佐川急便港営業所はどこでコロナ感染60代男性配達員は誰?自宅入院先病院は?行動歴感染経路は?名古屋市港区

3月9日、愛知県名古屋市港区の佐川急便港営業所の60代男性配達員が新たに新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

港営業所は業務を停止しているとのこと。

「佐川急便港営業所はどこでコロナ感染60代男性配達員は誰?行動歴感染経路は?名古屋市港区」と題し、詳細を確認していきます。

愛知県名古屋市港区の佐川急便港営業所の60代男性配達員が新たに新型コロナウイルスに感染!

3月9日、愛知県名古屋市港区の佐川急便港営業所の60代男性配達員が新たに新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

報道によると、行動歴や感染経路・症状などは以下のとおり。

  • 3月7日 出社時に37.5度の発熱、医療機関を受診
  • 3月8日 新型コロナウイルス陽性

佐川急便の港営業所は3月8日の夜から業務を停止し、業務スペースやトラックなどの消毒作業を実施しているとのこと。

男性の配達区域は名古屋市昭和区のようです。

詳しい勤務内容については発表されていませんが、おそらく名古屋市昭和区全域に配達に行っていたんでしょうね。

佐川急便は営業所の職員の他、配達先の顧客も含め濃厚接触者の調査を進めているとのことです。

佐川急便港営業所の60代男性配達員は誰で自宅はどこ?

今回感染が確認された佐川急便港営業所の60代男性配達員について、現時点で判明している情報をまとめます。

名前:不明
年齢:60代
住所:不明
職業:佐川急便港営業所の宅配協力会社社員

現時点では、男性の居住地は発表されていないようです。

風評被害や個人情報、人権の観点から、これ以上の詳細な情報は公開される可能性は低そうですね。

報道によると、男性の家族に新型コロナウイルスの感染者がいるようです。

身内に感染者がいるということは、男性自身も濃厚接触者として自宅待機となるのではなかったでしょうか?

この辺りについては、今後新たに発表されるかもしれませんね。

新しい情報が入り次第、更新していきます。

佐川急便港営業所の60代男性配達員の入院先の病院はどこ?

今回感染が確認された佐川急便港営業所の60代男性配達員の入院先の病院はどこでしょうか?

入院しているかどうか、また入院先の病院の発表はありませんが、感染症指定医療機関の可能性が高そうですね。

愛知県内の感染症指定医療機関について、詳細はこちらの記事にまとめています。

名古屋市内であれば、

  • 名古屋第二赤十字病院
  • 名古屋市立東部医療センター

などの医療機関がありますが、名古屋では感染者が急激に増えているため、市外の病院である可能性もありそうですね。

佐川急便港営業所の場所はどこ?

今回感染が確認された60代男性配達員が勤務する佐川急便港営業所の場所はどこでしょうか?

佐川急便港営業所の情報についてまとめます。

住所:〒455-0064 愛知県名古屋市港区本宮町2-35-1
電話:052-652-9111

ネットの反応

まとめ

「佐川急便港営業所はどこでコロナ感染60代男性配達員は誰?行動歴感染経路は?名古屋市港区」と題し、詳細を確認していきました。

今回感染が確認された男性は佐川急便の配達員ということで、ネット上では物流機能のマヒを心配する声も上がっていました。

病院や警察署、区役所や保育園など、いろんなところで影響が広がってきていますね。

いつ新型コロナウイルスが収束するのか本当に不透明ですね・・・。