ドラマ「青のSP−学校内警察・嶋田隆平−」7話見ましたか?

今回は見ていて心苦しい展開でしたね(汗)

若年介護ネグレクト・・・。

毎回青のSPでは現代社会で問題となっている事項を取り上げてくれ、考えさせてくれる内容になっていますね!

7話の主役である深山敏春役の男の子がとっても演技が上手でびっくりしちゃいました!

今回は「青のSP7話ネタバレ感想や考察!深山敏春を演じた田中奏生や浅村先生(真木よう子)が良い人なのか気になる!」と題して、調査してみました!

 

※「青のSP」はFODで配信中。本来月額888円の有料サービスですが今なら14日間の無料キャンペーン中なので無料で見ることができます。

\無料で「青のSP」を楽しむ!/

※無料期間中の解約で、0円。

詳しくは「青のSPの見逃し無料動画を1話~最終回まで全話視聴する方法!」でも解説していますので、参考にしてみてください☆

青のSP7話ネタバレ感想や考察!深山敏春を演じた田中奏生や浅村先生(真木よう子)が良い人なのか気になる!

若年介護・ネグレクトが衝撃的!

毎回重いテーマの青のSPですが、今回は本当に救いようのない環境から始まり・・・と本当に重かったですね・・・。

浅村先生(真木よう子)はあ担当しているクラスの1人、深山敏春くんが近学校を休みがちでなんだか痩せてきているを心配。

実は深山くん、スナックで働いているお母さんがお家のお金を全て持って家から出てしまっていたのです!

さらに怪我から寝たきりになっているおばあちゃんの介護も1人でこなしていました

幼い頃育児放棄として役所に保護されていた過去があることも判明し、この複雑な環境は大人であっても辛いですよね。

食事もうまく取れず、ついにコンビニで万引をしてしまう深山くん。

店員に見つかってしまい、注意を受けた深山くんは腕を振りきった際、コンビニ店員に怪我を負わせてしまいます。

もう行き場をなくした深山くんは、それでもおばあちゃんを見捨てることが出来ずに一緒に水中心中しようとする所で嶋田(藤原竜也)や三枝(山田裕貴)に助けてもらいます。

もうここまでの話だけで本当に辛かったですね・・・。

実際にネグレクト・若年介護はある出来事ですし、若い子が生活難で万引をしてしまうことも想定できます。

同じように今回のテーマはとてもつらいと感じる人が多かったようです。

ドラマだけで留めて欲しい内容でしたが、実際にこの環境下で生活している人もいるかと思うと・・・。

「助けて欲しい」と言葉にするのは難しいかもしれませんが、恥ずかしいことではありません

自分も辛い時は周りに頼ろうと思いました。

深山敏春を演じた田中奏生が気になる!

今回話のメインとなる、深山敏春くんに思わず感情移入して心苦しくなる人も多かったのではないでしょうか?

もちろん私も今回見続けるにつれて心苦しくなって、嫌なことに嫌なことは重なるんだな・・・。と思ってしまうほど厳しい環境でしたね。

借金は200万円以上あるのにお母さんが家出、おばあちゃんは寝たきりで介護が必要、食べるものもお金もないと難しい役を演じた田中奏生くんが今大注目されています!

難しい役を丁寧に演じた田中奏生くんとは一体どんな人なのでしょうか!?

名前田中奏生(たなか かなう)
生年月日 2006年1月25日(15歳)※2021年2月時点
出身地千葉県
身長

163cm

血液型

A型

趣味将棋
特技けん玉
所属事務所音研

 

所属事務所の公式プロフィールの出演映像を確認すると、かなりの数の作品に出演しています。

多くの現場を経験したことで、今回このように難しい役も魅力的に演じることができたのですね!

木村拓哉さん主演の「BG〜身辺警護人〜」の息子役を演じた時にはすでに「演技が上手!」とネットで話題になっていました。

さっそく今日の演技で再度注目され、ネットニュースでも特集されていました♪

15歳という若さで今回難しい役を演じたということで、とても役者としてのステップアップになりますね!

今回の一見で一気に知名度も上がり、今後の演技活動に期待ですね☆

浅村先生(真木よう子)は本当は良い人だった!

今までのドラマの流れで、浅村先生が黒幕であるかのような描写がとても多かったですよね!

校長先生(高橋克実)と密談をしたりと・・・。

しかし今回浅村先生は黒幕ではなく、実は良い人であったことが判明しました!

嶋田の元へ、浅村先生が香里先生(明日香りお)と「これからどうなっても知りませんよ。これは警告です!」と難しい話をしている音声データが送られてきました。

これで浅村先生は一気に悪い人なの?と思っていましたが、実はこの言葉には裏の意味がありました。

実は浅村先生には以前勤めていた学校で、イジメ問題から加害者の1人が飛び降り自殺をしてしまう過去が。

この事で迫害された浅村先生は学校をやめ、現在の赤嶺中学校に赴任。

セクハラ問題をまだ調べていた香里先生は、もしこのことが世間に報道されると責められるのは香里先生で、その事を心配しての「どうなるか分かりませんよ!」という言葉でした。

浅村先生は自分のように香里先生がなってほしくなくて心配しての警告だったのです!

今まで黒幕のように扱われていた浅村先生は何だったの?と思ってしまうほど(笑)

でも今回のことで浅村先生は悪い人ではなく、逆に良い人ということが判明しました!

嶋田もまだ香里先生の事件の真相を調べるようですし、今後協力してくれればいいですね!

青のSP今後の展開は?香里先生の事件や黒幕について考察!

7話の最後に、嶋田が仕掛けた盗聴器の他に盗聴器があることが判明しましたね!

これは一体誰が仕掛けたのか・・・明らかに職員室の話を把握するためにつけていますもんね。

さらに8話の予告を確認すると、ついに香里先生の自転車のブレーキを切断した犯人がわかるようです

事件について知っている人を問いかける描写もありますが、ついに物語が佳境に入った感じですね。

今まで黒幕は浅村先生と校長先生かのように表現されていましたが、浅村先生は外れます。

校長先生はスクールポリスを嫌っていたりするので、悪い人であるのは間違いなさそうですが、黒幕は誰なのでしょうか?

正直誰が黒幕なのかヒントが少なすぎて、脈略がなさすぎて想像つかないですね。

しかし来週は本当に物語が進むようなので、今から楽しみです!

まとめ

今回は「青のSP7話ネタバレ感想や考察!深山敏春を演じた田中奏生や浅村先生(真木よう子)が良い人なのか気になる!」と題してお届けしましたがいかがでしいたか?

今回のテーマは難しく重い内容でしたね・・・。

どうにかして救われて欲しいと見ていて思うばかりでした。

来週の第8話ではついに香里先生の自転車のブレーキを誰が切ったのかは判明!

今から来週が待ち遠しいですね☆

\無料で「青のSP」を楽しむ!/

※無料期間中の解約で、0円。

※本ページの情報は2021年2月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。