\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「青天を衝け」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「青天を衝け」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「青天を衝け」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

『青天を衝けドラマ』ってどんな作品?

NHK大河ドラマ「青天を衝け」(せいてんをつけ)は、農家で生まれるも武士になり、のちに武士を捨て日本経済の基盤を築いた主人公・渋沢栄一の生涯を描いた作品です。

 主人公・渋沢栄一は、幕末から明治へかけ、時代の荒波に揉まれながらも青天を衝くがごとく、志を高く持ち続け半生を走り抜けていきます。

脚本は、ドラマ「カバチタレ!」やNHKの朝ドラ「あさが来た」などのヒット作で、数々の受章歴を持つ人気脚本家・大森美香さんが務めます。

キャストは、主役を務めた吉沢亮さんをはじめ、竹中直人さん、小林薫さん、草彅剛さん、木村佳乃さん、玉木宏さんほか、幅広い年齢のキャスト陣が豪華に顔をそろえています。

波乱万丈な人生に翻弄されながらも、日本の未来を開き「日本資本主義の父」と言われた渋沢栄一。

新札の顔ともなる偉人、その人生の背景にあった物語を知ることができる作品です。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「青天を衝け」のフル動画はU-NEXTで配信中!

「青天を衝け」は本来有料(ポイント作品)ですが、31日間無料トライアル600ポイントプレゼントを利用して無料で楽しむことができます。

\本日から【4月1日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

『青天を衝け』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

青天を衝けの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「青天を衝け」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
×
30日間無料
月額2659円
×
30日間無料
月額1780円
×
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
×
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

「青天を衝け」の無料視聴が可能となっているのはU-NEXTのみです。

よって、無料で「青天を衝け」を楽しみたい方は、U-NEXTを利用しましょう!

「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

ただし、次の理由からおすすめできません

  • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
  • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
  • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

といった事例が報告されています。

最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

\安心、安全に/

 

『青天を衝け』の作品情報

基本情報

作品名青天を衝け
原題
原作
制作年2021年
製作国日本
制作会社(配給会社)日本放送協会
公開年(公開日)2021年2月14日
上映時間(話数)45分
公式サイトhttps://www.nhk.or.jp/seiten/
公式Twitterhttps://twitter.com/nhk_seiten
公式Facebook
公式Instagram
主題歌

あらすじ

幕末から明治を駆け抜け、日本資本主義の礎を築いた渋沢栄一の生涯を描く。

キャストとスタッフ

青天を衝けのキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

キャスト

キャスト
  • 渋沢栄一:吉沢亮(少年:小林優仁)
  • 渋沢市郎右衛門:小林薫
  • 渋沢ゑい:和久井映見
  • 渋沢なか:村川絵梨(少女:小田菜乃葉)
  • 渋沢喜作:高良健吾(幼少:石澤柊斗)
  • 渋沢宗助:平泉成
  • 尾高新五郎:田辺誠一
  • 尾高やへ:手塚理美
  • 尾高長七郎:満島真之介(少年:須東煌世)
  • 尾高千代:橋本愛(少女:岩﨑愛子)
  • 徳川慶喜:草彅剛(七郎麻呂:笠松基生)
  • 徳川家康:北大路欣也
渋沢栄一:吉沢亮(少年:小林優仁)

武蔵国血洗島村にて、渋沢家の長男として生まれます。勤勉な父・市郎右衛門(いちろうえもん)に習い、藍玉の売買と養蚕を兼営、農家から武士になるも、武士をやめ、のちに優れた商才を発揮していきます。

 

主役の渋沢栄一役は、映画「キングダム」で一人二役を演じ、第43回日本アカデミー賞で最優秀助演男優賞を受賞し、人気ドラマでも大活躍中の吉沢亮さんが務めます。

渋沢栄一の幼いころを演じるのは、注目のイケメン子役・小林優仁くんが演じています。

渋沢市郎右衛門:小林薫

渋沢家のために身を粉にして働く栄一の父親。堅物でくそまじめなところがあり、栄一を厳しく育てますが、栄一の一番の理解者でもあります。

 

渋沢市郎右衛門役を演じるのは、一瞬で多くの人を引き付ける演技力と、ダンディな雰囲気を漂わせる小林薫さん

渋沢ゑい:和久井映見(画像・右)

栄一を愛情深く接する母。情に厚く、栄一の幼いころから「みんながうれしいのが一番」と言い聞かせ、育てていました。

 

渋沢ゑいの役を演じるのは、映画「息子」や「就職戦線異状なし」などで活躍し、数多くの受賞歴を持つ、ベテラン女優・和久井映見さん。

渋沢なか:村川絵梨(少女:小田菜乃葉)

栄一の姉。ズケズケと物を言い、栄一にとってはこわい存在。年頃になり縁談話が持ち上がると、ちょっとやっかいなことが起きてしまいます。

 

渋沢なかの役は、NHK連続テレビ小説「風のハルカ」のヒロイン役を務め、第48回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 新人俳優賞を受賞した村川絵梨さん。

幼いころのなかを演じるのは、NHK Eテレ「天才てれびくんYOU」で活躍している小田菜乃葉さんが演じています。

渋沢喜作:高良健吾(幼少:石澤柊斗)

渋沢一族「新屋敷」の長男として生まれ、栄一の幼なじみです。情に厚く、言葉巧みな栄一とは真逆の性格をしていますが、生涯にわたって栄一の相棒です。

 

渋沢喜作役を演じたのは、主演映画「横道世之介」で第56回ブルーリボン賞主演男優賞の受賞歴を持つイケメン俳優・高良健吾さん。

幼少のころを務めたのは、CMやバラエティで大活躍中の石澤柊斗くん。

渋沢宗助:平泉成

渋沢一族の中で最も財力を持つ「東の家(ひがしんち)」の当主で、栄一の叔父にあたります。栄一には口うるさいく小言を言っています。

 

渋沢宗助役は、ハスキーな声と人間味のある演技を持つベテラン俳優・平泉成さんが演じます。

尾高新五郎:田辺誠一

尾高家の長男で、栄一にとってはいとこにあたります。幼少期の栄一に学問や剣術を教えていました。明治維新の後は、富岡製糸場の初代場長となり、栄一をサポートしていきます。

尾高新五郎役には、多方面で活躍し、幅広い役柄をこなす個性派俳優・田辺誠一さんが務めます。

尾高やへ:手塚理美

新五郎や長七郎、千代の母。幕末の動乱に巻き込まれる子どもたちを常に心配し、温かく見守っています。

 

尾高やへ役は、エランドール賞新人賞のほか数多く受賞歴を持つ、ベテラン女優の手塚理美さんが務めます。

尾高長七郎:満島真之介(少年:須東煌世)

尾高家の次男で栄一のいとこ。兄に鍛えられた剣の腕前はのちに神道無念流(しんどうむねんりゅう)の剣豪として名をしらせ、栄一の憧れに。

尾高長七郎役には、映画「11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち」で最優秀新人男優賞など数々の賞を獲得した個性派の俳優・満島真之介が務めます。

幼少のころを演じるのは、今回初のドラマ出演の須東煌世くんが務めます。CMなどでも活躍。

尾高千代:橋本愛(少女:岩﨑愛子)

尾高新五郎、長七郎の妹で栄一の妻となり支えていきます。控えめな性格ですが、芯は強く、内助の功を発揮します。

 

尾高千代役を務めたのは、神秘的な雰囲気を持つ個性派女優の・橋本愛さん。映画「桐島、部活やめるってよ」では、第36回日本アカデミー賞新人俳優賞などの多数の賞を受賞しています。

幼いころの千代を務めたのは、次世代ブレイクと大注目の岩﨑愛子さん。

徳川慶喜:草彅剛(七郎麻呂:笠松基生)

徳川斉昭の七男で、一橋家を継ぎ、のちに徳川幕府最後の将軍となります。側近が力量を見抜いた渋沢栄一と出会い、財政改革の際、腕前を発揮する栄一を信頼します。幕府終焉後も、慶喜と栄一の厚い信頼関係は終生に及びました。

 

徳川慶喜役には、主演映画「日本沈没」や「僕の歩く道」など、幅広い役をこなす実力派の草彅剛さんが演じます。日本アカデミー賞 優秀主演男優賞ほか多数の賞を受賞。

徳川慶喜の幼少時代を演じたのは、子役とは思えない演技力で驚かせる笠松基生くん。凛々しくも賢そうな役どころを見事に演じています。

徳川家康:北大路欣也

本作の放送で、まっさきに語り部として登場した徳川家康。「こんばんは徳川家康です。」の挨拶から始まり、徳川家康自身の歴史を振り返ります。

江戸幕府を開いた人物が、幕末を語っていくという斬新なアイデアで多くの話題を呼んでいます。

 

徳川家康を演じたのはベテラン俳優の北大路欣也さん。大河ドラマ「江~姫たちの戦国~」でも家康を演じていましたが、さすがに今回の家康の演出は迷いも生じたそうです。ですが、思い入れのある家康ということで快諾され、今後もストーリーテラー的な存在で登場されます。

スタッフ

スタッフ
  • 脚本:大森美香
  • 音楽:佐藤直紀
  • 制作統括:菓子浩、福岡利武
  • プロデューサー:板垣麻衣子、藤原敬久
  • 演出:黒崎博、村橋直樹、渡辺哲也、田中健二、川野秀昭

口コミ・感想・評価

「青天を衝け」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

「そもそも青天を衝けを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

まだ1話ですが長い話の割にテンポが良くて見やすいと思います。

キラキラ大河
まずは今の渋沢栄一のシーンから始まりますが、吉沢亮と高良健吾さんの時点で既にキラキラしています。そこに現れる草彅剛さん。徳川慶喜に声をかけるところから物語は始まりました。草彅剛さんはいつも優しいホンワカした声しか聞いたことがなかったので、顔が出てくるまで草彅さんが喋っているとは思わずびっくりしました。ここでオープニングに入りますが、青を基調とした令和だなと思わせるような壮大感のある映像でした。そこからは渋沢栄一の子供時代になります。彼の家は養蚕を育てているのでとにかく虫のシーンが多くて、苦手な私は何度も目を背けてしまいました。みんなで同じ動きをしているのは鳥肌がたってしまいました・・・ 他にも玉木宏さんなどとにかくどこを見てもイケメン俳優しかいません。キャスト表を見ましたが更にイケメンばかり出てくるので楽しみしかありません。
あいた(30代・女性)
詳細を見てみる

勇気と元気をもらえるドラマ

可愛い幼少時代
主人公の渋沢栄一の幼少期のストーリーから始まりました。男の子にしては珍しく、おしゃべり好きだったようです。さらに負けん気が強く、危険なことにも向かっていくような勇気のある少年だったようです。彼が好きな女の子は反対に物静かであまりしゃべらない子のようです。この二人の今後がどうなっていくのかが気になりました。幕末ということもあり、世の中がかなり騒がしくなってきています。子供の栄一はそのことがまだよくわからないようですが、自分が日本を救いたいと言う気持ちはこのころからあったようです。両親や罪人の話を聞き、彼は素直にそのことを受け止めているようでした。これからどのようにして栄一が成長していくのかとても楽しみです。 
ツバミ(50代・女性)

光秀ロスをかき消すエネルギッシュな作品

キャスティングされた俳優がそれぞれの持ち味を出していて存在感たっぷりのドラマです。
「日本資本主義の父」と言われた澁澤栄一のエネルギッシュさが、初回から伝わってきて今後に大きな期待感の持てる内容でした。子役の小林優仁くんの元気でよくしゃべる演技も良かったです。そんな栄一をぎゅっと抱きしめてあげる母親役の和久井映見さんと、厳しくも愛情深い父親役の小林薫さんの演技も素晴らしかったです。また、後の徳川慶喜となる七郎麻呂の子役笠松基生くんも凛とした表情がとても良く、成年役の草彅剛さんもまた凛々しさを醸し出していて、とても大きな存在感を出していて良かったです。そして主演の吉沢亮さんも透明感のある美男子ですが、目力が強く、内に秘めた熱いものを感じさせてくれる演技で、2話目以降の活躍が楽しみです。
モモカリン(40代・男性)

正統派な大河ドラマとして楽しめます!

これから壮大なドラマが始まるワクワク感!
さすがの大河ドラマらしくダイナミックな映像で見ていて爽快感がありました。吉沢亮さんが演じる渋沢栄一が徳川慶喜を追いかけていくところが疾走感があり、栄一のみなぎる若さとパワーを感じさせるシーンとなっています。初回では幼少時代の栄一が描かれていますが、真っすぐで元気な子どもで、小さいころからいろんなことに興味があり、前向きだったんだなと思いました。お母さんがとても優しくて、そんな温かい家族の中でいきいきと生きてきたからこそ、栄一の将来があるんだなと感じさせました。徳川慶喜の幼少時代である七郎麻呂もすごく妖艶な雰囲気でやんごとなきオーラが漂っていてうっとりしてしまいました。渋沢家が行っている藍染の青がとてもきれいで印象的です。タイトルの青天とここがつながっているんだなと思いました。これから栄一の挑戦と日本の変革が始まっていくんだ、という幕開けを期待させました。
あおい(30代・女性)

歴史がわからなくても面白い大河ドラマ

新しい大河の始まりのワクワク感がすごい!
まず、びっくりしたのは、冒頭からの時代説明に徳川家康演じる北王子欣也さんの登場です。大河ドラマを視聴するものとして、一応の知識はありましたが、徳川家康目線で、ざっくりとしかもわかりやすく説明されると、どこかユーモラスで、一瞬で前作「麒麟が来る」からの余韻が冷めました。そして、主人公である渋沢栄一演じる吉沢亮さんの登場。自然の中での徳川慶喜との出会い。草彅剛さん演じる慶喜の凛としたたたずまいはさすが演技派俳優の貫禄が感じられました。子役時代の栄一、慶喜の成長が対比で描かれているのも、興味深かったです。地元でも有数の農家の長男で、みんなに愛されてすくすく育つ栄一に対して、水戸藩の嫡男として幼い頃から武士としての道を歩んでいる慶喜。彼らがこのあとどう出会い、そして歴史に大きな風穴を開けていくのか、とても楽しみになりました。
mints(40代・女性)

幕末は盛り上がるところでもあり、大きな波が何度も押し寄せる時代ですので、きっと飽きずに見られると思います主人公がその中でどんな風に成長して、時代を動かす人物になっていくのか、本当に楽しみです。

青天は衝けるのか
大河ドラマの初回の方は主人公の幼少期から始まります。今回も例によって主人公の幼少期、どんな人物だったかが描かれました。この人物像が大人になった時に生かされていくので見逃してはいけません。好奇心旺盛で天真爛漫な主人公が、どのような活躍していくのか、楽しみです。主人公を演じる吉沢亮は、なつぞらのイメージが強くあります。繊細で儚くもありながら、主人公に寄り添った幼馴染のイメージです。そのイメージが視聴者にまだ根強くある中で新しい人物を生きることは大変かもしれません。しかし、そこはお芝居の経験もしっかりあると思いますので、大丈夫だと思っています。ただのイケメンから脱皮して、代表作と呼べるようになってほしいです。
サユ(30代・女性)

近代日本経済の礎を築いた人物の人生

これからの展開が楽しみ!
渋沢栄一という人物について名前は聞いたことがありましたが、どのような人物なのかは詳しく知りませんでした。第一話ということで、まだ序章という印象ですが、幕末の有名な人物も数多く登場し物語に惹きつけられました。栄一の子供時代が主に描かれましたが、栄一と徳川慶喜の子供時代を演じた子役の2人の演技が非常に素晴らしく、この2人の子役の方は将来有名な俳優さんになっていくのではないかと感じました。第一話の冒頭で栄一と慶喜の出会いのシーンが描かれましたが、渋沢栄一については明治時代の実業家としてしか知らなかったため驚きがありました。また、竹中直人さんや小林薫さんなどベテランの俳優さんたちもいい味を出していると感じました。
シロ(30代・男性)

日本経済の生みの親!その人生を覗き見る!

今後の展開にワクワク!
今回の大河ドラマの主人公が渋沢栄一と知るまでは、彼についての知識がほとんどありませんでした。放送前に少しだけ調べただけでも、今現在日本の経済を支え、私自身もとてもお世話になっている大企業のほとんどに携わっていることを知り驚きました。第一回目の放送は渋沢栄一の幼少期から始まり、彼がどんな家庭環境で育ち、今後どんな人と関わっていくのかが描かれていましたがとても濃密で彼がどんな人物かがわかる内容でした。最後の将軍である徳川慶喜とどのように出会い、そのようにして二人で日本の経済を支える存在になっていったのか、今後の展開がとても楽しみです。主演の吉沢亮さんも若いながら堂々とした演技力で存在感がたっぷりありました。
まめ(20代・女性)

これまで大河ドラマに親しみがなかった人にもおすすめの作品

初心者向け大河
「こんばんは、徳川家康です。」という北大路欣也さん演じる家康直々の冒頭の呼びかけから始まって今回の作品が歴史的にどういう位置付けであるのかあらかじめ説明がなされるというのは、大河ドラマをこれまで見てこなかった層にとって、とても親切な設計だと思いました。さらに、ドラマ放映時にはリアルタイムで公式Twitterが歴史的な用語の解説を行っており、若い世代でも親しみやすさを感じられました。ドラマの内容自体も渋沢栄一がその思想に至るまでの過程が丁寧に描かれていて見やすかったです。また、撮影手法やセットにもとても手がかけられており壮大さを感じました。今後、日本の近代化にとって重要な人物がさらに出てくると思うととても楽しみです。
あるふぁ(20代・女性)

大河初心者でも見やすい新しい大河ドラマ!

急に大きくなる栄一
今回も徳川家康が最初の場面で出てきたのは驚きました。おそらくこの先もしばらく彼の登場シーンはこの先も続くんだろうなと思いますが、序盤で出てきて前回のおさらいなどをしてくれるのは分かりやすくていいんじゃないかと思います。栄一の子供時代がしばらく続くものだと思っていたので、物語終盤くらいで栄一が1話で出てきた成長した姿出てきたのは正直驚きました。もう少し子供時代の愛くるしい栄一の姿を見ていたかったなというのも正直なところです。しかし撮影が遅くなっているのでそれも仕方ないのかなとそれは受け止められました。今後小さな栄一が出てこないのは残念ですが、青年になった栄一の活躍が見られるのかと思うと楽しみです。
ぱるる(30代・女性)

その他ネットの口コミ・感想・評価

詳細を見てみる

『青天を衝け』のまとめ

「青天を衝け」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

本記事のまとめ

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

  • 「青天を衝け」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • 600円分のポイントがタダでもらえる
  • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

最後までお読みいただきありがとうございました!

\本日から【4月1日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

※本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。