\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円

>>無料で今すぐ「おと・な・り」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「おと・な・り」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「おと・な・り」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『おと・な・り』ってどんな作品?

さまざまな葛藤を抱えた男女の心情をリアルかつ丁寧にすくい取った、ラブストーリーです。

多忙な日々を送るカメラマンの主人公と花屋に勤めるヒロインは、都会の木造建ての古いアパートのお隣同士でありながら面識のない男女

壁越しに聞こえてくるお互いの生活音に奇妙な心地良さを感じながら、音によって惹かれ合っていく男女の恋の行方が描かれています。

主演は、本作で“等身大のラブストーリー”に初挑戦した岡田准一さん

ヒロインには、数々の映画やドラマで活躍する麻生久美子さんが演じます。

監督を「ニライカナイからの手紙」の熊澤尚人さんがメガホンを取りました。

本作で初タッグを組む、岡田准一さん麻生久美子さんの等身大で、透明感溢れる演技は必見で、人生の岐路に揺れる男女の気持ちを鮮やかに表現しています。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「おと・な・り」のフル動画を見るならTSUTAYAディスカス/TVがおススメ!

TSUTAYAディスカス/TVでは30日間無料トライアル1100ポイントプレゼント実施中!

本来月額2417円の有料サービスですが、上記キャンペーンを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【12月28日】まで無料!/

『おと・な・り』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

おと・な・りの動画配信状況

TSUTAYAディスカス/TVを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「おと・な・り」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
×
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
×
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年11月時点で、TSUTAYAディスカス/TV、Netflixの2つのサービスで「おと・な・り」の無料視聴が可能です。

この中でも30日間無料トライアルキャンペーンがあり、見放題作品数が豊富TSUTAYAディスカス/TVがおススメ。

「TSUTAYAディスカス/TVって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

『TSUTAYAディスカス/TV』のサービス概要や特徴

TSUTAYAディスカスTV公式サイト

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップクラスの30日間無料でお試しできます。

旧作DVDなら制限なしで借り放題、しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付きなので、本来課金が必要な新作も実質0円で見れちゃいます。

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な見放題作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    デメリットとしては、DVDレンタルの場合は配送時間がかかってしまいますが、北海道・九州を除き翌日の配達率が98%以上なので、「今すぐに見たい!」という方以外は問題なさそうです。

    また、30日間の無料期間中は「TSUTAYAディスカス」では新作DVDのレンタルができませんが、「TSUTAYA TV」で配信されていればタダでもらえる1100ポイントを利用して実質0円で見れるので、上手くデメリットが補われている印象ですね。

    いずれにしても、業界トップクラスの30日間の無料期間があり、好きな時に解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

     

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    『TSUTAYAディスカス/TV』で見れる動画コンテンツ

    「おと・な・り」以外に、TSUTAYAディスカス/TVで見れる人気の動画コンテンツをご紹介します。

    TSUTAYA人気邦画・ドラマ作品
    • SPEC
    • イタズラなKiss
    • アンナチュラル
    • きみはペット
    • JIN-仁-
    TSUTAYA人気洋画作品
    • ラ・ラ・ランド
    • キングスマン
    • バイオハザード
    • メイズ・ランナー
    • マトリックス
    TSUTAYA人気アニメ作品
    • 鬼滅の刃
    • スラムダンク
    • ドラゴンボール
    • 今日から俺は!!
    • 怪盗グルーのミニオン危機一発

    特に、大人気のジブリ作品は他の動画配信サービスでは配信しておらず、TSUTAYAディスカス/TVでしか見れないのも特徴のひとつ。

    これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、最新の情報はTSUTAYAディスカス/TVで確認してみてください♪

    \人気作品も豊富/

     

    『TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV』の口コミ

    「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    そんな方のために、実際に「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

    豊富な作品が見放題!

    他の動画配信サービスでは新作や話題作しか配信されていなくて、見たい作品や懐かしいアニメが無い…という事がありますが、TSUTAYA TVは旧作が豊富に揃っています。どの年代でも楽しめるので、家族の仲も深まるでしょう。無料お試し期間が30日もあるので、どれほどの魅力が詰まっているのか存分にたしかめる事が出来るのも嬉しいですね。ただ他のVODに比べるとオリジナル作品が無いのでコンテンツとしては物足りなく感じる事もあるかもしれません。
    ゆいぴぴ(20代・女性)
    詳細を見てみる

    動画時代にディスクの良さを

    最近は動画配信されている作品が多く、気軽に映画やドラマを楽しめる様になりました。
    わざわざディスクを借りて見るなんて面倒くさいと考える方もいるかもしれませんが、TSUTAYAディスカスだとかなりお得に新作、準新作を毎月最大8枚、旧作に関しては借り放題と映画好きには堪らない仕様になっている事をご存知ですか?
    流石TSUTAYAというだけあって、ラインナップも豊富。
    動画では味わえない映像特典や趣向が凝らされたメニュー画面も楽めます。
    郵便での配達となるので、その間待ちきれないという方はTSUTAYATVに合わせて加入するのがオススメ。
    毎月、TSUTAYATVとディスカス分のポイントが2000ポイント以上入るので、新作を実質無料で楽しめる他、ドラマのまとめ買いにも使用可能ですので、他のサイトでは有料のドラマも手軽に楽しめます。
    勿論、見放題作品も豊富で、新しめの作品や人気作品多数。
    映画、ドラマ好きな方にはかなりオススメのシステムだと思います。
    月に30本映画を見る私にとっては欠かせない日々の活力となっている事は間違いありません。
    無料お試しもあるので、迷っている方は是非。
    白鷺千聖(40代・女性)

    田舎暮らしの人には便利

    私は田舎暮らしをしていて、近くにCDショップやDVDを販売している店もなく車で時間をかけてお店に行かなくては行けません。またそこも商品が少ないため取り寄せ…。それからレンタルに頼るようになりました。近くにレンタルショップはあるのですが新作を沢山集めてるだけだったり、韓流ドラマのDVDばかりで見たいものも見れず。CDもほとんど取り扱っていなかったので何かいいものはないかとTSUTAYA DISCASを見つけて利用するようになりました。料金は直接借りるより高めですが、商品数も多いですし店に出向かなくていいので田舎暮らしで近くにお店が無いという人には本当にオススメです。
    ひなた(40代・女性)

    見たいものが必ずみつかる!

    韓国ドラマが好きでよく見ています。動画サービスは他にもたくさんありますが、比較的新しいものやヒットしたものはどこにでもあるものの、古いものやマニアックなものがなかなか無いんです。ある俳優さんの初期の作品が見たくて探しまわり、ツタヤディスカスでやっと見つけて見ることが出来ました。ドラマは全部見放題で見れたし、古い映画はレンタルで借りることが出来ました。レンタルもネットで申し込むとすぐに発送され、返却もポストに投函するだけなのでとっても便利でした。今まで見れなかった作品を見ることが出来て、とっても感謝しています。プランも色々あるので選べますし、ポイントもつくので見放題以外の話題の映画もついでに見ちゃいました。30日間無料お試しで、まずは試してみてることをお勧めします。
    ruchia(50代・女性)

    無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    映画『おと・な・り』の作品情報

    基本情報

    作品名おと・な・り
    原題
    原作
    制作年2009年
    製作国日本
    制作会社(配給会社)ジェイ・ストーム
    公開年(公開日)2009年5月16日
    上映時間(話数)119分
    公式サイトhttps://www.j-storm.co.jp/movie/discography/oto-na-ri
    公式Twitter
    公式Facebook
    公式Instagram
    主題歌

    あらすじ

    「おと・な・り」は古いアパートの隣同士に暮らす二人に、互いの部屋から壁越しに聞こえる“おと(音)”をきっかけに始まる等身大の大人のラブストーリーです。

    監督は「ダイブ!!」の熊澤尚人さんが率いり、原案は函館イルミナシオン映画祭シナリオ長編部門で佳作を受賞したまなべゆきこさんの「A/PART」を改題して2009年に映画化されています。

     

    “初めて好きになったのは、あなたが生きている音でした。”

    高校からの親友でモデルのシンゴ(池内博之)を撮影したことにより、人気カメラマンの仲間入りをすることができた聡(岡田准一)でしたが、本来の風景写真を撮りつづけたいという夢からは遠ざかっていました。

    一方、フラワーデザイナーの道を目指し、フランスへの留学を予定していた七緒(麻生久美子)は花屋のバイトをしながら、フランス語の勉強をしていました。

    都会の古びたアパートで暮らしていた二人は、顔を合わせることはなかった隣同士でした。

    壁越しに聞こえてくる生活音の中で、七緒の口ずさむ鼻歌や練習していたフランス語、聡がコーヒーを挽く音やキーチェーンの揺れる音などが行き来し、いつしかお互いの癒しの音へと感じるようになっていきます。

    互いに夢を目指し葛藤しながら歩みつつ、お隣さんの心地よい音によって癒されていく日常が続きますが、それぞれに事件が起きてしまいます。

    風景写真を撮る夢をあきらめられない聡は、その撮影旅行でカナダへの長期旅行の許可を得ようと社長にかけ合いますが、大手の出版社から風景写真集を出せるようにするかわりに映画出演が決まったシンゴの撮影を優先し、カナダ行を延期するよう条件を出されます。

    悩み迷う聡でしたが、肝心のシンゴと突然連絡が取れなくなってしまいます。

    かわりにシンゴの恋人茜(谷村美月)が聡のアパートに転がり込んできました。

    彼女はシンゴの子どもを妊娠していて、彼が見つかるまでは帰らないと言いだします。

    急に騒がしくなった隣の様子に、孤独を感じてしまう七緒でしたが、ある日、いつも立ち寄るコンビニの店員氷室(岡田義徳)がアルバイト先の花屋に訪れて、突然の告白を受けます。

    氷室の気持ちを真剣に考えた七緒でしたが、フランスへの留学を控えていたため気持ちを受け取ることが出来ませんでした。

    ところが彼は七緒を利用しようとしただけであったことを知ってしまい、七緒は深く傷ついてしまいます。

    壁越しに七緒の涙を知った聡は、そっと「風をあつめて」口ずさみます。

    七緒も自然と一緒に歌いだし、傷がついた心は慰められていきます。

    音から始まり互いに支え合い、次第に惹かれあっていきますが、二人は別々の場所で夢を目指しています。

    二人の出会える日は、果たしてやってくるのでしょうか。

     

    監督の熊澤尚人さんは、2005年の映画「ニライカナイからの手紙」で初監督を務め、人間模様の揺れ動く感情を丁寧に描く表現力は非常に高い評価を得ています。

    カメラマンとしての道を模索する聡に岡田准一さん、フラワーデザイナーを目指しコツコツと歩む七緒は麻生久美子さんが演じ、二人ともこの映画の雰囲気にピッタリな役どころです。

    普段は男気のある役が多い池内博之さんが扮する、行方不明になったシンゴにも理由がありそうです。

    それぞれに葛藤し、決断をしていく場面は、大人のラブストーリー&ヒューマンドラマの要素を含み、見ているこちらも勇気づけられます。

    最後のエンドロールでは声と音によってその後の二人の続きが描かれており、最後まで堪能できる作品です。

    キャストとスタッフ

    おと・な・りのキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • 野島聡:岡田准一
    • 登川七緒:麻生久美子
    • 上田茜:谷村美月
    • 氷室肇:岡田義徳
    • SHINGO:池内博之
    • 平川由加里:市川実日子
    • 雅子:とよた真帆
    • 荒木社長:平田満
    野島聡:岡田准一

    本作の主人公。プロのカメラマンで彼女なしの30歳。

    モデルをしている親友SHINGOの写真集を出してプロになります。

    SHINGOの事務所に雇われ、彼の写真撮影は全て任され、忙しい日々を過ごしています。

    現在は人物ばかりを撮っているが、風景写真家になるのが夢で、カナダへ行く計画を立てます。

    都会の古いアパートに暮らし、七緒と隣人同士ですが、お互いに顔を合わせたこともなく、面識がありません。

    壁越しに聞こえるドアベルの音、鍵のチェーンの音、コーヒー豆を挽く音、加湿器の給水を知らせる音など、日常の音にどこかホッと感じます。

    ある日、隣から聞こえてくる泣き声に気付き、壁に寄り添い同じように悲しい気持ちになります。

    そして、聡は七緒を元気づけるかのように「風をあつめて」を口ずさみ、次第に心を通わすようになります。

    引っ越しでいなくなったはずのお隣に人の気配を感じ、ドアに近づき、七緒の口ずさむ歌にひかれていきます。

    登川七緒:麻生久美子

    聡のアパートの隣人。

    彼氏や友人もいない30歳女性で、夢を実現するためにストイックに生きています。

    フラワーデザイナーを目指して、花屋さんで働きながら資格試験を受けます。

    朝は目覚ましで起き、花屋さんには自転車で向かい、玄関のドアにはドアベルがかかっており、外出のたびにチリンチリンと鳴り、天気の良い日、気分の良い日は鼻歌を口ずさみます。

    帰宅後は、クラシックを聞きながらフラワーアレンジをしたり、フランス語の勉強中で近々フランス留学する予定。

    ある日、聡の親友・SHINGOの彼女と名乗る茜が聡の家に転がり込んできて嫌悪感を抱き、2人の会話が気になり、一人孤独を感じます。

    そんな七緒の前に近所のコンビニ店員の氷室が現れ、告白されます。

    しかし、自分が小説のネタのために告白されたことを知り、怒りを抱え、悲しみのあまり声を出して泣いてしまいます。

    壁の向こうから、七緒を元気づけるかのように「風をあつめて」が聞こえてきます。

    それを聞いた七緒も、一緒に口ずさむことで、心が癒されていくのでした。

    フランス行きのためにアパートを引っ越し、夢に向かって進み始めます。

    上田茜:谷村美月

    聡の親友・SHINGOの彼女。

    SHINGOの行方が分からなくなり、聡のアパートに居座ります。

    SHINGOの子供を妊娠し、大阪弁を話す賑やかな女性で、図々しいところもあるが尽くすタイプ。

    氷室肇:岡田義徳

    七緒のアパートの近所のコンビニ店員。

    七緒を運命の人だと感じていきなり告白します。

    しかし、実は売れない小説家で、七緒のことを小説のネタにし、七緒をだまして傷つけます。

    SHINGO:池内博之

    モデル。

    高校時代に聡と同じボート部に所属しており、それ以来の親友。

    写真集が売れて俳優の仕事も入るようになりますが、本人はそれを望んでいません。

    誰にも理由を話さないまま姿を消してしまう。

    スタッフ

    スタッフ
    • 監督:熊澤尚人
    • 脚本:まなべゆきこ
    • エグゼクティブプロデューサー:藤島ジュリーK.
    • プロデューサー:原藤一輝、 三木裕明
    • 撮影:藤井昌之
    • 美術:橋本優
    • 音楽:安川午朗

    口コミ・感想・評価

    「おと・な・り」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそもおと・な・りを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    ちょっぴり切なく甘いロマンチックストーリー

    ○○とロマンチックは紙一重なんて言わないで
    「馬鹿と天才は紙一重」という言葉があるように、今作を見て”変態”と”ロマンチック”という響きが脳裏に浮かんだ人がいるかもしれませんが、どうかそんなことを言わないで…。確かに顔も見たことのない隣人が立てる音に安らぎを感じるなんて、現実ではちょっと危険行為かもしれません。だけどこの作品の中だけでも夢を見たっていいじゃないですか。目標に向かって頑張る若者たちが、現実の難しさにぶつかってしまうわけです。やるせない日々の中で心の拠り所を見つけ、それが恋に発展するなんて、すこぶる素敵じゃないですか。レトロで味のあるアパートと、渋みを感じさせる映像がとても絵になりますし、ラストの鍵の音も胸キュンです。嗚呼やはりどうか、ロマンチックな映画だと思わせてください。
    cotani(40代・女性)
    詳細を見てみる

    アパートの隣室の音に癒されていた男女の話。

    音に癒される。
    友達でも何でもないけど、彼、彼女の音に癒されていたという話で、とてもほっこりしました。たしかに、ひとりぼっちって寂しいし、隣の部屋にも自分と同じように一人で生きている人がいると知ったら、ちょっとほっとするかもしれません。2人が、互いのことを意識し合って、彼女のために歌を歌ったりしているところはとても感動しました。ラストもこれからの二人が気になるような、二人の物語の始まりのところで終わっているのがにくいです。また、最初から最後まで音にこだわっていて、二人の関係が音によるものだったことが強調されていたと思います。キャストもすばらしかったです。麻生久美子さんはいかにも夢をおいかけてて、恋とかはしてない、ちょっと変わった子に見えますし、岡田くんもまじめできりっとしていてかっこよかったです。
    マイ3(30代・女性)

    歌が頭から離れない余韻映画作品

    花と人生
    初めてこの作品と出会ったのは私が高校生の頃でした。観たあとの余韻が忘れられず、その後も何度か観ました。中でも一番好きなシーンが、麻生久美子さん演じる七緒と、岡田義徳さん演じるライターの氷室のやりとり。少しネタバレになりますが、、花屋で働く七緒は枯れた花を毎日ゴミ箱に捨てていました。それを見た氷室は、その「花の終わり」と「人生の最期」をかけ、街中で仕事帰りの七緒にある言葉をかけます。その言葉に、七緒は過去を振り返り絶望する。その言葉と、青くうす暗い夜のシーンがとても印象的で。全体的には穏やかで静かな作品。薄い壁のアパートで、隣同士の住人のお話。それぞれの人生があり、知らぬ間に交じっていた過去があったり、、?世代を問わず、日常の中で静かに観られる作品です。
    kana(20代・女性)

    わかりやすいストーリーで誰でも親しみやすい作品

    ヒロインに共感
    ヒロインの七緒と私はどこか似ているところがあり、自分そっくりなヒロインに共感せずにいられない作品でした。恋に積極的になれないところ、そして夢に向かって懸命に生きているところです。作中で七緒は氷室から好きな人に送る花束を頼まれますが、それを渡された七緒はうろたえます。恋愛が得意でない私は同じシチュエーションなら彼女のようになるだろうなと考えました。さらに七緒は氷室に「夢を叶えるために多くの花を犠牲にしている」と言われます。七緒は夢の実現ばかり考えて周りが見えなくなっていることに気付かされるのですが、私も熱中すると周りが見えなくなるタイプのため彼女に似ていると思いました。夢に向かって生きている人は七緒に共感できるはずです。
    E.I.(30代・女性)

    その他ネットの口コミ・感想・評価

    詳細を見てみる

    あわせて見たいおススメ作品

    ここでは『おと・な・り』とあわせて、『おと・な・り』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!

    これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

    ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

    映画『おと・な・り』のまとめ

    「おと・な・り」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

    最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

    本記事のまとめ

    配信サービス配信状況無料期間と月額料金
    30日間無料
    月額2417円

    • 「おと・な・り」を無料で見るならTSUTAYAディスカス/TVがおススメ
    • 30日間の無料トライアルを実施中
    • 圧倒的な見放題作品数
    • 1100円分のポイントがタダでもらえる
    • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

    どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

    ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

    無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    \本日から【12月28日】まで無料!/

    ※無料期間中の解約で、0円。

    ※本ページの情報は2020年11月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。