国立病院機構函館病院コロナウイルス感染者特定で場所はどこ?

2月25日、北海道函館市にある「国立病院機構函館病院」で、入院患者が新型コロナウイルスに感染していることが判明しました。

「国立病院機構函館病院コロナウイルス感染者特定で場所はどこ?」と題し、詳細を確認していきたいと思います。

北海道函館市「国立病院機構函館病院」で入院患者の新型コロナウイルス感染が判明!

2月25日、北海道函館市にある「国立病院機構函館病院」で、入院患者が新型コロナウイルスに感染していることが発表されています。

この患者さんが入院時にはすでに感染の可能性を認識したうえで対応されていたとのことで、院内感染などの予防対策もきちんとされていたようですね。

素晴らしい対応ですね!

また、まだニュースになっていないようですが、このように素早く自主的に正確な情報を発表してくれるのは、函館市に住む住民含め北海道民にとってもとてもありがたいですよね!

実際にこのような感謝の声がたくさん上がっていました。

これを見習って日本政府もどんどん迅速に情報を開示してくれればいいのに、と思っちゃいますね・・・。

国立病院機構函館病院のホームページには以下のように記載されています。

要約すると、

  • 函館市内に於いても複数の医療機関で新型コロナウィルス感染が発生している
  • 当面の間入院患者様への面会を原則禁止
  • 医薬品・医療機器・医療関連材料関連会社様についても同様に当面の間、院内立ち入りを禁止

ということです。

国立病院機構函館病院の場所はどこ?

国立病院機構函館病院の情報についてまとめます。

住所:〒041-8512 北海道函館市川原町18−16
電話:0138-51-6281

【まとめ】北海道函館市「国立病院機構函館病院」で入院患者の新型コロナウイルス感染が判明!

今後、全国各地で新型コロナウイルスの感染者はどんどん増えていくでしょうから、各病院においてもこのような迅速かつ正確な情報を発表していただくことは非常に重要ですね。

政府専門家によると今後1~2週間が瀬戸際のようですから(本当??)、我々ひとりひとりがキチンと危機管理意識をもって、このような情報をもとに冷静に対応していかなければいけないですね。

 

この記事が参考になれば幸いです。