\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「暗黒女子」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「暗黒女子」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「暗黒女子」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『暗黒女子』ってどんな作品?

映画『暗黒女子』は秋吉理香子さんのミステリー小説が原作です。

ミッション系の女子高を舞台に、憧れの存在だったある女子生徒の不可解な死を巡って、疑いの目を向けられた文学サークルのメンバーらが朗読を用いて、犯人に迫っていく物語。女子高生同士の壮絶な騙し合いが繰り広げられます。

原作の小説は「イヤミス」と呼ばれています。「イヤミス」というのは「読んで嫌な気持ちになるミステリー」のことです。この原作も相当に読んだ後嫌な気持ちになるそうです。

美しくも闇を抱えた少女たちをめぐるミステリー『暗黒女子』のフル動画無料視聴方法、あらすじや感想評価をご紹介します。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「暗黒女子」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「暗黒女子」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【11月26日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

『暗黒女子』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

暗黒女子の動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「暗黒女子」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年3月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpdTVの4つのサービスで「暗黒女子」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「暗黒女子」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本も無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「暗黒女子」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『暗黒女子』の作品情報

      基本情報

      作品名暗黒女子
      原題
      原作秋吉理香子
      制作年2017年
      製作国日本
      制作会社(配給会社)「暗黒女子」製作委員会、東映、ショウゲート
      公開年(公開日)2017年4月1日
      上映時間(話数)105分
      公式サイトhttps://www.toei.co.jp/movie/details/1208165_951.html
      公式Twitterhttps://twitter.com/ankoku_movie
      公式Facebookhttps://www.facebook.com/ankokumoviejp/
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      映画『暗黒女子』は、2017年4月1日に公開された作品です。

      原作は、「雪の花」「絶対正義」の著者でも知られる秋吉理香子さんのミステリー小説となっています。

      ミッション系の女子高・聖母女子高等学院を舞台に、生徒たちの憧れの存在であった白石いつみの不可解な死を巡り、疑いの目をかけられた文学サークルのメンバー達が朗読で犯人と思わしき人物を告発していくというストーリーです。

       

      由緒正しいミッション系の女子高である聖母マリア女子高等学校、通称・聖母マリア女子学院は、お金持ちのお嬢様ばかりが通う学校です。

      1学期の最後となったこの日、学院の文学サークルの定例会が催されていました。

      毎年恒例の定例会では、闇鍋をして自作の小説の朗読会が開かれます。

      闇鍋に使われる食材は各々の持ち寄りで、冷蔵庫に入れておくことになっています。

      それを鍋奉行であり、朗読会の司会進行役である澄川小百合が、鍋の中へと投入していくのです。

      もちろん鍋の中身を知っているのは小百合のみ。

      闇鍋の時は、朗読会の終了まで不要な発言は禁止されていました。

      その間は、司会進行役の小百合のみが話し、他は自作の朗読だけが許可されています。

      小百合は皆が闇鍋を食べ終えたことを確認すると、あらかじめ皆に伝えてあったテーマ「白石いつみの死」の自作小説の朗読会を始めると声を掛けます。

      白石いつみは、学院の経営者の娘であり学院の誰からも憧れ、慕われる存在でした。

      しかし、彼女は1学期の途中に屋上のテラスから謎の転落死を遂げています。

      そんな彼女の手には、何故かスズランの花が握られていたのでした。

       

      W主演には、学院の経営者の娘にして全校生徒の憧れの存在・白石いつみ役を飯豊まりえさんが、いつみから文学サークルの会長を引き継いだ親友・澄川小百合役を清水富美加さんが、それぞれ演じています。

      また、『花咲くいろは』『凪のあすから』といった数々のヒットアニメを手がけた岡田麿里さんが、実写映画の脚本を初めて担当しました。

      W主演のお二人の他にも、清野菜名さん、小島梨里杏さん、玉城ティナさん、平祐奈さんなど、個性豊かな美の共演が作品を彩ります。

      嫌な読後感を抱くミステリーを指す“イヤミス”界に旋風を巻き起こした原作を忠実に再現し、女性特有のドロドロな感情を丁寧に描き上げたうえ、美しさも表現された「新感覚」とも言える作品に仕上がった本作。

      驚愕のラスト24分」のキャッチコピーも納得の最後まで目が離せないストーリー展開も健在で、ミステリー好きの方や、ちょっと刺激が欲しい方、新感覚の作品に出合いたい方にはおススメの作品です!

      キャストとスタッフ

      映画『暗黒女子』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • 澄川小百合:清水富美加
      • 白石いつみ:飯豊まりえ
      • 高岡志夜:清野菜名
      • ディアナ・デチェヴァ:玉城ティナ
      • 小南あかね:小島梨里杏
      • 二谷美礼:平祐奈
      • 升毅
      • 北条先生:千葉雄大
      • 唐田えりか
      詳細を見てみる

      清水富美加さんは、2015年連続テレビ小説『まれ』にて、ヒロインの同級生・蔵本一子を演じ、一躍知名度を上げました。演技力の高さには定評があります

      この投稿をInstagramで見る

       

      ソン・ヨンソン(@dlfqhsdj125)がシェアした投稿

      しかし、2017年、芸能界の引退を宣言し、幸福の科学での活動に専念するという報道され、名前を法名の千眼美子に改名しました。

      飯豊まりえさんは、2008年、「avex kids×ニコ☆プチ公開モデルオーディション」で応募者800人から選出され、グランプリを受賞。『ニコ☆プチ』、『nicola』、『Seventeen』などの専属モデルとして活躍しました。また、グラビアアイドルとしても活動しています。

      この投稿をInstagramで見る

       

      飯豊まりえ(@marie_iitoyo)がシェアした投稿

      女優としては、『S-最後の警官』に出演し「新垣結衣似の美少女」として話題となりました。『居酒屋ふじ』、『白い巨塔』などコンスタントに出演しています。今後の活躍が楽しみですね。

      清野菜名さんは、元々はモデルでしたが、女優への転身を決意。『TOKYO TRIBE』のオーディションで、アクションシーンを園子温監督に絶賛され、急遽ヒロイン役に抜擢。体当たりの演技で一躍脚光を浴び、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞しました。

      この投稿をInstagramで見る

       

      清野菜名(@seinonana)がシェアした投稿

      『トットちゃん』の黒柳徹子役や、『半分、青い』でヒロインの親友役などで、今注目を集める人気の若手女優のひとりです。

       

      映画の最後の方に唐田えりかさんも出演されていたようです。

      本作ではメインの役どころではなかったため注目されていませんでしたが、東出さんとの一件があってから「この作品にも出てたの?」と注目を集める結果となったようです。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:耶雲哉治
      • 原作:秋吉理香子
      • 脚本:岡田麿里
      • 企画:松本整、明石直弓
      • プロデュース:松本整、明石直弓
      • エグゼクティブプロデューサー:柳迫成彦
      • プロデューサー:大畑利久
      • アソシエイトプロデューサー:小松重之、宮城希
      • ラインプロデューサー:佐藤幹也
      • 撮影:中山光一
      • 照明:松本憲人
      • 録音:竹内久史
      • 整音:竹内久史
      • 美術:松塚隆史
      • 装飾:有村謙志
      • スタイリスト:櫻井まさえ
      • ヘアメイク:酒井夢月
      • 編集:日下部元孝
      • 音楽:山下宏明
      • 主題歌:Charisma.com
      • 助監督:北川博康
      • 制作担当:和氣俊之
      • VFXプロデューサー:赤羽智史
      • 音楽プロデューサー:緑川徹、濱野睦美
      詳細を見てみる

      監督の耶雲哉治さんは在学中より自主映画を撮影。東京学生映画祭グランプリ、JCF学生映画祭グランプリなどを受賞しました。

      大学卒業後、CMディレクターとして活動を開始し、日本全国の映画館で上映され続けている、映画上映時のマナーを促すCM「NO MORE 映画泥棒」の監督として知られています。みなさん、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

      初の長編映画監督作は『百瀬、こっちを向いて』。映画、ドラマ、ドキュメンタリー、バラエティ、グラビアなど、幅広いジャンルで活躍しています。

      脚本の岡田麿里さんは、漫画原作、ゲームシナリオ、CDドラマの脚本などを経て、『フラクタル』、『花咲くいろは』、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』などのアニメの脚本と構成を手掛けました。

      2017年以降、映画・ドラマの脚本も執筆するようになり、『惡の華』などの脚本を担当。

      また、自身の不登校時代を綴った自伝『学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまでを出版。実写ドラマ化される際には、自身で脚本を書いています。

      口コミ・感想・評価

      「暗黒女子」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも暗黒女子を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      腹黒女子が好きなヒトならハマれる作品。

      JKってコワイ!

      密室の暗闇で、お嬢様学校の文学部の面々が告発文じみた自作小説を朗読していく……この絵図だけで結構コワイ。はじめは現実離れした『乙女の園』の描写に「コレ、ついてけないかも……」と不安になりましたが、朗読会が始まると、めくるめく暗黒女子たちのどす黒い告白に、あーでもないこーでもないと散々惑わされ、ひっくり返ってオマケがつくラストに唖然となり、思った以上に楽しめました!文学部のメンバーを演じた役者さんたちもそれぞれハマッていて、特に主演の清水富美加さんは後の騒動を思うと、こう言っては悪いけどイチバン不気味でしたね(笑)原作は未読ですがイヤミスってクセになるかもしれません。それにしても、JKってコワイなあ(ガクブル)。
      KENTA(30代・男性)
      詳細を見てみる

      女性のドロドロした学園映画

      原作を忠実に再現されていました。

      原作を忠実に再現されていて細かいところまで気を使った演出が度々あったりなどとても好感をもてる作品になっており、ちょっとハラハラさせるような内容になっていますが内容の軸としてはキリスト教を展開されているお嬢様系の学校の文系部活においてストーリーが進んでいくちょっとサスペンス系な要素がある作品になっていました。若い女性達の普段は明るい部分と裏のちょっと怖いというかダークな部分を見事に描いている内容で推理していくのもよし女性に注目して観るのもよしといった男性からしても女性からしても楽しめる作品になっています。ただ気になったのはストーリー的にはすごくおもしろいのですが出演者の演技力が全体的にぎこちないという安定感のなさから評価を3としました。
      GJA(30代・男性)

      人間の怖さを堪能出来る作品

      結末が最後まで読めないです

      お嬢様が通う女子高の文学サークルが舞台となっています。上品で穏やかな感じで始まるので、蛇足が多いのかなと予想しながら視聴しましたがとんでもないです。蛇足どころか、どんどんお話に呑み込まれ、引きずり込まれていく面白さがあります。サークルメンバー各々がそれぞれ小説を朗読しつつ物語が進んでいくのですが、小説のテーマは『前会長である白石いつみの死』という重いものです。個々人それぞれが違った側面、切り口(時には嘘)で書かれているので視聴者側は真相になかなか辿りつけません。むしろそれが楽しめる映画と言えると思います。このサークルでは小説を朗読しながら闇鍋を楽しんでいるのですが、ラストのあたりでその中身の正体を知った時にまさに『暗黒女子』のタイトル通りだなと納得させられる傑作です。
      ソウカ(30代・女性)

      可愛らしい女性が出てくるイヤミス

      清水富美加の代表作

      お嬢様学校で文学サークルで朗読会を行なっているという設定。お上品な集まりのように話は進んでいきますが、タイトル通り人間の嫌な暗黒な本性が見えてきます。純粋を装っているが次々と裏の顔が明らかになっていき秘密を明かされていく展開には目が離せません。清水富美加が恐らく今作のような役が嫌で芸能界を辞めたと言われているほどの話です。若手女優6人が集まっている話題作だが、役得もあるが清水富美加が間違いなくMVPである。ネタバレになるのでラストのオチは言えないが驚愕のラスト24分と宣伝されているように、可愛らしい女性ばかり出る話だが、かなりグロテスクな内容で人によっては嫌悪感を持ってしまう内容です。原作を読んでみたい!
      とりしょうぐん(30代・男性)

      嫌な気分になるのになぜか観るのがやめられない作品

      まさに暗黒…

      いわゆる、読んだ後に嫌な気分になるミステリー(イヤミス)が原作の今作。お嬢様学校の中でも特別な一部の許された少女たちだけで戯れる花園。用意された舞台にまず目を奪われ、心揺り動かされる。女性なら憧れたことがある世界が、そこにはある。しかし、そこは恐ろしいところだった。誰が真実を話し、誰が嘘をついているのか。本当にそこに「真実」は存在するのか。少女たちは誰もが可憐で秘密を抱えて隠し、疑心暗鬼になり、誰も信じられなくなる。うつくしく見えていた世界が、一転して醜いものになる。その落差が激しくめまいを覚えるほどだ。この作品を観た男性は、女性が怖くなるのではないだろうか。女性特有のドロドロとヘドロなような感情をこれでもか、とけれどうつくしく表現しているので目が離せない。今は引退してしまった清水富美加の演技も抜群。
      おこちゃ(30代・女性)

      美しい女子高生たちの殺人ミステリー

      新感覚の女子高生殺人ミステリー

      心の中では人間はこんな風になってはいけないと思いつつ、でも人間の本性を見せているかのような、興味深い作品だったと思います。みんなの女神のような存在で合った彼女が誰になぜ殺されてしまったのか、真実が追及されていく中で彼女たちの様々な悪事が明らかとなる場面は圧巻でした。ミステリーがたくさん詰まっていますので、ミステリー好きにはたまらない作品だと思います。1分たりとも目が離せない映画です。驚きが止まりません。結末のどんでん返しもちょっと怖いけど、素敵でした。殺人ミステリーの映画なのに、美しさがある今までにない不思議な映画だったと思います。こういう映画を見ない方でも、刺激がちょっとほしいという方や新しい作品に出会いたい方はきっと楽しむことができると思います。
      なな(20代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      https://twitter.com/yura_1019n/status/1236721536972632065

      https://twitter.com/jb____jyo/status/1236228243805462528

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『暗黒女子』とあわせて、『暗黒女子』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      清水富美加のおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『暗黒女子』のまとめ

      「暗黒女子」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      本作を楽しむダントツオススメな動画配信サービスは『U-NEXT』でしたね!

      超お得なこの無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性もあります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてくださいね♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \31日間無料トライアルキャンペーン中/

      ※無料期間中の解約で→0円。

      ※本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。