\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
15日間無料
月額618円

>>無料で今すぐ「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『モコミ』ってどんな作品?

テレビ朝日系で2021年1月から放映中、家族のきずなを描く土曜ナイトドラマ「モコミ」。

とても繊細な心を持つ主人公の清水萌子美は、言葉を持たない石やぬいぐるみなどの気持ちを読み取れる感覚の持ち主。そのせいで、周りから変だと思われ、他人との距離が遠くなり、孤立していました。そんな主人公が、あることをきっかけに一歩踏み出します。

動かない物の気持ちを理解する“主人公・清水萌子美”のむずかしい役どころを演じるのは、女優・小芝風花さん。物語で見せる多彩な表情に注目です。

過干渉すぎる毒母として富田靖子さんの怪演ぶりもおみごとで、こちらも見どころです。

脚本はドラマ「ナースのお仕事」「僕の生きる道」など数々のヒット作を手がける脚本家・橋部敦子さんが手掛けました。

“人とはちょっと違うこと”を悩み、乗り越える主人公の姿、それを見守っている家族の優しさ、心温まるホームドラマ「モコミ」をどうぞお楽しみください。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜」のフル動画を見るならTELASAがおススメ!

TELASAは本来月額618円の有料サービスですが、15日間無料トライアルを利用して無料で楽しむことができます。

\本日から【3月19日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜の動画配信状況

国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額2189円
×
30日間無料
月額2659円
×
30日間無料
月額1958円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額1026円
×
無料期間なし
月額990円
×
14日間無料
月額976円
×
31日間無料
月額550円
×
14日間無料
月額1017円
15日間無料
月額618円
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

U-NEXTTELASAABEMA の3つのサービスで「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜」の無料視聴が可能です。

「TELASAって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

TELASAの特徴やメリット・デメリット

TELASA

TELASAはテレビ朝日が運営する公式見逃し配信サービスです。

本来月額618円の有料サービスですが、今なら15日間の無料キャンペーンを実施中なので、無料で豊富なコンテンツを楽しめます。

もちろん無料期間中に解約すれば、一切料金はかかりません。

簡単にサービス概要やメリット・デメリットをご紹介します。

サービス概要
無料期間15日間
月額料金618円
配信作品数非公表
ポイント付与550円コイン
ダウンロード
同時視聴×
支払方法クレジットカード
auかんたん決済
視聴可能作品
テレビ朝日系ドラマ
テレビ朝日系バラエティ
仮面ライダーシリーズ
アニメ
TELASAのメリット
  • 15日間の無料キャンペーン実施中。
  • テレビ朝日の人気作品(ドラマ・アニメ・バラエティ)が豊富。
  • 国内動画のラインナップが充実。
  • 事前にダウンロード可能なので、いつでもどこでも楽しめる。
  • 継続の場合でも月額618円と格安。
TELASAのデメリット
  • 海外ドラマのランナップが少ない。
  • 複数端末で同時視聴ができない。

海外ドラマのラインナップが少ないという欠点はあるものの、国内動画コンテンツを楽しみたい方であれば問題なさそうですね。

とはいえ、15日間の無料期間があるので、まずは試してみてご自分に合うかどうかを判断するのがおススメです。

\15日間無料キャンペーン実施中!/

※無料期間中の解約で、0円。

PandoraやDailymotionで見れる?

これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

ただし、次の理由からおすすめできません

  • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
  • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
  • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

といった事例が報告されています。

最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

\安心、安全に/

 

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜』の作品情報

基本情報

作品名モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜
原題
原作
制作年2021年
製作国日本
制作会社(配給会社)テレビ朝日、メディアミックス・ジャパン
公開年(公開日)2021年
上映時間(話数)1話
公式サイトhttps://www.tv-asahi.co.jp/mokomi/
公式Twitterhttps://twitter.com/mokomi_tvasahi
公式Facebook
公式Instagramhttps://www.instagram.com/mokomi_tvasahi/
主題歌

あらすじ

小芝が演じる主人公・清水萌子美は、ヌイグルミや石や植物など、感情を持たないとされているモノの気持ちがわかってしまうという繊細な“感覚”の持ち主。そんな不思議な感覚を持っているがゆえ、他人との関わりを極力持たないようにして生きてきました。ところがあることをきっかけに、自分自身を狭い世界に閉じ込めていた彼女が広い世界に踏み出すことを決意。さまざまな経験を重ねながら、成長していく姿を綴っていきます。さらに、萌子美が自分の足で歩み出したことから、「一見平穏だけれど、実はバラバラだった家族」も影響を受け、それぞれが本音をぶつけ合い、自分自身と向き合うことに。

キャストとスタッフ

モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

キャスト

キャスト
  • 清水萌子美:小芝風花
  • 清水千華子:富田靖子
  • 清水伸寛:田辺誠一
  • 清水俊祐:工藤阿須加
  • 須田観:橋爪功
  • 岸田佑矢:加藤清史郎
  • 依田涼音:水沢エレナ
  • 桜井真由:内藤理沙
清水萌子美:小芝風花

本作の主人公。

植物やぬいぐるみなど”物”の気持ちを理解する不思議な感覚を持っています。

周りからは変な目で見られてしまい、できる限り人と関わることを避け、小学校5年生のころから不登校に。ただ、世間一般で言われるニートではなく、大人になってからは、工場で不良品チェックのアルバイトをしたり、兄に誘われ外出もしています。

 

清水萌子美役を演じるのは、映画「魔女の宅急便」で初主演を務めた小芝風花さん。初出演&主演作の同作で、第57回ブルーリボン賞・新人賞や第24回日本映画批評家大賞・新人女優賞(小森和子賞)を受賞し実力派の女優さんです。

清水千華子:富田靖子(画像左)

清水萌子美の過保護すぎる母。

まわりと同じ普通の子になるよう娘のために努力するも、思いどおりにいかず常に心配が尽きない様子。本人は気づいていませんが、干渉が行き過ぎたり、上から目線のところがあります。

 

清水千華子を演じたのは、幅広い演技力で知られる富田靖子さん。ドラマ「昔の男」では第29回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞を受賞しています。

清水伸寛:田辺誠一(画像中央)

清水萌子美の父。税理士として働いています。

娘を心配する千華子の勢いのある行動や言動に圧倒され、何も言えずに見守っている立ち位置となっています。

 

清水伸寛役は、悪役から二枚目役、コメディなど変幻自在な田辺誠一さんが演じています。ツイッターで公開した個性的なイラストが注目を集め、SNS界隈では「田辺誠一画伯」とも呼ばれています。

清水俊祐:工藤阿須加

妹をとても大切にする萌子美の兄。父方の祖父のお花屋さんを継いで経営しています。

人あたりも良く、しっかり者なので友達も多く、お花屋さんには常連さんが多くついています。

しかし、何か、秘密を隠し持っている様子。

 

清水俊祐を演じたのは、NHK大河ドラマ「八重の桜」でブレイクし、その後も数々のヒット作に出演する工藤阿須加さん。

朝の情報番組「ZIP!」では水曜パーソナリティーを務め、活躍の場を広げています。

須田観:橋爪功

母方(千華子)の父、萌子美にとっては祖父となります。

昔は高校の先生をしていましたが、今はタクシーの運転手として働いています。

千賀子とは、あることがきっかけで喧嘩をし、それっきりだったのですが、1人暮らしの自宅がボヤ騒ぎとなり、清水家に転がり込みます。

 

須田観を演じるのは、主役も脇役もこなし存在感を放つベテラン実力派俳優の橋爪功さん日本アカデミー賞主演男優賞も助演男優賞も受賞し、他にも多数受賞歴をお持ちです。

岸田佑矢:加藤清史郎

萌子美が初めて恋をした男子。

俳優を夢見ながら、デリバリーフードサービスのバイトをしています。

 

岸田佑矢役は加藤清史郎さんが演じています。トヨタCMの「こども店長」で大ブレイク。映画「忍たま乱太郎」「暗殺教室」など数多くの作品や番組に出演しています。

依田涼音:水沢エレナ

兄・俊祐とこっそり付き合っています。

兄が経営しているお花屋さん「清水生花店」で働いています。

 

依田涼音を演じるのは、ファッションモデルとしても活躍している水沢エレナさん。ドラマ「恋空」では主演を務め、ほかにも「JIN 仁」「美丘 君がいた日々」など話題のドラマにもレギュラー出演しています。

桜井真由:内藤理沙

同じく「清水生花店」の店員。

2人の子どもを持つ、シングルマザーです。

 

桜井真由役を演じたのは、モデルとしても活躍中の内藤理沙さん。大ヒットドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」や映画「クローバー」などにも出演しています。

スタッフ

スタッフ
  • 脚本:橋部敦子
  • 演出:竹園元、常廣丈太、鎌田敏明
  • 音楽プロデュース:S.E.N.S. Company
  • 音楽:森英治
  • 主題歌:GENERATIONS from EXILE TRIBE『雨のち晴れ』
  • エグゼクティブプロデューサー:内山聖子
  • プロデューサー:竹園元、中込卓也、布施等

口コミ・感想・評価

「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

「そもそもモコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

どこの家庭にでもある家族の問題をテーマにしたドラマです。

母・千華子がややこしいです。
物の気持ち、声が聞ける萌子美というのが不思議な女子であり、ひ弱な雰囲気というのが守ってあげたくなる存在です。そんな萌子美が過去に引きこもってしまったことから母・千華子があまりにも対応に敏感になっているのに注目してもらいたいです。千華子の気持ちはわからないではないですが神経質になりすぎた千華子に振り回されている父、伸寛いうのが印象に残りました。千華子みたいな存在がいると周りの家族は大変だろうなと思える存在でした。神経過敏な千華子がやたらと目についてしまいました。そして萌子美を演じる小芝風花のナチュラルな演技というのを見て凄いなと感じました。色んな役を経験してきた小芝風花なんでこんな演技が出来るんだろうなと感心しました。
ジャングル(40代・男性)
詳細を見てみる

やさしい気持ちになれる作品

萌子美が印象的
このドラマは萌子美が淡々と、仕事をしていたのが良かったです。真面目に取り組む姿は、見ていて頼もしかったです。そして萌子美が脚立から落ちたのは、驚きました。母親が迷惑かけることしないでと、強く言ったのは複雑な気持ちになりました。萌子美は物が悲しんだり、喜んだりするのがわかるのがすごいなと感じました。それを周りは理解してくれないのが切なかったです。萌子美はお花にも声をかけてあげていたのは、思わず可愛らしかったです。さらに家族みんなで萌子美の誕生日をお祝いしていたのは、仲良しだなと感じます。萌子美のことを心配しながらも、応援しているのが家族だなと痛感しました。5人で写真を撮っていたのは、すごく微笑ましかったです。
のん(20代・女性)

今の世の中に必要で見たら優しくなれるドラマ

きっと今より優しくなれる
ぬいぐるみや花たちと話せるモコミという女の子が主人公のドラマなんだけど、このドラマ見て今まで自分の周りにも、もしかしたらモコミみたいな人がいたんじゃないかと、ハッとさせられて。あの人なんかヘンな人だと少し避けたりしてたけど、実はヘンな人じゃなくて私にはない感覚を持っていただけだったんじゃないかなって、このドラマを見て思ったんだよね。モコミは誰より優しい子なんだけど、子どもの頃に物たちが話すことを、そのまま他の人に話したことで、嘘つきだと言われてしまい学校に行けなくなっちゃうの。モコミの場合両親やお兄ちゃんが温かく支えてくれて、大人になってから少しアルバイトに出かけられるようになったんだけど、そのアルバイト先の工事でもまた物の声で動いたモコミが辛いめにあってしまうんだ。
マメちゃん(40代・女性)

物の声が聞こえる、ちょっとファンタジーなお話

物の声が聞こえる不思議な女性
「モコミ〜彼女ちょっと変〜」は、主人公の萌子美の不思議な能力が現代劇でありながらファンタジー感を出しています。萌子美は、工場で部品の不良品チェックのアルバイトをしていて、物の声が聞ける能力で手早く作業をしていく事が出来るようで、便利な能力だなと思いました。萌子美を演じている小芝風花さんは、おっちょこちょいな役が多いですが、今回の萌子美役は小芝さんの容姿とぴったりでありながら、萌子美が自分の能力のせいで人とうまく接する事が出来ないと内心悩んでいるところも引き出せていました。不思議な能力の事を知らない人から見ると、変な人と思われるのは現実世界でもありそうな話で、物の声を聞く能力が周りに今後どのような影響を与えていくのか気になります。
たか(40代・男性)

家族でゆったりと観れる優しいストーリーとなっています。

物の気持が分かる優しい女性の物語です
主人公の萌子美が、物の気持を感じ取れるという不思議な能力を持っているのが、とても新鮮で面白く感じました。彼女の優しく者たちを扱う所が好感が持て、その繊細な彼女の事をしっかり理解して受け入れてくれる人たちがいっぱい出てきてくれたら良いなぁと思っています。今一番気になっているのが、萌子美のお母さんで、人の話は聞かずで、身近な所では夫の伸寛の言いたそうな様子にも全く気付かず、自分の言いたい事だけを機関銃のようにしゃべっちゃうところです。ゆっくりの萌子美とは正反対で、余計にストレスがかかりそうな気がしています。その母親の千華子ですが、なんだか萌子美の顔色をうかがいながら話す所も気になっています。親子でそれでは、みんな生きづらいのでは?と心配です。
なお。(50代・女性)

見ていて応援したくなるような作品

ピュアなヒロインが魅力的
小芝風花さん演じる主人公の萌子美は、幼い頃からぬいぐるみや植物など感情を持たないとされているモノの気持ちが分かるという繊細で不思議な感覚を持っていて、なかなか周囲に溶け込めずに今まであまり他人と関わりを持たないようにして生きてきたような女の子なのですが、そんな萌子美が社会に出てどのようにして人と関わり合っていくのかを見守りながら応援したくなるような作品でした。ファンタジー要素のある不思議なストーリーですが人の感情の部分だったり家族との関係性がリアルに描かれているので感情移入して見れましたし、ピュアな萌子美の姿が魅力的だったのでこれからも楽しみにしたいです。また、富田靖子さん演じるお母さんは娘を心配する気持ちが強いのだろうと思いましたが、もう少し萌子美の話を聞いてあげるといいのになと思いました。
ありー(30代・女性)

周囲の植物やモノの気持ちがわかってしまうという、不思議な能力を持った一人の女の子の優しさにホッとする作品

モコミの心の美しさにほのぼの
周りの植物やモノの気持ちがわかってしまう不思議な能力を持ったモコミが、窓が泣いてたからと窓をふこうとしたり、植物の為に窓を開けて空気の入れ替えをしてあげたりしてる行為が、周囲の人からすれば変わってるのかもしれないけど、心のきれいな女の子であることを象徴していて心がほっこりしました。一方で、モコミの母親が、世間体を気にしたり心配性な上にどこか支配的で、まるでモコミが籠の中の鳥のようでかわいそうだなと同情しました。そんなモコミを優しく見守ってくれるおじいちゃんの存在がとても温かく、おじいちゃんといる時のモコミが満面の笑顔でとても可愛らしかったです。モコミにとっておじいちゃんの存在がなくてはならないものだというのもよく伝わってきます。
piyoko(30代・女性)

感動がありそうな家族の物語

ドラマのタイトルが気になり・・・
ドラマは出演者で見るか見ないか決める私ですが、このドラマは今回は見ないでおこうかなと思いましたが、ドラマのタイトルが~彼女ちょっとヘンだけど~変わっていて気になり視聴しました。主演の小芝風花さんの過去のドラマでは、キャッキャキャッキャうるさい役だったのですが、今回は真反対のおとなしい役で、さすが女優さんだなと感心させられました。第一話を見て、タイトルの~彼女ちょっとヘンだけど~という理由も分かりました。そんな彼女のおかしなところを中心に家族や職場などを描いた物語です。彼女にかかりきりのお母さん、なにか秘密を抱えているお父さん、優しく妹をも守るお兄ちゃん、彼女が信頼しているおじいちゃん、この家族にいろんなストーリーが生まれ、乗り越えていく、そんな素敵なドラマになりそうでワクワクします。
きやさん(40代・女性)

ちょっと変わった主人公と、その家族のお話

見どころ満載
主演の小芝風花さん演じる女の子がとても繊細な感情の持ち主で、場面の所々で見せるちょっとした表情などから複雑な心境を読み取ることができます。小芝さんは以前、他のドラマで観たことありますが、今回演じる役はそのときの明るい女の子とは正反対で、改めてこんな役もできるのか……と彼女の演技の幅の広さに驚きました。小芝さんをあまりご存知ない方、または他の作品で知ったという方にはおすすめです。主人公の演技力の高さが、このドラマを支えていると言っても過言ではないと思います。あとは、主人公の家族関係に注目です。障がいを持っている主人公のことを家族は受け入れて生活していますが、父と兄が温かい目で彼女を見ているのに対し、母は一人でどうにかしようと奮闘する様子が描かれています。このように、少しの考え方の違いから家族の中では対立が生まれつつも、主人公中心にお話が回っていく中でどう乗り越えていくことができるのか、今後も見どころ満載のドラマです。
anem(20代・女性)

個人的にしんどくなる作品

絶対になりたくない
タイトルからしてモコミという主人公がなにか変なんだろうなと思っていたのですが、絶対に私だったら耐えられない性質をしていて自分の身になって考えると最悪だなと思いました。ものが言っていることがわかるなんて私生活で支障しかないしその声のせいで夜も眠れないだろうなと思いました。そのせいで親は過保護になっているし家庭環境も悪そうでいろいろと最悪なものが重なっていてみていてしんどくなりました。でもあんなに優しそうで呆れることがなさそうなお兄さんがいることはすごく羨ましかったです。でも友達も出来ないだろうしやれる仕事も限られてそうなのにはすごく苦しくなりましたし、生きていて楽しいのかなとまで思ってしまいました。
すず(20代・女性)

その他ネットの口コミ・感想・評価

詳細を見てみる

『モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜』のまとめ

「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

本記事のまとめ

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
15日間無料
月額618円

  • 「モコミ~彼女ちょっとヘンだけど〜」を無料で見るならTELASAがおススメ
  • 15日間の無料トライアルを実施中
  • テレビ朝日系列のドラマやバラエティが見放題
  • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

\本日から【3月19日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

※本ページの情報は2021年1月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。