京都府長岡京市コロナウイルス感染者30代男性は誰?実家や入院先病院はどこ?行動歴や感染経路は?
qimono @ Pixabay

3月5日、大阪市に住む30代男性が、実家のある京都府長岡京市に帰省中に発症している可能性があることがわかりました。

フィリピン旅行のあとに、実家に帰省していたようです。

「京都府長岡京市コロナウイルス感染者30代男性は誰?実家や入院先病院はどこ?行動歴や感染経路は?」と題し、詳細を確認していきます。

京都府長岡京市に帰省中の30代男性が新型コロナウイルスに感染!

3月5日、大阪市に住む30代男性が、実家のある京都府長岡京市に帰省中に発症している可能性があることがわかりました。

フィリピン旅行のあとに、実家に帰省していたようです。

報道によると、行動歴や感染経路・症状などは以下のとおりです。

  • 2月20日~28日 フィリピン旅行
  • 2月28日 関西空港➡南海電鉄➡大阪メトロ➡阪急電鉄➡タクシーを乗り継いで帰省
  • 2月?日 38度の発熱とせきの症状
  • 3月2日 医療機関を受診、肺炎と診断
  • 3月4日 帰国者・接触者相談センターに相談
  • 3月5日 新型コロナウイルス陽性

現在、男性の症状は落ち着いており軽いようですが、3月5日から入院するようです。

2月28日にフィリピン旅行から帰国する際、飛行機内からマスクを着用していたとのこと。

帰省後は医療機関を受診する以外は外出をしていなかったようです。

京都府は濃厚接触者として、

  • 実家に住む母親
  • 一緒にフィリピン旅行に行っていた友人2人

を調査する予定です。

フィリピンの感染者数は3月2日時点でまだ3人でしたので、フィリピンで感染する可能性は日本よりも低いのではないかと思います。

となると、やはり日本国内での感染でしょうか・・・。

フィリピン旅行は約1週間ほどの滞在だったので、新型コロナウイルスの潜伏期間が最大14日程度と考えると、旅行前に感染した可能性もありますね。

大阪市内は現在、集団感染が確認されており市中感染の可能性もあるため、その可能性は捨てきれませんね・・・。

その場合は、移動中の飛行機内やフィリピン国内での感染拡大も懸念されますね。

もし帰国してからだとすると、「関西空港➡南海電鉄➡大阪メトロ➡阪急電鉄➡タクシー」のルートのどこかということになるでしょうか?

いずれにせよ、このルートを利用されている方は、普段以上に体調の変化にお気を付けください。

京都府長岡京市に帰省中の30代男性は誰で自宅や実家はどこ?

今回感染が確認された京都府長岡京市に帰省中の30代男性について、現時点で判明している情報をまとめます。

名前:不明
年齢:30代
居住地住所:大阪府大阪市
実家住所:京都府長岡京市
職業:不明

男性の居住地は「大阪府大阪市」で帰省先の実家は「京都府長岡京市」であることは判明していますが、それ以上の詳しい情報は発表されていません。

風評被害や個人情報、人権の観点から、これ以上の情報が公開される可能性は低いのかもしれませんね。

京都府長岡京市に帰省中の30代男性の入院先の病院はどこ?

今回感染が確認された京都府長岡京市に帰省中の30代男性は、現在症状は落ち着いているようです。

ただし、念のため3月5日から入院するようですね。

男性の住まいは大阪市内ということですが、フィリピン旅行から帰国してからは実家に滞在していたようですので、病院も京都府内の病院と思われます。

京都府内の感染症指定医療機関についてはこちらの記事でまとめていますが、

京都府内で感染症指定医療機関に指定されており、感染症病床を有している医療機関は以下になります。

  • 京都府立医科大学附属病院
  • 京都市立病院
  • 医療法人啓信会 京都きづ川病院
  • 京都山城総合医療センター
  • 京都中部総合医療センター
  • 市立福知山市民病院
  • 京都府立医科大学附属 北部医療センター

このうちのいずれかの病院に入院することになりそうですね。

ネットの反応

まとめ

「京都府長岡京市コロナウイルス感染者30代男性は誰?実家や入院先病院はどこ?行動歴や感染経路は?」と題し、詳細を確認していきました。