日テレで放送がスタートした話題のドラマ『ウチの娘は彼氏が出来ない!!』をご覧になりましたか?

このドラマは、演技派女優の菅野美穂さんと若手女優の浜辺美波さんがトモダチ母娘を演じるエキサイティング・ラブストーリー。

世代は違えど人気女優の2人が初共演ということもあり、放送前から各メディアも注目していました。

13日(水)の初回放送では、Twitterで関連キーワードが続々とトレンド入りを果たし、視聴率も二桁をマークしています!

順調なスタートを切ったようにも見えますが、一部の視聴者からは「つまらない」「面白くない」という声も上がっているようです。

そこで今回は、「ウチカレ(ウチの娘は彼氏が出来ない)がつまらない、面白くない理由はなぜ?オタクで腐女子の設定が原因?」と題して、本作に寄せられている否定的な意見の理由を調査していきたいと思います。

 

\無料で「ウチカレ」を楽しむ!/

※無料期間中に解約で、0円。

※無料でウチカレを視聴する方法を「ウチカレ(ウチの娘は彼氏が出来ない)の見逃し無料動画を1話~最終回まで全話視聴する方法!」でもご紹介していますので、見逃した方や再度見たい方は参考にしてみてください☆

ウチカレ(ウチの娘は彼氏が出来ない)ってどんな作品?

『ウチの娘は彼氏が出来ない』では、友達のような関係の母と娘が恋愛に奮闘する姿がコミカルに描れています。

菅野美穂さんと浜辺美波さんが演じるのはどんな母娘なんでしょうか?

恋愛から遠ざかっていた天然の母

菅野美穂さんが演じるのは、シングルマザーとして一人娘を育てる売れっ子小説家・水無瀬碧(みなせ・あおい)

少女のように天真爛漫で、思ったことはすぐに口にしてしまう賑やかな性格です。

これまで一度も彼氏ができたことのない娘の心配をしつつも、恋愛小説家として行き詰まっている自分に悩んでいます。

恋愛経験の無いオタクな娘

浜辺美波さんが演じるのは、筋金入りのオタクな大学生・水無瀬空(みなせ・そら)

大好きな漫画やアニメに没頭する姿から、同級生から“陰キャ”と呼ばれています。

理屈っぽく無愛想だけど、心は清らかで母親思いのしっかりした性格です。

第1話のダイジェスト動画

第1話では、喧嘩しつつもお互いを思いやる母娘の姿が描かれていましたね。

そして、そんな二人を取り巻く男性陣はイケメンばかり。

クセのあるキャラクターもいて、これからますます盛り上がっていきそうですね☆

ウチカレ(ウチの娘は彼氏が出来ない)がつまらない、面白くない理由はなぜ?

では、ウチカレ(ウチの娘は彼氏が出来ない)が「つまらない」、「面白くない」と言われている理由を見ていきましょう!

オタクで腐女子の設定が原因?

「女のオタク」=「腐女子」=「彼氏ができない」という強引な設定に違和感を持っている人が多いようです。

腐女子とは、BL(ボーイズラブ)と呼ばれている男性同士の恋愛を描いた小説や漫画などを好む女性のこと。

アニメや漫画が好きだからといって腐女子ではないのです。

もちろん彼氏のいる腐女子だってたくさんいますよね?

「今さら腐女子をテーマにしてもつまらない」「社会派ドラマとしては時代錯誤」というような意見もありました。

もうすでに、腐女子というテーマはインパクトに欠けるそうです。

また、恋愛小説のネタになるのでは?という意味が込められた「オタクで腐女子が恋したら面白くない?」というセリフに違和感を感じた人も…

腐女子をテーマを中心にストーリーが展開されるだけだと、薄っぺらい物語になってしまうかもしれませんね。

「彼氏なし」「未婚」という状態がまるで良くないことのように描かれていたことに引っかかった人もいました。

このように、ドラマの設定やセリフから腐女子を少し下に見ているような印象を受けた人が多いようです。

人によっていろいろな感じ方がありますね。

リアル腐女子とは違う?

「腐女子の行動がリアルと異なる!」という意見も多数ありました。

空のように、R-18指定のBL本を堂々と運ぶようなことはしないようです。

言われてみれば、街の中でそのような人に出会うことはほとんどありませんね。

娘の恋愛に干渉し過ぎ?

「母親が娘のことを心配する姿がウザい」と感じた人もいるようです。

トモダチ親子が増えている一方、親とはある程度の距離を保ちたいという若い人も多いのかもしれません。

腐女子を演じているのが浜辺美波だから?

「浜辺美波さんが腐女子を演じている姿に説得力が感じられない」という意見が多数。

多くの人が考える腐女子のイメージとはだいぶ異なるようですね。

ご紹介してきたように、面白くないというよりは少し不快感が残るという意見が多いように感じました。

腐女子という存在やドラマ全体の設定にリアリティが欠けているのが原因なのかもしれません。

ですが、ありえなさそうな設定だからこそエンタメとして楽しめるとも考えられますよね。

ウチカレ(ウチの娘は彼氏が出来ない)は気まずくなる?

リビングなどに置いてあるテレビでドラマを見る人も多いと思いますが、「家族で見るにはちょっと気まずい」という意見もあるようです。

腐女子であることは秘密?

バレたくないと思っているいう腐女子の方が大半のようです。

特に家族には絶対知られたくないとにこと!

腐女子であることを堂々と宣言できる世の中ではないということの現れなのかもしれません。

腐女子=彼氏ができない?

「彼氏がいないからウチの娘も腐女子かも⁉︎」と思われていないか心配している人もいます。

恋人もいなくて、未婚が増えているということがニュースに取り上げられる今の時代。

このドラマの直球なタイトルが目に入っただけで、気まずくなることもあるのかもしれません。

あまり気にし過ぎるのもお互いにとってよくありませんよ。

セリフに下ネタがある?

予想していなかった下ネタが突然セリフで出てくるとビックリしますよね。

コミカルなラブストーリーと宣伝されていたウチカレ第1話にもそんなシーンがありました。

気まずい雰囲気になってしまう家族もいるかも…

また、腐女子のことをよく知らない親にその言葉の意味を説明するのも気まずいものがあります。

自分が腐女子ならなおさら…

とは言え、一緒にドラマを見る家族って仲良しですよね?

ウチカレ(ウチの娘は彼氏が出来ない)が面白いという感想は?

否定的な意見もあるウチカレですが、Twitterを見ると続きを楽しみにしているファンの方もたくさんいますよ!

どんなところが魅力なのでしょうか?

菅野美穂さんと浜辺美波さんがとにかく可愛い!

「菅野美穂さんと浜辺美波さんの2人が可愛い!」という声が圧倒的に多かったです。

40歳を越えても天真爛漫な笑顔が似合う菅野さん。

そして、ネガティブなことつぶやく姿もチャーミングな浜辺さん。

設定に関しては否定的な意見もありますが、実力派女優のお2人が演じる女性が魅力的なのは間違いないようですね☆

男性俳優もカッコいい!

若手俳優の岡田健史さんやベテラン俳優の沢村一樹さんらイケメン俳優がたくさん出演しているのも本作の見どことの一つ!

特に注目されているのが、ドラマ初出演となるロックバンド「Alexandros(アレキサンドロス)」のメンバー・川上洋平さんです。

川上さんが演じているのは、碧の担当編集者・橘漱石(たちばな・そうせき)

予想していなかった胸キュンシーンに、心ときめいた人も多いようです。

今後もこのようなシーンがあるかもしれませんね☆

北川悦吏子さんの脚本が良い!

『ロングバケーション』『ビューティフルライフ』『オレンジデイズ』などを手掛けてきた北川悦吏子さんが本作の脚本を担当しています。

テンポ感のある独特なセリフ回しが特徴の北川さんの作品。

予測できない衝撃的なストーリー展開も常に話題となっていました。

今回も北川作品へのファンの期待は高いようです!

トモダチ母娘が繰り広げる恋愛模様がどうなっていくのか楽しみですね☆

まとめ

「ウチカレ(ウチの娘は彼氏が出来ない)がつまらない、面白くない理由はなぜ?オタクで腐女子の設定が原因?」と題して、本作に寄せられている視聴者からの意見をご紹介してきましたがいかがでしたか?

面白くないという理由は、オタク=腐女子のような誤解を招く設定がされていたり、リアリティに欠ける腐女子の言動に違和感を感じていることが原因のようです。

また、過干渉な母親の言動腐女子を軽視するようなセリフに不快感を抱いたという声もありました。

ですが、現代にはいろいろな考えを持った人がいて、多種多様な生活があるということを世間に知ってもらうことも大切です。

社会の片隅に追いやられてしまっている部分は、ドラマだからこそスポットを当てることができるのでしょう!

魅力あふれるキャストとスタッフが一丸となって制作するドラマがどんな展開を繰り広げるのか、今後も目が離せません☆

\無料で「ウチカレ」を楽しむ!/

※無料期間中に解約で、0円。