\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「ラスト サムライ」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「ラスト サムライ」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「ラスト サムライ」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『ラストサムライ』ってどんな作品?

2003年のハリウッド映画で、明治初期の日本を舞台に、時代から取り残された侍達の生き様を描いた作品。

南北戦争の英雄とてして活躍したオールグレン大尉が、明治維新後の日本の軍隊の教官として日本に渡り、時代に取り残された侍たちの「サムライ魂」を感じ忘れかけていた自分を思い出していく物語です。

主人公のネイサン・オールグレン大尉を「ミッションインポッシブル」シリーズでも有名なハリウッドスター、トム・クルーズが演じます。

監督はデンゼル・ワシントンにオスカーをもたらした南北戦争映画「グローリー」エドワード・ズウィックがメガホンを取り、共同脚本は「グラディエーター」ジョン・ローガンが務めます。

ハリウッド映画ながら渡辺謙さん真田広之さん小雪さんなど豪華な日本人俳優、女優陣も多数出演しており、日本の古き良き文化が美しく描かれています。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「ラスト サムライ」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「ラスト サムライ」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

\本日から【2月19日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2659円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ラスト サムライ」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『ラスト サムライ』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

ラスト サムライの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「ラスト サムライ」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2659円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
15日間無料
月額562円
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpTELASAABEMA の5つのサービスで「ラスト サムライ」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「ラスト サムライ」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ラスト サムライ」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYA DISCAS TVトップ画像

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,659円(税込)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『ラスト サムライ』の作品情報

      基本情報

      作品名ラスト サムライ
      原題The Last Samurai
      原作
      制作年2003年
      製作国アメリカ
      制作会社(配給会社)クルーズ/ワグナー・プロダクションズ
      公開年(公開日)2003年
      上映時間(話数)154分
      公式サイト
      公式Twitter
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      2003年に公開されたハリウッド映画。

      明治維新直後の日本を舞台に、主演のトム・クルーズとともに渡辺謙さんをはじめ、真田広之さん、小雪さんなど多くの日本人俳優が演じる歴史大作です。

       

      トム・クルーズが演じるネイサン・オールグレンは、士官として加わったアメリカ南北戦争の際に、軍の命令により無抵抗なインディアンの部族を殺害。

      その時の良心の呵責から悪夢に悩まされるネイサンは、除隊して酒浸りの自堕落な生活へと変わってしまうのでした。

      そのころ明治維新後の日本では、近代国家建設のために軍備の増強を目指し、「戦場の英雄」と呼ばれたネイサンを日本軍の指南役として雇用します。

      ある時、渡辺謙さん演じる、不平士族と呼ばれる反乱軍の勝元が鉄道を強襲。

      ネイサンは訓練不測の部隊を指揮して出動しますが侍たちに敗北、捕らえられてしまうのでした。

      捕らえられたネイサンは勝元の息子である信忠の暮らす村へと連行され、そこでの生活が始まります。

      ネイサンの手当をするも不信の目で見続ける勝元の妹たか(小雪さん)、自分たちの剣術の真似事をするネイサンに不快感を表す氏尾(真田広之さん)。

      しかしネイサンは古き良き日本の生活に触れる中で、「武士道」と呼ばれる侍たちの精神に惹かれ、村人たちに敬意を表すのでした。

      「敵を知るため」にネイサンを連行してきた勝元でしたが、次第に彼に一目を置くようになり、村人たちも氏尾との手合わせで引き分けるほどの剣術を身に着けたネイサンを認め、互いに打ち解けあいます。

      そんな中で村祭りが開催された日、日本政府の大臣、大村が差し向けたとみられる刺客が村を強襲。

      ネイサンは勝元や氏尾たちに協力して戦いに勝利、正式に村の一員として認められたのでした。

      春になり、政府の呼び出しに従い東京へと出向いた勝元一行。勝元に同行したネイサンが目にしたのは、立派に訓練され、軍備を充実させた政府軍でした。

      政府の元老院に戻った勝元は、廃刀令に従い刀を捨てるように迫る大村にして明治天皇の判断を求めるが、元老院を牛耳る大村には天皇のみならず誰一人として発言できず、勝元は東京で謹慎となってしまいます。

      一方ネイサンは、大村から不平士族討伐軍の指揮官を任命されますがこれを拒否。

      信忠たちと協力して勝元を脱出さます。

      村へと帰り着いた勝元たちでしたが、信忠が警備兵の銃撃により命を落とし、政府軍と反乱軍の衝突は避けられないものとなりました。

      ネイサンは反乱軍の一員として政府軍と戦うことを決意。

      たかの亡き夫の鎧を身にまとい、一人の侍として勝元や氏尾とともに圧倒的不利な戦いへと臨むのでした。

       

      本作品は2004年度に日本で公開された映画の興行成績で1位に輝き、渡辺謙さんはゴールデングローブ賞助演男優賞、ならびにアカデミー賞助演男優賞にノミネートされました。

      明治維新直後という激動の時代の中で、変わっていく日本と変わらずにいようと抗う侍たち。

      命がけで「武士道」を貫こうとする姿に胸が熱くなります。

      また、クライマックスシーンでの静と動の描写がとても美しく、映像美という観点からも一見の価値のある作品です。

      キャストとスタッフ

      ラスト サムライのキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • ネイサン・オールグレン大尉:トム・クルーズ
      • 勝元盛次:渡辺謙
      • 氏尾:真田広之
      • たか:小雪
      • サイモン・グレアム:ティモシー・スポール
      • ゼブロン・ガント軍曹:ビリー・コノリー
      • ベンジャミン・バグリー大佐:トニー・ゴールドウィン
      • 飛源:池松壮亮
      • 明治天皇:中村七之助
      • 中尾:菅田俊
      • 寡黙なサムライ:福本清三
      • 大村:原田眞人
      • 松崎悠希
      • 羽田昌義
      ネイサン・オールグレン大尉:トム・クルーズ

      本作品の主人公。

      南北戦争で英雄として活躍しました。

      しかし、女性と子供だけのインディアンの村の襲撃に参加したことが心の傷となってしまい、その襲撃を指揮したベンジャミン・バグリーに対して怒りを覚えます。

      インディアンの村を襲撃したトラウマからお酒に依存するようになりますが、元部下のゼブロン・ガントからベンジャミン・バグリーも参加する日本での軍事訓練をする仕事を紹介されます。

      勝元盛次:渡辺謙

      明治維新の立役者の1人。

      新政府の外国との交易を行うなどの方針に反対しており、反乱軍と位置付けられてしまいます。

      しかし、大村が中心となっている新政府に対して反乱を起こしているのであり、その反乱は天皇に対しての忠義であると信じているのでした。

      自分は寺で座禅を組むなど過ごすことが多く、息子の勝元忠信に村を任せており、妹のたかやたかの2人の息子も村に住んでいます。

      トラのイメージが浮かぶことがあり、旗印もトラのデザインにしています。

      また好奇心旺盛な性格で、英語も話すことができます。

      氏尾:真田広之

      勝元盛次の家臣。

      戦では大きなツノのついたカブトをかぶっています。

      オールグレンを倒すべきと主張し、オールグレンの首元まで刀を振り下ろしますが勝元盛次に止められます。

      その後もオールグレンに敵意を持ち続けます。

      たか:小雪

      勝元盛次の妹。

      飛源と孫次郎という2人の息子がいます。

      勝元盛次の命令でオールグレンの世話をし、ヤリで刺された肩の傷を手当てをしてあげます。

      サイモン・グレアム:ティモシー・スポール

      もともとはイギリスの貿易使節団として日本にやってきますが、正直すぎる性格からクビになりました。

      軍事訓練のため日本に来日したオールグレンたちの通訳を務め、お辞儀などの日本独特の作法も教えます。

      ゼブロン・ガント軍曹:ビリー・コノリー

      元アメリカ陸軍の軍曹。

      オールグレンの元部下で、信頼されており、オールグレンを日本での軍事訓練の仕事に誘います。

      ベンジャミン・バグリー大佐:トニー・ゴールドウィン

      元アメリカ陸軍の大佐。

      オールグレンのかつての上官であり、カスター将軍の命令に従い、反対していたオールグレンの意見を押し切ってインディアンの村を襲撃します。

      そのことがオールグレンとの確執となってしまいます。

      日本での軍事訓練でオールグレンを指導することになります。

      飛源:池松壮亮

      たかの息子で長男。

      自宅に住むようになったオールグレンと仲良くなります。

      少年ながら剣の腕前が良いと言われています。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:エドワード・ズウィック
      • 製作:トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコビッツ、スコット・クルーフ、トム・エンゲルマン
      • 製作総指揮:テッド・フィールド、チャールズ・マルベヒル、リチャード・ソロモン、ビンセント・ウォード
      • 脚本:ジョン・ローガン、エドワード・ズウィック、マーシャル・ハースコビッツ
      • 撮影:ジョン・トール
      • 美術:リリー・キルバート
      • 衣装:ナイラ・ディクソン
      • 編集:スティーブン・ローゼンブラム
      • 音楽:ハンス・ジマー

      口コミ・感想・評価

      「ラスト サムライ」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもラスト サムライを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      サムライの心に触れることのできる作品

      ザ・サムライ魂
      ラストサムライが公開された年、私の中ではラストサムライ旋風が巻き起こりました。日本のロケ地にも行き、その記念プレートとその景色に心の底から感動したことを覚えています。ニュージーランドのロケ地にはさすがに行けていませんが、いつかは行ってみたい場所リストに入っています。トム・クルーズさんがかっこよすぎます。それに負けないくらい渡辺謙さんも真田広之さんもかっこいいです。殺陣の迫力には心躍らされます。ハリウッドの映画ではありますが、日本の映画であるかのようにサムライの魂に触れることが出来る作品となっており、私たち日本人には響くものがある作品ではないでしょうか。日本のサムライがしっかりと描かれていて嬉しさを感じる作品でした。
      TS(30代・男性)
      詳細を見てみる

      登場人物の言動に心を打たれる感動的な作品

      ラストが見どころ
      最後の方で政府軍と侍たちが戦う場面とその結末が見どころでした。政府軍の新兵器に刀では勝てないだろうと思っていたため、政府軍を圧倒する侍たちには驚かされました。威力のある新兵器に策を練って立ち向かい、政府軍が撤退を始めたのは思いがけない展開でした。侍たちが新兵器に対抗する様子に視聴者はぐいぐいとストーリーに引き込まれるはずです。さらに戦いの後、アメリカ軍との新兵器の契約が締結されようとする場面でネイサンが天皇に伝えた言葉が印象的でした。「この国の文化を支え、武士道を貫き、天皇に仕えた人間がいたことを、決してお忘れなきよう」勝元は途中で亡くなってしまいますが、ネイサンのこの言葉で、最後まで勝元の存在感があった気がします。そしてこの言葉が天皇に影響を与える場面には感動しました。最後の方に強く心を打たれる作品でした。
      E.I.(30代・女性)

      世界から見た侍魂を感じ取れる作品

      どいつもこいつも渋すぎる…
      日本人の礼儀や詫び寂びを重んじていて、ハリウッド作品としては日本文化をよく捉えています。そしてその文化を体現するのが、勝元演じる渡辺謙とネイサン演じるトムクルーズ。どちらも渋い演技と顔立ちで、どことなく儚ささえも感じられる演技で物語を展開していきます。わきをかためる俳優陣の演技もすばらしく、見ごたえたっぷりでした。日本語がおぼつかない場面もあるが、それを取り返すのほどの映像美で俳優の表情や背景が美しいです。セリフ自体はそんなに多くなく、間や演者の目線で語る感じで見るものを画面に引き込む作品です。海外の方が、日本文化をどう捉えているかを感じ取れてそのすばらしさを再認識できる数少ない映画だと思います。
      るもん(40代・男性)

      日本の良さを感じられる映画

      日本の良さを感じる
      この映画を観て感じた感想を一言で言うと、『日本の良さを感じた』ということです。主演のトムクルーズさんも武士道に魅了されていましたが、私自身もこの映画を観て、日本の武士道、日本の良さを改めて感じました。渡辺謙さん、真田真之さんの演技も素晴らしいですが、特に殺陣の演技が素晴らしかったです。小雪さんもとても美しく、映画に華を添えていたと思います。日本の文化を感じて、日本の歴史に触れたい人にオススメしたい映画です。また、映画の撮影地である、ニュージーランドの雰囲気が日本に良く似ており、その点も注目して観てみることもオススメします。映画で出てくる桜の木は、ニュージーランド現地のアーモンドの木が使われていたりと、興味深かったです。
      うさ(30代・女性)

      激動の時代を生きるということがどういうことかわかる映画です。

      美しく儚い中の移り変わり
      2003年公開の、トム・クルーズ主演で渡辺謙さんも重要な役でキャスティングされたことで話題になった映画です。この映画の背景として、明治維新の中、それまでの日本の文化を廃して西洋のものが素晴らしいとされている真っ只中の時代です。この時代はそれまでの日本の文化と新しい西洋の文化が相まってとても美しいと感じさせてくれます。また、日本の武士という生き物がいかに強く儚いものかと感じずにはいられない物語です。誉を最優先とし、いかに名誉のある死を迎えるかということに進む姿は今の私たちには考えられない死生観です。ネイサンは西洋の側にでもなく、武士側でもない中間な立場でどのように立ち振る舞い、またどのように感じて生きていくのかがこの映画のポイントです。
      mom(40代・男性)

      美しく散っていく武士道

      迫力のある映像美
      幕末の日本をモデルにした作品です。近代化を急ぐ新政府と急激な変化に反対する武士が激突する迫力のある作品です。トムクルーズ主演の作品で日本からも渡辺謙さんなどが出演し、高い評価を得た作品です。西南戦争をモデルにしたストーリーで滅びゆく武士の時代を儚くも美しく描いているようにかんじました。戦闘シーンでは武士の力強さと神秘的な部分がよく描かれていて、まるで本物の武士達がそこにいるような迫力がありました。また日本の美徳が言葉や佇まいから表現されていて日本人が見てもおかしく感じない作品になっていると思います。美術的にも素晴らしく身につける鎧や武器もとても精巧に作られていて作品をより面白くしていると思います。幕末の動乱の時代が好きな方には特に見てもらいたい作品です。
      seno0520(40代・男性)

      侍たちの生き様は私達日本人ならば魂が揺さぶられる作品

      侍とは何なのか教えてくれた
      時は明治初期で侍が淘汰せれ始めた時代での中、ある一人のアメリカ軍将校が日本にお雇い外国人を働き始める。その将校の名はオールグレイン。南北戦争のとき名を馳せた人物でしたがなぜ人々が殺し合わなければいけないかと思いを持ちならが戦っていました。南北戦争が終わりその当時記憶が消えず、毎日悪夢にうなされれ続け酒に溺れるいたところ日本に行くこと勧められ来日しました。始めは日本の侍たち共にに戸惑っていましたが一緒に訓練をしていく間に心を開き始め、いつの間にかうなされていた悪夢も見ることはなくなっていた。しかし時は明治維新、侍たちは居場所がなくなりはじめ、とうとう明治政府と最後の戦いに挑む。しかし相手は鉄砲や最新兵器ガトリングガンなどを使いオールグレイン一人を残して全滅する。一人生き残ったオールグレインが侍たちの生き様を天皇陛下に説き日本人が忘れていた侍道を皆に思い出させた。オールグレインに渡辺謙や真田広之など鬼気迫る演技は今の現代に生きる私達にも侍の生き方を教えてくれ強烈メッセージを残してくれた。
      チャンバラボーイ(30代・男性)

      日本人ならず海外の人に広く見てほしい熱い侍の物語です。

      戦いあり感動ありの傑作です。
      序盤の森で、霧の中から鎧武者たちが突撃してくるシーンは圧巻でした。ごつい甲冑を身にまとった侍が、殺気を放ちながら迫りくる描写は見ているこちらからしても迫力があります。村での忍者襲撃も手に汗にぎるほどスピーディーで息をするのも忘れるほど見入ってしまいます。個人的に、楽しく踊っていた仮面をかぶった男性が頭を射抜かれるのは可哀そうでした。そしてラストの政府と戦うシーンは見物です。最初善戦はしていましたが、文明の力にはかなわず生存者はトム・クルーズと渡辺謙のふたりだけになってしまいます。渡辺謙がトム・クルーズに腹を刺すように頼んでからのシーンが何度見ても泣けます。そこはぜひ自分の目で見てほしいです。そして政府軍の小太りの男が最後まで腹立ちます。
      Ro-cky(20代・男性)

      侍や武士道を真剣に描いた洋画作品

      侍の武士道を正面から描く洋画
      2003年に公開された作品で、洋画ながら所謂「なんちゃって日本」的な世界観にせず、本格的に侍や武士道といったものを真正面から描いた作品で明治維新後、時代の波に取り残されながらも誇りを失わない男たちの姿が描かれます。既に18年も前の作品とは言え、本作の残した印象は大きく、改めて日本人に生まれた自分たちにもそういう誇りや武士道とかはあるのかな?っと考えさせられる作品となっています。俳優的にはトム・クルーズと渡辺謙さん主演という事だけでも豪華な印象で、トム・クルーズのカタコトの日本語はやはりシュールといいますか(笑)、とはいえ2人のカッコよさを存分に堪能できるし、渡辺謙の俳優人生の転機とも言える作品としても有名です。
      Shinya0544(30代・男性)

      日本を誇れる素晴らしい映画でした!!外国人が憧れる日本がここにある!!

      侍は日本の誇り!!
      素晴らしい作品でもう何度も見ましたが何度見ても素晴らしいと思えます。侍を日本の誇りに思います!!かっこよくて勇ましく強くて、、トムクルーズもとってもかっこよくて素敵でした。侍とはなにか、以前まで漠然としたイメージしかなかったのですが、この映画をみて侍のことがよくわかりました。キャストもよくて小雪さんが役にすごく合っていました。戦国時代と洋画のコラボなんて素敵すぎますよね。話の内容はわかりやすいものでテンポよくすすんでいくので大変見易かったです。何度か、残酷なシーンもありますが、リアルで引きこまれます。日本の歴史の深さを再確認したとともに、日本の歴史の良さも再確認できた映画になっていました。日本に生まれてよかったと感じました。
      なつな(20代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『ラスト サムライ』とあわせて、『ラスト サムライ』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      真田広之のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『ラスト サムライ』のまとめ

      「ラスト サムライ」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2659円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「ラスト サムライ」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【2月19日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年10月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。