\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』ってどんな作品?

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は、諫山創さんの大ヒット漫画を実写化した2部構成の映画の前編です。後半は『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンドオブワールド』。

原作は、講談社漫画賞を少年部門受賞、マンガ大賞で7位になるなど、多くの人に支持され、全世界累計5000万部という驚異的なヒットを記録しています。

また、アニメやゲーム、ライトノベル化などされていて、富士急ハイランドやユニバーサル・スタジオ・ジャパンのアトラクションにもなっています。熱狂的なファンが多いですよね。

多くの人を魅了する『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のフル動画無料視聴方法、あらすじや感想評価をご紹介します。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

\本日から【2月26日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2659円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

進撃の巨人 ATTACK ON TITANの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2659円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
×
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpの3つのサービスで「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYA DISCAS TVトップ画像

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,659円(税込)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の作品情報

      基本情報

      作品名進撃の巨人 ATTACK ON TITAN
      原題
      原作諫山創
      制作年2015年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)東宝
      公開年(公開日)2015年8月1日
      上映時間(話数)98分
      公式サイトhttps://www.toho.co.jp/movie/lineup/singeki.html
      公式Twitterhttps://twitter.com/shingeki_movie
      公式Facebookhttps://www.facebook.com/shingekimovie/
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は、前後編の2部作での構成となっています。

      前編が『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』、後編が『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド』というタイトルでPG12指定で公開されました。

      また、公開に連動しスピンオフドラマ『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN 反撃の狼煙』の配信もされていました。

      監督は樋口真嗣さん脚本は渡辺雄介さん映画評論家の町山智浩さんが共同で務めました。

       

      100年以上も前に突如、姿を現した巨人たち。

      それにより人類の大半は食われ、文明は崩壊の一途をたどります。

      しかし、わずかに生き残った者たちは、高い高い壁を三重にも築き上げ、その内側で生活をしていました。

      一番内側の壁の中では富裕層が生活をし、二番目の壁の中は商業地区とされ、一番外側は農業地区のモンゼンがありました。

      そんな地に幼少期に両親を亡くした、外の世界に憧れる青年のエレンとその幼馴染のアルミンとミカサが生活をしていました。

      幸せとまではいかないものの楽しく生活を送る日々を送っていましたが、ある日突然エレンの住むモンゼン地区が、壁よりも大きな巨人の襲撃を受けてしまいます。

      超大型の巨人はモンゼン地区の壁に穴をあけると、複数の巨人たちが壁の中へと侵入し、瞬く間に壊滅状態へと陥り多くの人類が喰われていったです。

      エレンとアルミンとミカサの3人は何とか逃げたのですが、逃走途中でミカサが行方不明になってしまいます。

      命からがら残ったエレンとアルミンは、『外乃壁修復作戦』のメンバーへと入り、モンゼン地区奪回の闘志を燃やしていました。

      すると、そこで逃走時に行方不明になっていたミカサと再会することができたのです。

      再会を喜ぶ暇もなくエレンたちは、シキシマ隊長たちと共に壁を塞ぎに行くことになったのでした。

       

      映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』の原作は諫山創さんによる、巨人と人間との戦いを描いた大人気ダークファンタジー作品です。

      第35回講談社漫画賞の少年部門を受賞しており、単行本の累計発行部数は全世界1億部を突破するほどの世界的に人気の高い作品となっています。

      原作は中世のヨーロッパのような世界観であり、主要登場人物も西洋人が中心となっていますが、映画では東洋人がメインの世界観です。

      また他にもいくつか設定が改変され、ストーリーもオリジナルのものとなっています。

      ただ原作にもある悲壮感やひっ迫した世界観はそのままで、劇中に登場する“超大型巨人”が超ド級の120mと設定されており、その登場シーンはまさに圧巻。

      歴代最大のゴジラと言われた『GODZILLA ゴジラ』の108mさえも超える大きさということなので、是非見ていただきたい大迫力のシーンです。

      キャストとスタッフ

      映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • エレン:三浦春馬
      • シキシマ:長谷川博己
      • ミカサ:水原希子
      • アルミン:本郷奏多
      • ジャン:三浦貴大
      • サシャ:桜庭ななみ
      • サンナギ:松尾諭
      • フクシ:渡部秀
      • ヒアナ:水崎綾女
      • リル:武田梨奈
      • ハンジ:石原さとみ
      • ソウダ:ピエール瀧
      • クバル:國村隼
      • 高橋みなみ
      • KREVA
      詳細を見てみる

      三浦春馬さんは、1997年、NHK連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビュー。2006年『14歳の母』でヒロインの恋人役を演じ注目を集めました。

      この投稿をInstagramで見る

       

      Haruma Miura 三浦春馬(@haruma_miura0405)がシェアした投稿

      2007年『恋空』で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『大切なことはすべて君が教えてくれた』、『僕のいた時間』、『君に届け』、『アイネクライナハトムジーク』など多くのドラマや映画に出演しています。

      また、ミュージカルなど舞台でも活躍し、2017年『キンキー・ブーツ』で読売演劇大賞優秀男優賞と杉村春子賞を受賞しました。ダンスも歌も素晴らしいですよね。

      長谷川博己さんは、2001年、文学座付属演劇研究所に入所し、舞台で活躍していましたが、2010年NHKドラマ『セカンドバージン』で年上のヒロインと恋に落ちる役を演じ、注目を一気に集めました。

      この投稿をInstagramで見る

       

      Kanako Onishi(@k_ons0220)がシェアした投稿

      2011年『鈴木先生』で連続ドラマ初主演し、以降、『シン・ゴジラ』、『二重生活』、『散歩する侵略者』などの映画、『小さな巨人』、連続テレビ小説『まんぷく』などのドラマに出演。

      現在、大河ドラマ『麒麟がくる』で明智光秀を熱演中です。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:樋口真嗣
      • 特撮監督:尾上克郎
      • 原作:諫山創
      • 脚本:渡辺雄介、町山智浩
      • 製作:市川南、鈴木伸育
      • 共同製作:中村理一郎、原田知明、堀義貴、岩田天植、弓矢政法、高橋誠、松田陽三、宮田謙一、吉川英作、宮本直人、千代勝美
      • エグゼクティブプロデューサー:山内章弘
      • プロデューサー:佐藤善宏
      • ラインプロデューサー:森賢正
      • プロダクション統括:佐藤毅、城戸史朗
      • 撮影:江原祥二
      • 照明:杉本崇
      • 美術:清水剛
      • 録音:中村淳、田中博信
      • 扮装統括:柘植伊佐夫
      • 装飾:高橋光
      • 特殊造型プロデューサー:西村喜廣
      • スタントコーディネーター:田渕景也
      • 編集:石田雄介
      • テクニカルプロデューサー:大屋哲男
      • VFXスーパーバイザー:佐藤敦紀、ツジノミナミ
      • 音響効果:柴崎憲治
      • 音楽:鷺巣詩郎
      • 主題歌:SEKAI NO OWARI
      • スクリプター:河島順子
      • 助監督:足立公良
      • 制作担当:斉藤大和
      • 音楽プロデューサー:北原京子
      • 撮影(特撮セカンドユニット):鈴木啓造、桜井景一
      • 照明(特撮セカンドユニット):小笠原篤志
      • 美術(特撮セカンドユニット):三池敏夫
      • 操演(特撮セカンドユニット):関山和昭
      • スクリプター(特撮セカンドユニット):黒河内美佳
      • 助監督(特撮セカンドユニット):中山権正
      詳細を見てみる

      監督の樋口真嗣さんは、高校卒業後、映画『ゴジラ』の造形助手として参加。1995年、『ガメラ 大怪獣空中決戦』で特撮監督を務め、日本アカデミー賞特別賞特殊技術賞を受賞しました。

      脚本や絵コンテとして参加した『新世紀エヴァンゲリオン』は大ヒットし、注目されました。2005年、実写映画『ローレライ』で監督デビューを果たし、『日本沈没』、『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』を監督。

      2012年、犬童一心監督と共同監督を務めた『のぼうの城』で日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞しています。また、『シン・ゴジラ』では日本アカデミー賞最優秀監督賞を始め多くの賞を受賞しました。特撮ものや、アニメ、実写と幅広く活躍する映画監督です。

      脚本の渡辺雄介さんは、大学在学中に深夜ドラマ『チェリー』で脚本デビュー。映画『GANTZ』、『ガッチャマン』などの脚本を担当しています。

      特撮監督の尾上克郎さんは、『陰陽師』、『わたしは貝になりたい』、『パンク侍、切られて候』など多くの映画の特撮監督を担当しました。また、スーパー戦隊シリーズ、仮面ライダーシリーズなどの特撮監督も多く務めています。

      口コミ・感想・評価

      「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも進撃の巨人 ATTACK ON TITANを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      リアリティ満載でハラハラ!

      おっと…これは!?

      原作が大好きでこちらが気になり試聴しました。キャストもすごく豪華なので見ていて満足感と漫画で描かれている緊迫感がありました。冒頭から「おっと…!?」と思うような展開で途中からちょこちょこ漫画と同じ展開になってきたので結末は想像しながらドキドキワクワクしていましたが、はっきり言うと原作50%オリジナル50%と言ったかんじでした。原作でのストーリー展開を想像している方は物足りない感じがするかもしれません。でも実写化するのはかなり難しい作品だと思うのにここまでしっかり巨人や街並みなどの再現性が高くて映画としてのクオリティは高いと思いました。進撃の巨人の新しいストーリーとしてみるとスリルも味わえて面白い作品です。
      ほみ (20代・女)
      詳細を見てみる

      原作の先入観を持たずに見ると良い作品

      原作漫画とある意味別物だと思って見て欲しいです

      私は原作漫画を読んだ後に映画館で視聴しました。漫画が原作の実写化は批判を浴びるケースが多々ありますが、私はそこまで悪くない作品だと感じました。確かに漫画と違う見せ方、やむなくカットした部分は多々あるのですが、映画ならではのリアルさ、残酷さ、殺伐さが良く表現されていたなと感じました。特に人間が巨人に食べられるシーンや、巨人に追われ家に逃げ込んだ人達の末路など正直『ウッ』となるところもありましたが、恐怖という意味で非常に感情移入が出来ました。『進撃の巨人』ではありますが、漫画と寸分違わないのを求めずに、この世界観の濃いエッセンスが染み込んだ映画用の、ある意味では別作品だと思って見ると楽しめると思います。
      ソウカ(30代・女)

      原作を知らない人が観ても怖い!と思える映画

      良いと言う人が1人でもいるなら良い作品

      正直原作とはかなりかけ離れている部分はあったものの、オリジナリティを加え、コミックを読んでいない人でも手っ取り早く怖いと思えるように作られた作品に感じました。映画のオリジナルキャラクターの抜群の存在感はさることながら、コミックは当時も進み続けていたのでファンの得ている情報量を逆手に取るように、元々存在するキャラクターと関係を持って登場した為「誰なんだ!?」とかなり気になったところです。さらに進撃の巨人は「シン・ゴジラ」を手掛けた監督と一緒ですので、巨人の迫力に関しては全く申し分なく見所です。ファン的には納得いかない!という意見も少なくありませんが、進撃の巨人を知らないという人が観て面白かったという意見を実際に耳で聞いたので、少しでも原作への取っ掛かりになってくれているのであれば十分なのではないかなと思います。
      ykm(20代・女)

      原作とは一味違う進撃の巨人オリジナルストーリー

      超大型巨人の迫力がもの凄い

      原作大好きです。原作は今もまだ続いていて、実写化すると聞いたとき正直どうオチをつけるのだろうか?と不安になりましたが、オリジナルキャラクターとオリジナルストーリーを加え、2部作の「進撃の巨人 エンド オブ ザ ワールド」でしっかり完結します。原作をイメージして見ていると、人間関係や性格の違いが気になり始め粗探しを始めてしまいかねません。あくまでも原作を元に作られたオリジナルストーリーとして見るべきです。巨人が襲ってくる様はかなりリアルです。捕食シーンも程よいグロテスク感でした。超大型巨人の迫力も素晴らしいものがありました。思わず「おお!」と声が漏れるような感じです。エンディングテーマのSEKAI NO OWARIの「ANTI-HERO」は名曲です。ぜひエンディングテーマまでしっかり聞いてもらいたいです。
      YOSHI(40代・男)

      巨人をモチーフにしたバトル映画

      巨人の完成度が高かったです。

      巨人の完成度が思った以上にクオリティが高いのがびっくりしましたが展開が少しゆったりとしていたのが予想と異なっていたのでその点に関しては正直微妙ではありました。一番驚いたこととしては、石原さとみさんが原作のハンジをそのまんま見事に再現していてさすが一流の女優だなあと感じましたが、キャラクター同士の会話にフォーカスされている印象が強い構成になっているのが気になるところではありました。もっとテンポを上げてスピーディーに展開させて深掘りしてほしいと思うところは所々ありましたが映像は巨人をはじめ費用をかけているためかインパクトがありクオリティの高さを感じたのでもっとそれをうまく生かせていればトータル的にもっと面白くなるようにも感じました。
      GJA(30代・男性)

      原作とは全く違った、ドラゴンボール(映画)を見るような感じで見るのをおすすめするアニメ

      どうやったらここまでできるのか不思議な映画

      「進撃の巨人」という漫画が好きそうな人なら誰でも知っていそうな超有名な作品が映画化されるということで、公開前からの前評判がひどかったのもあって、怖いもの見たさで見てきました。街並みや人名からドイツやオーストリアあたりが舞台のような感じですが、もちろん出演者全員がアジア人!そして出てくる自衛隊!どのキャラが何がどうなってシキシマになったのか?作者はGOサインを出したのか?原作ファンからすると、見ているだけでもどうしたらこうなるのか?と常につぶやいていなければならないような出来だったのが残念でした。唯一の救いはハンジが似ていたということでしょうか…怖いもの見たさという人以外にはオススメはあまりできない映画化作品でした。
      Lilbub(30代 女)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      https://twitter.com/gocha_465/status/928133998580178945

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』とあわせて、『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』のまとめ

      「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2659円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【2月26日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。