\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円

>>無料で今すぐ「図書館戦争」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「図書館戦争」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「図書館戦争」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『図書館戦争』ってどんな作品?

シリーズ累計72万部、第39回星雲賞日本長編作品部門受賞の有川浩さんによる大人気エンターテインメント小説のTVアニメ化「図書館戦争」。

架空の法律「メディア良化法」が成立・施行された現代日本を舞台に、不当な検閲から本を守ろうとする図書隊員たちの戦いや、主人公の成長と恋愛模様を描きます。

主演声優は笠原郁役に「僕は友達が少ない」の井上麻里奈さん、堂上篤役は「うちタマ?! 〜うちのタマ知りませんか?〜」の前野智昭さん、小牧幹久役は「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の石田 彰さんが担当。

監督を「テニスの王子様」シリーズの浜名孝行さんが務めます。

アニメ版では小説の表現をよりわかり易く再現されており、普段本を読まない人でも親しみやすく、緻密な設定と圧倒的な映像美で描かれた作品に仕上がっています。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「図書館戦争」のフル動画を見るならTSUTAYAディスカス/TVがおススメ!

TSUTAYAディスカス/TVでは30日間無料トライアル1100ポイントプレゼント実施中!

本来月額2417円の有料サービスですが、上記キャンペーンを利用して無料で楽しむことができます。

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【12月25日】まで無料!/

『図書館戦争』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

図書館戦争の動画配信状況

TSUTAYAディスカス/TVを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「図書館戦争」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpの3つのサービスで「図書館戦争」の無料視聴が可能です。

この中でも30日間無料トライアルキャンペーンがあり、見放題作品数が豊富TSUTAYAディスカス/TVがおススメ。

「TSUTAYAディスカス/TVって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

『TSUTAYAディスカス/TV』のサービス概要や特徴

TSUTAYAディスカスTV公式サイト

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップクラスの30日間無料でお試しできます。

旧作DVDなら制限なしで借り放題、しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付きなので、本来課金が必要な新作も実質0円で見れちゃいます。

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な見放題作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    デメリットとしては、DVDレンタルの場合は配送時間がかかってしまいますが、北海道・九州を除き翌日の配達率が98%以上なので、「今すぐに見たい!」という方以外は問題なさそうです。

    また、30日間の無料期間中は「TSUTAYAディスカス」では新作DVDのレンタルができませんが、「TSUTAYA TV」で配信されていればタダでもらえる1100ポイントを利用して実質0円で見れるので、上手くデメリットが補われている印象ですね。

    いずれにしても、業界トップクラスの30日間の無料期間があり、好きな時に解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

     

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    『TSUTAYAディスカス/TV』で見れる動画コンテンツ

    「図書館戦争」以外に、TSUTAYAディスカス/TVで見れる人気の動画コンテンツをご紹介します。

    TSUTAYA人気邦画・ドラマ作品
    • SPEC
    • イタズラなKiss
    • アンナチュラル
    • きみはペット
    • JIN-仁-
    TSUTAYA人気洋画作品
    • ラ・ラ・ランド
    • キングスマン
    • バイオハザード
    • メイズ・ランナー
    • マトリックス
    TSUTAYA人気アニメ作品
    • 鬼滅の刃
    • スラムダンク
    • ドラゴンボール
    • 今日から俺は!!
    • 怪盗グルーのミニオン危機一発

    特に、大人気のジブリ作品は他の動画配信サービスでは配信しておらず、TSUTAYAディスカス/TVでしか見れないのも特徴のひとつ。

    これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、最新の情報はTSUTAYAディスカス/TVで確認してみてください♪

    \人気作品も豊富/

     

    『TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV』の口コミ

    「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

    そんな方のために、実際に「TSUTAYAディスカス/TSUTAYA TV」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

    豊富な作品が見放題!

    他の動画配信サービスでは新作や話題作しか配信されていなくて、見たい作品や懐かしいアニメが無い…という事がありますが、TSUTAYA TVは旧作が豊富に揃っています。どの年代でも楽しめるので、家族の仲も深まるでしょう。無料お試し期間が30日もあるので、どれほどの魅力が詰まっているのか存分にたしかめる事が出来るのも嬉しいですね。ただ他のVODに比べるとオリジナル作品が無いのでコンテンツとしては物足りなく感じる事もあるかもしれません。
    ゆいぴぴ(20代・女性)
    詳細を見てみる

    動画時代にディスクの良さを

    最近は動画配信されている作品が多く、気軽に映画やドラマを楽しめる様になりました。
    わざわざディスクを借りて見るなんて面倒くさいと考える方もいるかもしれませんが、TSUTAYAディスカスだとかなりお得に新作、準新作を毎月最大8枚、旧作に関しては借り放題と映画好きには堪らない仕様になっている事をご存知ですか?
    流石TSUTAYAというだけあって、ラインナップも豊富。
    動画では味わえない映像特典や趣向が凝らされたメニュー画面も楽めます。
    郵便での配達となるので、その間待ちきれないという方はTSUTAYATVに合わせて加入するのがオススメ。
    毎月、TSUTAYATVとディスカス分のポイントが2000ポイント以上入るので、新作を実質無料で楽しめる他、ドラマのまとめ買いにも使用可能ですので、他のサイトでは有料のドラマも手軽に楽しめます。
    勿論、見放題作品も豊富で、新しめの作品や人気作品多数。
    映画、ドラマ好きな方にはかなりオススメのシステムだと思います。
    月に30本映画を見る私にとっては欠かせない日々の活力となっている事は間違いありません。
    無料お試しもあるので、迷っている方は是非。
    白鷺千聖(40代・女性)

    田舎暮らしの人には便利

    私は田舎暮らしをしていて、近くにCDショップやDVDを販売している店もなく車で時間をかけてお店に行かなくては行けません。またそこも商品が少ないため取り寄せ…。それからレンタルに頼るようになりました。近くにレンタルショップはあるのですが新作を沢山集めてるだけだったり、韓流ドラマのDVDばかりで見たいものも見れず。CDもほとんど取り扱っていなかったので何かいいものはないかとTSUTAYA DISCASを見つけて利用するようになりました。料金は直接借りるより高めですが、商品数も多いですし店に出向かなくていいので田舎暮らしで近くにお店が無いという人には本当にオススメです。
    ひなた(40代・女性)

    見たいものが必ずみつかる!

    韓国ドラマが好きでよく見ています。動画サービスは他にもたくさんありますが、比較的新しいものやヒットしたものはどこにでもあるものの、古いものやマニアックなものがなかなか無いんです。ある俳優さんの初期の作品が見たくて探しまわり、ツタヤディスカスでやっと見つけて見ることが出来ました。ドラマは全部見放題で見れたし、古い映画はレンタルで借りることが出来ました。レンタルもネットで申し込むとすぐに発送され、返却もポストに投函するだけなのでとっても便利でした。今まで見れなかった作品を見ることが出来て、とっても感謝しています。プランも色々あるので選べますし、ポイントもつくので見放題以外の話題の映画もついでに見ちゃいました。30日間無料お試しで、まずは試してみてることをお勧めします。
    ruchia(50代・女性)

    無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

    これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

    ただし、次の理由からおすすめできません

    • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
    • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
    • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

    といった事例が報告されています。

    最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

    また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

    これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

    \安心、安全に/

     

    『図書館戦争』の作品情報

    基本情報

    作品名図書館戦争
    原題
    原作原作:有川 浩「図書館戦争」
    制作年2008年
    製作国日本
    制作会社(配給会社)アスキー・メディアワークス
    公開年(公開日)2008年
    上映時間(話数)12話
    公式サイトhttps://www.toshokan-sensou.com/intro.html
    公式Twitter
    公式Facebook
    公式Instagram
    主題歌

    あらすじ

    シリーズ累計72万部、第39回星雲賞日本長編作品部門受賞の有川浩さんによる大人気エンターテインメント小説のTVアニメ化図書館戦争」が今作品です。

    架空の法律「メディア良化法」が成立・施行された想像上の現代日本を舞台に不当な検閲から本を守ろうとする図書隊員たちの戦いや主人公の成長と恋愛模様を描きます

     

    2019年(正化31年)。

    公序良俗を乱し人権を侵害する表現を規制するための「メディア良化法」の成立から30年、メディア良化委員会と自主防衛の道へと突き進んだ図書隊が抗争を繰り広げる日本。

    幼少時代から大好きな本を守ってくれた図書隊員との出会いをきっかけに、念願の「図書隊員」として採用された笠原郁は、軍事訓練に励む毎日を送っていました。

    本を守ってくれた図書隊員の「正義の味方ぶり」に憧れ、顔も憶えていない隊員を王子様と慕い、一倍過酷な訓練をこなしていきます。

    指導教官である堂上篤は、郁が目指した憧れの図書隊員とは正反対の鬼教官でした。

    やがて、郁は男性隊員にも引けを取らない卓越した運動能力と情熱が買われ、エリートによる精鋭部隊で全国初の女性隊員として図書特殊部隊に配属されます。

    そして、郁は堂上のもとで数々の困難な事件や戦いに対峙しながら、小牧幹久、同僚の柴崎麻子、手塚光らとともに助け合い、成長していきます。

     

    主演声優は笠原郁役に「僕は友達が少ない」の井上麻里奈さん、堂上篤役は「うちタマ?! 〜うちのタマ知りませんか?〜」の前野智昭さん、小牧幹久役は「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」の石田 彰さんが担当。

    手塚光役は劇場アニメ「ぼくらの7日間戦争」の鈴木達央さん、柴崎麻子役に「陰陽百鬼物語」の沢城みゆきさん、玄田竜助の鈴森勘司さん、稲嶺和市の佐藤晴男さん、折口マキの田中理恵さんが脇を固めました

    監督を「テニスの王子様」シリーズの浜名孝行さんが務めます。

    今作品は「図書館戦争 革命のつばさ」のタイトルで2012年に劇場用アニメーションが公開され、2013年には岡田准一さん、榮倉奈々さん主演で実写映画やテレビドラマが発表されました。

    図書館を舞台に繰り広げられるラブコメと緊迫感溢れる戦闘シーンなど、独特な世界観に見ているとすぐ引き込まれていくこと、間違いなしです。

    キャストとスタッフ

    図書館戦争のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

    キャスト

    キャスト
    • 笠原 郁:井上麻里奈
    • 堂上 篤:前野智昭
    • 小牧幹久:石田 彰
    • 手塚 光:鈴木達央
    • 柴崎麻子:沢城みゆき
    • 玄田竜助:鈴森勘司
    • 稲嶺和市:佐藤晴男
    • 折口マキ:田中理恵
    笠原 郁:井上麻里奈

    本作の主人公。

    女性では史上初かつ唯一の防衛部・図書特殊部隊所属・堂上班班員。一等図書士。

    明朗活発で心優しく真っ直ぐな性格です。正義感が強く仲間思いですが、本を狩られる痛みに誰より敏感で涙脆く、ときには気丈に振る舞ってしまう時もあります。

    幼少のころから本が大好きで、高校3年生の秋、良化機関員の検閲から救ってくれた図書隊員の王子様に憧れて隊員を目指すことに。

    高い身体能力を持ち、体力は抜群で脚が速く強靭な脚力があり、隊内でもトレーニングではほとんどの男性隊員を超えている超人です。

    図書館業務や座学は苦手ですが、現状認識能力と判断力に優れています。

    堂上 篤:前野智昭

    防衛部・図書特殊部隊所属。二等図書正。

    郁、小牧、手塚達の班長で、郁の直属の上官です。

    真面目で実直、郁からは堂上教官と呼ばれ恐れられています。

    身長が低いことを気にしていますが、図書特殊部隊隊員として図書館業務・戦闘双方において優れた能力を発揮。

    郁には必要以上に厳しく指導しますが、面倒見の良さと深い愛情を持ち、彼女を誰よりも大切に思っています。

    小牧幹久:石田 彰

    防衛部・図書特殊部隊所属。二等図書正。

    温和な人柄の持ち主で堂上班の副班長を務めます。

    図書大学校時代から堂上の同期で、学年首席を競う間柄でしたが大学卒業後、高校時代の郁が堂上に助けられた事を機に堂上に親近感を持ちます。

    笑う正論と言われるほど常に正論を貫きますが、相手の情状を斟酌して行います。

    時に切れ味の良いシビアな言葉が飛び出すことがありますが、通常は温和な人柄の持ち主。

    手塚 光:鈴木達央

    (6人の右端の背の高い男性)

    防衛部・図書特殊部隊所属。一等図書士。

    郁や柴崎とは同期で父親は図書館協会会長。

    図書館界のエリート一家の次男で几帳面、努力家で誠実ですが、完璧主義で融通が利かず恋愛に縁遠い。

    図書隊員および特殊部隊員として優秀な存在になることが目標。

    努力を惜しまない秀才ですが落ちこぼれには厳しく、郁への攻撃も情け容赦ありません。

    子供の扱いが苦手で、ブラザーコンプレックスを持っています。

    柴崎麻子:沢城みゆき

    業務部・武蔵野第一図書館所属。一等図書士。

    郁の寮でのルームメイトで親友の郁、手塚とは同期。

    情報通で、実験構想中の情報部候補生、頭がよく業務部の出世頭です。

    長いストレートヘアが特徴のかなりの美人で利用客だけでなく業務部・防衛部の中にもファンが多数います。

    「美人で頭がよくて容赦がない」ため、中学時代は学校で孤立することに。

    恋愛面の知識と経験はありますが、今まで外見に寄ってくる相手にしか出会えていません。

    玄田竜助:鈴森勘司

    (6人の中の右端のごつい男性)

    防衛部・図書特殊部隊隊長。三等図書監。

    時々、豪快かつ無茶な作戦を立案するので、大胆なのか大ざっぱなのか分からない性格ですが、実はもっとも効果的と思われる手段を選んでいます。

    堂上、小牧とともに郁達の指導教官を務め、彼女の戦闘能力を高く買っています。

    体がとても丈夫で、サブマシンガンの銃弾32発を胴体に撃ち込まれた時でも、1か月ほどで復活。

    子供にも懐かれます。

    「世相社」の雑誌記者である折口と過去に恋人同士で同棲していました。

    稲嶺和市:佐藤晴男

    現図書隊制度設立の立役者で関東図書基地司令。特等図書監。

    一癖ある部下を自由にさせておく寛容さを持つ、上品で穏やかな老人です。

    日野市立図書館館長だった時、「日野の悪夢」事件で右足と妻を失いました。その後、車椅子で生活し、公式行事などでは義足で歩行。

    囲碁が趣味で、少年時代にアマチュア3段の腕前と認められ、現在では更に腕が上がっています。

    折口マキ:田中理恵

    出版社「世相社」の週刊誌「新世相」の編集部主任。

    玄田とは大学時代からのつきあいで、彼を最も理解しています。

    メディア良化法に反対し、図書隊と協力して真実を報道することに従事しています。

    唯一の女性特殊防衛員の郁に、興味を持ち写真を無許可で撮って取材を要求した美人記者。

    遠慮がなく気遣いのない話し方が、堂上にとってはやりづらい相手です。

    スタッフ

    スタッフ
    • 原作:有川 浩「図書館戦争」
    • キャラクター原案:徒花スクモ
    • 監督:浜名孝行
    • シリーズ構成:古怒田健志
    • キャラクターデザイン:中村 悟
    • 美術監督:池田繁美
    • 美術設定:荒川直樹
    • 色彩設計:片山由美子
    • 撮影監督:田中宏侍
    • 3D監督:遠藤 誠
    • 音響監督:平光琢也
    • 音楽:菅野祐悟 
    • アニメーション制作:プロダクション I.G
    • オープニング・テーマ:高橋 瞳「あたしの街、明日の街」
    • エンディング・テーマ:Base Ball Bear「changes」

    口コミ・感想・評価

    「図書館戦争」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

    「そもそも図書館戦争を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

    ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

    表現の自由や、読書、図書館の良さを再確認できる作品。

    頭脳戦だけではなくて。
    表現の自由が制限された世界で、図書館と本を守る「図書隊」の活躍を描く作品です。本を守るというと、現実の図書館では虫や湿気や落書き、大きなもので地震や台風などの災害、などが天敵となりますが、図書館戦争で戦うのは検閲を行う機関と、それに所属する人間。つまり、人間同士、本を守るためにバリバリに重火器で武装して本を守ります。訓練もするし、体術も使います。キャラクターも魅力的で、背は小さいけども理想の上司な堂上教官、館内の噂に精通するなどインフォーマルな情報に強い美人の柴崎、そして熱血・主人公の笠原郁。アニメ視聴のあとは、ぜひ小説や映画、漫画も見てほしいです。特に映画は岡田准一のアクションと榮倉奈々の演技が見どころ。
    Kazuyoshi(30代・男性)
    詳細を見てみる

    主人公の言動が視聴者の胸に沁みるアニメ作品

    胸キュンのラストが見どころ
    主人公の郁と堂上を描いた最終回を見どころに感じました。ラストはキュンとするものになっていたと思います。作中では戦闘のショックで認知障害になってしまった堂上に寄り添う郁が印象的です。本を読み聞かせても反応がない堂上に郁が思いを告げる場面には胸がキュンとしました。郁は「今は王子様ではなく、目の前にいるあなたが好きだ」と告白します。後に堂上の手が郁に伸びてくる場面には感動しました。その後にも胸がキュンとする場面があります。堂上の指導のもと訓練に励む郁ですが、彼に突っ込みキスしそうになるところで結末を迎えます。最終回では二度も胸がキュンとする場面があり、キュンとするラブストーリーが好きな私にとっては大満足のラストでした。
    E.I.(30代・女性)

    文字通り図書館戦争

    図書館アニメ
    図書館と言うと利用する機会は人によって変わってしまうので大変ピンポイントであるところではあるのですが、そんな図書館を舞台にした作品という事であまり普段から図書館を利用しない人でも利用できるようになるという、大変面白い出来事が発生しているなと感じさせられました。結構専門的な用語が出てくるのでその都度勉強になりますね。話しの雰囲気としてはいたって現実的な内容が描かれていて、図書館にかかわる法律や、資本についてなど、かなり精神年齢が高いストーリーになっている気がしました。それなので頭を少し使う必要があるのですがそこが、本作品の面白さにつながっていると思われますね。最後は警察と図書館側で法の戦い文字通り図書館戦争が行われて見応えがありました。
    raitom(20代・男性)

    かっこいいミリタリーテイストの、胸キュンラブストーリー

    不朽の名作間違いなしです!
    2008年の放映当時、毎週リアルタイム視聴をしていました。原作は有川浩さん、恋愛小説の名手ですよね。ミリタリーテイストがお好みで、強くて優しくてかっこいい女の子の恋愛ドラマを観たい!そんなあなたには、このアニメ「図書館戦争」をオススメします。舞台は、公序良俗を乱し人権を侵害する表現を取り締まる法律として「メディア良化法」が成立・施行された架空の世界。この法律に違反する本は検閲により処分されてしまう。この世界では、そんな厳しい検閲から表現の自由を守るべく図書館が武装化。この図書特殊部隊と、検閲側の急先鋒・良化特務機関との攻防は激化の一途を辿っていました。主人公の笠原郁は、この図書特殊部隊の隊員。繰り返し繰り返し読むほどに大好きな本が、もし、検閲と称して、この世から消されてしまうとしたら…。読書好きの私にとって、そんな世界は耐えられません。でも、巨大な権力に逆らうことを思えば、自分を殺してその理不尽を飲み込んでしまうかもしれない。しかし、主人公・郁は、勇ましく立ち向かうのです。素敵な思い出がある大切な一冊を、失いたくないから。自分の愛する世界を、愛する人を守りたいから。気高く凛々しく美しい物語、それが「図書館戦争」です。
    かすみ(30代・女性)

    誰でも楽しめる。

    王道こそ至高
    まさに王道を行くラブコメで、ドキドキ要素が個人的には本当にたまらなかったです。私は原作小説を読まずにアニメを観ましたが、十分に内容は理解出来たしとても楽しめました。また、戦闘を繰り広げるシーンはめちゃくちゃ迫力があって画面を食い入るように観ていました。胸が熱くなりました。そして、キャラクターたちの容姿が最高でした。どこをど観ても美男美女しかいないし、そんな彼らが真剣に仕事に取り組んでいる姿はかっこよくて惚れ惚れしました。それに加えて、井上麻里奈さん、前野智昭さん、沢城みゆきさん、石田彰と実力も人気も申し分ない錚々たる声優さんたちの素敵すぎる声がより一層彼らを魅力的にしてくれて、目も耳も天国かなと言うくらいに幸せでいっぱいでした。
    おとは(20代・女性)

    アクションと恋愛の同時進行が魅力的なアニメ

    アニメならではのストーリー!
    アニメ『図書館戦争』は、原作小説とはまた違った展開になる場面が最後の方にあります!原作と違うのか…と思うかもしれませんが、私的には意外な展開で楽しむことができたので、原作把握済みの方にもおすすめです!作画も安定していますが、声優キャストも豪華な方々が並んでいて、最終回まで作りの違和感は全くなく見ることができると思います。『図書館戦争』といえば、アクションと恋愛の同時進行が特に見どころの作品ですが、どちらに偏ることなく力が入っていて、このアニメには大満足でした。アニメ『図書館戦争』を見た後には、絶対にアニメ映画『図書館戦争 革命のつばさ』を見てほしいです。アニメ同様、こちらの映画もしっかり作りこまれていて、大変見ごたえがありました。原作小説にもある人気エピソードだと思うので、原作小説ファンの方にこの映画の方もおすすめです。アニメを見ていると映画をより楽しく見ることができるため、ぜひアニメ『図書館戦争』は完走してほしいなと思います。
    郁(20代・女性)

    国の検閲から図書の自由を守る為に奮闘する隊員たちの勇姿を見られるアニメ

    検閲から守る図書隊員たちの戦いと恋愛を描いた図書館戦争
    図書館戦争は、架空の日本を舞台にしたディストピア作品で、図書隊は国のメディア良化法による検閲から図書を守るという設定がなかなか良く出来ています。その検閲の仕方が武力を投じる事もあるという物騒なもので、これに立ち向かう笠原たち図書隊員の姿が格好良いです。今の日本は、ほぼどんな情報にも触れる事が出来るので、この作品を観れば、現在の日本に住んでいて、どれだけ平和で便利な社会に住んでいるのだろうと思います。図書館戦争のように、時には武力闘争になってしまうというのは怖くて本が読めません。内容は固そうですが、絵や登場人物やストーリー展開は、バランスが良いファンタジーとして楽しめるように作られています。ちゃんと設定も詰め込まれていて、バックボーンを知りたい時には小説などを読むと理解出来るようになっている良作だと思います。
    たか(40代・男性)

    図書館と王道ラブコメを守る作品

    タイトルだけではないよう全部が把握できない
    この作品のタイトルを見た時、図書館で戦う系の戦闘アニメなのかなぐらいに思って見始めたのですが、まさかの恋愛もので正直びっくりしました。本を守るために戦争を始め主人公も憧れを持ち、入隊しまだまだ未熟だが、戦っている姿はかっこいいです。図書隊として仕事をしつつ成長していく姿は良かったです。自分が初めに書いた通り恋愛要素もあって、あるというより恋愛要素が多めで、教官と主人公の恋愛が王道ラブコメで憧れていた人が教官でなんて漫画あるあるですね。シナリオもしっかりしているしキャラクターの設定も面白かったので楽しい作品でした。フィクションのはずなのに、なんか現実的な内容で今の世界にも通じるものがあるのではないかと考えます。
    KOR(20代・女性)

    いい意味で、図書館戦争というタイトルを裏切るような作品です。

    考えながらもすらすら入る物語
    いい意味で、図書館戦争というタイトルを裏切るような作品です。きっと見た人にしかわからない・・・そんな作品になってます。 「メディア良化法」で検閲される世の中で、図書隊が「図書館の自由法」を根拠に表現の自由を守るため戦うというストーリー。その中にラブコメも交えているところも、興味をそそるポイントだとおもう。 とくに、不器感が出ていて、そこがもどかしくて、何とも言えずいいんです笑とくかく、本を守りたいという主人公の熱い思いが胸に響くような作品になってます。自分も物語の中に引きこまれていくようなそんなおすすめの作品です。ただ、少し考える部分も多いので難しいと思う人もいるかとは思います。私は好きな作品です。
    bibi(20代・女性)

    本と軍隊という異色要素が絡んだストレートに楽しめる作品

    深いテーマながら気楽に楽しむ作品。
    「検閲」という、身近にはあまりないものの生活において重要な事柄をテーマにした作品です。キャラクターはとても好感が持ててかわいかったりかっこよかったりするのですが、ちょっと設定の詰めの甘さが目立つかなという感じです。自分の人生を決定づけた相手の顔も名前も声すら覚えていない主人公とか、書店への検閲が日常的に行われる割に出版は自由だったりとか(出版を止める方が絶対楽で効率的)、本1冊守るためになんか命を賭けてたりとか(出版されてんだから同じ本が他にもあるはずなんだけどな)「大事なものを守る」ために奮闘する女の子の話として見る分には、ひねった所もなく周りの人物も好印象で楽しめるのではないかと思います。訓練風景は自衛隊モノとして楽しめばいいのかなと。
    ふるーつ(30代・女性)

    その他ネットの口コミ・感想・評価

    詳細を見てみる

    『図書館戦争』のまとめ

    「図書館戦争」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

    最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

    本記事のまとめ

    配信サービス配信状況無料期間と月額料金
    30日間無料
    月額2417円

    • 「図書館戦争」を無料で見るならTSUTAYAディスカス/TVがおススメ
    • 30日間の無料トライアルを実施中
    • 圧倒的な見放題作品数
    • 1100円分のポイントがタダでもらえる
    • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

    どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

    ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

    無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

    最後までお読みいただきありがとうございました!

    \本日から【12月25日】まで無料!/

    ※無料期間中の解約で、0円。

    ※本ページの情報は時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。