\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円

>>無料で今すぐ「真田丸」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「真田丸」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「真田丸」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『真田丸』ってどんな作品?

大河ドラマ「真田丸」は、人気脚本家・三谷幸喜さんが「新撰組!」以来2度目の大河ドラマに挑んだ、戦国最後の名将・真田幸村の波乱に満ちた生涯を、真っ直ぐな忠誠心乱世の悲哀、そして深い家族愛と共に描いた壮大なヒューマンヒストリーです。

ちなみに、「真田丸」とは、幸村が大坂の陣で築いた出城のことであり、それは真田家を“激動の荒波へ漕ぎ出す一艘の船”に例えた掛詞。

宿敵・徳川家康をして日ノ本一の武士と評された最強の武将・真田幸村はいかにして誕生したのか・・・大坂の陣で築いた最強の砦「真田丸」にて武士の本懐を遂げるまで、彼は家族や仲間たちと共に、激動の乱世を生き抜くために奮闘します。

猛将と謳われた真田幸村の生涯に通ずる理念は、“真田丸の戦略=弱者の戦略”であり、それは私たちの仕事や人生の局面においても、思考と行動の指針になるはずです。

そして、己の忠義を貫き通す姿に、「散り際こそ、美しくあれ」という人間の尊厳と悲哀を痛感し、激しく心揺さぶられること間違いなしです。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「真田丸」のフル動画を見るならTSUTAYAディスカス/TVがおススメ!

TSUTAYAディスカス/TVでは30日間無料トライアル1100ポイントプレゼント実施中!

本来月額2417円の有料サービスですが、上記キャンペーンを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月29日】まで無料!/

『真田丸』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

真田丸の動画配信状況

TSUTAYAディスカス/TVを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「真田丸」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
×
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
×
30日間無料
月額1780円
×
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年10月時点で、「真田丸」の無料視聴が可能となっているのはTSUTAYAディスカス/TVのみです。

よって、無料で「真田丸」を楽しみたい方は、TSUTAYAディスカス/TVを利用しましょう!

「TSUTAYAディスカス/TVって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

『TSUTAYAディスカス/TV』のサービス概要や特徴

TSUTAYAディスカスTV公式サイト

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップクラスの30日間無料でお試しできます。

旧作DVDなら制限なしで借り放題、しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付きなので、本来課金が必要な新作も実質0円で見れちゃいます。

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な見放題作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    デメリットとしては、DVDレンタルの場合は配送時間がかかってしまいますが、北海道・九州を除き翌日の配達率が98%以上なので、「今すぐに見たい!」という方以外は問題なさそうです。

    また、30日間の無料期間中は「TSUTAYAディスカス」では新作DVDのレンタルができませんが、「TSUTAYA TV」で配信されていればタダでもらえる1100ポイントを利用して実質0円で見れるので、上手くデメリットが補われている印象ですね。

    いずれにしても、業界トップクラスの30日間の無料期間があり、好きな時に解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

     

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    『TSUTAYAディスカス/TV』で見れる動画コンテンツ

    「真田丸」以外に、TSUTAYAディスカス/TVで見れる人気の動画コンテンツをご紹介します。

    TSUTAYA人気邦画・ドラマ作品
    • SPEC
    • イタズラなKiss
    • アンナチュラル
    • きみはペット
    • JIN-仁-
    TSUTAYA人気洋画作品
    • ラ・ラ・ランド
    • キングスマン
    • バイオハザード
    • メイズ・ランナー
    • マトリックス
    TSUTAYA人気アニメ作品
    • 鬼滅の刃
    • スラムダンク
    • ドラゴンボール
    • 今日から俺は!!
    • 怪盗グルーのミニオン危機一発

    特に、大人気のジブリ作品は他の動画配信サービスでは配信しておらず、TSUTAYAディスカス/TVでしか見れないのも特徴のひとつ。

    これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、最新の情報はTSUTAYAディスカス/TVで確認してみてください♪

    \人気作品も豊富/

     

    『TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV』の口コミ

    「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    そんな方のために、実際に「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

    豊富な作品が見放題!

    他の動画配信サービスでは新作や話題作しか配信されていなくて、見たい作品や懐かしいアニメが無い…という事がありますが、TSUTAYA TVは旧作が豊富に揃っています。どの年代でも楽しめるので、家族の仲も深まるでしょう。無料お試し期間が30日もあるので、どれほどの魅力が詰まっているのか存分にたしかめる事が出来るのも嬉しいですね。ただ他のVODに比べるとオリジナル作品が無いのでコンテンツとしては物足りなく感じる事もあるかもしれません。
    ゆいぴぴ(20代・女性)
    詳細を見てみる

    動画時代にディスクの良さを

    最近は動画配信されている作品が多く、気軽に映画やドラマを楽しめる様になりました。
    わざわざディスクを借りて見るなんて面倒くさいと考える方もいるかもしれませんが、TSUTAYAディスカスだとかなりお得に新作、準新作を毎月最大8枚、旧作に関しては借り放題と映画好きには堪らない仕様になっている事をご存知ですか?
    流石TSUTAYAというだけあって、ラインナップも豊富。
    動画では味わえない映像特典や趣向が凝らされたメニュー画面も楽めます。
    郵便での配達となるので、その間待ちきれないという方はTSUTAYATVに合わせて加入するのがオススメ。
    毎月、TSUTAYATVとディスカス分のポイントが2000ポイント以上入るので、新作を実質無料で楽しめる他、ドラマのまとめ買いにも使用可能ですので、他のサイトでは有料のドラマも手軽に楽しめます。
    勿論、見放題作品も豊富で、新しめの作品や人気作品多数。
    映画、ドラマ好きな方にはかなりオススメのシステムだと思います。
    月に30本映画を見る私にとっては欠かせない日々の活力となっている事は間違いありません。
    無料お試しもあるので、迷っている方は是非。
    白鷺千聖(40代・女性)

    田舎暮らしの人には便利

    私は田舎暮らしをしていて、近くにCDショップやDVDを販売している店もなく車で時間をかけてお店に行かなくては行けません。またそこも商品が少ないため取り寄せ…。それからレンタルに頼るようになりました。近くにレンタルショップはあるのですが新作を沢山集めてるだけだったり、韓流ドラマのDVDばかりで見たいものも見れず。CDもほとんど取り扱っていなかったので何かいいものはないかとTSUTAYA DISCASを見つけて利用するようになりました。料金は直接借りるより高めですが、商品数も多いですし店に出向かなくていいので田舎暮らしで近くにお店が無いという人には本当にオススメです。
    ひなた(40代・女性)

    見たいものが必ずみつかる!

    韓国ドラマが好きでよく見ています。動画サービスは他にもたくさんありますが、比較的新しいものやヒットしたものはどこにでもあるものの、古いものやマニアックなものがなかなか無いんです。ある俳優さんの初期の作品が見たくて探しまわり、ツタヤディスカスでやっと見つけて見ることが出来ました。ドラマは全部見放題で見れたし、古い映画はレンタルで借りることが出来ました。レンタルもネットで申し込むとすぐに発送され、返却もポストに投函するだけなのでとっても便利でした。今まで見れなかった作品を見ることが出来て、とっても感謝しています。プランも色々あるので選べますし、ポイントもつくので見放題以外の話題の映画もついでに見ちゃいました。30日間無料お試しで、まずは試してみてることをお勧めします。
    ruchia(50代・女性)

    無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    『真田丸』の作品情報

    基本情報

    作品名真田丸
    原題
    原作
    制作年2016年
    製作国日本
    制作会社(配給会社)日本放送協会
    公開年(公開日)2016年1月10日
    上映時間(話数)45分、50話
    公式サイトhttps://www2.nhk.or.jp/archives/tv60bin/detail/index.cgi?das_id=D0009050427_00000
    公式Twitter
    公式Facebook
    公式Instagram
    主題歌

    あらすじ

    人気脚本家・三谷幸喜さんが「新撰組!」以来2度目の大河ドラマに挑んだ、信繁青春編大坂編三成・九度山編大坂の陣編4部構成となっている戦国物語。

    タイトル「真田丸」は、幸村が大坂の陣で築いた出城「真田丸」のことであり、それはつまり、真田家を“激動の荒波へ漕ぎ出す一艘の船”に例えた掛詞です。

    戦国時代最後の名将・真田幸村の波乱に満ちた生涯を、忠義に生きる真っ直ぐなと乱世を生き抜く苦悩、そして惜しみ無い家族愛と共に描いた壮大なヒューマンヒストリーです。

    宿敵・徳川家康をして日ノ本一の武士と評された最強の武将・真田幸村はいかにして誕生したのか・・・大坂の陣で築いた最強の砦「真田丸」にて武士の本懐を遂げるまで、彼は家族や仲間たちと共に、激動の乱世を生き抜くために奮闘します。

    「真田丸」の戦略は、弱点をいかに補うかを判断し、それを強みに変えていくというもの。

    猛将と謳われた真田幸村の生涯に通ずる理念で、私たちの仕事や人生の局面においても、思考と行動の指針になるはずです。

    そして、家族愛にその軸を置いていた幸村に、思わず敬慕の念が沸き上がってくるのです。

     

    武田家の滅亡後、溢れる好奇心と冒険心によって、戦国乱世に踏み出した真田信繁。

    智将の父親、秀才の兄弟の背を追いかけながら、故郷に住む家族と共に乱世を生き延びていくための闘いが、今、幕を開けます。

    信濃・上田の領地を守るため人質として向かった越後で、その領主・上杉景勝と親交を深めると、物語の舞台は大阪へと移ります。

    信繁は、人間・羽柴秀吉を間近で精察し、天下人の治世を目撃することになるのです。

    徳川家康や北条氏政すら平伏す圧倒的な権力で、我が世の春を謳歌する秀吉でしたが・・・天下統一を成し遂げた、その矢先、愛児・鶴松を病で亡くすなど、数々の不幸に見舞われます。

    政権に陰りを見せ始めた豊臣家を憂慮する信繁と、虎視眈々と天下の座を狙う家康・・・。

    それぞれの思惑が交錯し、そのフラストレーションが太閤・秀吉の逝去によって弾けたとき、関ヶ原の戦場にて両雄相見えます。

    運命の大戦は西軍の敗北に終わり、九度山に幽閉された信繁と昌幸。

    上田に戻る願いも叶わぬまま、歳月は流れて行きます。

    その頃、大阪城では豊臣秀頼と茶々が家康の策略によって苦境に立たされていました。

    豊臣家存亡の危機を知らされた信繁は、大坂城に向かうことを決意します。

    宿敵・徳川家康との最終決戦「大坂の陣」は、目前に迫っていました・・・。

     

    主演は、戦国最後の武将と謳われた真田幸村(信繁)を演じた堺雅人さんです。

    また、智略によって故郷を守り抜いた幸村の父・昌幸を草刈正雄さん、幸村の兄・信幸を大泉洋さんが演じます。

    その他、幸村の宿敵・徳川家康役の内野聖陽さんをはじめ、長澤まさみさん遠藤憲一さん山本耕史さんら、実力派俳優たちが数々の武将を演じ織り成す戦国絵巻は必見です。

    脚本は、もちろん三谷幸喜さん。抜群のストーリーテラーとして絶賛される稀代の演劇作家が、史実に沿いながらも新しい歴史解釈を交えた傑作ヒューマンドラマを紡ぎ出しました。

    少しの判断ミスが一族の破滅を招くこともある戦国の混乱期にあって、調整役として活躍した幸村が、最後は己の忠義を貫き通す姿に、「散り際こそ、美しくあれ」という人間の尊厳と悲哀を痛感し、涙を禁じ得ません

    いわゆる滅びの美学が、この時代が人を虜にする所以ではないでしょうか。

    キャストとスタッフ

    真田丸のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • 真田信繁(さなだ のぶしげ)
      (真田信繁 → 真田信繁〈幸村〉):堺雅人
    • 真田信之(さなだ のぶゆき)
      (真田信幸 → 真田信之):大泉洋
    • 真田昌幸(さなだ まさゆき):草刈正雄
    • 薫(かおる):高畑淳子
    • とり:草笛光子
    • 松(まつ)(松 → 藤 → 松):木村佳乃
    • 矢沢三十郎頼幸(やざわ さんじゅうろう よりゆき):迫田孝也
    • きり:長澤まさみ
    • 佐助(さすけ):藤井隆
    • 徳川家康(とくがわ いえやす):内野聖陽
    • 徳川秀忠(とくがわ ひでただ):星野源
    • 豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)(羽柴秀吉 → 豊臣秀吉):小日向文世
    • 寧(ねい):鈴木京香
    • 茶々(ちゃちゃ):竹内結子
    • 石田三成(いしだ みつなり):山本耕史
    詳細を見てみる

    主演は、迫真の演技が魅力の堺雅人さんが、忠義に生きた日の本一の兵・真田幸村役を演じます。

    2004年のNHK大河ドラマ「新撰組!」の山南敬助役で脚光を浴びた堺さん。

    特徴的な笑顔を見せる柔らかな演技で高い好感度を獲得すると、以降は信念を持った正義の人といった役柄を多く演じます。

    07年に「壁男」で映画初主演を飾ると、映画「クライマーズ・ハイ」、「アフタースクール」などの演技が高く評価され、日本アカデミー賞助演男優賞を受賞します。

    また、テレビドラマ「半沢直樹」は、まさに堺雅人さんの代名詞となりました。

    本作「真田丸」も、堺さんが国民的俳優としての存在感を高めるきっかけとなった作品

    大河ドラマ初主演とあって、堺さんはさぞプレッシャーを感じているかと思いきや、「気は楽でした。(脚本家の)三谷さんについていくだけ。出会う人が一流の俳優さんですし、素晴らしい旅でした。無理をせず自分のペースでできました」と爽快感いっぱいに、スタッフ・キャストの魅力を語っていました。

     

    真田家存続のために苦渋の決断をする真田信幸役は、大泉洋さんです。

    近年、北海道が生んだ稀代の大スターとして、目覚ましい活躍を見せる大泉洋さん。

    バラエティー番組「水曜どうでしょう」で爆発的な人気となり、道内にとどまらず、全国にその名が知れ渡ります。

    そして、演劇ユニット「TEAM NACS」での舞台公演やテレビドラマ「救命病棟24時」の出演など、タレントから俳優業へと本格シフトをはかると、「ハケンの品格」、NHK大河ドラマ「龍馬伝」など話題作に続々出演し、表現力豊かな演技で高い評価を獲得します。

    映画では「アフタースクール」や、「探偵はBARにいる」シリーズ、「しあわせのパン」などで主演を務め、ジブリ作品「千と千尋の神隠し」、「ハウルの動く城」では声優を担当するなど、幅広い活躍で日本の演劇界に新風を巻き起こすトレンド俳優です。

    真田信幸役を演じた大泉洋が、印象に残ったシーンを訊ねられると、「犬伏の別れ(第35回)ですね。信繁役の堺雅人さん、昌幸役の草刈さんと3人で撮影する最後のシーン。3人で酒を酌み交わしながら和気あいあいと話すラストシーンは非常に良くて、演じていてとても楽しかったです」としみじみ振り返っていました。

     

    小国を智略によって守り抜いた幸村の父・真田昌幸役を演じるのは、草刈正雄さんです。

    資生堂の男性化粧品の広告モデルでデビューした、端正な顔立ちと高身長が目を引く草刈正雄さん。

    映画「卑弥呼」への出演で俳優生活をスタートさせると、映画「沖田総司」で製作者協会新人賞を受賞し、表現の才能に溢れていることを印象付けます。

    その後も、オリビア・ハッセーと共演した映画「復活の日」や「汚れた英雄」などで見せた演技から、ダンディな正統派二枚目俳優として絶大な人気を誇ります。

    また、大河ドラマの常連であり、「真田太平記」、「花の乱」、「義経」、「篤姫」など数々の名作に出演。16年には三谷幸喜さん脚本の本作「真田丸」で真田幸村の父・昌幸を演じ、幅広い層の新しいファンを獲得しました。

    19年にはNHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演し、その好演が大きな話題となった大人の魅力溢れるベテラン俳優です。

    真田昌幸役の草刈正雄さんは、「約40年の役者人生で1番と言っていい、すてきな役。物語全体で言えば脇役かも知れないが、三谷さんが愛を持ってキャラクターを作ってたから、演じていて本当にうれしかったよ」と語っています。

     

    幸村の宿敵・徳川家康役は、内野聖陽さんです。

    NHK連続テレビ小説「ふたりっ子」で世間から注目されるようになると、映画「(ハル)」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞します。

    その後も、演劇「エリザベート」で批評家たちを唸らせる演技を見せる一方、主演ドラマ「蝉しぐれ」ではモンテカルロ国際テレビ祭ゴールデンニンフ賞など国内外の演劇賞を多数受賞し、キャリアの全盛を迎えます。

    また、時代劇でも存在感を示し、NHK大河ドラマ「風林火山」では主人公・山本勘助役、「仁 JIN」シリーズでは坂本龍馬役を演じて高い評価を獲得。

    以降もドラマ「臨場」など話題作で主演を務める、エモーショナルな演技が光る技巧派俳優です。

    真田家最大のライバル・徳川家康を演じた内野聖陽さんは、幸村と家康の関係について「家康は幸村に恋していたんだと思う。幸村が一騎で突き進んできたとき、家康なりの愛情をもって彼と対峙できたんじゃないかな。慈しみの心を込めて演じることができました」と、独特な感性で演じたことを明かしています。

    スタッフ

    スタッフ
    • 作:三谷幸喜
    • 音楽:服部隆之
    • 制作統括:屋敷陽太郎 、 吉川邦夫
    • プロデューサー:清水拓哉 、 吉岡和彦 、 家冨未央
    • 演出:木村隆文 、 吉川邦夫 、 田中正 、 小林大児 、 土井祥平 、清水拓哉 、 渡辺哲也 、 保坂慶太
    詳細を見てみる

    脚本を手掛けるのは、三谷幸喜さんです。

    日大芸術学部演劇科在学中から才能を発揮していた三谷さんは、83年に旗揚げした劇団「東京サンシャインボーイズ」の劇作家・演出家として活躍します。

    その後、テレビドラマの脚本や番組の構成作家としても脚光を浴び、「振り返れば奴がいる」、「古畑任三郎」シリーズ、「王様のレストラン」、大河ドラマ「新撰組!」など大ヒットドラマを数々手掛けます。

    97年、自身の舞台作品を映画化した「ラヂオの時間」で映画監督デビュー。

    以降、「みんなのいえ」、「ザ・マジックアワー」、「ステキな金縛り」と意欲的に映画製作に携わり、日本映画の観客動員数を更新する大ヒットを記録します。

    そんな、映画・舞台・TVドラマの脚本から著書まで、幅広く支持を集める希代のコメディ作家です。

    本作「真田丸」が、今後の脚本家人生にどのように影響するのかと訊かれた際、三谷さんは「どのように視聴者の期待感を持続させていくかを、ずっと考え続けてきました。そのためにはどんなテクニックがあるのか、この『真田丸』で勉強させてもらった気がします。

    笑いのことだけではなく、“物語る”ということの面白さのようなものを突き詰めていく、一つのきっかけになった気がします。」と振り返っています。

    口コミ・感想・評価

    「真田丸」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそも真田丸を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    歴史嫌いでも楽しめる大河ドラマ。

    歴史ドラマなのに先行きが読めない!?男たちの頭脳戦に注目!
    NHK大河ドラマ第55作目にあたる『真田丸』は、三谷幸喜さんが脚本を手掛けた戦国武将・真田幸村の一生を描いた作品です。この作品の魅力は何と言っても三谷さんの紡ぐストーリーです。大河ドラマは歴史ドラマです。我々視聴者は結末を知っています。知らなくても調べればすぐにわかります。であるにも関わらず、幸村は、真田家は、この先どうなってしまうんだろう。そんなハラハラドキドキ感を臨場感たっぷりに描き出した作品です。真田家は、信濃国(現在の長野県)に領地を持つ小大名です。武田家の滅亡から始まり、織田家・徳川家・上杉家・豊臣家といった大大名たちに翻弄され続けます。力のある大名家に従わない限り生き残れない。そんな小大名の真田家ですが、幸村の父・昌幸が次々に機転をきかせて困難を乗り越えていきます。そして、幸村も父の背中を追うように知将として成長していきます。三谷さんらしいユーモアのあるギャグシーンを交えながら、様々な大名や武将たちの頭脳戦・知能戦が繰り広げられます。歴史ドラマという枠だけには収まらない、人間同士のぶつかり合いが克明に描き出されたヒューマンドラマです。ある意味では、大河ドラマの常識を打ち壊した作品とも呼べるでしょう。
    ツバサ(20代・男性)
    詳細を見てみる

    学校では習うことができない戦国時代の一人の武将のストーリー

    戦国時代の隠れたヒーローの生き様が描かれたストーリー
    歴史上の人物としてはさほど取り上げられてはいないですが、1部では熱狂的な人気の武将でもある真田幸村が主人公の大河ドラマは、関ヶ原の戦いや大阪の陣で徳川家康側を苦しめたのが描かれていて、学校の歴史上ではなかなか描かれない、徳川家康を苦しめ、戦国時代に活躍をした隠れたヒーローの様子が見られてとても見応えのあるドラマでした。主演の真田幸村を堺雅人さんが演じており、正義感の強い、芯のあるイメージが見事にハマっていてついつい応援をしたくなるような存在でした。そして、その主人公を演じた堺雅人さんとともに真田家を大泉洋さん、草刈正雄さんがそれぞれ兄・父親役を務めてその2人とのやりとりや2人のそれぞれの演技もすごく良かったです。
    ゆっけ(40代・男性)

    真田幸村の活躍が格好いい

    喜劇的な大河ドラマ
    戦国時代の武将の中で最も人気の高い真田幸村を主人公にした物語で放送前から期待の高かった大河ドラマだと思います。脚本は久しぶりの大河ドラマの担当する事になった三谷幸喜さんで、コメディー作品が得意な方だけあって、所々に喜劇的な演出を入れてきて、面白い内容となっていました。物語前半は幸村は主だった活躍をする前の時期だった為かどちらかと言うと父、真田昌幸が主人公のような感じの展開になっていて、幸村は目立った活躍はあまりありませんでしたが、物語後半となると活躍する場面が増えてきて、幸村らしいシーンが増えてきました。全体的にはとてもよく出来たドラマでしたが、若干、合戦のシーンあまり多く無くてが物足りない感じがしました。
    ブレンドン(40代・男性)

    弱い立場からの生き残りをかけた戦いの記録

    緊迫感がありすぎて目が離せない
    真田幸村のことは大阪の陣での活躍で名前は知っていましたが、それほど詳しいわけではありませんでした。きっと強い武将なのだとは思っていましたが、あれほどまでに紆余曲折のある人だとは知らず勉強になりました。言ってしまえば人生のほとんどを弱い立場で生きていていたので、どうしたら一族が生き残れるのかということに苦心して怖すぎる歴戦の大大名たちに振り回されていく姿が象徴的でした。歴史上の人物を描く大河ドラマはどんなにピンチになってもここは乗り切るということがわかっているのにも関わらず、どうなってしまうのかと胃をキリキリさせながら見ていたのでちょっと毎回疲れてしまうくらいの緊迫感です。見応えがありすぎて最終回のあとにはすっかりロス症状になってしまいました。
    aoi(30代・女性)

    シリアスとギャグのバランスがいい異色の大河ドラマ

    愛すべき真田一族の盛衰
    三谷幸喜さん脚本のNHK大河ドラマで、真田一族の盛衰を長篠の戦いあたりから大阪の陣あたりまで描いています。大河ドラマというと、歴史マニア向きの重厚なドラマというイメージがありますが、この作品は三谷さんらしい小ネタが多くて「笑える大河」に仕上がっています。楽しみ方もどちらかというとストーリー重視というよりキャラクター重視となっています。注目どころはやはり、メインの真田家の三人の当主でしょう。堺雅人さん、大泉洋さん、草刈正雄さんという個性的な役者さんのやり取りに引き込まれます。また、真田家の宿命のライバルである内野聖陽演じる徳川家康が従来の家康像とは違う愛すべきキャラクターになっていて徳川サイドでも楽しめます。特に家康の伊賀超えは必見です。気軽に笑いながら戦国を楽しみたい人にはうってつけな作品です。
    ほうじ茶(40代・男性)

    感動と涙と、歓声を送りたい作品

    大河史上、最高にアツい作品
    真田幸村といえば戦国時代の英雄ですが、織田信長や豊臣秀吉、徳川家康、武田信玄、上杉謙信などと比べると、どこか印象が少なく思っていました。真田丸を観て、その理由が分かりました。真田家は小国を治めているため大国の後ろ盾がなければ成り立たず、物語前半は父真田昌幸が主役かと思うほど、あっちに仕え、こっちに仕え、次はどうするかという展開で、真田幸村が世に登場するのは、幸村晩年になってからだったのだなと改めて思いました。幸村自身、上杉景勝、豊臣秀吉の人質として過ごし、傍からみれば不憫ですけど、やがて幸村が大きく花開くきっかけになっていたのだということが、このドラマではよく描かれています。武士としての誇りを最後まで持ち続けた幸村、徳川の大軍に、少ない軍勢であと一歩まで追いつめた幸村、時代の流れも頭のよい幸村はおそらく分かっていたでしょう。己のすべてをかけて戦い切った幸村は、文字通り日の本一の兵であったと観るものを熱くさせてくれる、そんな最高にアツい作品です。
    ミコ(30代・女性)

    戦国エンターテイメントの爆誕です。緻密な脚本、新しい歴史解釈、同時代人の目から見たら、きっとこんな感じだろうという説得力あるストーリー展開。それを支える超豪華キャスト。必見のドラマです。

    真田丸:意味:大坂夏の陣において真田信繁が築かせた城郭を指す/NHKが放送した傑作大河ドラマと言う名の超豪華客船。船長は堺雅人。
    歴史好きで知られる三谷幸喜の脚本で描かれた、この10年で間違いなく最高傑作の大河ドラマです。真田幸村、あるいは信繁。日の本一の兵(つわもの)と語り継がれた人物。青年期からその生涯を終えるまでを描きます。時は天下統一目前。しかし同時代を生きる人々にはリアルタイムで知るすべもない。懸命に生き残りをかけて奔走するのは未来の天下人たちも同じでした。ここ一番で瓦解した信玄亡き後の武田家、内情は景勝でも団結できない上杉家、難攻不落の小田原城の内側で朽ちていた北条家、天下取りなんて想像もしていない家康と天下を夢を描く三河武士たち、眩いオーラを最期には喪う秀吉の迷走、それに殉じた三成。意外に強い女たちも見事でした。ばば様、実は公家の出ではなかった母、信繁の娘を産んだ梅のしたたかさ、きりの意地、北政所の肝っ玉、挙げればきりがないほどです。前半の主役とも言える信繁の父に草刈正雄、兄信幸に大泉洋の名演が光ります。利休の最期や秀次の最期では最新の学説を採用し、斬新なストーリー展開もあり、また1幕の舞台のような劇中劇が仕込まれるなど遊びゴコロ満載です。
    薯蕷と織部(40代・女性)

    マニアックな歴史好きもコメディドラマ好きも納得する大河ドラマ

    歴史上は脇役だけど、、
    真田幸村と言えば歴史が好きな人はもちろん名前は知っている戦国武将ですが、歴史の教科書にでてくるとか、日本史を大きく動かしたという人物ではありません。実際にはなにやったんだろう?という人ですが、その幸村(ドラマでは信繁)をクローズアップして、三谷幸喜さんが脚本を書いています。真田幸村のクライマックス部分は有名なのですが、その前半の人生はほとんど知られていません。武田家滅亡からその後、真田家はどこの大名の配下につくのか、またつかないのか、、その迷走ぶりが興味深かったです。こんなにトラブル続きで、最終的に大坂夏の陣、冬の陣までたどり着けるの?と心配になる毎回の展開。ドキドキとユーモアといっぱい織り混ぜて毎週楽しませてくれました。登場人物も魅力的なキャラクターばかりで、主人公の信繁役の堺さんがかすむほどでした(笑
    大河好き!(40代・女性)

    真田信繁の痛快な生き方は半沢直樹にもつうじるのでぜひみてほしい!

    とてもおもしろかった
    半沢直樹などで乗りに乗ってる堺雅人とそれを支える役者の好演がよかった。もともと真田幸村が好きなのでずっと興味ふかくみれた。もともとむかしやっていた真田太平記から真田幸村が好きになり、その時幸村を演じてた草刈正雄が昌幸を演じていたりなど。そしてその時の昌幸をえんじていた丹波哲郎の演技に完全に昌幸を演じてる草刈正雄がひっぱられているのをみて、丹波哲郎はすごいと思った。草笛光子とかそういう脇の演技がすごいよかった。しかし、長澤まさみなどの架空キャラなどは邪魔だったし、ギャグなのかもしれないが、大泉洋の信之や佐助を演じた藤井隆はイメージと合わなさすぎてお笑いみたい二なってしまった。また昨今のコンプラなのか、合戦シーンで血が全く出ない小規模なかんじで見せ場の関ヶ原がナレーションだけや大坂夏の陣冬の陣も中途半端な合戦描写、そして自害シーンなどもぜんぶあいまいなままでそこはきちんと描いて欲しかった。竹内結子もでていたいので、彼女をわすれないためにもぜひみてほしい。ただ真田丸完成のシーンはかっこよかった。
    ethanshun(40代・男性)

    殺伐とした戦国の世が舞台の喜劇作品

    真面目な中にもユーモア有り
    さすが三谷幸喜さん!な演出が盛り沢山の大河です。大河ドラマ自体結構好きで何本も見てきました。主人公の幼少期や青年期くらいまでは、若気の至り的な意味合いからか笑いを誘うシーンがあるものも多いのですが、この真田丸の場合は最初から最後までどこかしらにクスッと笑ってしまうシーンがあります。でも人が生きている上で笑うことってどんな時でもあり得ると思うので、そういう意味では三谷さんの作品って人間の生のリアルを切り取っているなぁと思ってしまいます。キャスト陣はとにかく豪華です。主演の堺雅人さんは元々好きだったのですが、このドラマを見てから草刈正雄さんにハマってしまいました。今回の役が掴みどころのない人物の役だったのですが、あの見た目で飄々としたキャラクターだったので完全にギャップ萌えです(笑)あと個人的に最後まで応援していたのは長澤まさみさんの役です。あまり書くとネタバレになるのでアレですが、饅頭のくだりは凄い笑ってしまいました。練り上げられたシナリオと作り込まれた数々の濃いキャラクターたちのお陰で最初から最後まで飽きずに観続けられる大河ドラマだと思います。
    takiaki1114(30代・女性)

    その他ネットの口コミ・感想・評価

    詳細を見てみる

    真田丸』のまとめ

    「真田丸」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

    最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

    本記事のまとめ

    配信サービス配信状況無料期間と月額料金
    30日間無料
    月額2417円

    • 「真田丸」を無料で見るならTSUTAYAディスカス/TVがおススメ
    • 30日間の無料トライアルを実施中
    • 圧倒的な見放題作品数
    • 1100円分のポイントがタダでもらえる
    • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

    どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

    ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

    無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    \本日から【11月29日】まで無料!/

    ※無料期間中の解約で、0円。

    ※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。