三重県桑名保健所管内コロナ感染の70代男性は誰で何市のどこ住み?病院は?行動歴や感染経路は?

三重県桑名保健所管内に住む70代男性が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客で、一度は陽性と診断されその後回復し退院していましたが、再び感染したようです。

新型コロナウイルスの再感染の報道もこれで何度目でしょうか・・・。

感染力が強いうえに、再発する可能性があるというのは、本当に嫌になってしまいますね。

「三重県桑名保健所管内コロナ感染の70代男性は誰で何市のどこ住み?行動歴や感染経路は?」と題し、まとめてみたいと思います。

三重県桑名保健所管内に住む70代男性が新型コロナウイルスに感染!10日後に再感染!?

三重県桑名保健所管内に住む70代男性が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

報道によると、行動歴や感染経路、症状について、

  • 2月14日 クルーズ船でのウイルス検査で新型コロナウイルス陽性、東京都内の医療機関に入院
  • 3月2日 陰性の診断のため退院
  • 3月12日 39度の発熱や倦怠感
  • 3月13日 医療機関を受診、入院
  • 3月14日 新型コロナウイルス陽性

とのこと。

男性は現在三重県内の感染症指定医療機関に転院し、治療を受けているようです。

70代と高齢のうえ、3月12日には39度の発熱が出ているため、本当に容体が心配ですね。

新型コロナウイルスに関しては、これまでもいくつか再発の事例があり、先月時点で中国でも事例が報告されていました。

可能性としては再発のリスクは低いのでしょうが、やはり高齢者の方がリスクは高いのでしょうか??

ウイルス検査ではわからないほどのウイルスが体内に残っており、それが日が経つにつれてまた増えていくんだそうですね。

そうなると、完全にウイルスを殺傷できる免疫力もしくは治療薬が開発されない限り、再発のリスクは残り続けるのでしょうか・・・。

男性は3月2日に退院したあとは、公共交通機関を利用して三重県内の自宅に帰宅されたようですが、詳細については発表されていません。

三重県桑名保健所管内に住む70代男性は誰で何市のどこ住み?職場は?

今回感染が確認された三重県桑名保健所管内に住む70代男性の情報についてまとめます。

名前:不明
年齢:70代
住所:三重県桑名保健所管内
職業:不明

居住地は「三重県桑名保健所管内」であることが発表されています。

風評被害や個人情報、人権の観点から、ここまでの公表なのかもしれませんが、せめて何市くらいは教えて欲しいですよね・・・。

三重県桑名保健所管内というと、

  • 桑名市
  • いなべ市
  • 桑名郡 木曽岬町
  • 員弁郡 東員町
  • 三重郡 菰野町
  • 三重郡 朝日町
  • 三重郡 川越町

が管轄になるようです。

広いですね・・・。

三重県桑名保健所管内に住む70代男性の入院先の病院は?

今回感染が確認された三重県桑名保健所管内に住む70代男性の入院先の病院はどこでしょうか?

現在は、県内の感染症指定医療機関に入院しているそうです。

三重県内で感染症指定医療機関に指定されており、感染症病床を有している医療機関は以下のとおり。

  • 伊勢赤十字病院
  • 三重県立総合医療センター
  • 市立四日市病院
  • 独立行政法人国立病院機構 三重病院
  • 独立行政法人国立病院機構 三重中央医療センター
  • 松阪市民病院
  • 伊勢赤十字病院
  • 紀南病院組合立 紀南病院

これらのいずれかに入院している可能性が高そうです。

男性が最初に受診した医療機関も気になるところですね。

院内感染が起きてなけれいいのですが。

新しい情報が入り次第、更新していきます。

ネットの反応

まとめ

「三重県桑名保健所管内コロナ感染の70代男性は誰で何市のどこ住み?行動歴や感染経路は?」と題し、まとめてみました。

今回の男性の感染については、ネット上では「再感染」以外にも「PCR検査の精度の問題では?」という声もあがっていました。

確かに、その可能性もあるのかもしれませんね。

いずれにせよ、一度は陰性だと診断された方が再度発症したり陽性と診断されたりするため、その間にも感染が拡大する可能性があることが怖いですね・・・。