「麒麟が来る」に続き、第60回目のNHK大河ドラマ「青天を衝け」(せいてんをつけ)が2021年2月からスタートしました。

農家で生まれるも武士になり、のちに武士を捨て日本の経済を築き上げた偉人・渋沢栄一を主人公とした物語。新1万円札の顔でも知られていますよね。

渋沢栄一役・吉沢亮さんをはじめ、豪華なキャスト陣も出揃ってはじまった「青天を衝け」。

そしてこの大河ドラマのイメージを大きく左右すると言われるナレーション。

抜てきされたのは…⁉

今回は、「青天を衝けのナレーター(語り/ナレーション)は誰で守本奈実アナ!紀行は林田理沙アナ!」と題し、ナレーターを務めるお二人にフォーカスしました。

青天を衝けのナレーター(語り/ナレーション)は守本奈実アナ

「青天を衝け」(せいてんをつけ)では、NHKアナウンサーの守本奈実さんが語りを務めています。

守本奈実アナウンサー
生年月日:1981年1月18日
血液型:A型
出身:千葉県流山市
幼少期は海外在住(シンガポール)時期あり。
学歴:学習院大学文学部
勤務:2004年 NHK入社 大分放送局→福岡放送局→東京アナウンス部へ異動
ジャンル:報道・情報・バラエティー

2014年「ニュース7」土曜、日曜、祝日のメインキャスターを担当したあと、結婚後、産休に入り、2018年復職し、「ハートネットTV」に月1回、登板、同年、夕方5時からの情報番組「ニュース シブ5時」で、メインキャスターを務め活躍中です。

明るく、爽やかなイメージで、微妙に声のトーンや表情などで、喜怒哀楽を表現でき、「ナレーションもうまい」と定評があります。

すごく、たくさんの方々から、高評価を得ていますね。

青天を衝けのナレーター(語り/ナレーション)紀行は林田理沙アナ

ドラマが終わった後の紀行番組「青天を衝け紀行」のナレーターは林田理沙アナウンサーが務めています。

林田理沙アナウンサー
生年月日:1989年12月19日
出身:長崎県
学歴:東京芸術大学大学院音楽研究科
5歳からピアノを習い絶対音感を持っています。
学生のころ、オーケストラの指揮として活躍。
勤務:2014年 NHK入社 長崎放送局→福岡放送局→東京アナウンス部へ異動
ジャンル:報道・情報・バラエティー

夕方の情報番組「首都圏ネットワーク」のメインキャスターならびにミニ広報番組「オシばん」のキャスターとして活躍中です。

笑顔が素敵なアナウンサーで、リアクションが「可愛い」と絶賛の声も上がっています。

女性アナの中では、低音のほうですが、伸びがある聞き取りやすい声が特徴です。

以前、人気バラエティ番組「ブラタモリ」でタモリさんと一緒に旅をしていた頃、ナレーションを務めたのは草なぎ剛さんでした。

「青天を衝け紀行」では、草なぎ剛さんが、江戸幕府15代将軍・徳川慶喜を演じ、ナレーションを林田理沙さんが務めています。

立場が逆転しているようですね☆

お二人ともとても人気が高いです。

NHK大河ドラマ歴代のナレーター

NHKアナウンサーが語りを務めるのは、2016年高視聴率を出したNHK大河ドラマ『真田丸』の有働由美子アナウンサーただ一人(当時)、以来5年ぶりです。

真田丸を務めた有働由美子さんは「アナウンサーとしての実力を再認識」「安心してドラマに集中できる」など大絶賛されていました。

歴代では、2010年「龍馬伝」には、役と兼任で俳優の香川照之さんが土佐弁で語り、2012年「平清盛」では史上最年少の俳優・岡田将生さん、2019年には役と兼任で「いだてん」のビートたけしさん、2020年「麒麟が来る」では、歌舞伎役者の市川海老蔵さんがナレーションを務めています。

2010年から見てみると。

年代作品名ナレーター
2010龍馬伝香川照之
2011鈴木保奈美
2012平清盛岡田将生
2013八重の桜草笛光子
2014軍師官兵衛藤村志保(途中交代)
2015花燃ゆ池田秀一
2016真田丸有働由美子
2017おんな城主直虎中村梅雀
2018西郷どん西田敏行
2019いだてんビートたけし・森山未來
2020麒麟がくる市川海老蔵
2021青天を衝け守本奈実

個性豊かな面々が顔をそろえ、語り継がれる名作を支えていらっしゃいます。

ちょっぴり、プレッシャーを感じてしまいそうですね。

まとめ

今回は、「青天を衝けのナレーター(語り/ナレーション)は誰で守本奈実アナ!紀行は林田理沙アナ!」と題し、ナレーターを務めるお二人をフォーカスしてみました。

ナレーターの役割は、物語の時代背景を見る側に、いかにわかりやすく伝えるかがとても大切とされています。

普段は気にかけていませんでしたが、前回のあらすじの語り口も「前はたしか、そうだったな」とすぐに思い出させてくれるところは、技があってのことですね。

安定感と聞き取りやすさを持った守本奈実アナ・林田理沙アナのお二人が、どんな色を出してくれるのか、楽しみながら見ていきたいと思います。