長岡弘樹のベストセラー小説が原作のミステリー作品で、今作は、昨年1月に2夜連続で放送された第1弾の続編で、198期を描いた前作の2年後という設定のドラマ「教場2」。

警察学校を舞台に、木村拓哉さん演じる鬼教官の風間公親が生徒たちの中で起こる事件の真相を見破り、警察官としての適性のない者には容赦なく切り捨てていくストーリーです。

2021年1月3日、4日に2夜連続放送され、2夜連続の世帯平均視聴率13%超をマークし、1夜目からショッキングな展開。

前作「教場」の主要メンバーである198期生の宮坂定が殉職します。

この衝撃的な展開に衝撃を受けた視聴者も多かったのではないでしょうか。

そこで、「教場2で宮坂定殉職は漆原のせい?事故で死んだ理由を考察!」と題し、宮坂定殉職はどんな理由だったのかリサーチしていきます。

 

※ちなみに、教場2はFODで配信中です。月額888円の有料サービスですが、今なら14日間の無料キャンペー中ですので、一切料金なしでタダで見れちゃいます。いつこのお得なキャンペーンが終了するかわからないので、見逃した方、再度見たい方は早めに利用するのがおススメです!

\教場2を無料で楽しむ/

※無料期間中の解約で、0円。

教場2|宮坂定の殉職は漆原のせい?

まず、風間教場198期生である宮坂定が殉職するまでの漆原透介の行動を振り返ってみます。

宮坂定の殉職までの漆原の行動

風間教場の生徒である漆原は、時間の感覚が人と違い、たびたび遅刻をしてしまう問題児。

親に社会人として自立できるようにと、警察学校に入校させられます。

仮入校の時も遅刻し、三日目の非常点呼の時も遅刻しますが、この日の遅刻には理由があり、ホームルーム前、教場ではスマホなどを持てないため、掲示板を見に校舎の中を探し回っていました。

この時、他の教官や生徒たちは、「何か薬でもやってる?」「発達障害なのか」とおかしな行動をしている、と不審に感じていましたが、風間教官は気付いていました。

漆原が掲示板に載っている事件の詳細を知りたくて、探し回っていると全てお見通し。

知りたがっている事件は、宮坂定の殉職で、信号機トラブルのために、道路上で交通整理をしていたところ、トラックにはねられてしまいます。

風間教官に信頼されていた宮坂定の殉職を聞き、同期198期生たちが警察学校に集まり、風間教官は、198期生たちと警察署から送られてきた事故当時のカメラ映像を確認します。

そこには横断歩道をノロノロと渡る漆原を励ます宮坂定が映っていました。

198期生のメンバーは、宮坂定がトラックにはねられる直前に横断歩道を渡っていた漆原を叱責。

これを見ていた風間教官が198期生のメンバーに「職務で弔え!」と一喝します

漆原は、事故を認知していましたが、そのまま学校へ戻ってきました。

そして救急車で搬送された宮坂定の安否を確認したくてパニックになり、校内で不審な行動をとっていたのです。

198期生が去った後も、「自分のせいだ、警察官になる資格がない、警察学校をやめる」と泣き土下座する漆原に「戻れ!!一人にしてくれ!」と怒鳴る風間。

宮坂定の殉職は漆原のせいだったのでしょうか。

宮坂定の殉職は漆原のせい?

漆原は自分のせいだと泣いていましたが、視聴者の声はほんとに漆原くんのせいなの?といった混乱した声が聞こえています。

なぜこんなに混乱するのかなとリサーチしてみると、原作では、殉職するのは、別の警察学校の生徒であった紀野巡査という人物が殉職するという設定でした。

ドラマのみの展開だっただけに、視聴者が余計に混乱したのかもしれません↓↓↓

そこで原作を読んでみると、やはり小説でも時間の感覚が人とずれている問題児という設定の漆原。

そしてドラマ同様、交通整理中の警察官が殉職しますが、その警察官は宮坂ではなく、風間教官も担当した警察学校の生徒である紀野巡査でした。

宮坂が紀野巡査だったというだけで、それ以外の内容はほぼ同じでした。

横断歩道を渡り終え、その音に気付いていたのに、彼は振り返らず、それどころか、何かから逃げるように、足早に現場から走り去ります。

つまり、漆原が渡った直後の事故だったので、漆原を通してあげなければ、事故に遭わなかったかもしれない、事故の音を認識していたのに、振り返って救護をしなかったことが、漆原のせい?と疑われたんだと考えられます。

ただ、ドラマでは、カメラの映像から漆原が渡った直後ではなく、しばらく時間が空いていたので、事故現場から逃げるように去って、救護しなかったことが漆原が責められた理由なのでしょう。

次に、宮坂定が事故で死んだ理由をリサーチしていきます!

教場2|事故で死んだ理由を考察

事故死した理由をリサーチしてみると、以下の2つが考えられました。

理由①:漆原を無理やり通してあげた

宮坂定は交通整理をしていて、車を止めて漆原を通してあげます。

時間にルーズな漆原。

遅刻しそうな漆原を見かねてか、車を無理に制止し、その直後に突っ込んできたトラックにひかれてしまいます。

つまり、漆原を無理やり横断歩道を通さなければ事故に遭遇しなかったかもしれないと考えられます。

理由②:漆原が事故直後に救護しなかった

漆原は宮坂定が事故に遭ったことを認知していましたが、救護せず、通報することもなく、その場を立ち去ります。

漆原は宮坂定が事故に遭遇したことを知っていたことは間違いありません。

それが原因で警察学校で掲示板を探すなどとりみだした行動をとり、不審がられたほどでした。

日ごろから遅刻を叱られ、「次に遅刻したらクビだ」と言われていた漆原ですので、それを怖れて事故現場を後にし、そのまま警察学校に戻ったということも考えられます。

つまり、漆原が通報したり、事故直後に宮坂定を救護していれば一命はとりとめたかもしれないと考察されます。

事故死の理由をリサーチしてみると198期生が漆原を叱責したのも納得がいきますね。

教場2|宮坂定の殉職にはフラグがあった?

教場1の卒業シーンを思い出してみてください。

そうです、風間教官が宮坂定に「死ぬなよ」という言葉を送りましたね。

その時は???と思っていましたが、伏線を回収しました。

教場2|宮坂定殉職に対する反応

最後に、宮坂定の殉職に対し、視聴者からの声をTwitterからのぞいてみたいと思います。

やはり、前作の主要メンバーだっただけに、宮坂定の殉職は衝撃を与え、涙が止まらない、ガチで泣いたといった、ショックすぎるといった声が続々挙がっています↓↓↓

鬼教官の風間教官も切ない表情を浮かべることも、さらに視聴者へ悲しみを与えています↓↓↓

 

198期生メンバーも、そして漆原も、もちろん風間教官もきっと宮坂定のことを胸に留め、この先もずっと忘れず職責を果たしていくことでしょう。

まとめ

「教場2で宮坂定殉職は漆原のせい?事故で死んだ理由を考察!」と題し、リサーチしてきましたがいかがでしたでしょうか?

1夜目から宮坂定殉職という衝撃的な展開に驚き、宮坂定殉職は漆原が原因なの?という声が多く寄せられ、漆原が責められた理由として、事故に気付いていたのに現場から去ってしまう行動をとったことが考えられました。

毎回、豪華キャストが集結し、期待を裏切らない面白さと評される本作。

198期生のメンバーや風間教官の宮坂への思いを踏まえた上でもう一度鑑賞してみると、1度目とはまた違った視点で観られるかもしれませんね☆

\教場2を無料で楽しむ/

※無料期間中の解約で、0円。