シン・ゴジラ|映画無料視聴フル動画!あらすじキャスト感想評価も
提供元:U-NEXT

シン・ゴジラのフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、シン・ゴジラのフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します。

\作品概要はコチラをタップ/

映画『シン・ゴジラ』ってどんな作品?

映画『シン・ゴジラ』のフル動画配信をスマホで無料視聴する方法をご紹介します。

『シン・ゴジラ』は2016年に公開され大ヒットした映画です。

『シン・ゴジラ』の「シン」には「新」、「真」、「神」など複数の意味が含まれているそうです。

今までのゴジラ映画と違い、ファミリーや子供向け映画という印象から一転し、大人向けのゴジラという印象が強いです。

東宝のゴジラシリーズ第29作目で、『ゴジラ FINAL WARS』以来約12年ぶりに日本で製作されたゴジラ映画でした。

話題となった『シン・ゴジラ』のフル動画無料視聴方法、あらすじや感想評価をご紹介します!

結論からお伝えすると

「シン・ゴジラ」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「シン・ゴジラ」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

\本日から【10月29日】まで無料!/

『シン・ゴジラ』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

シン・ゴジラの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)10社について、シン・ゴジラの配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円

2020年3月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpHuluFODプレミアム、TELASAの6つのサービスでシン・ゴジラの無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 無料登録後はすぐにシン・ゴジラが視聴できる
  • シン・ゴジラが見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • 無料トライアルの登録も解約もとっても簡単

U-NEXTの最大の魅力は、なんといっても業界No1の圧倒的な作品数。

しかも、31日間の無料トライアルが用意されているので、業界ナンバーワン!の見放題作品を思い存分楽しめます!

ちなみに、U-NEXTでは、

  1. 見放題作品(無料コンテンツ)
  2. ポイント作品(有料コンテンツ)

の2種類のコンテンツが用意されており、シン・ゴジラは1つ目の見放題作品(無料コンテンツ)に該当します。

よって、

  1. 31日間無料トライアル登録
  2. シン・ゴジラを無料視聴

の2ステップで、シン・ゴジラを簡単に無料で楽しむことができるうえ、無料登録時にタダでもらえる600ポイントで本来課金が必要な新作も実質0円で見れるんです。

\解約OK!簡単無料登録♪/

※無料期間中の解約で→0円。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、ご覧ください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料トライアル期間が業界トップクラスの31日間
無料トライアル期間中に600ポイントがタダでもらえる
無料トライアル期間中に解約OK
毎月もらえるU-NEXT会員ポイント1,200ポイント
1つの契約で最大4人でシェアできる(ファミリーアカウント)
フルHD画質/4K画質&高音質(DOLBY DIGITAL PLUS)
マルチデバイス対応(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)
コンテンツのダウンロードOK
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
最新作がすぐに視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

人気ドラマ
人気アニメ・キッズ
  • アナと雪の女王2
  • 怪盗グルーのミニオン危機一髪
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • 鬼滅の刃
  • あひるの空
  • NARUTO-ナルト-
  • 僕のヒーローアカデミア

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

\人気作品も豊富/

 

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「シン・ゴジラ」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『シン・ゴジラ』の作品情報

      基本情報

      作品名シン・ゴジラ
      原題シン・ゴジラ
      原作
      制作年2016年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)東宝
      公開年(公開日) 2016年7月29日
      上映時間(話数)119分
      公式サイトhttp://www.shin-godzilla.jp/
      公式Twitterhttps://twitter.com/godzilla_jp
      公式Facebookhttps://www.facebook.com/godzilla.jp
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      『シン・ゴジラ』はエヴァンゲリオンシリーズで知られる庵野秀明監督による全く新しい実写ゴジラシリーズ最新作です。

      人を凌駕する完全巨大生物ゴジラと、人間の知恵を振り絞り戦う政府・自衛隊との一大決戦を描いた日本製作の特撮映画。

      第40回日本アカデミー賞10部門での受賞はじめ、第20回文化庁メディア芸術祭エンターテイメント部門大賞第59回ブルーリボン賞等々、多数の賞を受賞し、2016年邦画実写映画1位を記録した大ヒット映画です。

       

      突如、東京湾羽田沖にて巨大な轟音とともに東京湾アクアトンネルが崩落、浸水する謎の事故が起こった。

      型にとらわれない考え方をする主人公、内閣官房副長官矢口蘭堂の目線で、日本の政府組織の実態を映していく。

      矢口は投稿者の動画や目撃報告から、事故の原因が謎の巨大生物だと示唆していたが、周囲は始めそれを認めようとせず初動に時間を要してしまう。

      謎の巨大生物は大田区からの上陸後、都内を縦断しようと品川区まで進み被害甚大に。

      這いずりながらの歩行であったが上陸から2時間半後、進化のように2足歩行型へ移行、その後謎の巨大生物は再度東京湾へ姿を消した。

      詳しい情報を特定すべく、矢口中心に各プロフェッショナルの特別チーム「巨大不明生物特設災害対策本部」が設置される。

      巨大生物の動いたルートを分析すると、放射線の上昇が認められたため、放射線源は巨大生物から出ていたものだと特定された。

      アメリカから急遽大統領次席補佐官と特使が来日、巨大生物「ゴジラ」に関して以前より存在を予言をしていたある人物の特定を依頼される。

      その研究者である人物の遺した資料によると、ゴジラは放射能廃棄物をエネルギー源とし、人類の8倍もの遺伝子情報を持った個体で、地上最も進化した完全生物だという答えに矢口達はたどり着く。

      そんな中、ゴジラが相模湾沖に再び襲来する。

      果たして人は完全生物であるゴジラに対抗し、打ち勝つことが出来るのだろうか。

       

      庵野監督らしいテンポの良い作品になっていて、特撮をあまり見たことのない方でもすんなり世界観に入っていきます。

      難しい言葉やシーンが多い作品ですが、主役を長谷川博己さん、同僚役に竹野内豊さん、アメリカ特使役に石原さとみさんが見事に演じています。

      また、自衛隊の戦闘機、戦艦、戦車等が多数出演しており、元自衛官の方から「日本映画史上最高の自衛隊クオリティ」とも評価を受けるほどの見所です。

      動員数421万人、累計興行収入61億円を突破し、平成ゴジラシリーズでは最高の動員数を記録した本作、是非ご覧ください。

      キャストとスタッフ

      映画『シン・ゴジラ』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 矢口蘭堂(内閣官房副長官・政務担当):長谷川博己
      • 赤坂秀樹(内閣総理大臣補佐官・国家安全保障担当):竹野内豊
      • カヨコ・アン・パタースン(米国大統領特使):石原さとみ
      • 志村祐介(内閣官房副長官秘書官[防衛省]):高良健吾
      • 大河内清次(内閣総理大臣):大杉漣
      • 東竜太(内閣官房長官):柄本明
      • 花森麗子(防衛大臣):余貴美子
      • 尾頭ヒロミ(環境省自然環境局野生生物課長補佐):市川実日子
      • 財前正夫(統合幕僚長):國村隼
      • 里見祐介(農林水産大臣):平泉成
      • 泉修一(保守第一党政調副会長):松尾諭
      • 郡山(内閣危機管理監):渡辺哲
      • 金井(内閣府特命担当大臣[防災担当]):中村育二
      • 柳原(国土交通大臣):矢島健一
      • 森(厚労省医政局研究開発振興課長):津田寛治
      • 間(国立城北大学大学院生物圏科学研究所准教授):塚本晋也
      • 安田(文科省研究振興局基礎研究振興課長):高橋一生
      • 小塚(東京都知事):光石研
      • 沢口(警察庁長官官房長):古田新太
      • 早船(フリージャーナリスト):松尾スズキ
      • 矢島(統合幕僚副長):鶴見辰吾
      • 西郷(タバ戦闘団長):ピエール瀧
      • ベテラン官邸職員の小母さん:片桐はいり
      • 消防隊隊長:小出恵介
      • 池田(第1戦車中隊長):斎藤工
      • カップルの女:前田敦子
      • 河野(総務大臣):浜田晃
      • 関口(文部科学大臣):手塚とおる
      • 立川(資源エネルギー庁電力・ガス事業部原子力政策課長):野間口徹
      • 根岸(原子力規制庁監視情報課長):黒田大輔
      • 町田(経産省製造産業局長):吉田ウーロン太
      • 東部方面総監幹部幕僚長:橋本じゅん
      • 山岡(統合部隊指揮官):小林隆
      • 田原(東京都副知事):諏訪太朗
      • 川又(東京都副知事):藤木孝
      • 片山(臨時外務大臣):嶋田久作
      • 風越(新政務担当総理秘書官[外務省]):神尾佑
      • 新人記者:三浦貴大
      • 警察庁刑事局長:モロ師岡
      • 古代生物学者:犬童一心
      • 生物学者:原一男
      • 海洋生物学者:緒方明
      • 第2戦車中隊長:KREVA
      • 芦田(第2飛行隊第1小隊長):石垣佑磨
      • 避難民:森廉
      • (写真)岡本喜八
      • 野村萬斎
      詳細を見てみる

      主演の長谷川博己さんは、2010年『セカンドバージン』で注目され、『家政婦のミタ』『八重の桜』『MOZU』など注目作に次々出演されています。

      出典:ヒラタオフィス

      最近では、NHK連続テレビ小説『まんぷく』の立花萬平役が記憶に新しいです。現在放送中のNHK大河『麒麟がくる』では主演の明智光秀役を好演されています。

      シン・ゴジラ役は、なんと野村萬斎さんです。

      この投稿をInstagramで見る

       

      写真家 鈴木陽介 / Yosuke Suzuki(@mt_erz)がシェアした投稿

       

      実際の人間の動きを、デジタル的に記録するモーションキャプチャーを使って、野村萬斎さんの動きをフルCGで作成したゴジラに反映させているそうです。

      そのほかに、竹内豊さん、石原さとみさん、高橋一生さん、高良健吾さん、前田敦子さん、斎藤工さん、大杉漣さん、柄本明さんなど名だたる俳優の方々が出演されています。

      変わったっところでは、映画監督の犬童一心さんが出演しています。

      映画が何本もできそうな、豪華なキャストですね!

      総勢329名のキャストが出演しています。

      多くの方が出演しているので、ちょっとした役を有名俳優さんが演じていたりします。

      何度か見て、「こんな役をこの人が!」と探すのも楽しいです。

      スタッフ

      スタッフ
      • 総監督:庵野秀明
      • 監督:樋口真嗣
      • 准監督:尾上克郎
      • 脚本:庵野秀明
      • 特技監督:樋口真嗣
      • 特技統括:尾上克郎
      • 製作:市川南
      • エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
      • プロデューサー:佐藤善宏 澁澤匡哉 和田倉和利
      • プロダクション統括:佐藤毅
      • ラインプロデューサー:森徹 森賢正
      • 撮影:山田康介
      • 照明:川邉隆之
      • 美術:林田裕至 佐久嶋依里
      • 美術デザイン:稲付正人
      • 装飾:坂本朗 高橋俊秋
      • 録音:中村淳
      • 整音:山田陽
      • 音響効果:野口透
      • 編集:佐藤敦紀
      • 音楽:鷺巣詩郎 伊福部昭
      • VFXスーパーバイザー:佐藤敦紀
      • VFXプロデューサー:大屋哲男
      • 扮装統括:柘植伊佐夫
      • スタイリスト:前田勇弥
      • ヘアメイク:須田理恵
      • ゴジライメージデザイン:前田真宏
      • ゴジラキャラクターデザイン:竹谷隆之
      • ゴジラアニメーションスーパーバイザー:佐藤篤司
      • 特殊造形プロデューサー:西村喜廣
      • カラーグレーダー:齋藤精二
      • 音楽プロデューサー:北原京子
      • スクリプター:田口良子 河島順子
      • キャスティングプロデューサー:杉野剛 南明日香
      • 総監督助手:轟木一騎
      • 助監督:足立公良
      • 自衛隊担当:岩谷浩
      • 製作担当:片平大輔
      • B班)撮影:鈴木啓造 桜井景一
      • B班)照明:小笠原篤志
      • B班)美術:三池敏夫
      • B班)操演:関山和昭
      • B班)スクリプター:増子さおり
      • B班)助監督:中山権正
      • C班)監督:石田雄介
      • C班)助監督:市原直
      • D班)撮影:摩砂雪 轟木一騎 庵野秀明
      • D班)録音:摩砂雪 轟木一騎 庵野秀明
      • D班)監督:摩砂雪 轟木一騎 庵野秀明
      詳細を見てみる

      総監督・脚本は庵野秀明さんです。庵野さんといえば『新世紀エヴァンゲリオン』が有名ですね。

      出典:wikipedia

      庵野さんは最初オファーを固辞したそうですが、最終的に「一度きりの挑戦」として引き受けたそうです。

      本作は、3.11を経験した「いまの日本にゴジラがはじめてきたらどうなるか」というコンセプトから作り始めたそうです。

      脚本の細部まで徹底的にこだわって創作したことがわかるエピソードがあります。

      『シン・ゴジラ』製作のため、政治家にも官僚の方々にも直接取材したそうです。

      そして、政治家や官僚の会話を録音して、俳優の方々に聞いてもらい、「早口で、普段は使わない専門用語の多い言葉を流暢にかつ説得力を持って喋る」というイメージを作ってもらったそうです。

      徹底した役作りが伺えます。

      首相官邸や危機管理センターにも行って取材したそうですが、そういう場所では、写真は撮影できないので、スタッフが持っていた鞄などでサイズを測ってセットに再現したそうです。

      また、撮影には様々なカメラが使用され、ハリウッドでも採用されるような映画向けのハイエンドカメラから、iPhoneまでが使用されたそうです。

      こだわりがすごいですね!

       

      口コミ・感想・評価

      「シン・ゴジラ」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもシン・ゴジラを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      映像の迫力満点な作品

      映像がとても綺麗で迫力がある

      今までのゴジラシリーズと思っているのは間違いな作品!現在の技術を使用した迫力あるゴジラを知れるもの。過去の作品のイメージではあくまでも子供向けの作品と言ったものでしたが、シン・ゴジラは大人でも十分に楽しめるような映像となっており、素晴らしいものでした。ストーリーについてはとても評価できるとは言えないものではありましたが(個人的には)映像面では100点の評価ができるほどのものでした!迫力ある映画作品を観たいと言う方には最適で、今までのゴジラシリーズが幼稚っぽいと思っていた方にこそ観て欲しい作品です。映画館で観れたら迫力を一番感じられる作品ではありますが、自宅のテレビでも十分に楽しめるので、特撮等が好きな方に観て欲しいです。
      はんにゃ(30代・男性)
      詳細を見てみる

      とにかく会議がおもしろい作品

      会議がおもしろい!

      監督がエヴァンゲリオンの庵野秀明監督ということで、興味を持ち見ました。率直に言って面白かった!ハリウッド映画の様な派手なアクションシーンがあるわけではなく、ただゴリラという未知の災害に、日本政府が対応を決める会議シーンがほとんどです。が、その会議シーンを個性的なキャラクターと会話のテンポ、独特のユーモアセンスで魅せる場面にしているのが、さすが庵野監督です。今の日本にゴジラが現実に現れた時、日本政府はどう対応するのか?アメリカがどう出てくるのか?自衛隊を動かすにもどの法律にそって動かすのか?などが、本当にリアルに描かれています。日本は災害が多い国なので映画の中の出来事が人ごとには思えず、考えさせられました。是非一度見てほしい映画です。
      マルコ(30代・女性)

      よりリアルなゴジラを描く

      怪獣映画好き必見

      ゴジラシリーズは2004年公開のゴジラファイナルウォーズで終了したと思っていたところに今作が出てきました。監督はエヴァでおなじみの庵野監督。もともと特撮好きで知られる監督なので、きっと期待できる作品に仕上がっていると思っていました。実際みると、迫力がスゴイ。まさに日本の怪獣映画をリスペクトしたロマンあふれる作品になっていました。私は自宅にて鑑賞したのですが、これを映画館で見ていたら、今までにないような没入感を味わえたのでしょう。また、今作の魅力のもう一つはリアリティであると思います。ただ、怪獣が暴れて街が壊されるだけでなく、現実に怪獣が現れたらどんなことが起こるのか、というところを細かく描いています。
      自転車男(20代・男性)

      新しい世界をみたい人におすすめ

      まさに新(シン)

      この作品を一言で言い表すなら、「新しい」これにつきると、私は思います。これまでの、ゴジラシリーズ(ハリウッド版含)と比較すると、現実味がとてもある作品だったと感じました。作品の出だしから引き込まれるシーンが多く、時にはこれまでのゴジラでは感じたことの無い、ホラー映画のような恐怖感さえ感じるシーンもありました。ドキドキと心臓の音が早くなっていく、期待と恐怖の入り交じった、何とも複雑な心境で、終始作品から目を離すことができませんでした。ここまで、色の違うゴジラが出来上がるのかと、感心してしまいました。この監督にしてこの作品あり、というように、庵野秀明監督の作風が強く出ているのも新しいと感じる要因のひとつひとつなのかもしれません。
      しょー(20代・男性)

      プロがゴジラと戦うかっこいい話

      かっこいい大人たちの話

      公開当時世間は『君の名は』で大騒ぎしていた中、裏で上映されていたのを覚えています。両作品とも素晴らしい名作です。シン・ゴジラは政治のなんとか庁とかの役割を覚える学生も見て勉強になると思います。総理大臣が指示を一言だしてからの行動に移されるまで、また逆もですが、かなりの伝言があるため時差があるなあというのを感じ、今の政治を表している感じがします(笑)ゴジラが日本に上陸してきてから生物学のプロフェッショナルなど頭のいい人たちが対策を真剣に考える姿がかっこいいです。話し方もみんな早口ぎみで頭のいい人の話し方をしているところが好きです。3.11の震災となんとなく重なるシーンも多いため、最後ゴジラを倒したシーンは本当に感動します。
      ゆき(20代・女性)

      人間対怪獣

      新しいゴジラ

      ゴジラが、私は小さい頃から大好きです。ゴジラについては、様々な作品を見てきました。今回のシンゴジラは、少し違っていました。まず、初めに出てきたゴジラが個人的な意見ですが、あまりにも普通のゴジラと違い、正直気持ち悪くて、残念でした。しかし、そのゴジラも少しずつ、進化を繰り返して、元来のゴジラにどんどん近づいて行きました。私のイメージでは、ゴジラは人間の味方で、助けてくれる存在でしたが、今回のゴジラは違って都市を破壊する凶悪な怪獣でした。しかも、圧倒的な強さなので、人間たちはかなり困ります。そんなゴジラを人間が知恵絞り、倒そうと努力するのです。かなりくせんしますが、なんとかゴジラを退治して東京に平和が戻ると言う話でした。
      ダルビアン(30代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      https://twitter.com/kayonotemari/status/1234967167939952640

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『シン・ゴジラ』とあわせて、『シン・ゴジラ』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      竹野内豊のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『シン・ゴジラ』のまとめ

      シン・ゴジラのフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

      超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \31日間無料トライアルで完全無料/

      ※無料期間中の解約で→0円。

      ※本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。