新型コロナ|熊本50代土木作業員は誰で会社や作業現場はどこ?行動履歴や感染経路は?

2月25日、熊本市東区に住む50代の土木作業員の男性が、新たに新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

熊本県内で感染が確認された人は4人となります。

「新型コロナ|熊本50代土木作業員は誰で会社や作業現場はどこ?行動履歴や感染経路は?」と題し、詳細を確認していきたいと思います。

新型コロナ|熊本市東区に住む50代土木作業員男性が新たに感染!

2月25日、熊本市東区に住む50代の土木作業員の男性が、新たに新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

先日感染が確認されていた別の50代男性と同じ作業現場で働いていたようです。

これまではバスやタクシー、クルーズ船など、密室空間での感染が多数確認されてきましたが、今後は今回のように同じ作業現場や会社内での感染の拡大も懸念されますね。

新型コロナ|熊本市東区50代土木作業員男性は誰で名前は?

現在判明している新型コロナウイルスに感染した熊本市東区50代土木作業員男性の情報についてまとめます。

名前:不明
年齢:50代
住所:熊本県熊本市東区
職業:土木作業員

今回新型コロナウイルスに感染した50代土木作業員男性は、熊本県熊本市東区にお住まいのようです。

熊本市東区は、熊本市を構成する5区の行政区のひとつで、行政区のなかでは人口が20万人近くと一番多いようです。

この区域には小中学校も多数あるなど、今回のニュースで近隣に住む親御さんも心配ですよね。

新型コロナ|熊本市東区50代土木作業員男性の勤務先の会社や作業現場はどこ?

報道によると、今回新型コロナウイルスに感染した50代土木作業員男性は、先日感染が確認されていた別の50代男性と同じ作業現場で働いていたとのことです。

熊本市にお住まいの方なら、どこの会社のどの作業現場で働いていたのかも気になるところですよね。

現時点で、厚生労働省や各メディアでは公表されておらず、今後も公表される可能性は低いと思います。

ただし、過去の事例では、会社関係者などによりSNSなどから情報が出てくるケースもありますので、新しい情報が入り次第、更新していきます。

新型コロナ|熊本市東区50代土木作業員男性の行動履歴や感染経路は?

現時点で判明している、熊本市東区50代土木作業員男性の行動履歴や感染経路について、報道内容をまとめます。

  • 2月20日 のどに痛みを感じる
  • 2月24日 発熱のため保健所に相談、新型コロナウイルス陽性

今回感染された男性は、のどに痛みを感じた2月20日に、先日感染が確認された男性と約10分間一緒に車に乗っていたそうです。

熊本市は、この2人に濃厚接触があったとみていたなかったと報じられていることから、この10分間で感染したとみているということなのでしょうか?


今回の新型コロナウイルスの感染力が強いことは疑いようのない事実だとは思うのですが、仮に10分間一緒に車に乗っていただけで感染するとしたら、それ以上に長時間&至近距離で同乗することになる満員電車などでは完全にアウトですよね・・・。

今回の報道を受けて、熊本市の大西市長も下記のように述べています。

大西一史市長は記者会見で「濃厚接触者に限らず、接触者というくくりの人にも積極的に健康調査を行うことが求められている」と述べ、今後、感染が確認された人と接触のあった人については、状況に応じて健康調査を行っていく考えを示しました。

 

感染の危険性があるのが濃厚接触者だけではないとすると、もはや感染拡大は防ぎようがないような気がしてしまいます。

日本政府の初動ミスは疑いようのない事実だと思いますが、今後厚労省や日本政府のお偉い方は、どのように対応していくのでしょうか・・・。

まだまだ心配は続きそうですね。

新型コロナ|熊本市東区に住む50代土木作業員男性が新たに感染!ネットの反応は?

今回の報道を受けてネットの反応はどうだったのでしょうか?

ネットの反応の一部をご紹介します。