広島市安佐南区コロナウイルス感染者男性は誰?自宅職場入院先病院はどこ?行動歴感染経路は?

広島県広島市安佐南区に住む30代男性が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

広島県での新型コロナウイルス感染者の確認は初めてとなります。

「広島市コロナウイルス感染者男性は誰?自宅職場入院先病院はどこ?行動歴感染経路は?」と題し、詳細を確認していきます。

広島県広島市安佐南区に住む30代男性が新型コロナウイルスに感染!広島県初!

広島県広島市に住む男性が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

報道内容によると、

  • 2月上旬 咳の症状
  • 2月15日 医療機関Aを受診
  • 2月16日 医療機関Aを受診
  • 2月20日 医療機関Aを受診
  • 2月22日 医療機関Bを受診
  • 2月28日 医療機関Bを受診
  • 3月3日 医療機関Cを受診
  • 3月4日 医療機関Bを受診
  • 3月5日 医療機関Dを受診、新型コロナウイルスの疑いあり
  • 3月6日 遺伝子検査、新型コロナウイルス陽性

とのこと。

現在男性は感染症指定医療機関に入院して治療中とのことです。

症状は重症ではないようです。

2月上旬から最初の症状が出ているのですが、この時点ですでに感染してたかどうかは分かっていません。

とはいえ、1月も咳が治まらず4つの医療機関を計8回も受診されていることから、相当辛かったのかもしれません。

最後に受診した医療機関で初めて新型コロナウイルスが疑われたようですが、それまでは疑うことすら難しかったのでしょうか?

もしかすると、症状が軽いうちは単なる風邪とおなじ症状だったのかもしれませんね。

男性は繰り返し医療機関を受診していることから、その間の院内感染が心配されますね。

広島県広島市安佐南区に住む男性は誰で自宅や職場はどこ?

今回感染が確認された広島県広島市の男性について、現時点で判明している情報をまとめます。

名前:不明
年齢:不明
住所:広島県広島市安佐南区
職業:自営業

男性の居住地は「広島県広島市安佐南区」と発表されていますが、その他の詳しい情報については公表されていません。

広島市と言えば、人口100万人を超えるなど中国・四国地方で最大の都市ですね。

となると、都市部での感染拡大が懸念されますね。

男性の職業は自営業とのことです

ただし、どのような業種を営まれているのかは発表されていません。

もしかすると、不特定多数の方と接するようなお仕事ではないのかもしれませんね。

広島県広島市安佐南区に住む男性の入院先の病院はどこ?

今回感染が確認された広島県広島市の男性について、現時点で入院しているかどうかは報じられていません。

とはいえ、広島県で初めての感染者となるため、感染症指定医療機関に入院される可能性が高いと思われます。

広島県内の感染症指定医療機関で、かつ感染症病床を有している病院は以下のとおりです。

  • 広島大学病院
  • 地方独立行政法人広島市立病院機構 広島市立舟入市民病院
  • 福山市民病院
  • 独立行政法人国立病院機構 東広島医療センター

男性は広島市内に住まれている方とのことで、「広島大学病院」もしくは「広島市立舟入市民病院」の可能性が高そうですね。

ネットの反応

まとめ

「広島市コロナウイルス感染者男性は誰?自宅職場入院先病院はどこ?行動歴感染経路は?」と題し、詳細を確認していきました。

今回感染が確認された男性は、半月以上に渡って3つの医療機関を計7回受診されていたとのことです。

始めの方に受診した際の症状などについては詳しく報じられていませんが、もしかすると肺炎の疑いがなく風邪のような症状だったのかもしれませんね。

そうなると、新型コロナウイルスを疑うのは難しいかもしれません。

確か、北海道で感染者を診察したあと、自身も感染したお医者さんの話でも、肺炎を疑うような症状ではなかった、と話されていました。

そうなってくると、そのような人は数多くいらっしゃるでしょうね。

しかも、政府の定めた基準であれば、疑いがあっても検査すら受けられない人もいる・・・。

このような状況では、なかなか収束の目処がたたないような気がして心配ですね。