\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額770円

>>無料で今すぐ「モンスターズ・インク」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「モンスターズ・インク」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「モンスターズ・インク」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『モンスターズインク』ってどんな作品?

映画「モンスターズインク」は、ディズニー・ピクサーが贈る長編フルCGアニメーション映画

人間界からモンスター界へ迷い込んでしまった少女「ブー」と、主人公のモンスター「サリー」そして「マイク」とのふれあいを描いた、人間とモンスターが織り成す感動の物語です。

ピクサー製作の長編アニメーションとしては、4作品目で、2001年のアカデミー賞では、作曲賞、主題歌賞、音響効果賞にノミネート。そのうち主題歌賞を受賞しました。

監督はピート・ドクター。製作総指揮には、「トイストーリー」でおなじみのジョン・ラセターが務めたことでも話題を呼びました。

日本語吹き替え版では、マイク役に田中裕二さんを、サリー役には石塚英彦さんをお迎えし、二人のコミカルな声で作品を楽しく盛り立ててくれています!

結論から言うと、モンスターズ・インクのフル動画は、動画配信サービスの『Disney+(ディズニープラス)』がおススメです!

今すぐに動画を見たい方は、Disney+ (ディズニープラス)をチェックしてみてください。

\31日間無料トライアルキャンペーン中/

※無料期間中の解約で、0円。

当記事では、『Disney+(ディズニープラス)』のサービス概要や、モンスターズ・インクの簡単なあらすじキャスト・スタッフ情報感想・評価などについてもご紹介していますので、是非参考にしてみてください♪

『モンスターズ・インク』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

モンスターズ・インクの動画配信状況

Disney+ (ディズニープラス)を含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、モンスターズ・インクの配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
31日間無料
月額770円

2020年10月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpTELASADisney+ (ディズニープラス)の5つのサービスでモンスターズ・インクの無料視聴が可能です。

この中でも、ディズニー作品が見放題で無料お試し期間が業界最長31日間Disney+ (ディズニープラス)がおススメです。

『Disney+(ディズニープラス)』は唯一のディズニー公式サービス!

Disney+(ディズニープラス)

Disney+ (ディズニープラス)は、

  1. ディズニー
  2. ピクサー
  3. スター・ウォーズ
  4. マーベル
  5. ナショナル ジオグラフィック

の5つのブランドが揃う唯一のディズニー公式サービスです。

5ブランドの動画やデジタルコンテンツをまとめて楽しめるのはDisney+ (ディズニープラス)だけ。

本来月額700円(税抜)の有料サービスですが、初回登録で業界最長の31日間無料!なので、ディズニー作品を思い存分楽しみたい方にはおススメです。

 

Disney+ (ディズニープラス)の特徴を以下の表にまとめましたので、参考にしてみてください。

Disney+(ディズニープラス)
Disney+ (ディズニープラス)
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:700円(税抜)
    メリット
    業界最長31日間の無料お試し期間
    月額700円(税抜)でかなり安い
    ほぼすべてのコンテンツが見放題 ※一部有料あり
    ディズニー作品はもちろんオリジナルコンテンツも充実
    PC、スマホ、タブレットなどマルチデバイス対応だから、いつでもどこでも楽しめる
    4台まで同時視聴可能なので、家族みんなで楽しめる
    新作レンタルがダウンロードできる
    いつでも解約できる
    デメリット
    作品数が少ない
    アダルト作品がない

    デメリットとしては、他の動画配信サービスと比べて見放題作品数が少ないことと、ディズニー公式なのでアダルト作品がないこと。

    とはいえ、ディズニー作品を中心に楽しみたい方や、お子さんなどご家族や友達と一緒に楽しむ予定の方であれば、どちらも問題はないかもですね。

    いつでも解約OKなので、まずはお気軽に試してみるのがおススメです。

    \ディズニー作品が見放題/

    Disney+ (ディズニープラス)

    >>Disney+ (ディズニープラス)公式で31日間無料お試しを体験してみる<<

    PandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    映画『モンスターズ・インク』の作品情報

    基本情報

    作品名モンスターズ・インク
    原題Monsters, Inc.
    原作
    制作年2001年
    製作国アメリカ
    制作会社(配給会社)ピクサー・アニメーション・スタジオ 、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ
    公開年(公開日)2002年
    上映時間(話数)92分
    公式サイトhttps://www.pixar.com/feature-films/monsters-inc
    公式Twitter
    公式Facebook
    公式Instagram
    主題歌

    あらすじ

    映画「モンスターズ・インク」は、ディズニーピクサー製作の長編フルCGアニメーション映画です。

    ピピクサー製作の長編アニメーションとしては、4作品目で、2001年のアカデミー賞では、作曲賞、主題歌賞、音響効果賞にノミネート。そのうち主題歌賞を受賞しました。

    人間界に住む少女とモンスター界のモンスターが繰り広げる感動のストーリーとなっており、最後には温かさで心が満たされることでしょう。

     

    ここは、さまざまな姿をしたモンスターたちが暮らす世界。

    この世界のエネルギーは、人間界の子どもたちの悲鳴で工面されています。

    エネルギー会社「モンスターズ・インク」では、社員たちが子どもたちの悲鳴を日夜必死に集めています。

    「こわがらせ屋」として働くモンスターは、人間界の子ども部屋のクローゼットのドアから子ども部屋侵入。

    毎晩子どもを怖がらせては悲鳴を獲得していきます。

    モンスターの中でもトップの成績を維持しているのは、青と紫のふさふさの毛と巨体をもつ「サリー」です。

    サリーはいつも、悲鳴獲得のための練習を欠かしません。

    相棒の緑色の一つ目モンスター「マイク」は、そんなサリーが誇りで、いつも二人は一緒でした。

    2人にはライバルもいます。サリーのおかげか、自身のせいなのか、いつも2位どまりのトップにたてない紫色のモンスター ランドール。

    優しいサリーは、そんなこと気にもとめていませんが、マイクはランドールに敵意むき出しです。

    さて、会社はいつかエネルギーが供給できなくなるのではと頭を悩ませていました。

    なぜなら、近頃の人間界の子どもたちは、テレビやゲームの影響もあり、モンスターを見てもあまり怖がらないからです。

     悲鳴を集める作業場所では、ドア格納庫に保存されている子ども部屋のドアが設置されていて、ランプが点滅すると、ドアの持ち主の子ども部屋と作業場所がつながるようになっています。

    人間界の子どもはモンスターたちにとって大変危険な汚染物質と考えている子どもたちの部屋へ入るモンスターはいつも注意が必要でした。

    万が一、子どもの持ち物がモンスターの世界に持ち込まれてしまったら、CDAと呼ばれる子ども検疫局が駆けつけ、すぐさま汚染の処理作業が始まります。

    ある日、サリーはマイクに用事を頼まれ、仕事場へ戻りました。

    サリーはそこで、片づけられていないドアを発見します。

    ドアは、作業中を示すランプが点灯。サリーはドアの中を確かめようとドアを開けるのでした。

    特に異常をないことを確かめ、後ろを振り返ると

    そこには2歳くらいの人間の少女がいるではありませんか!

    サリーはその子を子ども部屋に戻そうとしますが、気づけば、サリーの背中にくっついています。

    サリーは仕方なく子どもを会社のカバンに詰め、相棒マイクのいるお店に向かいます。

    マイクに事情を説明しているうちに、少女は、カバンから抜け出し、マイクもそこにいた人々も、店は大パニックです。

    その騒ぎにCDAが駆けつけます。

    世間を騒がせる大事件へと発展してしまいました。

    すきを見て、サリーとマイクは少女を彼らの自宅に連れていきます。

    マイクはとても警戒していますが、一方で「この子は安全だ」と判断したサリーは、少女を「ブー」と名付けて、また、ブーはサリーをにゃんにゃんと呼び2人は次第に心を通わせていきます。

    しかし、モンスターの世界に子どもを置いておくわけにはいかないので、人間界に少女を返すため、ドアの向こうに帰すことに決めました。

    CDAという追っての目を潜り抜けながら、ブーをドアまで帰すことに一生懸命なサリーとマイク。

    やっと作業場にたどり着きますが、ここでまた一波乱。

    マイクが用意したドアはブーの子どもべへのものではありませんでした。

    二人がもめていると、またブーが姿を消してしまいます。

    サリーは、ブーを探しに、一方でマイクはランドールにつかまってしまいます。

    ランドールもまたブーを探していました。

    実は、ブーをこの世界に連れ込んだのはランドールだったのです!

    ランドールの真の目的とは何か。

    ブーは、無事に人間界に戻ることができるのか。

    そして、ブーとサリー、マイクの友情は

     

    本作は、ピクサー作品としては、初めて映画「トイストーリー」でおなじみのジョン・ラセターが総指揮に回り、ピート・ドクターが監督を務めたことでも注目を集めました。

    監督のピート・ドクターは、2004年ジブリ映画「ハウルの動く城」で英訳版を監督したほか、2009年の映画「カールじいさんの空飛ぶ家」でも監督を務め、第37回アニー省映画監督賞を受賞するなど、世界的に高い評価を得ています。

    日本語吹き替え版の声優は、マイク役に爆笑問題の田中裕二さんサリー役にホンジャマカの石塚英彦さんをお迎えし、コミカルな2人の掛け合いは、映画の世界観を最高に盛り立ててくれます!

    また、本作の主題歌「君がいないと」は、作品を優しく包み込むように彩り、エンドロールでは、優しい涙を誘います。

    同曲は、第74回アカデミー賞で歌曲賞を受賞しました。

    ディズニーピクサーが贈る愛と友情の物語をぜひお楽しみください!

    キャストとスタッフ

    モンスターズ・インクのキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • マイク:ビリー・クリスタル、田中裕二
    • サリー:ジョン・グッドマン、石塚英彦
    • ブー:メアリー・ギブス、井上愛理
    • ランドール:スティーブ・ブシェーミ、青山穣
    • ウォーターヌース:ジェームズ・コバーン、大平透
    • セリア:ジェニファー・ティリー、高乃麗
    • ロズ:ボブ・ピーターソン、磯辺万沙子
    • イエティ:ジョン・ラッツェンバーガー、立木文彦
    • ファンガス:フランク・オズ、牛山茂
    • ニードルマン/スミッティ:ダニエル・ガーソン、亀山助清
    • スティーブ・サスカインド
    • ボニー・ハント
    • ジェフ・ピジョン
    • サム・“ペンギン”・ブラック
    詳細を見てみる

    今回は日本語吹き替え版の声優のお二人をご紹介します。

    マイク役の田中裕二さん。


    田中裕二さんは、みなさんご存知の、太田光さんとの漫才コンビ「爆笑問題」のツッコミです。

    数あるバラエティ番組に出演され、ドラマや映画にも度々みることができます。

    田中さん個人の現在の代表番組は「秘密のケンミンSHOW 極」。

    爆笑問題としては、NHK新人演芸賞大賞をはじめあまたの漫才の賞を受賞。

    近年では、第57回ギャラクシー賞ラジオ部門DJパーソナリティ賞を受賞されています。

    日曜日の「サンデージャポン」から、毎日のようにテレビで拝見することができます。

    声優としては、近年では「ドラえもんのび太の宇宙英雄記」のハイド役や、プリキュアミラクルユニバース」の惑星ミラクル大統領役として出演されています。

     

    サリー役の石塚英彦さん。

    石塚 英彦さんは、1962年(昭和37年)生まれ。お笑いコンビホンジャマカのボケを担当しています。

    お笑いタレント、グルメリポーター、俳優としてマルチに活躍されています。

    石塚さん個人としては、「メレンゲの気持ち」「ぴったんこカンカン」のグルメコーナーを担当。美味しそうにご飯を食べられる姿はお茶の間でお馴染みですね。

    コンビとしては、「関口宏の東京フレンドパーク ドラマ大集合SP」などに出演されていてます。

    また、テレビ朝日 ザ・テレビ演芸グランドチャンピオンをはじめとするさまざまなお笑い選手権で優勝されています。

    バラエティ番組では、もちろんのこと、ドラマでは、デカワンコ」、「リバウンド」。映画では「20世紀少年」など幅広いジャンルで活躍されています。

    スタッフ

    スタッフ
    • 監督:ピート・ドクター
    • 共同監督:リー・アンクリッチ、デビッド・シルバーマン
    • 製作:ダーラ・K・アンダーソン
    • 製作総指揮:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン
    • 原案:ピート・ドクター、ジル・カルトン、ジェフ・ピジョン、ラルフ・エグルストン
    • 脚本:ダン・ガーソン、アンドリュー・スタントン
    • 編集:ジム・スチュアート
    • 音楽:ランディ・ニューマン
    • テクニカル監修:トーマス・ポーター
    • アートディレクター:ティア・クラッター、ドミニク・ルイス
    • アニメーション監修:グレン・マックィーン、リッチ・クエイド
    詳細を見てみる

    監督であるピートドクターは、ミネソタ州ブルーミントン出身。

    ドクターはピクサースタジオで、『トイ・ストーリー』、『トイ・ストーリー2』、『バグズ・ライフ』、および『モンスターズ・インク』を製作で活躍し、ジブリ映画「ハウルの動く城」の英訳監督も行っています。

    「カールじいさんの空飛ぶ家」では、第37回アニー賞映画監督賞を受賞しました。

     

    本作品の製作総指揮のジョン・ラセターは、映画監督、プロデューサー、アニメーション作家です。

    アメリカ合衆国のカリフォルニア州ハリウッド出身。かつてウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ、ピクサー・アニメーション・スタジオ両スタジオのチーフ・クリエイティブ・オフィサー(CCO)を兼任し、またディズニーパークなどの企画開発を行うウォルト・ディズニー・イマジニアリングのプリンシパル・クリエイティブ・アドバイザーも務めていました。

    「ミッキーのクリスマスキャロル」をはじめ、「トイストーリー」など、ディズニーピクサーの主要作に多く携わってきました。

    口コミ・感想・評価

    「モンスターズ・インク」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそもモンスターズ・インクを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    大人でも楽しめる、モンスターと女の子の友情が描かれたアニメ

    モンスターの個性・ふわふわ感がすばらしい
    2001年公開、だいたい20年も前の映画だなんて。今見ても十分楽しめます!ブーももちろんとっても可愛いのですが、サリーやマイクたち、モンスターの個性(怖がらせる仕事をしているのに、子供が怖いなど)や友情・絆もとても素晴らしくて愛嬌たっぷりです。サリーの毛のふわふわ感の表現もすばらしく、私も抱きしめてほしいと、ずっと思っていました(笑)大人でも楽しめるストーリーで、モンスターの世界に迷い込んでしまったブーとサリー&マイクはいったいどうなってしまうのか、そしてブーとの別れのシーンは涙なしでは見ることはできません。私個人的には、モンスターズインク社で事務をしている、おばさんモンスター「ロズ」のキャラクターが大好きです(笑)
    しろくまさん(30代・女性)
    詳細を見てみる

    モンスター界に紛れ込んだ人間の子どもとエリートモンスターとのふれあいの話。

    ブウがめっちゃかわいい
    子どもの叫び声がモンスター界のエネルギーになっていたなんて知りませんでした。だから驚かしにきていたんですね。逆に、人間の子どものことをモンスターは恐れているという設定がおもしろかったです。ブウはかなりかわいくて、きゅんきゅんしました。これはサリーも彼女を好きになっちゃいますよね。マイクは自分としては納得していないときもあるだろうに、サリーの言い分に付き合っていて、2人の相棒感もすてきでした。また、敵であるランドールも面白いキャラですきだったので、最後の展開は残念です。もう一ど、モンスター界に戻ってきてほしいなと思いました。他のモンスターたちもみな個性的な姿で、彼ら一人一人を見るだけでも楽しい作品です。続編もおもしろかったし、おすすめの映画です。
    マイ3(30代・女性)

    色んな愛を感じれる作品

    友情と愛情が…
    この作品はディズニーとピクサーが製作した長編フルCGアニメーションなんだけど、表情、動きの1つ1つが本当に本物がそこにいるみたいに感じれるの。色使いもめちゃくちゃ素敵で見惚れちゃうくらい!マイクとサリバンの、どんな時でも相手を思って行動する友情と、人間の世界から迷い込んだブーとの奇想天外なお話が見ていて本当に最高!くすっと笑える場面があるのはもちろんのこと、わくわく、ドキドキしっぱなしで、最後は涙なしには絶対に見れない作品だよ。ストーリー自体も頭を使って見なきゃいけないことはないから気軽な気持ちで見てほしいな!今、世界中が悲しいニュースで溢れているけど、そんな時にこそ是非見てほしい。きっと心が軽くなるから。
    mujisiro(30代・女性)

    色鮮やかで、ピクサーの名作です。

    ディズニーの魅力を感じれる作品です。
    非現実的な世界観にワクワクするし、ストーリーも可愛いので最後まで楽しめます。設定もキャラクターの性格も完璧で、夢があって大好きな作品です。全体的に明るくてドタバタしているので、クスっと笑える展開が多いです。なのにラストは何回見ても泣けますね。モンスターの世界なのに、とても温かくて優しいお話です。ドアが沢山出てきたり、過去作品であるバグズライフのトレーラーが出てきたりと、遊び心があって終始テンションが上がります。カラフルな映像だけでも楽しめます。マイク、サリー、ブーのメインキャラはもちろん、他のキャラクターも個性的で愛おしくなります。初めて見たのは子どもの頃ですが、大人になってから見ても楽しめます。
    りんりん(20代・女性)

    笑いと感動両方味わえる

    みんなが楽しめる
    モンスターの中の世界というテーマだけでもおもしろいですが、見ていくうちにどんどんその世界観に引き込まれます。人間の怖がる叫び声を集めてエネルギーに変えて成り立っている世界というのがとてもおもしろいです。人間は悪だという世界で生活している中、人間の子供がモンスターの世界に来てしまい、大混乱が起こります。子供を元の世界に戻そうと悪戦苦闘しているうちに、少しずつ心が通い合い、本当は怖くない、害のない人種なんだと打ち解けていく様子は心がほっこりして温まります。そしてとにかくブーが可愛すぎて癒されます。本当の友情や愛情、色々な枠を超えた気持ちなどを再確認できる、とても優しい気持ちになれる映画だと思います。
    はな(30代・女性)

    子どもから大人まで楽しめる感動的な作品

    ストーリーに感動
    少女ブーを助けたことで陰謀に巻き込まれるも後に彼女の笑い声によって笑顔になれるという展開、サリーの優しさが素敵でした。ブーの笑い声はこの作品を楽しむ上でとても重要なポイントになっています。サリーがブーの笑い声のパワーを新たな会社設立に生かす場面は彼のアイデアに感動しました。絶叫フロアは笑顔に包まれたあたたかい場所へと変化しているのがとても良かったです。さらに最後の方でサリーがマイクの気持ちを察し粉砕されたドアを直してあげるシーンにも心を打たれました。仕事では優しくないサリーですが、ラストでマイクに向けられた思いやりには彼の優しさがよく表れていました。明るい作風で、観る人をあたたかい気持ちにさせてくれる作品だと思います。
    E.I.(30代・女性)

    大人も子どもも楽しめる、分かりやすいストーリー

    世界観が面白い
    ドアがモンスターの世界と子どもの部屋をつながっているという設定が面白いです。子どもにとってはとても夢のある設定ですね。ズラリとドアが並ぶ様を見るとワクワクしてきます。モンスターたちが会社の社員で働いているというのもなかなか見ない設定で面白いです。子ども向けと思って見ましたが大人も楽しめます。ストーリーはよくある感じの問題を乗り越えて絆を深めていく系ですが、そこにモンスターと人間の子どもというのが加わってくるとまた一味違う楽しさがあります。モンスターにも個性があって、まるで人間のように見えてきます。笑えるし、ドキドキもあり感動もできる、盛りだくさんな映画です。結末も素晴らしくマイク・サリーとブーの絆が感じられ、最後はうるっと来てしまいました。
    えみ(30代・女性)

    親子で見てほしい心温まる作品です。

    終始可愛いモンスターとブー
    大好きな作品の一つです。まず設定から、クローゼットの向こう側にはモンスターの世界が広がっていると思うととても面白いです。また、ドアから驚かしてモンスターの世界のエネルギーにする、という仕事の設定もワクワクしました。ピクサー作品は設定やアニメ内の仕組みにワクワクすることがとても多いです。どうしても一緒にはいられないモンスターと人間の友情や絆にとても感動しました。また、とにかく人間界に送りかえして平和に暮らしたいマイクと、ブーに情がわいてきたサリー、そこの対立も人間にもあるような感じでリアルでした。ブーの為にも人間界に送り返そうとしますが、ブーのドアにいざ辿り着きベッドに戻すとき、ブ-が再びドアを開けたとき、感情移入してしまい号泣してしまいました。友情、愛情にあるとても心温まる作品です。
    mami(20代・女性)

    親子で一緒に観て結末を楽しんで

    怖がらせ屋も大変!
    好きな映画3本に入るほど好きでDVD持っています。怖がらせ屋で成績も優秀なサリーとマイクのコンビ。あるときいつものように怖がらせるために入った部屋に子どもがいない、と思ったらこっちの世界に入ってきてしまっていた。慌てて捕まえて戻そうとするもその子のドアが見つからない。人間の子どもがいるなんて知られたらこの世界はパニックに、そしてこの子がどうなるかはわからない。とりあえずみんなにばれないようにその子どもを預かり一緒に生活することに。でもだんだん情がわいてきて・・という感じのストーリーですが、最後の結末がかなり好きです。人間の子どもと一緒に過ごしたりいろいろな事件に巻き込まれたりする中で大事なことに気付きます。子どもを怖がらせてその悲鳴を集めるのではなく・・本当に結末が好きで親子でハラハラドキドキしながら一緒に観たい映画です。
    のいちご(30代・女性)

    可愛いが詰まった心が優しくなれるアニメ

    そうか!笑った方がパワー出るよね!
    モンスター達がとにかく可愛い。今まで思っていたモンスターのイメージとは真逆の可愛くておっちょこちょいで個性豊かなメンバーで内容的にも子供に見せるにはピッタリだと思う!世界の子供達の泣き声エネルギーを集めることがモンスターズインクでの仕事だけど、最後の大どんでん返しがたまらない!とってもハッピーエンドで見ている側もハッピーになる。それまでの内容もすごく充実していてつまらないシーンが全くない。サリーとマイクのコンビ関係もナイスコンビの時もあれば、不仲になって心が離れかけてしまう時もあってアニメ映画とはいえハラハラドキドキなシーンがたくさんある。ブーという人間の女の子もとっても可愛くてサリーの気持ちが持っていかれるのもすごく共感できる。最後のドアを開けるシーンが何度見ても泣ける。
    あやこ(30代・女性)

    その他ネットの口コミ・感想・評価

    詳細を見てみる

    あわせて見たいおススメ作品

    ここでは『モンスターズ・インク』とあわせて、『モンスターズ・インク』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
    ジェームズ・コバーンのおススメ関連作品

    これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

    ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

    映画『モンスターズ・インク』のまとめ

    モンスターズ・インクのフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

    本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『Disney+ (ディズニープラス)』でしたね!

    超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

    無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    \31日間無料トライアルキャンペーン中/

     

    ※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。