演技派女優と名高い池脇千鶴さんが9年ぶりに主演を飾る土曜深夜の大人のドラマ「その女、ジルバ」が2021年1月からスタートしました。

原作は「ビッグコミックオリジナル増刊号」に連載された有間しのぶさん作による漫画で、なんと第23回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞!

”採用条件40歳以上”の超高齢熟女バー「OLD JACK&ROSE」を舞台に、人生の荒波を生き抜いた熟女な女性たちが失いかけた大切なものを取り戻していくドラマです。

平均年齢驚きの70代のバー「OLD JACK&ROSE」に飛び込み、ホステスに挑む主人公・笛吹新役を演じる池脇千鶴さん

決して裏切らない演技力を見せてくれる池脇さんですが、なんだか様子がちょっと変…。顔が以前と変わった…?老けて見える…と思ったのは私だけではないのでは?

携帯をにぎりしめ、思わず検索しちゃいました!

そしたら、ほかにもたくさん、心配する声がSNSにあがっていたのです。

そこで、今回は、「その女、ジルバの池脇千鶴は特殊メイクor役作り?老けた理由はなぜ?」と題し、勝手ながら徹底調査させてもらいました!

ドラマ「その女、ジルバ」の池脇千鶴の過去と今

ドラマ「その女、ジルバ」池脇千鶴さんの以前の画像

それでは、池脇千鶴さんの以前の姿と現在の姿を見比べてみます。

後ろに映っているのは映画初デビューした「大阪物語」のポスターですね。あどけなさが初々しいです。

綾野剛さんとダブル主演の映画「そこのみにて光輝く」で、心に傷を負う男と生活のために体を売る女のラブストーリー。池脇さんが幸せをつかもうとする切ない女性を見事に熱演しています。

群を抜いた美人さんではないけれど、どことなく色気があって男女問わずその魅力に引き付けられます。

ドラマ「その女、ジルバ」池脇千鶴さん今の画像

それでは、現在の池脇さんの姿を見てみましょう。

えっ???と画面を静止してみてしまうくらいに、かなりの老け顔にびっくり!

並べて比較すると…。

その変わりようにSNSでもあれこれざわついています。

「特殊メイク?」「役作り?」「もしかして病気かも?」などなど…いろんな説が飛びかっていますので、一つ一つ調べてみましょう。

ドラマ「その女、ジルバ」の池脇千鶴は特殊メイクor役作り?

ドラマ「その女、ジルバ」の池脇千鶴さんは特殊メイク?

ここ最近、ほかの番組に出演している池脇千鶴さんを追っかけてみました!

こちらは新春スペシャルとして放送された「クイズ!ドレミファドン!冬ドラマ豪華俳優陣が激突!新春SP」の池脇さん楽屋前。

フジテレビ系の冬ドラマに出演されている豪華俳優陣がクイズを競う番組に「その女、ジルバ」のチームで、江口のりこ さん、 真飛聖 さんと一緒に参加していらっしゃいました。

目の下もクマができていて、むくみやたるみも見えますね。やはり老けた印象が否めません。

ただ、クイズ番組に特殊なメイクは必要ありませんよね。どうやら「特殊メイク?」説は違うようです。

ドラマ「その女、ジルバ」の池脇千鶴さんは役作り?

特殊メイクではなさそうなので、こんどは「役作り?」なのかを調べてみます。

2015年の映画「きみはいい子」で元気な母親役を演じていますが、呉美保監督から、「太ってほしい」という要望を受け、限界まで太ったとのこと。

役に合わせて体型をかえるとは、役作りに関しては、プロ意識の高さがうかがえます。

 役への入り方については、「自分とは全く別の人物を理解するところから始まるので、客観視もしてしまいます。というか、しなくてはいけないと思っています。そこで役を理解した上で、その世界に入っていきます」と明かす。

こちらは池脇千鶴さんが映画「きらきら眼鏡」に主演を務めた際のインタビュー記事ですが、女優魂を立証するコメントです。

どうやら、今までの経緯をみると、役作りではないかという説が濃厚

今回のドラマ「その女、ジルバ」では、池脇さんは”人生崖っぷちの新米ホステス・笛吹新”と”笑顔が素敵な伝説のホステス・ジルバ”の一人二役を演じています。

第1話でホステスの世界へ入る一歩手前の、幸薄い生活にくたびれてボロッボロの40代の女性の役だとするなら、今回の変貌にはぴったりではないでしょうか。

第1話より第2話になると、じわじわと可愛くなっていってる様子です!

ドラマ「その女、ジルバ」の池脇千鶴さんは体調不良?

「もしかして病気では?」とも心配されていますが…。

一部では”バセドウ病?”とも噂があるようです。バセドウ病は薬の影響でむくんだり太ったりしてしまう方も多いようで、歌手の絢香さんや岩崎宏美さんも、その病気にかかられた一人で公表されています。

ただ、”きれいな方がかかることが多い”ので、”美人病”とも言われています。池脇さんもおきれいなので、”美人病”なのでしょうか?

——コンディションを整えるために、どんな工夫をされているんでしょう。

池脇:とにかく防寒を意識しています。待機中のベンチコートも、自前で暖かいものを用意しています。衣裳のなかにはたくさんカイロを貼っているし、車で待機するときには靴下を二重履きにする。エアコンをつけていると乾燥して、カラカラになってしまうから、保湿クリームも欠かせません。あとは、飴ちゃんをなめておくこと。風邪の予防には唾液が大切らしいので。

——ベーシックだけど大切なことばかりですね。そのほか、体力づくりにはどんなことをされていますか?

池脇:月並みだけど、10年くらいヨガを続けています。普段からちょこちょこ通いつつ、作品が決まったら頻度を高めにして、とくに体力をつけていく感じ。撮影直前には、毎日行くときもありますね。ヨガをやると深呼吸できるのがメンタル面でもありがたくて。緊張したりすると呼吸も浅くなってしまうから、そういうときに身体を伸ばして、自分をリラックスさせてあげるんです。

 

2019年12月時点でのインタビューではこのように答えていますね。健康にもきちんと気を使っている様子がうかがえます。

なので、やはり「もしかして病気かも?」説は、ちょっと考えにくいのではないでしょうか。

もしも病気だったとしたら、「その女、ジルバ」の迫力の演技を見る限り、パワーアップして戻ってこられたのでは?

まとめ

それでは、今回は「その女、ジルバの池脇千鶴は特殊メイクor役作り?老けた理由はなぜ?」と題し、「特殊メイク?」「役作り?」「もしかして病気かも?」にわけて調査してみましたが、どうやら役作りではないかという線が濃厚です。

信条は「役を生きる」と掲げる池脇千鶴さん。役作りに対し徹底的にこだわり、作品が変わるごとに同一人物とは思えないほど変貌しています。

ドラマ「その女、ジルバ」、物語が進むにつれてどのように化けてくれるのか目が離せません。”どんどんきれいになっていく姿”楽しみに見届けていきたいですね!