2018年12月28日公開された映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』

タイトルを聞くと「??」となってしまうかもしれませんね。

この映画は、筋ジストロフィーという難病を抱えた男性が繰り広げるちょっと変わった生活を描いた笑いあり涙ありの感動の実話なんです。

主人公の鹿野靖明を演じたのは、同じ札幌市出身の俳優・大泉洋さん

大泉さんが出演する作品の中には北海道内で撮影されるものも多く、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』もその一つです。

鹿野靖明さんが実際に暮らしていた札幌市内の他、美瑛町などでも撮影が行われました!

ロケ地マップも作成・公開されていて、これを見ながら札幌市内を観光する人もいるようですよ。

そこで今回は、「こんな夜更けにバナナかよロケ地・撮影場所はどこ?美瑛/公園/喫茶店/旭川/などまとめて紹介!」と題して、気になる映画のロケ地・撮影場所をご紹介していきます。

 

※「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を見逃した方、もう一度振り返りたい方に向けて、無料で「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を視聴できる方法をこちらの記事で紹介していますので、興味のある方は合わせてご覧ください☆

 >>無料で「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を視聴する方法はコチラ

 >>説明抜きで今すぐ見たい方はコチラ(公式ページに移動します)

『こんな夜更けにバナナかよ』ってどんな作品?

ではまず、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』のストーリーとキャストについて簡単にご紹介していきます!

『こんな夜更けにバナナかよ』の原作は?

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の原作は、作家の渡辺一史さんが書いたノンフィクション作品です。

そのタイトルは、『こんな夜更けにバナナかよ 筋ジス・鹿野靖明とボランティアたち』

夜中に突然「バナナが食べたい」と言い出した鹿野さんに対して、彼を支えるボランティアの一人が思った感想から付けられたとか。

「筋ジストロフィー」という全身の筋力が徐々に衰えていく難病を抱えた鹿野さん。

それでも自由奔放に生きることを選んだ彼のエピソードが数多く紹介されています。

そして、障害者と介助者との対等な関係がどのように構築されていくべきかという課題に向き合った作品であるともいえます。

その内容は世間からも高く評価され、第35回大宅壮一ノンフィクション賞第25回講談社ノンフィクション賞をダブル受賞!

難病を患っている人、それを支える家族、そして介護・福祉の現場で働く人たちなど、これからもたくさんの人に読み継がれていくことでしょう。

『こんな夜更けにバナナかよ』のあらすじ

映画のあらすじをご紹介します。

北海道札幌市。鹿野靖明(大泉洋)は幼い頃より難病の筋ジストロフィーを患い、34歳になる今では体で動かせるのが首と手だけ。24時間365日だれかの介助がないと生きていけない体にも関わらず、医師の反対を押し切って病院を飛び出し、市内のケア付き住宅で自ら集めた大勢のボラ(ボランティアの略称)に囲まれ、自立生活を送っている。わがままで、ずうずうしくて、ほれっぽくて、よくしゃべって…!夜中に突然「バナナ食べたい」と言い出したりする自由すぎる男・鹿野を介助するボラは、彼と付き合いの長いベテランから、新人の大学生まで人さまざま。その一人、医大生の田中(三浦春馬)はいつも鹿野に振り回される日々。ある日たまたま鹿野宅を訪れた田中の恋人・美咲(高畑充希)まで新人ボラに勘違いされてしまう。おまけに鹿野は美咲に一目惚れしてしまい、田中は彼の代わりに愛の告白まで頼まれる始末…!最初は戸惑う美咲だが、鹿野やボラたちと共に時間を過ごす内に、自分に素直になること、夢を追うことの大切さを知っていく。ところが鹿野が突然倒れ、命の危機を迎えてしまう…。

『こんな夜更けにバナナかよ』のキャスト

続いてキャストのご紹介です。

主人公・鹿野靖明を演じたのは、大泉洋さんです。

彼を支えるボランティアには、高畑充希さん三浦春馬さんに加えて、萩原聖人さん渡辺真起子さん宇野祥平さんらが多くの俳優陣が出演。

さらに、綾戸智恵さん竜雷太さん原田美枝子さん佐藤浩一さんら演技派俳優陣も加わり、実話に基づいた物語をより奥深いものにしています。

『こんな夜更けにバナナかよ』のロケ地・撮影場所はどこ?

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の撮影は、全て北海道内で敢行されました!

風情ある建物や美しい大自然を映し出したロケ地がたくさん登場しますよ。

そんな撮影現場を物語と絡めながらご紹介していきます!

西区山の手団地一号棟

物語は、大泉洋さん演じる鹿野がボランティアに囲まれながら生活するシーンから始まります。

そこに突然やってきた高畑充希さん演じる美咲ちゃん。

最初の頃は、ボランティアに横柄な態度をとる鹿野の姿に唖然としていました。

一見何かの施設のようにも見えますが、ここは札幌市西区山の手にある「山の手団地1号棟」の一室

なんと、実際に鹿野靖明さんが自立生活をしていた部屋なんです!

鹿野靖明さんの思い出が詰まったこの部屋で、笑ったり、泣いたり、怒ったり、様々なドラマが展開されています。

 

  • 住所:〒063-0002 北海道札幌市西区山の手2条2丁目3−1

フーズバラエティすぎはら

鹿野と出会ったその日、恋人であり医大生でもある田中くんと一緒に、一晩だけ鹿野宅に泊まることになった美咲ちゃん。

鹿野のおしゃべりは深夜まで続いた上に、突然「バナナが食べたい」と言い出す始末。

美咲ちゃんがバナナを買いに行った24時間営業のスーパーが「フーズバラエティすぎはら」です。

でも残念!バナナは売り切れでしたね。

  • 住所:〒064-0951 北海道札幌市中央区宮の森1条9丁目3−13
  • 電話:0120-202-447

北海道市場西町店

続いて美咲ちゃんが向かったお店は「北海道市場西町店」です。

自動ドアの向こうにバナナが見えているのに、お店は閉まっていました。

果たして、この後美咲ちゃんはバナナを手に入れることができたのでしょうか⁉︎

  • 住所:〒063-0062 北海道札幌市西区西町南7丁目4−15
  • 電話:011-665-5252

宮田屋珈琲豊平店

美咲ちゃんがバイトをしている「宮田屋珈琲豊平店」

吹き抜けの二階建て構造になっているこのお店は、控えめな照明で落ち着いた雰囲気があります。

こんな素敵な場所なら、美咲ちゃんたちのように仕事中でも恋バナが止まらなくなってしまいますね。

昔懐かしいピンクの電話も登場するのですが、今もあるのでしょうか…

  • 住所:〒062-0934 北海道札幌市豊平区平岸4条1丁目4
  • 電話:011-817-3930

北海道大学

医大生の田中くんの通う大学のロケ地となったのは、「北海道大学」です。

自然に囲まれて広々としたキャンパス内を美咲ちゃんと田中くんが2人並んで歩くシーンはほのぼのします。

また、鹿野のボランティア募集のシーンでは館内も使われていました。

  • 住所:〒060-0808 北海道札幌市北区北8条西5丁目
  • 電話:011-716-2111

八剣山果樹園

美咲ちゃんのことが気に入った鹿野は、彼女をデートに誘うことを決意。

萩原聖人さん演じるボランティアの代表・高村と田中くんも一緒に4人で訪れたのが「八剣山果樹園」です。

みんなで美味しいジンギスカンとビールを堪能しながら、ロックバンドのライブにも参加!

これをきっかけに、ピリピリしていた鹿野と美咲ちゃんの関係も次第に打ち解けていきます。

  • 住所:〒061-2275 北海道札幌市南区砥山126
  • 電話:011-596-2280

勤医協札幌西区病院

鹿野が長年通う病院の撮影は「勤医協札幌西区病院」で行われました。

ここに原田美枝子さん演じる主治医の野原先生もいます。

入院をすすめる先生に対して、「命の責任は自分でもつ」とキッパリと言う鹿野。

自分の人生を生きたいという強い意志が感じられるシーンです。

  • 住所:〒063-0061 北海道札幌市西区西町北19丁目1−5

清田区民センター

鹿野が登壇する障害者シンポジウムが開催されたのは、「清田区民センター」です。

ここで自分の夢を堂々と語る鹿野。

その存在が、同じ病気を抱える人や支える家族など、たくさんの人に勇気を与えているシーンです。

  • 住所:北海道札幌市清田区清田1条2丁目5−35
  • 電話:011-883-2050

旭山記念公園

札幌市内を一望できる絶景の「旭山記念公園」で、田中くんが美咲ちゃんの手作り弁当を大喜びするシーンがあります。

そう!ここはデートスポットとしても有名な場所。

しかし、恋人同士らしくラブラブに過ごしていたはずが、美咲ちゃんには秘密にしていることがあり、ここから2人の気持ちがすれ違い始めてしまうのです…

  • 住所:〒064-0943 北海道札幌市中央区界川4丁目1
  • 電話:011-200-0311

琴似神社

年が明けると、鹿野とボランティアのみんなは「琴似神社」に初詣に行きます。

ここはパワースポットとしても有名な場所な琴似地域の鎮守杜です。

鹿野の後押しを受けて、自分の夢に向かい始めた美咲ちゃん。

美咲ちゃんの願い事は叶うのでしょうか…?

一方、鹿野が神様に何をお願いしたのかは秘密のようですね…

  • 住所:〒063-0811 北海道札幌市西区琴似1条7丁目1

札幌ホテルヤマチ

元気にそうに見える鹿野ですが、時が経つにつれ病気はどんどん悪化。

ついには呼吸器をつけられて病院から出られなくなってしまいます。

しかし、鹿野の強い意志とボランティアたちの支えによって、奇跡的に退院が許可されるのです。

その退院パーティーの会場となったのが「札幌ホテルヤマチ」です。

鹿野が語る言葉の一つ一つに耳を傾けるたくさんのボランティアの人たち。

そして、鹿野から美咲ちゃんへあるサプライズが起こるのですが…

  • 住所:〒063-0811 北海道札幌市西区琴似1条3丁目3−6
  • 電話:011-644-5555

ポテトヴィレッジ 美瑛ポテトの丘

映画の終盤、鹿野とボランティアのみんなで旅行に出掛けた先が美瑛町・美馬牛にある「ポテトヴィレッジ 美瑛ポテトの丘」

ペンションの大きな窓から見える花畑や辺り一面に広がる草原が素敵なところですね☆

そんな場所で、夜が明ける前の薄暗い中、男同士の話をする鹿野と田中くん。

そしてそこにひょっこり現れる美咲ちゃん。

いろいろなことがあった3人が朝焼けに照らされながら語り合うシーンは、本作一番の見どころと言ってもいいでしょう!

  • 住所:〒071-0218 北海道上川郡美瑛町字大村村山
  • 電話:0166-92-3255

ロケ地マップもあるよ!

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の公開時には、札幌市内でロケ地マップが配布されていました。

現在は手にすることができませんが、札幌市のホームページにアクセスするとで見ることができます!

札幌市内を観光する際に、役に立つかもしれませんね☆

他にもある!大泉洋×北海道が舞台の映画

北海道を代表する俳優と言えば、大泉洋さん。

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』以外にも、北海道を舞台とする作品に数多く出演しています。

『探偵はBARにいる』シリーズ

大泉洋さんと松田龍平さんがW主演した映画『探偵はBARにいる』

札幌・すすきのを舞台に、2人がとんでもない事件に巻き込まれていくアクション・ミステリー作品です。

これまで3作品が公開され、いずれも大ヒットを記録!

大泉洋さん演じる「俺」が拠点にしている“BARケラーオオハタ”のある「有馬ビル」や、

“喫茶モンデ”のロケ地となった「喫茶トップ」という老舗喫茶店は、もはや聖地としてファンの間では有名です!

残念ながら、「喫茶トップ」は閉店してしまったようですね。

 

『しあわせのパン』

2012年に公開された映画『しあわせのパン』は、東京から遠く離れた北海道・洞爺湖の畔に移住した夫婦が営む「パンカフェ」を舞台にした物語です。

夫の水縞くんを大泉洋さん、妻のりえさんを原田知世さんが演じています。

北海道洞爺湖町月浦地区に実在する店「ゴーシュ」がモデルとなり、実際の店舗を含めすべてのシーンが北海道内で撮影されています。

焼きたてのパンと淹れたての美味しいコーヒー、そして豊かな自然を求めて誰もがこの地を訪れてみたくりますよ☆

いえ、移り住んでしまう人だっているかもしれませんね。

 

『ぶどうのなみだ』

2014年公開の映画『ぶどうのなみだ』もオール北海道ロケが敢行されました。

北海道空知地方で農業をしながら暮らす2人きりの兄弟。

大泉洋さん演じる兄のアオは理想のワイン作りを、染谷将太さん演じる弟のロクは広大な畑で小麦を育てながら、風変わりな来訪者たちと日々を過ごします。

その舞台となったのは、岩見沢市にある「宝水ワイナリー」

積雪のあるこの土地でブドウを育てながら、こだわりのワインづくりをしています。

映画では、個性豊かな登場人物たちが繰り広げる心温まるストーリー美しい四季の風景が見どころとなっています。

ワイン作りを通して、心穏やかに過ごすことがいかに大切かを教えてくれる作品です。

 

『そらのレストラン』

2019年公開の映画『そらのレストラン』は、牧場とチーズ工房を経営する男性が仲間と共に1日限りのレストランを開くまでの様子が描かれています。

自分の牧場の牛乳で美味しいチーズを作ることを目標に、日々奮闘する亘理(わたる)役を演じたのが大泉洋さんです。

亘理が営む海の見える牧場のモデルは、北海道せなた町にある「村上牧場」

息を呑むほどの絶景ですね☆

化学肥料を一切使わず、広大な土地に牛たちを放牧しながら育てているそうですよ。

映画に登場するこの土地の食材を使った美味しそうな料理を見たら、思わずお腹がグーっとなってしまうかも。

そして、仲間と共に小さな町の農場を守り抜こうとする登場人物たちの強い絆に、多くの人が胸を熱くすることでしょう。

 

まとめ

「こんな夜更けにバナナかよロケ地・撮影場所はどこ?美瑛/公園/喫茶店/旭川/などまとめて紹介!」と題して、気になる映画のロケ地・撮影場所をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』は、難病に立ち向かいながら自由奔放に生き抜いた鹿野靖明さんの生涯が描かれているノンフィクション作品が原作となっている映画です。

鹿野靖明さんが実際に暮らした住宅を始め、札幌市内や美瑛町で撮影が行われていました!

北海道らしい大自然が望めるロケ地も素晴らしいですが、日常が映し出される撮影場所も味わい深いものがありますよね。

本作をじっくりご覧になった後で、その感動ストーリーを思い出しながら北海道旅行を楽しんでみるのもいいかもしれません☆

 

 >>無料で「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」を視聴する方法はコチラ

 >>説明抜きで今すぐ見たい方はコチラ(公式ページに移動します)