素敵で、その世界観に一気に引き込まれました。長崎県の雰囲気がとても良くて、行ってみたくなりました。決してテンポが良かったり意外な展開が多いわけではありませんが、ただただ心が洗われる映画です。中川大志さんの、不良なのにジャズが好きという役がピッタリでしたね。爽やかさもありつつ、表情や動きで悪いキャラクターをしっかり演じていました。登場人物の性格もハッキリ丁寧に描かれていたので分かりやすかったです。三角関係が動いていく様子は、見ていてハラハラしました。キラキラした青春劇です。
      ななほ(20代・女性)

      音楽好きにオススメな映画

      最初思っていたラストとはちょっと違います
      薫(知念侑李)が繊細すぎて、特に恋のアンテナが張りっぱなしで全部気付いてしまう所が興味深かったです。律子(小松菜奈)、千太郎(中川大志)、淳兄(ディーンフジオカ)の恋模様を一瞬で見抜いていました。薫自身も言ってましたが、家庭環境も悪いためピアノで発散できて良かったです。知念くん、中川くんともにピアノとドラムは吹き替え無しと知り天才だと思いました。そのおかげで、文化祭のシーンはリアルな感動と緊迫感を感じられましたラストは、千太郎は亡くなったと思ってました。そしてそうじゃないとわかった後、千太郎と律子が結婚したと思いましたがことごとくはずれて楽しめました。律子が千太郎にきちんと告白しなかったのがもどかしいですが、今告白すると医者になったからかと誤解されそうなので、あの青春時代に告白して欲しかったです。そして、もう少し1960年代っぽさがあったらもっと良かったのにと思いました。
      はるる(40代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『坂道のアポロン』とあわせて、『坂道のアポロン』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      知念侑李のおススメ関連作品
      中川大志のおススメ関連作品
      三木孝浩のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『坂道のアポロン』のまとめ

      「坂道のアポロン」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「坂道のアポロン」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【11月28日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。