日本が誇るバスケ漫画・スラムダンクが映画となって帰ってきます!

主人公・桜木花道が所属する湘北高校のバスケ部を舞台に繰り広げられる、青春スポーツ漫画の名作。

この記事をご覧の方には、もう詳しい説明なんて不要ですよね!?

今回の映画化のニュースを知り、わが家でも家族中で盛り上がりました。

スラムダンクのアニメが最後に映画化されたのは1995年の夏。

実に26年ぶりに湘北バスケ部がスクリーンに戻ってくるとあり、早くも話題騒然ですが、やはり気になるのはそのストーリーではないでしょうか?

そこで今回は「スラムダンク映画化は山王戦?アニメ続きやオリジナルストーリーか予想!」と題して、映画の内容を予想していきたいと思います!

 

※ちなみに、無料で「スラムダンク」のアニメや映画を振り返る方法をこちらの記事で紹介していますので、合わせてご覧ください☆

 >>スラムダンク(アニメ)の動画を無料視聴!1話~最終回まで全話見れる!

 >>スラムダンク(映画)の無料動画をフルで視聴する方法!

スラムダンク映画化は山王戦?

スラダンといえばなんと言っても山王戦ですよね!

映画化となると、やはりここを避けては通れないのではないでしょうか…?

山王戦ってなんだっけ?おさらいしよう!

「漫画読んだのが昔すぎていまいち思い出せない」という方の為に、サラっとおさらいをしておきましょう。

山王戦とは
県予選を勝ち抜き、インターハイへの出場権を獲得した湘北高校。

トーナメント1回戦で大阪代表の豊玉高校と対戦し、見事勝利します。

続く2回戦の相手となったのが、インターハイ3連覇中の秋田代表・山王工業高校。
途中、20点以上のリードを奪われ敗戦ムードでしたが、粘り強く追い上げていきます。
背中を負傷している花道も、痛みに耐えつつ懸命にプレー。
試合終了間際に花道が放ったジャンプシュートにより、湘北は大逆転の勝利をおさめました。

これ読んでるだけでも泣けちゃいます…。

この後の3回戦で湘北は愛知代表のチームにまさかのボロ負けをしてしまうのですが、この山王戦だけにすべてを注いでしまった感じが、またいいですよね。

やはりこれは、映画化候補最有力と言えるのではないでしょうか?!

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」

スラムダンクをよく知らない方でも、この名言は知っているのでは?というほどの、名言中の名言。

監督である安西先生の言葉ですよね。

漫画ではこのセリフが出てくるシーンが2回ありますが、その一つがこの山王戦です。

20点以上の差をつけられ、花道をいったんベンチへ下げた時に安西先生がこう切り出します。

「私だけかね?まだ勝てると思っているのは…」

「あきらめたんじゃなかったのかオヤジ…」

「あきらめる?あきらめたらそこで試合終了ですよ…」

やはりこの名言を映画館のスクリーンでぜひ聞きたいです!

山王戦を映画化!Twitterの声

山王戦を映画化してほしいという声が、Twitter上にもたくさん寄せられていました!

やはり山王戦へのファンのみなさんの想いがあふれていました!

映画化が嬉しすぎてもうなんでもいい、という方もいました(笑)

スラムダンク映画化はアニメの続き?

1993年から1996年まで放送されていたテレビアニメ版も大人気でしたよね!

しかしアニメ版では原作漫画の途中までしか描かれていませんでした。

そうなると、映画化されるのはアニメの続きのストーリーからなのでは?という予想もできます。

どんなストーリーになるのでしょうか?

アニメはどこで終わってる?おさらいしよう!

テレビアニメ版では、湘北高校が神奈川県予選を勝ち抜いたところまでが描かれていました。

最終回では、原作とは少し異なるオリジナルストーリーとなっており、花道たちがインターハイに向けて練習をしているシーンや、陵南高校・翔陽高校の混声チームと練習試合をするシーンなどがありました。

ということは、テレビアニメ版の続きが映画化となっても、やはりインターハイ(豊玉戦〜山王戦)がメインの物語になる可能性が濃厚ですね!

アニメの続きを映画化!Twitterの声

アニメ版の続きを映画化、という事に関するツイートも見てみましょう。

わが家も家族みんなで観に行きます!

頭から全部というのも新しい発想です!

やはりファンとしては、山王戦だけでなく豊玉戦から見たいですよね!

スラムダンク映画化はオリジナルストーリー?

山王戦やアニメの続きではなく、まったくのオリジナルストーリーが映画化される可能性もあります。

そのようになった場合、いったいどんな物語となるのでしょうか?

オリジナルストーリーを予想!

これに関しては当然のことながら情報がないため、予想していきたいと思います。

勝手にいくつか考えてみました。

  • インターハイから1年後の湘北バスケ部
  • 大人になった花道たち
  • 新たなライバル校との試合
  • 花道と春子さんのラブストーリー
  • 安西先生メインのストーリー
  • 陵南バスケ部が主役のストーリー

自分で考えてみましたがどれもいまいちなので、個人的にはやはり山王戦が観たいです。

スラムダンク過去の映画化作品はこちら

ちなみに、スラムダンクはこれまで4回、アニメ映画化をされています。

過去の作品はそれぞれ下記のような内容となっていました。

過去の劇場版作品
◯1994年3月公開「スラムダンク」
湘北VS武園の練習試合の様子。

◯1994年7月公開「スラムダンク 全国制覇だ!桜木花道」
原作79話で少し触れられていたインターハイ予選4回戦・湘北VS津久武の試合に手を加えたもの。

◯1995年3月公開「スラムダンク 湘北最大の危機!燃えろ桜木花道」
湘北VS海南のインターハイ予選直後の緑風との練習試合。

◯1995年7月公開「スラムダンク 吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏」
流川と、中学時代の後輩・水沢イチローがメインとなった作品。

最初の3作品は他のライバル校との試合の様子がメインとなっていますが、4作目は人間ドラマを中心としたストーリーに仕上がっています。

となると今回も、人間ドラマメインのオリジナルストーリーになる可能性も0%ではないですね…?

オリジナルストーリーを映画化!Twitterの声

Twitterでは、オリジナルストーリーを望む声もありました。

いくつかご紹介します。

完全オリジナルストーリーや湘北高校のその後など、やはりみなさんさまざまな希望があるようですね!

総集編も見たい気もしますが、それはテレビでやってもらいたいです。

スラムダンク映画化は有名人からも続々と反響が!

原作者の井上雄彦さんがTwitterで今回の映画化について発表すると、多くの有名人からのさまざまな反応がありました。

松坂桃李

俳優の松坂桃李さんは、作者に律儀にお礼を伝え「観ます」と宣言。

やはり豊玉・山王戦に注目しているようです!

中川翔子

アニメ好きで知られる中川翔子さんも反応。

「え!?ええええええ」と、驚きを隠せない様子です。

ボクサー井上尚弥

ボクシング世界王者の井上尚弥さんも「激アツ」と呟いています。

やはりスラムダンク、最強です。

田村裕(麒麟)

プロチームのトライアウトを受けた経歴を持ち、現在はバスケ教室をプロデュースするほどのバスケ通・麒麟の田村裕さんももちろんツイート。

田村さんいわく、スラムダンクが流行る前からバスケをしていた、というのが自慢だそうです。

まとめ

さて「スラムダンク映画化は山王戦?アニメ続きやオリジナルストーリーか予想!」と題してお届けしましたが、いかがでしたか?

やはり、アニメ版の続きであるインターハイでの山王戦が有力候補でしょうか?

しかし、オリジナルストーリーという線もまだ捨てきれないですね。

いずれにしても、日本中のスラダンファンが喜んだ今回の映画化。

公開日などの詳細はまだ発表されていませんが、この厳しいコロナ禍の中で、私たちに楽しみを与えてくれそうです。

この機会に、また原作漫画を読み返してみるのもいいかもしれませんね!