\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円

>>無料で今すぐ「ちゅらさん」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「ちゅらさん」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「ちゅらさん」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『ちゅらさん再放送2020』ってどんな作品?

NHK連続テレビ小説の第64作目となる「ちゅらさん」は、沖縄ブームのきっかけをつくるほどの大ヒットを記録した、人気脚本家・岡田惠和さんが贈る、沖縄の家族愛とさまざまな人間模様を綴った珠玉のホームドラマです。

子供の頃に描いた看護師の夢、初恋の人・上村文也・・・初めて抱いた“憧れ”に向かって、まっすぐに生きるヒロイン・古波蔵恵里が、沖縄と東京を舞台に、家族や郷土の人々と深く心を通わせ、恋愛や結婚、子育てなど、さまざまな出来事を経験し、大人へと成長する姿を描きます。

主演は、ヒロイン・古波蔵恵里を演じた国仲涼子さんです。

また、恵里の初恋で運命の人・上村文也を、小橋賢児さんが演じます。

その他、堺正章さん田中好子さん平良とみさん山田孝之さんなど、沖縄に縁のある個性的な俳優陣が、心温まるホームドラマを華やかに彩ります。

脚本は、心震わせるセリフの数々を紡ぎ出してきたヒットメーカー・岡田惠和さんです。

かけがえのない家族の絆”と“命の尊さ”をテーマに、沖縄の海のような透明感を持ったヒロインのびやかな人生の描写が、視聴者の爽やかな笑顔と、ときにはホロリと頬を伝うような涙を誘う、そんな人間ドラマの傑作です。

結論から言うと、ちゅらさんのフル動画を無料視聴するには、動画配信サービス『TSUTAYAディスカス/TV』の無料お試し期間を利用するのが一番おススメです!

今すぐに動画を見たい方は、TSUTAYAディスカス/TVの公式サイトをチェックしてみてください。

 

当記事では、なぜ『TSUTAYAディスカス/TV』がおススメなのか、その理由を丁寧に解説していきます。

その他にも、ちゅらさんのネタバレなしの簡単なあらすじキャスト・スタッフ情報感想・評価をまとめるとともに、『あわせて見たいおススメ作品』もご紹介していますので、是非参考にしてみてください♪

『ちゅらさん』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

結論から言うと、ちゅらさんの見逃しフル動画は、TSUTAYA DISCAS/TV(ツタヤディスカス/TV)で視聴するのがおススメ!

CMなし・30日間無料・フル動画で、安心、安全、快適に視聴することができます。

TSUTAYAディスカス/TVは有料のレンタルDVD宅配サービス/動画配信サービスですが、30日間の無料お試し期間あり!DVD8枚まで無料レンタルできるうえ、1,100円分のポイントで新作も見れる!

もちろん、無料トライアル期間中に解約すれば、一切料金はかかりません!

\23万本以上の作品がレンタルできる/

※無料期間中の解約で、0円。

ちゅらさんの動画配信状況

TSUTAYAディスカス/TVを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「ちゅらさん」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
×
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年10月時点で、「ちゅらさん」の無料視聴が可能となっているのはTSUTAYAディスカス/TVのみです。

『TSUTAYAディスカス/TV』のサービス概要や特徴

TSUTAYAディスカスTV公式サイト

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップクラスの30日間無料でお試しできます。

旧作DVDなら制限なしで借り放題、しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付きなので、本来課金が必要な新作も実質0円で見れちゃいます。

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な見放題作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    デメリットとしては、DVDレンタルの場合は配送時間がかかってしまいますが、北海道・九州を除き翌日の配達率が98%以上なので、「今すぐに見たい!」という方以外は問題なさそうです。

    また、30日間の無料期間中は「TSUTAYAディスカス」では新作DVDのレンタルができませんが、「TSUTAYA TV」で配信されていればタダでもらえる1100ポイントを利用して実質0円で見れるので、上手くデメリットが補われている印象ですね。

    いずれにしても、業界トップクラスの30日間の無料期間があり、好きな時に解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

     

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    『TSUTAYAディスカス/TV』で見れる動画コンテンツ

    「ちゅらさん」以外に、TSUTAYAディスカス/TVで見れる人気の動画コンテンツをご紹介します。

    TSUTAYA人気邦画・ドラマ作品
    • SPEC
    • イタズラなKiss
    • アンナチュラル
    • きみはペット
    • JIN-仁-
    TSUTAYA人気洋画作品
    • ラ・ラ・ランド
    • キングスマン
    • バイオハザード
    • メイズ・ランナー
    • マトリックス
    TSUTAYA人気アニメ作品
    • 鬼滅の刃
    • スラムダンク
    • ドラゴンボール
    • 今日から俺は!!
    • 怪盗グルーのミニオン危機一発
    ジブリ作品
    • 天空の城ラピュタ
    • となりのトトロ
    • ハウルの動く城
    • 風の谷のナウシカ
    • 借りぐらしのアリエッティ
    • 千と千尋の神隠し
    • 魔女の宅急便
    • もののけ姫
    • 風立ち
    • 耳をすませば
    • かぐや姫の物語
    • 崖の上のポニョ
    • 思い出のマーニー
    • 紅の豚
    • ルパン三世 カリオストロの白
    • ゲド戦記
    • コクリコ坂から
    • 平成狸合戦ぽんぽこ
    • 火垂るの墓
    • 海が聞こえる
    • おもひでぽろぽろ

    特に、大人気のジブリ作品は他の動画配信サービスでは配信しておらず、TSUTAYAディスカス/TVでしか見れないのも特徴のひとつ。

    これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、最新の情報はTSUTAYAディスカス/TVで確認してみてください♪

    \人気作品も豊富/

     

    『TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV』の口コミ

    「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    そんな方のために、実際に「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

    豊富な作品が見放題!

    他の動画配信サービスでは新作や話題作しか配信されていなくて、見たい作品や懐かしいアニメが無い…という事がありますが、TSUTAYA TVは旧作が豊富に揃っています。どの年代でも楽しめるので、家族の仲も深まるでしょう。無料お試し期間が30日もあるので、どれほどの魅力が詰まっているのか存分にたしかめる事が出来るのも嬉しいですね。ただ他のVODに比べるとオリジナル作品が無いのでコンテンツとしては物足りなく感じる事もあるかもしれません。
    ゆいぴぴ(20代・女性)
    詳細を見てみる

    動画時代にディスクの良さを

    最近は動画配信されている作品が多く、気軽に映画やドラマを楽しめる様になりました。
    わざわざディスクを借りて見るなんて面倒くさいと考える方もいるかもしれませんが、TSUTAYAディスカスだとかなりお得に新作、準新作を毎月最大8枚、旧作に関しては借り放題と映画好きには堪らない仕様になっている事をご存知ですか?
    流石TSUTAYAというだけあって、ラインナップも豊富。
    動画では味わえない映像特典や趣向が凝らされたメニュー画面も楽めます。
    郵便での配達となるので、その間待ちきれないという方はTSUTAYATVに合わせて加入するのがオススメ。
    毎月、TSUTAYATVとディスカス分のポイントが2000ポイント以上入るので、新作を実質無料で楽しめる他、ドラマのまとめ買いにも使用可能ですので、他のサイトでは有料のドラマも手軽に楽しめます。
    勿論、見放題作品も豊富で、新しめの作品や人気作品多数。
    映画、ドラマ好きな方にはかなりオススメのシステムだと思います。
    月に30本映画を見る私にとっては欠かせない日々の活力となっている事は間違いありません。
    無料お試しもあるので、迷っている方は是非。
    白鷺千聖(40代・女性)

    田舎暮らしの人には便利

    私は田舎暮らしをしていて、近くにCDショップやDVDを販売している店もなく車で時間をかけてお店に行かなくては行けません。またそこも商品が少ないため取り寄せ…。それからレンタルに頼るようになりました。近くにレンタルショップはあるのですが新作を沢山集めてるだけだったり、韓流ドラマのDVDばかりで見たいものも見れず。CDもほとんど取り扱っていなかったので何かいいものはないかとTSUTAYA DISCASを見つけて利用するようになりました。料金は直接借りるより高めですが、商品数も多いですし店に出向かなくていいので田舎暮らしで近くにお店が無いという人には本当にオススメです。
    ひなた(40代・女性)

    見たいものが必ずみつかる!

    韓国ドラマが好きでよく見ています。動画サービスは他にもたくさんありますが、比較的新しいものやヒットしたものはどこにでもあるものの、古いものやマニアックなものがなかなか無いんです。ある俳優さんの初期の作品が見たくて探しまわり、ツタヤディスカスでやっと見つけて見ることが出来ました。ドラマは全部見放題で見れたし、古い映画はレンタルで借りることが出来ました。レンタルもネットで申し込むとすぐに発送され、返却もポストに投函するだけなのでとっても便利でした。今まで見れなかった作品を見ることが出来て、とっても感謝しています。プランも色々あるので選べますし、ポイントもつくので見放題以外の話題の映画もついでに見ちゃいました。30日間無料お試しで、まずは試してみてることをお勧めします。
    ruchia(50代・女性)

    無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    『ちゅらさん』の作品情報

    基本情報

    作品名ちゅらさん
    原題
    原作
    制作年2001年
    製作国日本
    制作会社(配給会社)NHK
    公開年(公開日)2001年4月2日
    上映時間(話数)15分、156話
    公式サイトhttps://www2.nhk.or.jp/archives/search/special/detail/?d=asadra025
    公式Twitter
    公式Facebook
    公式Instagram
    主題歌

    あらすじ

    人気脚本家・岡田惠和さんが贈る、沖縄の美しい自然を背景にあたたかな家族の絆とさまざまな人間模様を綴った珠玉のホームドラマです。

    NHK連続テレビ小説の第64作目となる本作は、沖縄ブームのきっかけをつくるほどの大ヒットを記録し、続編も4編制作されました。

    子供の頃に描いた看護師の夢、初恋の人・上村文也・・初めて抱いた“憧れ”に向かって、まっすぐに生きるヒロイン・古波蔵恵里が、沖縄と東京を舞台に、家族や郷土の人々と深く心を通わせ、恋愛や結婚、子育てなど、さまざまな出来事を経験し、大人へと成長する姿を描きます。

    沖縄の海のような透明感を持ったヒロインが、ドラマチックな人生経験を経て、愛すべき大人へと変貌を遂げていく姿が、不思議と観る人を励ましてくれます

    かけがえのない家族の絆”と“命の尊さ”というテーマが、爽やかな笑顔と、ときにはホロリと頬を伝うような涙を誘う、そんなのびやかな人間ドラマです。

     

    “ちゅらさん”とは、美しいものを指す言葉です。

    沖縄・小浜島で暮らす古波蔵恵里は、まさにこの言葉のような清らかさを持って生まれました。

    民宿を営む父親・恵文と母親・勝子、兄の恵尚と恵達、そして祖母・ハナ・・・。

    恵里を見守る家族たちとともに、美しい海、緑豊かな山々に抱かれ、のびのびと過ごす毎日です。

    彼女の性格は、大自然に育まれた“沖縄の美しさ、そのもの”のようでした。

    そんな彼女は、小学校のときに運命の出逢いを果たします。

    上村文也。

    島で結婚の約束をした、この東京の少年のことを、いつまでも忘れられません。

    文也との再会を誓った恵里は、高校卒業後に上京するのでした。

    そして、運命の赤い糸は、2人を劇的な再会へと導きます。

    医師となっていた文也と、再び向き合えた恵里。

    さまざまな事情を乗り越えて、ようやく初恋の人と結ばれた彼女は、永遠の幸せを手にしたかに思えましたが・・・。

    祖母・ハナの言葉、「命どう宝(命が一番大切)」を胸に、恵里と文也が波瀾万丈の人生に立ち向かいます。

     

    主演は、初恋の人と運命の再会を果たし、少女のころの夢を現実にしたヒロイン・古波蔵恵里を演じた国仲涼子さん

    そして、恵里の初恋で運命の人・上村文也を、小橋賢児さんが演じます。

    その他、堺正章さん田中好子さん平良とみさん山田孝之さんなど、沖縄に縁のある個性的な俳優陣が、心温まるホームドラマを華やかに彩ります。

    脚本は、陽だまりのような世界観とひたむきに生きる魅力的な人物造形、観る人に喜びと勇気を与える洗練されたセリフ劇で、幅広いファン層を獲得しているヒットメーカー・岡田惠和さんです。

    命どう宝(命が一番大切)

    命あるもの、必ず別れが訪れます。

    それは必然ではありますが、だからといって愛や友情を諦めるのではなく、家族や大切な人にこそ、自分の想いを素直にぶつけて、今この瞬間を輝かせましょう。

    私たちの限りある人生を後悔しないためにも、カタチは見えなくても、確かにそこにあるもの・・・“”を育むことで、自分の生きた証を残すことこそ、“命を大切にする”ことだと思うのです。

    キャストとスタッフ

    ちゅらさんのキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • 上村(古波蔵)恵里: 国仲涼子(少女時代 : 浦野未来)
    • 古波蔵 ハナ: 平良とみ
    • 古波蔵 恵文:堺正章
    • 古波蔵 勝子:田中好子
    • 古波蔵 恵尚:ゴリ(ガレッジセール)(少年時代 : 宮谷恵多)
    • 古波蔵 恵達: 山田孝之(少年時代 : 村上雄太)
    • 上村 文也:小橋賢児(少年時代 : 山内秀一)
    • 上村 和也:遠藤雄弥
    • 上村 静子:真野響子
    • 上村 伸生:勝野洋
    • 上村 和也:鈴木翔吾
    • 島田(桐野) みづえ:丹阿弥谷津子
    • 島田 大心:北村和夫
    • 城ノ内 真理亜:菅野美穂
    • 柴田 幸造:村田雄浩
    • 柴田(池端) 容子:余貴美子
    • 下柳 聡子:戸田恵子
    • 古波蔵(佐々木) 奈々子:佐藤藍子
    • 古波蔵(中町) 祥子:山口あゆみ
    • 西宮 遙:小西真奈美
    • 神田 秀美:清水ミチコ
    • 太田 春子:谷川みゆき
    • 篠原 美保:高橋美佳子
    • 村山 麻衣子:菊地凛子
    • 倉田 りほ: 橋爪しのぶ
    • 土井:佐藤匡美
    • 兼城 昌秀: 藤木勇人
    • 島袋 正一:川田広樹(ガレッジセール)
    • 与那原 誠:宮良忍
    • 与那原(前原) 琉美子: 前原絵理
    • 与那原 彩乃:佐藤琴未
    • ジョージ 我那覇:鮎川誠
    • 我那覇 猛:川平慈英
    • 黒島: 比嘉栄昇(BEGIN)
    • 仲間:肥後克広(ダチョウ倶楽部)
    詳細を見てみる

    ヒロイン・古波蔵恵理を演じるのは、国仲涼子さんです。

    沖縄の海のような、透明感が魅力の国仲凉子さん。

    NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」のヒロイン役で、一躍国民的女優への階段を駆け上がったシンデレラガールです。

    出身地の沖縄を舞台にした本作は、続編が4シーズンも制作されるほどの大ヒットを記録し、主演の国仲さんが見せた瑞々しい演技も脚光を浴びます。

    その後も話題のテレビドラマに続々出演し、「みんな昔は子供だった」で民放の連ドラで初主演すると、「タンブリング」、「マドンナ・ヴェルデ 娘のために産むこと」「俺の空 刑事編」などで抜群の存在感を発揮。

    映画でも、初出演を果たした「ミラーを拭く男」がモントリオール世界映画祭に出品されたのを皮切りに、「HERO」、「感染列島」、「ダーリンは外国人」などにも出演している、沖縄の風土のように優しいあたたかさを持った清純派女優です。

    恵理の特技は沖縄の伝統舞踊である琉球舞踊です。しかし、国仲さんは琉球舞踊は未経験。「最初は振りを覚えるだけで精一杯でした」と、今ではすっかり上達した琉球舞踊の思い出を語っていました。

     

    恵里の運命の人・上村文也は、小橋賢児さんが演じます。

    俳優だけでなく、音楽イベントプロデューサーやDJ、映画監督としても活躍する小橋賢児さん。

    子役として芸能界デビューした後は、 テレビドラマを中心に活動し、「人間・失格〜たとえばぼくが死んだら」や「若葉のころ」、「青の時代」など、青春期に揺れる若者の心情を等身大で演じ、注目を集めます。

    そして、本作「ちゅらさん」への出演で、本格的な大ブレイクを果たすと、一気に人気俳優としての地位を確かなものにします。

    ところが、2007年に芸能活動を休止。

    アメリカをはじめ世界各地を旅して研鑽します。

    09年に帰国後、イタリア、スペイン、アイルランドとの合作映画「Imago Mortis」に出演したのを皮切りに映画業界に進出。

    11年にSKIPシティ国際Dシネマ映画祭にてSKIPシティアワードとSKIPシティDシネマプロジェクトをW受賞した「小橋賢児『頭スパークして』監督に」や、初の映画監督作「DON’T STOP!」などで、クリエイターとしての才能も発揮すると、以降は活躍の場を、演じる側から制作・プロデュース側へと移行しました。

    現在は俳優活動は引退し、世界最大級のエレクトロダンスミュージックフェスティバル「ULTRA MUSIC FESTIVAL」のアジア上陸イベント、「ULTRA KOREA ULTRA JAPAN」のクリエイティブディレクターを務めるなど、世界で輝く新鋭として飛躍を遂げています。

     

    堺正章さんが演じるのは、父・古波蔵恵文です。

    日本を代表する名司会者として、今も第一線で活躍を続けている堺正章さん。

    グループサウンズ全盛期の伝説的バンド、ザ・スパイダーズのメインボーカルとして華々しく芸能界デビューを飾ります。

    バンド解散後は、ソロの歌手としてアーティスト活動をする傍ら、コメディアンや、バラエティーの司会者として、お茶の間から絶大な支持を獲得します。

    俳優としても、本作の連続テレビ小説「ちゅらさん」に代表される、日本の父親像を象徴するような役柄を軽快に演じて好評を得た、日本を代表するマルチタレントです。

     

    母・古波蔵勝子を演じるのは、田中好子さんです。

    73年、伊藤蘭さん、藤村美樹さんと共に伝説的アイドルグループ・キャンディーズを結成。愛称の「スーちゃん」でみんなから愛された田中好子さん。

    キャンディーズ解散後は、女優業をメインに活動し、ドラマや映画で、その凛とした雰囲気そのままの女性像を好演します。

    映画「黒い雨」ではブルーリボン賞主演女優賞を受賞した、昭和・平成という時代を真っ直ぐに駆け抜けた実力派女優です。

    新シーズン撮影時、前作を振り返って、田中さんは「わが古波蔵家の子供たちもどんどん第一線で活躍するようになり、それを母のような気持ちで、そして一ファンとして見守っているこの頃ですが、いざ収録でみな集まると、すぐに家族に戻れるのは、さすがちゅらさんファミリーだと思います。」と話しています。

     

    次兄・古波蔵恵達は、山田孝之さんが演じます。

    個性派俳優として突き抜けた存在感を放つ山田孝之さん。

    世間から注目されるきっかけとなったのが、このNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」での好演でした。

    熱い想いを抱く青年を等身大で演じ、その爽やかなイメージは、ドラマ版「ウォーターボーイズ」など、その後の出演作品でも継承されます。

    主演ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」、「白夜行」でも感情豊かな演技を披露し、絶対的な人気を不動のものにします。

    以降はテレビドラマだけでなく、映画でも素晴らしい演技を見せ、映画デビュー作の「ドラゴンヘッド」や、映画初主演作の「電車男」など記憶に残る良作に続々と出演。

    最近でも「クローズZERO」や「闇金ウシジマくん」シリーズ、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」、映画「凶悪」など、幅広いジャンルの作品で徹底した役づくりに妥協を許さない、異彩を放つ実力派俳優です。

    芝居について訊かれた際、山田さんは「17歳のとき、朝ドラ「ちゅらさん」をやっていたときに、ふと、ああ…芝居って楽しいかもって思ったんです。芝居自体を楽しいと思ったのはそのときからですね」と、感慨深く振り返っていました。

     

    古波蔵ハナを演じるのは、平良とみさんです。

    沖縄のおばぁとして、国民から愛された平良とみさん。

    映画「ナビィの恋」のナビィ役として注目を集めると、NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」で大ブレイク。

    そのおおらかな性格と優しい語り口で、一躍日本のおばあちゃんとして人気となります。

    「ちゅらさん」への出演交渉のとき、「このドラマに出ることは沖縄のためになりますか」と訊ねたとみさん。このことが忘れられないという脚本担当の岡田さんは、「襟を正す思いで『必ずそうなるよう頑張ります』と答え、『じゃあやってみます』と快諾してもらった。おばぁの役そのままのすてきな方でした」と振り返っています。

    スタッフ

    スタッフ
    • 脚本:岡田惠和
    • 制作統括:菅康弘
    • 制作:越智篤志
    • 技術:鈴木秀夫、田中満
    • 美術:山下恒彦、西之原豪
    • 音響効果:平塚満、山田正幸、畑奈穂子
    • 編集:久松伊織、井坂尚子
    • 撮影:中村忍、熊木良次
    • 照明:久慈和好、青井紀子
    • 音声:奈良孝広
    • 映像技術:水元祐二、田淵英明、米山博之
    • 美術進行:江良勝紀
    • 演出:榎戸崇泰、遠藤理史、大友啓史、渡辺一貴、藤井靖、高橋練、堀切園健太郎
    • 音楽:丸山和範
    • 演奏:新音楽協会
    • ピアノ演奏:リチャード・クレイダーマン、丸山和範
    • 主題歌: Kiroro『Best Friend』
    • ギター・バンジョー・ウクレレ演奏:千代正行
    • サックス・フルート・クラリネット演奏:平原まこと
    • ハープ演奏:朝川朋之
    • 語り:平良とみ
    詳細を見てみる

    脚本は岡田惠和さんです。

    連続ドラマを中心に、映画、舞台などの脚本を多数手がけてきた人気脚本家の岡田恵和さん。

    陽だまりのような世界観とひたむきに生きる魅力的な人物造形、観る人に喜びと勇気を与える洗練されたセリフ劇で、幅広いファン層を獲得しています。

    ドラマ「彼女たちの時代」で文化庁芸術選奨文部大臣新人賞、本作のNHK連続テレビ小説「ちゅらさん」では第10回橋田賞と第20回向田邦子賞を受賞するなど、脚本家として芸術性を高く評価され、稀代のストーリーテラーとしての地位を確立します。

    最近では、脚本家としてのキャリアも円熟味を増し、自身3度目の連続テレビ小説「ひよっこ」の脚本にも挑戦。

    その他、テレビドラマ「最後から二番目の恋」、「この世界の片隅に」や映画「いま、会いにゆきます」「雪の華」「いちごの唄」など、魅力溢れる物語を、今も第一線で紡ぎ続けているヒットメーカーです。

    ちゅらさんの制作秘話を訊ねられた岡田さんは、「『ちゅらさん』のときも『おひさま』のときも、大きなものを任されている意識はあったけれど、結果に対するプレッシャーはあまりなかったです。実際は、あったかもしれないけれど、僕は感じませんでした」と嬉しそうに語っています。

    口コミ・感想・評価

    「ちゅらさん」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそもちゅらさんを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    老若男女に受け入れられる心温まるストーリー

    引き寄せた結末に心震える
    国仲涼子さん演じる恵里が魅力的であると共に沖縄の風景や人柄に癒される作品でした。幼少期に出会った文也に運命を感じてからずっと文也のことを思い続けている恵里の一途さに胸が熱くなります。幼少期に出会って以来会っていない文也に会うために上京するという大胆さに驚きますが、恵里の持ち前の明るさに恵里なら大丈夫という不思議に安心感が生まれます。また、恵里のにじみ出る優しさから出会った人を惹き付ける姿は恵里の人柄の良さを強く感じさせます。文也と再会するも最初は困惑していた文也ですが、徐々に恵里に惹かれていく様子に気持ちが高まったのを覚えています。紆余曲折ありながらも恵里と文也が結婚となった結末に心から祝福できました。運命を引き寄せた恵里に感動すると共に恵里によって変わり、変わったことで恵里へ良い影響を及ぼした人たちとの出会いに美しさを感じました。人との繋がりの素晴らしさを感じた作品です。
    parapi(30代・女性)
    詳細を見てみる

    美しい舞台とナレーションに癒されるドラマ

    舞台の沖縄に癒される
    舞台はもちろん、ナレーションにも沖縄らしさが出ており観ていて癒されるドラマでした。舞台は沖縄の離島小浜島であり、主人公が生まれ育った沖縄のシーンでは美しい島の景色が登場します。青い空の下、沖縄の伝統的な赤瓦の古民家が立ち並ぶ景色はのんびりとした空気が漂って素敵です。さらにナレーションを務めるのはおばあ役の平良とみさんで、ゆっくりとした優しい語り口調に固くなった心が解けていくような感じがします。視聴者を癒す島の景色とおばあの語り口調はこの作品の大きな魅力になっているため必見です。私はこのドラマをきっかけに沖縄が大好きになりましたが、心癒される雰囲気に観た人はきっと沖縄が好きになるだろうなと思いました。
    E.I.(30代・女性)

    朝ドラの王道のヒロインと、個性的な周りの人たちとの交流が楽しめるドラマ

    沖縄の小浜島で育った女の子が看護師を目指し、人として成長する姿が描かれます。
    国仲涼子主演の朝ドラです。沖縄の小浜島で育ったえりぃが、看護師を目指して上京し、家族との絆に支えられながら成長する姿を描いています。家族や職場、下宿先人たちなど、えりぃを取り巻く人たちがみんな個性的です。いつも明るく、にぎやかな雰囲気があります。その様子は、毎話くすっと笑えるシーンがあると言っても過言ではありません。そして、心温まるエピソードもたくさんありました。沖縄のゆったりした雰囲気や言葉が根底にあることは大きいと思います。おばあ役の平良とみさんの語り口がとても優しく、耳に心地よかったです。国仲涼子もとても可愛かったです。看護師を目指し、職場で奮闘する様子は応援したくなります。初恋を信じているピュアな様子も、とても可愛かったです。
    マキノ(30代・女性)

    みたら沖縄にいきたくなるドラマ

    沖縄の美しい海と爽やか姉弟!まさにちゅらさん
    沖縄の海を余すところなく感じることができる、朝の連続テレビ小説「ちゅらさん」。kiroroの優しい歌声から始まる15分は毎回優しい気持ちになります。出演者みんなな沖縄弁が可愛らしく、つい笑顔になってしまいます。なんといっても、国仲涼子さん演じるえりと、山田孝之さん演じる恵達の兄弟が爽やかで、若くて、愛おしいキャラクターで、虜になってきますよ!沖縄の雄大な環境で育ったエリが、大人になりいろんな経験すると、つい親の目線でみてしまいます。紆余曲折あるものの、エリと関わる人達はみんな優しくいい人で真の悪い人は出てこない、温かいドラマだと思います。また、忘れがちですが、ガレッジセールのゴリさんが長男なので、そこだけ笑えるポイントです。
    チーズ(40代・女性)

    人間味あふれる作品だと思います。

    家族の絆や友人とのかかわり方
    ちゅらさんは、国仲涼子さん主演のドラマ。高校生の時に、毎朝欠かさず見ていたのを覚えています。沖縄出身の主人公が、東京で看護師になりアパートの住人や職場の人たちとの日常を描いた作品。出演者の方達も豪華でした。私自身が鹿児島出身で、出演している山田孝之さんと小西真奈美さんも同じ出身地だったのでとても学校で話題になっていました。上村恵理が、いろんな人と仲良くなっていく姿をうらやましく思っていました。恵理が結婚するところも出産するところもなんだか応援したくなるそんな作品だったのを覚えています。恵理が病気になったとき子供の和也も病気になって、自分の病気を他の人に言わず和也の病気を治そうとするところを見てお母さんって本当にすごいと感じました。全体的に大好きな作品です。ゴーヤーマンが流行ったのもすごく覚えています。
    shi(30代・女性)

    ほっこりさせれっぱなしです。

    沖縄の雰囲気が伝わったドラマ
    国仲涼子さんの初々しいさがとても良かったです。ヒロインの幼少期の小浜島でのシーンがとても好きでした。のんびりとして風景に癒されたのを覚えています。平良とみさん演じる古波蔵ハナの包み込むような優しさに何故か涙していました。まさに沖縄の「おばぉ」と言う感じでした。その他に印象に残ったのは、堺正章さん演じる古波蔵恵文の沖縄の方言が変だったと言う事でしょうか(笑)。沖縄の方言は難しいのでしょうかね?芸能界の重鎮 堺正章さんでも厳しかったんですね。でも、それが逆にしっかりと印象に残ってしまったと思います。変な沖縄の方言でも、沖縄の人ののんびりした部分などをしっかりと演じていたと思います。とても好きな朝ドラでした。
    BBK(40代・男性)

    今を生きる原動力になる

    元気がもらえる
    当時見ていて、国仲涼子さんの笑顔がとても綺麗で可愛くてそれだけで元気をもらえていました。そしておばあの言葉にほっこりし、沖縄出身のイケメン俳優陣(山田孝之、ガレッジセールのゴリ、DA PUMPなど)にニヤリとしていました。また主題歌だったキロロのベストフレンドは今でもフルコーラスで歌える数少ない私の十八番です。青春と大人の狭間で成長し変わっていく姿を粗くも美しく描かれたストーリーに自分を重ねてのめり込むように観たのでした。私にとっては遠い沖縄を初めて身近に感じた時期でもありました。教科書で沖縄の戦争の事を学んではいたものの、どこか遠いところの出来事のような気がしていたので、沖縄の言葉や文化、人に触れて魅力を発見したのでした。
    m(30代・女性)

    沖縄を舞台にした朝ドラ

    朝を活気つけてくれました。
    当時はこれを観てから朝でかけていくか、時間的に厳しいときは録画していくかをやっていた自分の若かりし頃の懐かしい気持ちがよみがえる思い出の作品の一つですが、沖縄という街を当時は行ったこともなく知らない場所だったのでそういった本州とは別世界をテレビの中だけども観れた楽しさが観光とはいかないけども明らかに本州と異なっていて驚きがありました。個人的には余貴美子さんが演じていた容子さんが大人らしく芯のある言葉をよくかけてくる場面が好きでよく楽しみにしていました。主演の国仲涼子さんがまだ若くキラキラしていたのも美しかったですがそれ以上にKiroroさんの主題歌が作品のテイストにぴったりで耳に残る雰囲気も良くて素敵でした。
    やす(30代・男性)

    その他ネットの口コミ・感想・評価

    詳細を見てみる

    『ちゅらさん』のまとめ

    ちゅらさんのフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

    本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『TSUTAYAディスカス/TV』でしたね!

    超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

    無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    \30日間無料キャンペーン中/

    ※無料期間中の解約で、0円。

    ※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。