DEATH NOTE デスノート(実写)|映画無料視聴フル動画!あらすじキャスト感想評価も
提供元:U-NEXT

DEATH NOTE デスノートのフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、DEATH NOTE デスノートのフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します。

\作品概要はコチラをタップ/

映画『DEATH NOTE デスノート』ってどんな作品?

原作は週刊少年ジャンプで2004年~2006年まで連載され、今作は2006年に公開されました。

ノートに名前を書くだけで人を殺すことができる「DEATH NOTE」を拾った、成績優秀な大学生夜神月は、ノートの落とし主で死神のデュークに翻弄されながらも凶悪犯たちに裁きを下し、新世界の神として人々から崇められる。

そんなキラを捕まえるべく、世界的名探偵である「L」と警視庁捜査一課の課長であり、夜神月の父親でもある夜神総一郎率いる捜査チームが動き始めるが・・・。

昨今でも凶悪犯たちに対しての方の裁きには、賛否両論ありますがそんな世論を反映させた作品になっていますね!

もしあなたが「DEATH NOTE」を拾ったら・・・あなたならどう使うでしょうか?

同年に続編映画『デスノートthe Last name』が、2008年2月9日にはスピンオフ作品となる映画『L change the WorLd』が、2016年10月29日には続編となる『デスノートLight up the NEW world』が公開されているので、そちらも合わせてチェックしてみてはいかがでしょうか!

そんな映画『DEATH NOTE デスノート』のあらすじや感想評価、フル動画配信をスマホで無料視聴する方法をご紹介します。

結論からお伝えすると

「DEATH NOTE デスノート」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「DEATH NOTE デスノート」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

\本日から【10月26日】まで無料!/

『DEATH NOTE デスノート』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

DEATH NOTE デスノートの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)10社について、DEATH NOTE デスノートの配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円

2020年2月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jp、TELASAの4つのサービスでDEATH NOTE デスノートの無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 無料登録後はすぐにDEATH NOTE デスノートが視聴できる
  • DEATH NOTE デスノートが見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • 無料トライアルの登録も解約もとっても簡単

U-NEXTの最大の魅力は、なんといっても業界No1の圧倒的な作品数。

しかも、31日間の無料トライアルが用意されているので、業界ナンバーワン!の見放題作品を思い存分楽しめます!

ちなみに、U-NEXTでは、

  1. 見放題作品(無料コンテンツ)
  2. ポイント作品(有料コンテンツ)

の2種類のコンテンツが用意されており、DEATH NOTE デスノートは1つ目の見放題作品(無料コンテンツ)に該当します。

よって、

  1. 31日間無料トライアル登録
  2. DEATH NOTE デスノートを無料視聴

の2ステップで、DEATH NOTE デスノートを簡単に無料で楽しむことができるうえ、無料登録時にタダでもらえる600ポイントで本来課金が必要な新作も実質0円で見れるんです。

\解約OK!簡単無料登録♪/

※無料期間中の解約で→0円。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、ご覧ください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料トライアル期間が業界トップクラスの31日間
無料トライアル期間中に600ポイントがタダでもらえる
無料トライアル期間中に解約OK
毎月もらえるU-NEXT会員ポイント1,200ポイント
1つの契約で最大4人でシェアできる(ファミリーアカウント)
フルHD画質/4K画質&高音質(DOLBY DIGITAL PLUS)
マルチデバイス対応(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)
コンテンツのダウンロードOK
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
最新作がすぐに視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

人気ドラマ
人気アニメ・キッズ
  • アナと雪の女王2
  • 怪盗グルーのミニオン危機一髪
  • Re:ゼロから始める異世界生活
  • 鬼滅の刃
  • あひるの空
  • NARUTO-ナルト-
  • 僕のヒーローアカデミア

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

\人気作品も豊富/

 

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「DEATH NOTE デスノート」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『DEATH NOTE デスノート』の作品情報

      基本情報

      作品名DEATH NOTE デスノート
      原題
      原作大場つぐみ、小畑健
      制作年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)日活撮影所
      公開年(公開日)2006年
      上映時間(話数)126分
      公式サイトhttps://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/news.html
      公式Twitter
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      本作は、週刊少年ジャンプで2004年~2006年まで連載された『DEATH NOTE』の実写化作品で、2006年に公開されました。

      名前を書くと人を殺せる「デスノート」をめぐって繰り広げられる八神月とLとの心理戦を描いた作品です。

      当時、邦画としては史上初の前編・後編の連続公開で、本作は前編にあたります。そして、2016年に続編『デスノート Light up the NEW world』が公開されました。

       

      天才的な頭脳を持つ夜神月(ヤガミ ライト)は、犯罪者のいない世界をつくるため司法試験の勉強をしていました。

      しかし、ある日警察のデータシステムに不法アクセスをし、法では裁き切れず不起訴となっている凶悪犯達が沢山居る事を知ります。

      正義感が強く、法で凶悪犯を裁こうと勉強してきたライトにとってその事実はショッキングで、法律で裁くことへの限界を感じるようになりました。

      そんな絶望感の中、雨に打たれながら歩いていると一冊の黒いノートが落ちているのに気が付き、それを持ち帰りました。

      そのノートには「名前を書かれた人物は死に至る」と記載されていました。

      そんな話があるわけないと思いながらも、ライトは偶然テレビに映っていた指名手配犯の名前をノートに書きました。

      すると翌朝の新聞で、その犯人が心臓麻痺で死んだことを知り、ノートの力が本物であることを知ります。

      これで凶悪犯や指名手配犯を裁くことができる……。そう確信したライトは、次から次へと「デスノート」に名前を書き犯罪者の処刑を行います。

      犯罪者が次々と命を落としていったことで、世間はこの救世主を「キラ」と呼び、崇めるようになるのでした。

      そのノートの力を得て嬉々とするライトは、デスノートの所有者である死神「リューク」と出会います。

      「死神が見えるのはデスノートに触れた者だけ」、「所有権を放棄すれば記憶が消される」ことをリュークから告げられます。

      その後、警察ではキラが手をかけたとされる一連の事件を捜査していました。

      ライトの父であり捜査本部長である夜月総一郎は、迷宮事件を何度も解決する「L」と接触することに成功します。

      殺人で世直しを目論むライト、殺人鬼の悪行を止めようとするL。天才的頭脳を持つ二人の戦いが始まるのでした。

       

      夜神月役は、「バトル・ロワイアル」(2000年)で主役を務めた演技派俳優の藤原竜也さんです。

      また、L役の松山ケンイチさんはこの映画で有名俳優の仲間入りを果たし、その後「ノルウェイの森」(2010年)「うさぎドロップ」(2011年)で主演を務めるなど活躍していきます。

      原作のストーリーをそのままにキャラクターも忠実に再現されています。

      藤原竜也さんの熱演にも見入ってしまいますが、特に松山ケンイチさんの仕草や雰囲気は、漫画のLそのもので非常にハマり役です。

      「名前を書くときは顔が頭に入っていないと効果がない」、「死因を書かないと心臓麻痺になる」などノートのルールが細かく設定されており、トリックに矛盾がないので、二人の繰り広げる心理戦はとても見ごたえがあります。

      内容が壮大で、2時間弱では収まらないボリュームとなっております。こちらを観た後は、ぜひ後編も観ることをオススメします。

      キャストとスタッフ

      映画『DEATH NOTE デスノート』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 夜神月:藤原竜也
      • L / 竜崎:松山ケンイチ
      • 南空ナオミ:瀬戸朝香
      • 秋野詩織:香椎由宇
      • レイ・イワマツ:細川茂樹
      • 夜神幸子:五大路子
      • 夜神粧裕:満島ひかり
      • 宇生田:中村育二
      • 松田:青山草太
      • 模木:清水伸
      • 相沢:奥田達士
      • 佐波:小松みゆき
      • 松原:中原丈雄
      • 佐伯警察庁長官:津川雅彦
      • バス運転手・佐々木:田中要次
      • 恐田奇一郎:皆川猿時
      • 渋井丸拓男:顔田顔彦
      • 日比沢有介:渡来敏之[3]
      • リューク(声):中村獅童(特別出演)
      • 弥海砂:戸田恵梨香
      • ワタリ:藤村俊二
      • 夜神総一郎:鹿賀丈史
      詳細を見てみる

      主人公の夜神月を演じる藤原竜也さんは、1982年5月15日生まれで埼玉県秩父市の出身で、現在はホリプロに所属しています。

      1997年に開かれた舞台『身毒丸』主役オーディションでグランプリを受賞し、俳優デビューを果たします。

      『身毒丸』のロンドンにあるバービガン・センター公演では「15歳で初舞台とは思えぬ存在感で天才新人現る」と賞賛されました。

      2000年には映画『バトル・ロワイヤル』の主役に選ばれ、2001年の『新・星の金貨』で初の連続ドラマ主演

      その後2011年には、ドラマ『遺恨あり 明治十三年 最後の仇討』で臼井六郎役を演じ、第37回放送文化基金賞演技賞を受賞しました。

      プライベートでは2013年5月に一般人女性との結婚を発表し、2016年6月には第一子の誕生を発表しています。

      L役を演じる松山ケンイチさんは、青森県むつ市の出身で1985年3月5日生まれです。

      俳優やモデルとして活躍されていて、現在はホリプロに所属。

       

      プライベートでは2011年に小雪さんと結婚、2012年には第一子、2014年に第二子、2015年に第三子と子宝にも恵まれていますね!

      スタッフ

      スタッフ
      • 原作:大場つぐみ、小畑健『DEATH NOTE』(集英社ジャンプコミックス刊)
      • 監督:金子修介
      • 脚本:大石哲也
      • 音楽:川井憲次
      • 製作指揮:高田真治
      • 製作:山路則隆、堀義貴、西垣慎一郎、平井文宏、北上一三、松本輝起、大澤茂樹
      • エグゼクティブ・プロデューサー:奥田誠治
      • プロデューサー:佐藤貴博、福田豊治、小橋孝裕
      • 企画:髙橋雅奈、佐藤敦
      • 撮影:高瀬比呂志
      • 照明:渡邊孝一
      • 美術:及川一
      • 装飾:山下順弘
      • 録音:岩倉雅之
      • 編集:矢船陽介
      • 助監督:山口晃二、井原眞治、大津是
      • 監督補:松枝佳紀
      • キャスティング:吉川威史
      • ラインプロデューサー:大塚泰之
      • CGプロデューサー:豊嶋勇作
      • CG:デジタル・フロンティア
      • オリジナル・サウンドトラック:「SOUND of DEATH NOTE」(バップ)
      • 配給・宣伝統括:ワーナー・ブラザース映画
      • 制作プロダクション:日活撮影所
      • 企画・製作:日本テレビ放送網
      • 製作:「DEATH NOTE」FILM PARTNERS(日本テレビ放送網、札幌テレビ放送、宮城テレビ放送、中京テレビ放送、広島テレビ放送、福岡放送、集英社、ホリプロ、讀賣テレビ放送、バップ、コナミデジタルエンタテインメント、松竹、日活)
      詳細を見てみる

      原作者である大場つぐみさんは、2003年に週刊少年ジャンプにて『DEATH NOTE』の読み切り作品が掲載されてデビューを果たしました。

      その後、この作品で連載デビューも果たし、2006年の連載終了後には再び小畑健さんとともに2008年~2012年まで『バクマン。』を連載。

      同じく原作者である小畑健さんは、新潟県新潟市の出身で1969年2月11日生まれです。

      1985年に『500光年の神話』で手塚賞に準入選、その後の活動では主に原作者と組んで活動をしています。

      1989年に連載デビューを果たし、代表作である『ヒカルの碁』では2000年に第45回小学館漫画賞を、2003年には第7回手塚治虫文化賞新生賞を受賞

      2006年には『DEATH NOTE』が日本のメディア芸術100選マンガ部門に入賞しました。

       

      監督をつとめる金子修介さんは、東京都渋谷区の出身で1955年6月8日生まれです。

      東京都立三鷹高等学校を卒業、その後東京都学芸大学教育学部を卒業。

      1995年に怪獣映画『ガメラ 大怪獣空中決戦』で第38回ブルーリボン賞監督賞と映画芸術誌邦画ベスト10で第一位を獲得しています。

      翌年には『ガメラ2 レギオン襲来』で第17回日本SF大賞を受賞。

      口コミ・感想・評価

      「DEATH NOTE デスノート」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもDEATH NOTE デスノートを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      最後まで気の抜けないハラハラしっぱなしな作品

      こんなノートがあったらあなたなら…?

      藤原竜也、松山ケンイチ、戸田恵梨香らが出演するこの映画。日常に近いようで非日常。藤原竜也演じる主人公・夜神月は、ある日死神が故意に人間界に落とした「DEATH NOTE(デスノート)」を拾う。頭脳明晰な人間と死神が繰り広げる、お馬鹿な私には到底先読み不可能なストーリーで、ずっとドキドキハラハラでした。デスノートにまつわるいろいろなルール、デスノートを使い新世界の神になるという欲望のために、恋人になりたいという弥海砂など躊躇なく周囲の人間を巻き込み利用していく月、そんな月を暇潰し程度にと観察を続ける死神リューク。この物語は、「もしも自分がそんなに恐ろしいノートを手にしたらどうするだろうか?」、「身近にそんなノートが実際に存在し、誰かが既に手にしていたら…」と考えさせられます。もしもあなたはデスノートを目の当たりにしたら、どのような行動を起こしますか?
      ももぴよ(20代・女性)
      詳細を見てみる

      わかりやすく面白い作品

      天才がデスノートを手にするとこうなるのか…

      原作は漫画です。漫画の実写ってけっこうハズレで批判が多いと思うのですが、デスノートシリーズは稀に見る成功作品だと言えると思います。死神のCGも鮮明で映像として違和感がありません。話も誰にでもわかりやすく進んでいくので難しい話が苦手な人にもオススメです。名前を書かれた者は死んでしまうというデスノート。それを手にした天才、主人公ライト。頭のいい人がデスノートを使うとこういう展開になってしまうのかーと考えさせられました。自分だったらどういう使い方するのかなあと思いました。死神デュークは見た目は怖いですが可愛いところもあり大好きです。今見るとライトの妹役に満島ひかりさんが出ているのがびっくりします。後半もあるので合わせて見て欲しい作品です。
      ゆき(20代・女性)

      キャラクター設定と展開が、とにかく面白く興味深い。

      今観ても古く感じないリアルなCG

      「DEATH NOTE デスノート」は、Lを演じた松山ケンイチの出世作として有名ですが、好演していたのは、夜神月演じる藤原竜也です。見るからに好青年役がはまり役だったのですが、実は、死神リュークと取引してデス・ノートを入手し、その正義感故に大量殺人を続けていく主人公の姿が哀しくもありました。今から15年以上前に製作したCGなのに、まったく不自然に見えないリュークの姿は、技術ではなくて表現であることに、原作漫画の存在の大きさがわかります。この作品は、感動はあまりしませんが、とにかく面白く興味深いです。何か狂った倫理観の怖さといったものも伝えており、いけないものはいけないということをやんわり伝えています。死神の存在も、怖い、悪いばかりでなくユニークであることも特徴です。
      marurun(50代・女性)

      面白い作品として心に残ると思います

      このストーリー作った方は天才

      デスノートを拾った事により藤原さんが演じる主人公のライト君は人生変わってしまいましたね。でも、私も最後どうなってもいいから、このデスノートが欲しいと思ってしまいました。この作品の主要アイテムであるデスノートを考えストーリーを作った作家さんは神です!このノートを利用した絶妙なエルとライトの頭脳バトルが最高です。私はデスノートは漫画も全部読んでおります。イケメンなライト君役を藤原竜也さんが演じていらっしゃいましたが、ちょっとおかしな部分があるライト君もよく再現なされています。エル役の松山ケンイチさんも変わり者のエルを上手に演じています。面白い作品なので、実力派俳優さんが主演で良かったです。デスノート、皆に観てもらいたい良い映画です。
      にこ(40代・女性)

      人の命とは何かを考えさせられる作品です

      こんなノートを持っていても使えない…

      映画『DEATH NOTE デスノート』、タイトルから予想出来るように怖いノートの話しです。実際にデスノートをもらったとしても自分には使えません。もし、何のためらいもなく使えるような人がいたら、すでにどこか壊れてしまっている人だと思います。この英語を見ていて、「もし自分だったらどうするか」と考えない人はいないでしょう。とにかく見ていてハラハラするような映画が好きな人にはおススメな映画です。人間の汚い部分に焦点をあてた作品であるとも思いますが、出て来る登場人物がそこら辺に普通にいるような人たちばかりで、もしかしたらすでにこの世の中がおかしくなってしまっているのではないかと疑ってしまうくらい自然な世界観の映画です。
      すぎ(40代・男性)

      本当の悪が何なのか考えてしまう映画

      かなりぶっ飛んだ設定

      漫画が原作の映画ですが、原作を読んでいなくても楽しめると思います。原作はかなり長いのですが、ストーリーをかなりうまくまとめているので違和感なく観ることができます。名前を書かれたら死んでしまうノートを巡り、人間同士が色々な策略を巡らせて頭脳戦を繰り広げるのですが、その頭脳戦がどうなるのかが面白いです。また、主人公の倫理観がとにかく普通とはかけ離れているところが、むしろ観ていてすっきりします。世界を良くするためにノートを使って悪人全てを殺してしまおうという考え方の持ち主なので、とにかく設定がぶっとんでいます。原作本を知らない人は、かなり驚く設定かもしれませんが、人間の倫理観などについても深く考えさせられる作品だと思います。
      ふう(30代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『DEATH NOTE デスノート』とあわせて、『DEATH NOTE デスノート』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      デスノートのシリーズ作品
      瀬戸朝香のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『DEATH NOTE デスノート』のまとめ

      DEATH NOTE デスノートのフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

      超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \31日間無料トライアルで完全無料/

      ※無料期間中の解約で→0円。

      ※本ページの情報は2020年2月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。