篠原友希子(ゆき子)さんという女優さんをご存知でしょうか?

最近では人気刑事ドラマ「相棒19」に、相棒史上初の女性捜査一課刑事として出演し、何かと話題になっています。

そんな篠原さんをネット上で検索してみると、名前とともに「脱いでる共食い動画」というワードが出てくるんです。

何やら怪しげなこのワード。

気になりますよね?

そこで今回は『篠原友希子(ゆき子)「脱いでる共食い動画」ってなに?濡れ場シーンがあるの?』と題して、篠原ゆき子さんの気になる動画について調べていきたいと思います!

篠原友希子(ゆき子)「脱いでる共食い動画」ってなに?

「篠原ゆき子 脱いでる」「篠原ゆき子 共食い」などで検索してみたところ、2013年に「共喰い」という映画に出演されていたことがわかりました!

主人公の父の愛人役として出演されているんですが、その体を張った濡れ場がすごい!と公開当初から話題になっていたようです。

とにかく「エロい」ということがわかりました…。

いったいどんな映画なのか気になりますよね?

さっそく見ていきましょう!

映画「共喰い」って?

まずは本作についてご紹介します。

概要

「共喰い」
公開年:2013年
原作:田中慎弥「共喰い」(集英社)
監督:青山真治(「EUREKA」「東京公演」)
キャスト
遠馬:菅田将暉
千種:木下美咲
琴子:篠原友希子
遠馬の父・円:光石研
遠馬の母・仁子:田中裕子

原作は田中慎弥さんの短編小説。第146回芥川賞を受賞しています。

監督は、女優のとよた真帆さんを奥さまに持つ、青山真治さんが務めました。

あらすじ

昭和63年。高校生の遠馬(菅田将暉)は、父(光石研)と父の愛人・琴子(篠原友希子)と暮らしている。実の母・仁子(田中裕子)は家を出て、近くで魚屋を営んでいた。遠馬は父の暴力的な性交をしばしば目撃。自分が父の息子であり、血が流れていることに恐怖感を抱いていた。そんなある日、遠馬は幼なじみの千種(木下美咲)とのセックスで、バイオレンスな行為に及ぼうとしてしまい……。

たった数行のあらすじを読むだけでも、本作の過激さが伝わってきますね!

キャスト

主人公の青年を演じたのは菅田将暉さんです。

共演には女優の木下美咲さん。

そのほか、名バイプレーヤーの光石研さんや、

ベテラン実力派女優、田中裕子さんら脇を固めています。

(写真中央が田中裕子さん)

篠原友希子(ゆき子)さんって?

さて、そんなキャストの中でもひときわ観客の目を奪ったのが、父親の愛人・琴子役を演じた篠原ゆき子さんです。

どんな女優さんなのでしょうか?

1981年生まれの篠原さんは、モデルやタレント活動ののちに、役者としてデビュー。

数々の映画やドラマに出演されています。

大胆に体を張って挑んだ本作品で、高崎映画祭最優秀新進女優賞を受賞

演技力が高く評価されました。

産科の医師たちをクローズアップしたドラマ「コウノドリ」では、赤ちゃんを死産してしまう妊婦さんという悲しく難しい役柄を演じきり、放送後には自身のブログにメッセージが殺到するなど、大反響に。

また、映画「深夜食堂」では、本作で愛人をしている光石研さんと再共演を果たしています。

最近では人気刑事ドラマ「相棒」で本ドラマ史上初の捜査一課・女性刑事として出演し、放送初回から話題となりました。

独特な雰囲気を持つ篠原さんの演技力は、ネット上でも映画ファンから高く支持されています。

感想からも分かるように、その独特な雰囲気が魅力の女優さんなんですね!

篠原友希子(ゆき子)「脱いでる共喰い動画」濡れ場シーンも?

そんな篠原さんですが、評判通り本作でのベッドシーンではかなり体張ってます。

ちゃんと脱いでます。

物語の中では、愛人である円とも、その息子の遠馬とも体の関係を持つことになるのですが、どちらのシーンも本当に過激です。

そんな濡れ場シーンの動画を探してみましたが、そのシーン自体が映っているものはなかったので、予告動画を載せておきます。

 

※ちなみに、動画全編を無料で視聴する方法がありましたので、こちらの記事にまとめました。

予告動画で気になった方はこちらもどうぞ☆

 >>【無料動画フル】共喰い(映画) の見逃し配信を無料視聴する方法!菅田将暉主演でキャストやあらすじ感想評価も!

予告動画 30秒バージョン

予告動画 1分50秒バージョン

この予告動画を見るだけでも本作の世界観が伝わってきませんか?

一瞬映る琴子が、顔にアザを作りながらも笑顔でいるところに切なくなります。

光石研さんの「デザイナー渋井直人の休日」で見せるほのぼのおじさん感と、本作で琴子へ暴力をふるう男のギャップが凄すぎるので、光石さんファンの方はこの映画を見ると少し嫌いになっちゃうかもしれません…。

篠原友希子(ゆき子)さんの脱いでる濡れ場シーンへの感想

本作の篠原ゆき子さんの濡れ場シーンには、ネット上でさまざまな感想があがっていました!

いくつかご紹介します。

 

「ちゃんと脱いでる」というところに評価が高く、女優さんたちの思い切った演技が絶賛されていました。

ただ「エロい」だけではない演技力が、この作品に深みを出しているのかもしれません。

やはりこういう作品では中途半端に描写するのではなく、テレビドラマでは流せないようなシーンを大胆にやりきってこそ、映画ならではの良さが出るのではないかなと感じました。

ちなみにこの映画では篠原さんだけでなく、共演の木下美咲さんもかなりがんばっています!

やり切った女優さんたちに拍手ですね。

篠原友希子(ゆき子)さん主演最新作 予告動画!

最後に、12月4日公開予定の篠原ゆき子さん主演最新映画の予告動画がありましたので、ご紹介しておきます!

篠原さんはつい先日この「ミセス・ノイズィ」で、アジア太平洋映画祭において主演女優賞を受賞しました。

「共喰い」とはまたまったく違った篠原さんを見ることができますよ。

気になった方はこちらもご覧になってはいかがでしょうか?

まとめ

さて『篠原友希子(ゆき子)「脱いでる共食い動画」ってなに?濡れ場シーンがあるの?』と題してお届けしましたがいかがでしたか?

「共喰い」とは映画のタイトルのことだったんですね!

本作には過激な性描写も多く、人によっては目を覆いたくなってしまう場面もあるかもしれませんが、原作が芥川賞受賞小説とあって、ストーリー自体もとても考えさせられる深い作品となっています。

興味のある方は一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?

そして、演じる役柄ごとにイメージがまったく違って見える、不思議な魅力を持つ篠原ゆき子さんの体当たり演技を、ぜひ堪能してください!