関俊彦(せきとしひこ)さんのことをご存知ですか?

数々の人気作品で声優を務め、大人気ヒット作『鬼滅の刃』で鬼舞辻無惨役で活躍されていますね。代表作の『最遊記』シリーズがTVアニメ化されることも決定され、勢いは止まりません。

最近では「あなたの関俊彦さんはどこから?」というワードでTwitter上で話題になっています。

関さんは、これまでどんな作品に出演してきたのでしょうか。あの『天空の城ラピュタ』にも!?

そこで、今回は「関俊彦(声優)の代表作はラピュタも?過去出演作品やキャラクターを紹介!」と題して、関俊彦さんのこれまでの出演作や声優を務めたキャラクターなどをご紹介していきたいと思います!

関俊彦さんプロフィール

関俊彦さんのプロフィールからご紹介。

関俊彦 プロフィール
  • 生年月日 :1962年6月11日
  • 出身地  :宮城県仙台市生まれ、栃木県真岡市出身。
  • 血液型  :A型
  • 趣味・特技:剣道二段
  • 所属事務所:81プロデュース所属。
  • 受賞歴  :第2回声優アワード シナジー賞

1983年、駒澤大学在学中にラジオドラマでデビュー。
1983年、『太陽の子エステバン』テレビアニメデビュー。
1989年、現在のEテレの音楽教育番組『ふえはうたう』でおにいさん役を実写で8年に渡り出演。

基本的に物腰の柔らかい男性やハスキーボイスの青年役の声が印象的。
デビュー当初は熱血主人公や少年役が多かったですが、キャリアを重ねるにつれて役幅が広がり、年齢を問わず演じられます。

また、若手の頃から洋画の吹替にも積極的に出演。

さらに、舞台にも出演したりと俳優活動と、歌唱力も定評を受けていることから音楽活動でも200曲以上をリリースし、幅広く活躍。

1983年のデビューから絶え間なく活躍されている声優界の大御所です。

関俊彦さんの代表作はラピュタも?

関さんは過去に1986年公開の『天空の城ラピュタ』にも出演。エンドロールにもお名前がしっかりと記載されていますね↓↓

そして、どこに出演されていたかというと…、ドーラの長男・シャルルとパズーの親方・ダッフィの乱闘シーンに出演↓↓

関さんの役名表記はないのですが「やれ!ダッフィ見せてやれ!」と言っているガヤの役をされています!

このような役で出演されていたとは意外で驚きです!他にも林原めぐみさんなどのいまや声優会のベテランの方々の名前も載っていて、びっくり。すごい作品ですね『天空の城ラピュタ』。

関さんは、今や有名な声優さんですが、もしかしたら気づかずスルーしてしまうような役を演じてきた過去があるんですね。

役名がないので、関さんの代表作!とまでは言えませんが、有名なジブリの不朽の名作に出演されていたのは、すごいことです!

関俊彦さんの過去出演作品やキャラクターを紹介!

では、関俊彦さんの代表的な過去の出演作品やキャラクターをどんどんご紹介していきます!

『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨

大人気の『鬼滅の刃』。

こちらの役は、実は、オーディションで勝ち取った役だそうです。意外ですね!

低音ボイスがたまらない…と人気です。

『忍たま乱太郎』土井半助

こどもから大人まで楽しめる作品ですね。生徒思いなところがある土井先生はわたしも大好きなキャラクターです。

『仮面ライダー電王』シリーズ モモタロス

こちらは特撮ドラマですが、主人公の相棒的存在のモモタロスの声を担当。主題歌も担当し、「Climax Jump DEN-LINER form」ではオリコンで第2位にランクイン!その功績が認められ『電王』の共演者と共に声優アワードでシナジー賞を受賞しました。

『最遊記』シリーズ 玄奘三蔵/金蝉童子

とにかく渋くてかっこいいキャラクター。低音ボイスが魅力的。関さんの良いところがすべて生かされた作品だと高評価です。

『NARUTO‐ナルト‐』うみのイルカ

イルカ先生のもつ優しさと強さと厳しさをうまく表現されていました。主人公・ナルトの心の支えである、深くて広い海のような愛情をもったキャラクターです。

『機動戦士ガンダムSEED』ラウ・ル・クルーゼ

ダークな雰囲気と深みを感じる熱演が衝撃だったキャラクター。この作品から関さんにハマった方も多いようです。

 

以上、関俊彦さん代表作のキャラクターたちでした。

とても幅広い、素敵なキャラクターばかりです!この他にも、たくさん魅力的なキャラクターを演じられています。

「あなたの関俊彦はどこから?」の過去出演作品やキャラクターを紹介!〜Twitterの声〜

数多くの作品に出演し、活躍されてきた関さん。すべてのキャラクターをご紹介したいところではありますが、それは、膨大な量になりすぎます…。

そこで、関さんが演じた中でみなさんが印象に残っている過去の出演作品とキャラクターは誰かをTwitter上で賑わっていた「あなたの関俊彦はどこから」を通して、ご紹介していきます!

『赤い光弾ジリオン』JJ

この作品の名前がTwitterではたくさんあがっていました。多くのみなさんが関さんを知るきっかけになった作品ですね。この作品でテレビアニメ初主役を務めました。

元気いっぱい、熱血ボーイです。

『新機動戦士ガンダムW』デュオ・マックスウェル

どんなに辛い目にあっても、決してめげない明るく元気なキャラクター。

戦闘になると真剣になる姿のギャップが最高でした!

『ふえはうたう』笛のお兄さん(1989〜1996年)

ふえのお兄さんとして、8年間出演されました。

一生懸命にリコーダーを演奏したり、子供たちと歌を唄うところが素敵です。

『ここはグリーン・ウッド』手塚忍

関さんといえば元気なキャラと定着しつつあったイメージを覆したクールなキャラクターです。「歌がうまい」という条件で原作者がたくさんのデモテープを聞いた中から選ばれ、キャスティングされました。

 

『間の楔』リキ

自分を見失わない男らしさと強さを兼ね備えたキャラクター。仲間にかけるやさしいことばが印象的です。

『F』赤木軍馬

「何人(なんぴと)たりとも俺の前は走らせねえ」が口癖。短気で気まぐれなキャラクターです。

『天空戦記シュラト』シュラト

いつも元気でまっすぐ。親友を取り戻すため何度も名前を呼んでいたことが印象的。ドラマCDのキャラソンがとても上手かったそうです。

『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』ブリード加賀

主人公の面倒見の良い兄貴分というところが、とても印象的で、声がマッチしていました。

『らんま1/2』ムース

すきな女の子にあしらわれてもめげずにアタックする一途なキャラクター。ちょっと暴走気味でしたが、おバカかわいい感じです。

『YAWARA』新聞記者・松田

こちらの役は、関さんご本人にとって「自分の声優としての知名度を広めてくれた作品」と忘れられないキャラクターだそうです。優しくてちょっと情けない、不器用で言葉遣いも悪いですが、実は芯の通っているキャラクターです。

トム・クルーズ!?その他のキャラクター

関さんは、洋画の吹き替えも多数されてきたので、そのなかの一作ですね。

そのほかのキャラクターも挙げられていました!↓↓

以上、「あなたの関俊彦はどこから?」でした。

たくさんある作品の中から、印象に残っている作品のキャラクターはいましたか?

時代を越えて、たくさんのキャラクターが皆さんの心では生き続けていますね。

まとめ

ここまで、「関俊彦(声優)の代表作はラピュタも?過去出演作品やキャラクターを紹介!」と題して、関俊彦さんのこれまでの出演作や声優を務めたキャラクターなどをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。

関さんの演じてこられた、たくさんのキャラクターたちは、その時代ごとに多くの方に愛されていることがわかりました。意外な作品にも出演されていましたね!

大御所であるのに、今も意欲的にオーディションを受けて役を獲得しているというのは本当に驚きでした。

これからも皆さんの心に残る魅力的なキャラクターを演じていかれると思うので、今後のご活躍からも目が離せませんね!