2021年夏、「竜とそばかすの姫」が公開されます。

アニメーション映画監督・細田守の最新作ということで、SNSでも期待してる声が多いですね。

楽しみにしてるって方が多いと思いますが、「竜とそばかすの姫」のあらすじ、評判など気になってる人も多いはず!

そこで、「竜とそばかすの姫のあらすじ内容や前評判!サマーウォーズ感が半端ない?」と題し、リサーチしてみます!

竜とそばかすの姫のあらすじ内容

高知の自然豊かな村に住む17歳の女子高生・すずは幼い頃に母を事故で亡くし、父と二人暮らし。母と一緒に歌うことが何よりも大好きだったすずはその死をきっかけに歌うことができなくなっていた。いつの間にか父との関係にも溝が生まれ、現実の世界に心を閉ざすようになっていく。曲を作ることだけが生きる糧となっていたある日偶然にも、全世界で50億人以上が集う超巨大インターネット空間の仮想世界<U>に「ベル」というキャラクターで参加することになる。もうひとりの自分。もうひとつの現実。もう、世界はひとりひとつじゃない。<U>では自然と歌うことができたすず(ベル)は自ら作った歌を披露し続けていく内にあっという間に世界中の人気者になっていく。そんな驚きも束の間、突如轟音とともにベルの前に現れたのは竜の姿をした謎の存在だった―。

映画.com

超巨大インターネット空間の仮想世界<U>が舞台。

それは全世界で登録アカウント50億人を突破するインターネット世界。

細田守監督といえば、これまでも『デジモンアドベンチャー ぼくらのウォーゲーム』(2000年)や『サマーウォーズ』(2009年)でインターネットやデジタル世界を描き、大ヒットを飛ばしていますよね。

そこから11年、20年も経過し、現代のデジタル技術はさらに飛躍的な発展を遂げています。

いま現在のそれらを本作にどう取り込んでいるのか、楽しみで仕方ありません☆

竜とそばかすの姫の前評判!サマーウォーズ感が半端ない?

それでは、本作の前評判についてもリサーチしてみます!

サマーウォーズ感が半端ない?

PVをみて、サマーウォーズ感が半端なかったとの声↓↓↓

仮想空間が舞台となっているところと、本作のPVの最初に出てきたクジラがそれと重なったと感じた方が多かったのかもしれませんね!

細田守監督の作品には必ずどこかに「クジラ」が登場していますよね。

映画「サマーウォーズ」ではOZという仮想空間を舞台に、クジラのアバターが守り神として出てきますので、本作でもかとクジラをみてそう感じちゃったのかもしれません。

それから、あのチャット画面!

映画「サマーウォーズ」では、自分が作ったアバターを共有の仮想空間OZで操作し、他人とチャットができる設定がありましたよね!

それを彷彿させましたよね。

さらに、ウサギっぽいキャラクターも気になっちゃいましたよね~映画「サマーウォーズ」ではカズマがウサギ型のアバターを使っていました。

そういったところにサマーウォーズ感半端ないって感じたのかもしれませんね。

サマーウォーズっぽいところがよくて、期待が高まっている声が多いようですね☆

サマーウォーズのアナザーワールドかアンサーソング的な感じぽく見える気がするって声↓↓↓

サマーウォーズ2といった感じと表現している人も。

サマーウォーズのファンで好きだから期待してるって方も!

そうですよね!サマーウォーズの世界観いいですよね!めちゃくちゃ楽しみですよね☆

サマーウォーズ感があって期待に胸膨らんでる方が多いようですね。

サマーウォーズを超えてくる作品なのかを期待するって声も↓

大傑作の予感しかないって声もありますので、きっと、サマーウォーズを超える作品に仕上がっているはずですね☆

インターネット世界の舞台がハマる!

サマーウォーズと同じくインターネット世界が舞台ということですが、雰囲気が全く違うから超楽しみって声です↓

作品として気になる以上に、どんなインターネット像を具体化して描かれているのが楽しみって声も。

サマーウォーズからも11年もすぎた今、現代の進化した技術がどう描かれているのか、そして、この人類の必要不可欠となったインターネットやデジタル技術が、人々の生き方をどう変えていくかを描いているところも見どころです☆

そして、インターネットとは対照的なタイトル「竜とそばかすの姫」

ファンタジックな世界を彷彿させる「竜」、「姫」というワードが、どう作品に描かれているのかがめちゃくちゃ気になります!

音楽がいい

絵が綺麗なのは言わずもがな…最後の瞳がキレイすぎて眺めた、音楽がいいって声も☆

キーワードは歌として、楽しみって声も☆

やはり音楽に対する注目も高いですね。

音楽担当が気になって、毎日ホームページ覗いてるって声です↓

公式サイトでは、スタッフ情報なども公開されていませんでした。

音楽の担当の方が誰なのかも、気になりますよね~

インターネットの舞台と竜、姫ってどんなコラボが待ってるのか、また、ストーリーに彩りをつける音楽も超重要ですよね!

ほんとに待ち遠しいです☆

その他の声

めっちゃ気になる!絶対観る!楽しみって声が続出です!!!

今回の主人公は、高知県の村に父と住む17歳の少女。

高知が舞台となってるアニメってことで高知県出身の方の楽しみって声もありました!

本作がきっかけに高知へ遊びに行きたいって思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

コロナが終息してきたら、感染対策をバッチリした上で、カツオが美味しい時期に仁淀川や沈下橋など高知の美しい風景を楽しみたいですね☆

まとめ

ここまで、「竜とそばかすの姫のあらすじ内容や前評判!サマーウォーズ感が半端ない?」と題し、リサーチしましたが、いかがでしたでしょうか。

細田守監督の最新作というだけあって、注目が高く、また、インターネット世界が舞台ということで、サマーウォーズが大ヒットを飛ばしただけに、さらにその期待が寄せられていることがわかりました。

今夏、大ヒット作になること間違いなしですね!!!

困難に直面しながらも自らの勇気で一歩を踏み出し、懸命に未来へ向かって生きる人間の姿を描くというのを貫いている細田監督。

細田監督ならではのリアル×ファンタジーを通じ、新型コロナウイルスの感染拡大により世界中の人々がかつてない困難に直面したいま、人との絆など、作品にどのようなメッセージを込められているのか、世に放つのか必見です☆