\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円

>>無料で今すぐ「龍馬伝」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「龍馬伝」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「龍馬伝」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『龍馬伝』ってどんな作品?

龍馬伝」は、幕末の英傑・坂本龍馬の生涯を、明治維新を迎えた日本の変革、彼を支え続けた家族の絆とともに描いた、心揺さぶる時代劇ロマンです。

海援隊の設立や薩長同盟の締結、大政奉還への導引など、維新の大業を成し遂げた龍馬でしたが、その過程で多くの同士やかけがえのない家族を失います…。

多くの犠牲を払いながら大儀を貫き通した龍馬は、何を思い、どう行動したのか。

維新の英雄としての顔だけでなく、人間・坂本龍馬の側面にもスポットを当てて、新たな歴史認識を示します。

主演は、維新の英雄・坂本龍馬を演じた福山雅治さんです。

共演は、三菱財閥の創始者・岩崎弥太郎役の香川照之さんをはじめ、龍馬の妻・お龍役の真木よう子さん大森南朋さん佐藤健さん青木崇高さん武田鉄矢さんなど、日本を代表する実力派俳優たちが顔を揃え、維新を駆け抜けたカリスマの生涯に華を添えます。

脚本を担当するのは、大ヒットドラマ「HERO」や朝ドラ「まんぷく」などを手掛けた人気脚本家・福田靖さんです。

激動の幕末を抜群の人間力で駆け抜けた龍馬が、現代を生きる私たちに“人生のモチベーション”を与えてくれる、そんな勇気に溢れたヒューマンヒストリーの傑作です。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「龍馬伝」のフル動画を見るならTSUTAYAディスカス/TVがおススメ!

TSUTAYAディスカス/TVでは30日間無料トライアル1100ポイントプレゼント実施中!

本来月額2417円の有料サービスですが、上記キャンペーンを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月27日】まで無料!/

『龍馬伝』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

龍馬伝の動画配信状況

TSUTAYAディスカス/TVを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「龍馬伝」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
×
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
×
30日間無料
月額1780円
×
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年10月時点で、「龍馬伝」の無料視聴が可能となっているのはTSUTAYAディスカス/TVのみです。

よって、無料で「龍馬伝」を楽しみたい方は、TSUTAYAディスカス/TVを利用しましょう!

「TSUTAYAディスカス/TVって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

『TSUTAYAディスカス/TV』のサービス概要や特徴

TSUTAYAディスカスTV公式サイト

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップクラスの30日間無料でお試しできます。

旧作DVDなら制限なしで借り放題、しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付きなので、本来課金が必要な新作も実質0円で見れちゃいます。

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な見放題作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    デメリットとしては、DVDレンタルの場合は配送時間がかかってしまいますが、北海道・九州を除き翌日の配達率が98%以上なので、「今すぐに見たい!」という方以外は問題なさそうです。

    また、30日間の無料期間中は「TSUTAYAディスカス」では新作DVDのレンタルができませんが、「TSUTAYA TV」で配信されていればタダでもらえる1100ポイントを利用して実質0円で見れるので、上手くデメリットが補われている印象ですね。

    いずれにしても、業界トップクラスの30日間の無料期間があり、好きな時に解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

     

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    『TSUTAYAディスカス/TV』で見れる動画コンテンツ

    「龍馬伝」以外に、TSUTAYAディスカス/TVで見れる人気の動画コンテンツをご紹介します。

    TSUTAYA人気邦画・ドラマ作品
    • SPEC
    • イタズラなKiss
    • アンナチュラル
    • きみはペット
    • JIN-仁-
    TSUTAYA人気洋画作品
    • ラ・ラ・ランド
    • キングスマン
    • バイオハザード
    • メイズ・ランナー
    • マトリックス
    TSUTAYA人気アニメ作品
    • 鬼滅の刃
    • スラムダンク
    • ドラゴンボール
    • 今日から俺は!!
    • 怪盗グルーのミニオン危機一発

    特に、大人気のジブリ作品は他の動画配信サービスでは配信しておらず、TSUTAYAディスカス/TVでしか見れないのも特徴のひとつ。

    これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、最新の情報はTSUTAYAディスカス/TVで確認してみてください♪

    \人気作品も豊富/

     

    『TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV』の口コミ

    「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    そんな方のために、実際に「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

    豊富な作品が見放題!

    他の動画配信サービスでは新作や話題作しか配信されていなくて、見たい作品や懐かしいアニメが無い…という事がありますが、TSUTAYA TVは旧作が豊富に揃っています。どの年代でも楽しめるので、家族の仲も深まるでしょう。無料お試し期間が30日もあるので、どれほどの魅力が詰まっているのか存分にたしかめる事が出来るのも嬉しいですね。ただ他のVODに比べるとオリジナル作品が無いのでコンテンツとしては物足りなく感じる事もあるかもしれません。
    ゆいぴぴ(20代・女性)
    詳細を見てみる

    動画時代にディスクの良さを

    最近は動画配信されている作品が多く、気軽に映画やドラマを楽しめる様になりました。
    わざわざディスクを借りて見るなんて面倒くさいと考える方もいるかもしれませんが、TSUTAYAディスカスだとかなりお得に新作、準新作を毎月最大8枚、旧作に関しては借り放題と映画好きには堪らない仕様になっている事をご存知ですか?
    流石TSUTAYAというだけあって、ラインナップも豊富。
    動画では味わえない映像特典や趣向が凝らされたメニュー画面も楽めます。
    郵便での配達となるので、その間待ちきれないという方はTSUTAYATVに合わせて加入するのがオススメ。
    毎月、TSUTAYATVとディスカス分のポイントが2000ポイント以上入るので、新作を実質無料で楽しめる他、ドラマのまとめ買いにも使用可能ですので、他のサイトでは有料のドラマも手軽に楽しめます。
    勿論、見放題作品も豊富で、新しめの作品や人気作品多数。
    映画、ドラマ好きな方にはかなりオススメのシステムだと思います。
    月に30本映画を見る私にとっては欠かせない日々の活力となっている事は間違いありません。
    無料お試しもあるので、迷っている方は是非。
    白鷺千聖(40代・女性)

    田舎暮らしの人には便利

    私は田舎暮らしをしていて、近くにCDショップやDVDを販売している店もなく車で時間をかけてお店に行かなくては行けません。またそこも商品が少ないため取り寄せ…。それからレンタルに頼るようになりました。近くにレンタルショップはあるのですが新作を沢山集めてるだけだったり、韓流ドラマのDVDばかりで見たいものも見れず。CDもほとんど取り扱っていなかったので何かいいものはないかとTSUTAYA DISCASを見つけて利用するようになりました。料金は直接借りるより高めですが、商品数も多いですし店に出向かなくていいので田舎暮らしで近くにお店が無いという人には本当にオススメです。
    ひなた(40代・女性)

    見たいものが必ずみつかる!

    韓国ドラマが好きでよく見ています。動画サービスは他にもたくさんありますが、比較的新しいものやヒットしたものはどこにでもあるものの、古いものやマニアックなものがなかなか無いんです。ある俳優さんの初期の作品が見たくて探しまわり、ツタヤディスカスでやっと見つけて見ることが出来ました。ドラマは全部見放題で見れたし、古い映画はレンタルで借りることが出来ました。レンタルもネットで申し込むとすぐに発送され、返却もポストに投函するだけなのでとっても便利でした。今まで見れなかった作品を見ることが出来て、とっても感謝しています。プランも色々あるので選べますし、ポイントもつくので見放題以外の話題の映画もついでに見ちゃいました。30日間無料お試しで、まずは試してみてることをお勧めします。
    ruchia(50代・女性)

    無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    『龍馬伝』の作品情報

    基本情報

    作品名龍馬伝
    原題
    原作
    制作年2009年
    製作国日本
    制作会社(配給会社)日本放送協会
    公開年(公開日)2010年1月3日
    上映時間(話数)45分、48話
    公式サイト
    公式Twitter
    公式Facebook
    公式Instagram
    主題歌

    あらすじ

    NHK大河ドラマ第49作として人気脚本家・福田靖さんが手掛ける、幕末の英傑・坂本龍馬の生涯を、明治維新を迎えた日本の変革、脱藩後も彼を支え続けた家族の絆とともに描いた、心揺さぶる時代劇ロマンです。

    海援隊の設立や薩長同盟の締結、大政奉還への導引など、維新の大業を成し遂げた龍馬でしたが、その過程で多くの同士やかけがえのない家族を失います…。

    多くの犠牲を払いながら大儀を貫き通した龍馬は、何を思い、どう行動したのか。

    維新の英雄としての顔だけでなく、人間・坂本龍馬の側面にもスポットを当てて、新たな歴史認識を示します。

    どこか閉塞感のある幕末にあって、それを突き抜けた人間的魅力に溢れた龍馬のキャラクターが、現代社会を生きる私たちに“憧れ”の情と共に、“人生の推進力”を与えてくれる、そんなモチベーションが湧き上がる作品です。

     

    「帆を張る者、索を引く者 罐を焚く者、風を見る者・・・誰ひとり欠けたち船を動かすことは出来んがぜよ!

    わしらはの、日本ゆう大きい船を動かそうとしゆうがじゃ!」

    坂本龍馬は、見果てぬ夢を見ました。

    誰もが平等で、戦のない平和な世界を。

    維新の聖書(バイブル)とも言うべき船中八策を書き上げた彼は、“大志”という大きな帆を張り、時代の大海原を行く船上で何を想うか・・・。

    天保6年に土佐藩の郷士の子として生まれ、自由で合理的な町人気質に触れながらも、厳しい身分制度の下、様々な苦悩と葛藤の青春時代を過ごした坂本龍馬。

    仲間達と日本を変える志を抱き始めた彼は、窮屈な土佐藩を飛び出し、江戸へと向かいます。

    そこには、龍馬の運命を切り開く、数々の出逢いが待っていました。

    剣豪・千葉周作、長州の指導者・桂小五郎、そして龍馬の未来を決定づけた勝海舟・・・。

    幕府随一の俊英の門弟となった龍馬は、彼から航海術を習得し、やがて貿易会社と政治組織を兼ねた亀山社中・海援隊を結成します。

    世界と取引をして日本経済を潤す一助になるという“理念”と、妻・お龍と笑顔で暮らすという“ささやかな願い”・・・。

    そんな思案が頭を巡る中、対立していた薩摩藩と長州藩の間を調停し、薩長同盟の締結に尽力すると、さらには大政奉還の実現を目指して奔走し、明治維新を大きく推し進める原動力となりました。

    そんな龍馬に、やがて暗殺者の影が忍び寄り、運命のその日が迫ります…。

     

    主演は、日本を変えた維新の英雄・坂本龍馬を演じた、俳優・アーティストともに傑出した才能を誇る福山雅治さんです。

    共演は、龍馬のライバルで三菱財閥の創業者・岩崎弥太郎役の香川照之さんをはじめ、龍馬の最愛の妻・お龍役の真木よう子さん大森南朋さん佐藤健さん青木崇高さん武田鉄矢さんなど、日本を代表する実力派俳優たちが顔を揃え、維新を駆け抜けたカリスマの生涯に華を添えます。

    脚本を担当するのは、大ヒットドラマ「HERO」や朝ドラ「まんぷく」などを手掛けた孤高の脚本家・福田靖さん

    幕末の風雲児・坂本龍馬の激動の生涯を新たな視点で描くことで、重厚な人間ドラマに仕上げています。

    達成不可能と思われる困難にも決して諦めず、型破りな発想力不屈の精神力で乗り越える龍馬が、志半ばで非業の死を遂げる事実に、運命の非情と哀愁を感じずにはいられません

    それでも、彼が成し遂げた偉業に想いを馳せると、“人生の一瞬も無駄にせず、後悔なく生き抜く”ことへの憧れと使命感に心が揺さぶられ、自然と胸が熱くなることでしょう。

    キャストとスタッフ

    龍馬伝のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • 坂本龍馬:福山雅治

    • 坂本乙女:寺島しのぶ

    • 坂本八平:児玉清

    • 坂本権平:杉本哲太

    • 坂本伊與:松原智恵子

    • 坂本幸:草刈民代

    • 坂本千野:島崎和歌子

    • 坂本春猪:前田敦子(AKB48)

    • 武市半平太:大森南朋

    • 武市冨:奥貫薫

    • 平井加尾:広末涼子

    • 平井収二郎:宮迫博之

    • 岡田以蔵:佐藤健

    • 溝渕広之丞:ピエール瀧

    • 近藤長次郎:大泉洋

    • 沢村惣之丞:要潤

    • 中岡慎太郎:上川隆也

    • 池内蔵太:桐谷健太

    • 武市智:菅井きん

    • 河田小龍:リリー・フランキー

    • 那須信吾:天野義久

    • 望月亀弥太:音尾琢真

    • 土佐藩地下浪人 岩崎家

    • 岩崎美和:倍賞美津子

    • 岩崎弥次郎:蟹江敬三

    • 岩崎弥太郎:香川照之

    • 岩崎喜勢:マイコ

    • 山内容堂:近藤正臣

    • 吉田東洋:田中泯

    • 後藤象二郎:青木崇高

    • 勝海舟:武田鉄矢

    • 西郷隆盛:高橋克実

    • 陸奥陽之助(宗光):平岡祐太

    • 桂小五郎:谷原章介

    • 吉田松陰:生瀬勝久

    • 高杉晋作:伊勢谷友介

    • お元:蒼井優

    • 大浦慶:余貴美子

    • グラバー:ティム

    • 朝比奈昌広:石橋凌

    • 楢崎龍:真木よう子

    • お登勢:草刈民代

    • 三条実美:池内万作

    • 千葉佐那:貫地谷しほり

    • 千葉定吉:里見浩太郎

    • 千葉重太郎:渡辺いっけい

    • ジョン万次郎:トータス松本

    • 近藤勇:原田泰造

    • 沖田総司:栩原楽人

    • 土方歳三:松田悟志

    詳細を見てみる

    日本を変えた維新の英雄・坂本龍馬を福山雅治さんが演じます。

    シンガーソングライターとして、数々のヒット曲で記憶に残るフレーズとメロディーを奏でる福山雅治さん。

    シングル「IT’S ONLY LOVE」のミリオンセラー達成をはじめ、「HELLO」、「桜坂」など大ヒットを記録した名曲を次々と発表します。

    そして、自身にとどまらず、他のアーティストへの楽曲提供やプロデュースも手掛けるなど、その抜群の音楽センスと胸に響く歌詞で、日本のミュージック・シーンをリードするトップアーティストです。

    一方で、俳優としても活動し、テレビドラマ「ひとつ屋根の下」が高視聴率を獲得すると、その劇中で好演を見せた福山さんの演技力も脚光を浴びるようになります。

    以降、「パーフェクトラブ!」や「美女か野獣」など、話題のドラマで続々と主演を務め、奥行きのある演技が際立つ爽やかな二枚目俳優として、華々しいキャリアを重ねていきました。

    中でも、世間から絶大な人気を獲得したのは、ミステリー作家・東野圭吾さん原作のドラマ「ガリレオ」シリーズ

    同シリーズは映画化されるほどの記録的大ヒットとなり、「容疑者Xの献身」、「真夏の方程式」で演じた天才物理学者・湯川は、福山さんの役者人生最大の当たり役となりました。

    10年には本作、NHK大河ドラマ「龍馬伝」で坂本龍馬を熱演すると、その後も「そして父になる」、「三度目の殺人」、「マチネの終わりに」、「ラストレター」など、巨匠と呼ばれる名監督がメガホンを取った映画作品に立て続けに出演し、スクリーンでも抜群の存在感を示します。

    その他、ミュージシャン・俳優以外でも、ラジオパーソナリティやカメラマンとしても活躍し、幅広い層から圧倒的な人気を誇る国民的俳優です。

    音楽活動の経験を活かして、役作りをしていると語る福山さん。「音楽をやる時は詞を書いて、歌も歌う。まさに主演・監督・脚本をやるようなものなんですけど、それをお芝居にも取り込んでる。不安要素や少しでも疑問に思った事、『龍馬的所作とは?』みたいなことをしつこく確認してますね」と、龍馬像を徹底的に追求していった秘話を明かしています。

     

    龍馬のライバルにして三菱財閥を創業した幕末屈指の経済人・岩崎弥太郎を演じるのは、香川照之さんです。

    ドラマ「半沢直樹」での怪演が記憶に残る、個性派俳優の香川照之さん。

    父・二代目 市川 猿翁さん、母・浜木綿子さんという俳優一家に生まれます。

    登場するだけで、観客・視聴者を自身の世界観に呑み込んでしまうほどの、圧巻の存在感が印象的です。

    これまで数多くのテレビドラマに出演し、「赤めだか」、「アンフェア」、「99.9 -刑事専門弁護士-」、NHK大河「利家とまつ」、本作「龍馬伝」などで、ジャンルを問わず幅広い役柄を巧みに演じる、高い表現力を示してきました。

    また、映画でも「劒岳 点の記」、「カイジ」、「鍵泥棒のメソッド」などの話題作に続々と出演し、2006年の映画「ゆれる」では第31回報知映画賞最優秀助演男優賞第28回ヨコハマ映画祭主演男優賞第30回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を含む8つの賞を授賞。

    日本アカデミー賞助演賞をはじめとした多数の映画賞で常連となるなど、物語の世界観を崩すことなく抜群の個性を発揮することに定評のある、実力派俳優です。

    龍馬伝での演技について、香川さんは「役者って、次第に“役”に追い抜かれていくんです。そうなると、何も悩まなくていいので楽しいですね。

    知らないうちに“役”がぼくより先に行って引っ張ってくれる。その逆転する地点が早く来れば来るほどいい芝居ができますね。」と、独自の演技論を展開していました。

     

    龍馬の最愛の妻・お龍は、真木よう子さんが演じます。

    そのキリっとした美貌と清涼感のある雰囲気から、サバサバした男っぽい女性役を多く演じてきた真木よう子さん。

    2001年にスクリーンデビューを果たすと、映画「ベロニカは死ぬことにした」で初主演を飾ります。

    以降は名だたる映画賞を総ナメにする輝かしい女優キャリアを歩み、06年の映画「ゆれる」での第30回山路ふみ子映画賞新人女優賞受賞をはじめ、13年の主演映画「さよなら渓谷」での第35回モスクワ国際映画祭審査員特別賞、「そして父になる」での第66回カンヌ国際映画祭審査員賞など、繊細な心の機微を丁寧に演じて高い評価を獲得します。

    特に「そして、父になる」では、第37回日本アカデミー賞で最優秀主演女優賞最優秀助演女優賞の2冠を達成するという快挙を成し遂げ、日本を代表する本格派女優としての地位を確かなものにします。

    ドラマでも、「最高の離婚」、「SP 警視庁警備部警護課第四係」、「MOZU」、本作のNHK大河「龍馬伝」など、数々の話題作で鮮やかな演技を披露してきたクールビューティーです。

    龍馬の妻・お龍役で臨む寺田屋事件の再現に、真木さんは「有名な話なので是非頑張りたい」と体当たりの演技も辞さない、真っ向勝負の覚悟を語り、「100%力を出し尽くして頑張っていきたい」と抱負を語りました。

    スタッフ

    スタッフ
    • 脚本:福田靖
    • 音楽:佐藤直紀
    • 語り:香川照之
    • 制作統括:鈴木圭、岩谷可奈子
    • プロデューサー:土屋勝裕
    • 演出:大友啓史、真鍋斎、渡辺一貴、梶原登城、福岡利武、松園武大、西村武五郎

    脚本は、福田 靖さんが手掛けます。

    オリジナル脚本に強いこだわりを持つ孤高の脚本家としても有名な福田靖さん。

    テレビドラマ「BLACK OUT」で脚本家デビューを果たすと、以降はテレビドラマを中心に多数の脚本を手掛け、ヒットメーカーとしての地位を確立します。

    2002年、「ウエディングプランナー SWEETデリバリー」で、初めて連続ドラマの脚本を単独で執筆したのを皮切りに、「ワンダフルライフ」、「ガリレオ」といった大ヒット作品の脚本を続々担当。

    2010年には大河ドラマに抜擢され、本作「龍馬伝」の脚本を執筆します。

    さらに、18年の朝の連続テレビ小説「まんぷく」の脚本も手掛けるなど、緻密なストーリー展開と深い人物造形が、批評家だけでなく一般視聴者からも高く評価されます。

    先に生まれただけの僕」ではコンフィデンスアワード・ドラマ賞脚本賞、「救命病棟24時」と「ガリレオ」でザ・テレビジョンドラマアカデミー賞の脚本賞などを受賞するなど、ドラマ脚本において、現在もトップランナーとして活躍を続けています。

    また、映画脚本においても存在感を示し、共同執筆作として「催眠」や「ホワイトアウト」、「陰陽師」といった話題作の脚本を手掛けると、04年「海猿」で、映画脚本の単独執筆を果たすなど、活躍の幅を着実に拡げている人気脚本家です。

    龍馬伝のストーリー展開について、福田さんは「裕福な家のぼんぼんとして生まれた龍馬が、社会的に活躍する人物に育っていく過程を描きながら、後の大富豪となる岩崎弥太郎との対比も描いた

    視聴者が“攘夷”というものが分かりやすいように、人物に語らせたり、文字として視覚的にも訴えるなど工夫を凝らした」と、新たな視点で描く創作秘話を語っています。

    口コミ・感想・評価

    「龍馬伝」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそも龍馬伝を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    坂本龍馬と言う人物を知らなくても楽しめるドラマ

    新たな龍馬像を描いたドラマ
    幕末の出来事の中で一番有名な坂本龍馬を主人公にした物語で放送前からかなり期待をしていた大河ドラマでした。坂本龍馬を演じる福山雅治さんは実際の龍馬像とは少し違った感じもしましたが、自身も龍馬の特徴的なくせ毛をパーマで再現するなど役の入れ込み具合に気合が入っていたと思います。物語は史実をベースにフィクションを交えながら進んで行きますが、物語自体は岩崎弥太郎が龍馬とのやり取りを回想するという形で進められた珍しい形でした。そのためかナレーションは岩崎弥太郎が過去を振り返りながら語るという形をとっていました。今までは司馬遼太郎さんの竜馬が行くのイメージが強かったので、大河ドラマの龍馬はまた違った側面を描いていたと思いました。
    ブレンドン(40代・男性)
    詳細を見てみる

    極めつきの坂本龍馬の物語。最もかっこいい龍馬、最も哀しい人斬り以蔵、そして最も濃いくちの岩崎弥太郎はココです!

    現時点で最も完成度の高い、龍馬がここに居る
    斬新な切り口で「明治の政商」岩崎弥太郎(香川照之)が狂言回しとナレーションをします。功成り名遂げた財閥の総帥に、若い記者が質問します。「そういえば、御同郷の坂本龍馬さんという方ははどんな方でしたか?」「儂は彼奴が大嫌いだった…」と言いながら、伸びやかな青年時代の龍馬やともに土佐に生まれた武市半平太、岡田以蔵、薩摩の西郷や大久保、長州の桂、勝海舟や新撰組の面々の生き様が描かれていきます。天真爛漫だった青年期を経て龍馬は多くの人と関わりを重ね成長していきます。オープニング映像が3パターンの変化をしますがこれは龍馬の成長を反映しています。多くの人々との別れを経験した「最終形態の龍馬」は透徹した眼差しと茫洋とした大器に進化していきます。時代考証などの面からも、脚本演出の面からも、キャストの豪華さの面からも現時点で最も魅力的な「坂本龍馬」が描かれた名作です。
    菱葩餅(40代・女性)

    坂本龍馬がはまり役の福山雅治さんの演技が良い作品

    坂本龍馬の生涯が見事に描かれた作品と龍馬がはまり役の作品
    明治維新の立役者でもある坂本龍馬の生涯が描かれた大河作品の龍馬伝は、子どもから生涯をとじるまでが描かれており、子ども時代は濱田龍臣さんが青年時代は福山雅治さんが演じ2人とも見事にはまり役でした。主演の福山雅治さんをイメージして起用された濱田龍臣さんは福山雅治さんの子ども時代のようなイメージがぴったりで良かったです。そして主演の福山雅治さんはこれまで様々な人たちが坂本龍馬を演じてきていますが、負けず劣らず見事に演じて坂本龍馬のイメージにだんだんハマって行きました。また、龍馬伝にはかかせない存在として見せてくれていた岩崎弥太郎役として出演をしていた香川照之さんではないかと思います。二人のやりとりや掛け合いはとても良かったです。
    ゆっけ(40代・男性)

    今見るべき大河ドラマではないでしょうか。

    最近の時代ドラマとしては大変良かった。
    坂本龍馬という人物がどのような人なのか興味を持つような作品だったと思います。また若者が時代を変えていくというのは、現在の政治を見てもそうなってほしいという思いが私の中にはあります。印象深かったのは、人が虐げられるというのはよくないので船中八策による説明がありますが、今は本当にそうなっているのか?と大変疑問を提唱しているところだと思います。最終回の岩崎弥太郎とのシーンはかなり感動をしました。人はなかなか思うようには生きられません。そして人と比べるというのをしたがります。しかしそんな人間は誰しも本当は自分以外へのあこがれや妬みから来ています。そうじゃない自分の道を自分に構わず歩めと、今の三菱を作るようになった岩崎弥太郎と竜馬のシーンは本当に印象深い。余談ですが三菱から汚すぎると苦情があったようですが、役者の香川照之さんは東大出の実はエリートです。知りませんでした。
    たつお(40代・男性)

    幕末維新にタイムスリップできる作品

    幕末を親しみやすく表現している番組
    現代の日本がこうやって築かれてきたんだなということを、わかりやすく親しみやすく演出してくれている作品です。情景描写にしっかり抑揚をつけていたり、むずかしい言葉もなく、さらに俳優陣も皆知っていて名演者ばかりだったので、毎週心待ちにしていました。特に私が大好きだった役柄と演者は、平井収二郎演じる宮迫博之さんと、武市半平太演じる大森南朋さんで、2人とも無念の死を遂げるのですが、最後まで自分の信ずる道を貫いた姿をすばらしく演じてくれていたと思います。番組の最後にはその日の話にまつわる観光地も紹介してくれるので、さらに親近感が湧きます。この番組を見て、時代が激動した臨場感を味わえることは間違いありません。
    とくべー(30代・女性)

    時代背景がとても良く作り込まれていました

    キャストがとても豪華
    龍馬伝を見て初めて知ったんですが、昔の土佐には上士・下士と言った上下関係が存在していて龍馬を筆頭に後々名を歴史を残す方々は全員、下士の家の出でした。ある者は剣の腕を買われ出世したり、学問によって成り上がったりと決して作られた道を歩んだ人達ではなかったです。また龍馬自身の成長も密に描かれていました。初めて軍艦を見た時の反応・海軍という存在を知り、自分もその一員になった時の喜びに満ちた顔は今作の見所の一つだと自分は思います。ただ、人生の暗い部分もしっかり描かれていて心痛むシーンも多々ありましたが、時代背景の描写として必要だったのでしょう。最後にキャストがとても豪華で演技も見てて流石の一言で毎週楽しみに見ていました。
    ますたろう(30代・男性)

    歴史の裏も知ることができる見応えのある作品

    知っているストーリーなのに新鮮
    超メジャーな歴史上の偉人のお話で知っているエピソードも沢山あるはずなのにとても新鮮に観ることができました。特に前半部分の武市半平太が活動していた時期は知ってはいるものの彼の苦悩などはあまり考えたことがなかったのですごくグッときました。龍馬がまだ何もできずに流されている姿もなかなか面白かったです。そして龍馬が歴史の表舞台に出てきてからからも西郷隆盛など侮れないキャラのちょっとダークな部分も描かれていたのも良かったです。明治維新は勝者がひたすら英雄のように描かれがちですが、その期待を裏切らない状態を維持しつつちゃんと裏があったこともわからせてくれました。そして最終回。誰もが知る龍馬の最期だけに難しかったと思いますが納得のいくできでした。無駄な演出もなくずっと記憶に残る最終回でした。
    aoi(30代・女性)

    坂本龍馬という偉人の魅力を存分に表現した作品

    福山雅治と香川照之の演技がすごい
    坂本龍馬を演じた福山雅治さんがとにかく素晴らしかったと思います。まずは外見ですが、福山さんは髪を伸ばしたり、日焼けしたりと、見た目を寄せる努力をされていました。坂本龍馬が立って撮っている有名な写真がありますが、福山さんが同じポーズで撮っている写真はまさに坂本龍馬でした。また土佐弁もとても雰囲気があって自然でした。もともと福山さんにも人を惹きつける魅力がある方なので、周りを引き込んで様々なことを成し遂げた坂本龍馬とのイメージとぴったりなんだったと思います。そして坂本龍馬の盟友の岩崎弥太郎を演じた香川照之さんも良かったです。浪人から成り上がっていく姿を勇ましく演じていましたし、龍馬のことをけなしつつも、認めているという2人の関係性もうまく演じられていたと思います。この両俳優の演技がこの作品を名作に押し上げたと思っています。
    モモカリン(40代・男性)

    とにかく福山雅治さんの坂本龍馬がカッコ良すぎる!

    坂本龍馬が、カッコ良すぎる。
    ドラマ「龍馬伝」の坂本龍馬がカッコ良すぎてさらに坂本龍馬が好きになってしまいました。いろいろな役者さんがこれまで坂本龍馬を演じてきましたが、福山雅治さんが演じた坂本龍馬がイメージ通りで驚きました。実際の龍馬の写真を見たこともあり、福山雅治さんにはまったく似ていないのですが、雰囲気など福山さんならではの龍馬像で演じていたのがドラマのイメージとピッタリでした。他のキャストも個性的な役者さんや女優さんたちが多く出演していてドラマの撮影現場がかなり楽しいんだろうなとドラマを見ていて伝わってきました。謎の多い坂本龍馬ですが、このドラマを見て他の藩との関係性や幕府やその他の勢力との関係性など、坂本龍馬を邪魔に思う人達が多かったんだなと改めて思いました。
    すぎ(40代・男性)

    本の歴史を変えた男を新しく表現した、わかりやすい作品

    新しい坂本龍馬
    福山雅治演じる坂本龍馬、はじめはイメージがなかったことと、年齢的にも福山雅治は坂本龍馬の亡くなった年齢をはるかに超えていたため、どうかなと思っていました。視聴してみて、無骨過ぎず、こんな坂本龍馬も良いなぁとしみじみ思いました。岩崎弥太郎(香川照之)と龍馬の掛け合いは、どんなにがんばっても龍馬に勝てない弥太郎のくやしさがよく表れていました。物語後半で登場機会が増える後藤象二郎(青木崇高)も、土佐藩を守るため、もとは敵対している龍馬に近づき、徐々に龍馬に心酔していく流れが、よく描かれていました。そして、やはり坂本龍馬といえば、年少からの重要人物、武市半平太(大森南朋)と岡田以蔵(佐藤健)は外せません。武市が処刑される場面へ向かう龍馬と龍馬家族の口惜しさ、武市の奥さんの胸の内、以蔵の葛藤、観ていて熱くなるものがありました。
    ニコ(30代・女性)

    その他ネットの口コミ・感想・評価

    詳細を見てみる

    『龍馬伝』のまとめ

    「龍馬伝」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

    最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

    本記事のまとめ

    配信サービス配信状況無料期間と月額料金
    30日間無料
    月額2417円
    • 「龍馬伝」を無料で見るならTSUTAYAディスカス/TVがおススメ
    • 30日間の無料トライアルを実施中
    • 圧倒的な見放題作品数
    • 1100円分のポイントがタダでもらえる
    • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

    どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

    ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

    無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    \本日から【11月27日】まで無料!/

    ※無料期間中の解約で、0円。

    ※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。