大泉町「ましも内科・胃腸科」の場所はどこ?70代医師がコロナ感染で重症

群馬県大泉町の「ましも内科・胃腸科」70代男性医師が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

医師は症状が出た後も診察を続けており、現在重症とのことです。

現時点で67人もの濃厚接触者がいらっしゃるようで、さらなる院内感染が心配ですね。

「大泉町「ましも内科・胃腸科」の場所はどこ?70代医師がコロナ感染で重症」と題し、詳細をまとめてみたいと思います。

大泉町「ましも内科・胃腸科」の70代男性医師が新型コロナウイルスに感染!

群馬県大泉町の「ましも内科・胃腸科」70代男性医師が新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

報道によると、行動歴や感染経路、症状について、

  • 3月4日 微熱やせきの症状
  • 3月13日 強いけん怠感と息切れ
  • 3月14日 新型コロナウイルス陽性

とのこと。

男性医師の症状は重症とのことで、現在集中治療室で治療を受けているようです。

男性医師は3月4日に症状があらわれてから3月11日まで、外来や往診で患者と接していたとのこと。

この診療所では男性医師のほかにも看護師の方も感染が確認されていて、群馬県は院内感染の可能性が高いと見ているようです。

この男性医師の濃厚接触者として、職員や患者を合わせて67人にのぼると見られていて、県が急ぎ健康状態などの調査を行っています。

男性医師は妻と同居していて、妻の感染も確認されているようです。

これが一番恐れている院内感染でしょうか。

医師が感染となると、医療機能は完全に停止してしまいます。

濃厚接触者が現時点で67人もいらっしゃるようで、感染が広がらなければ良いのですが・・・。

大泉町「ましも内科・胃腸科」の場所はどこ?

今回感染が確認された男性医師の勤める病院は「ましも内科・胃腸科」であることが発表されています。

住所:〒370-0518 群馬県邑楽郡大泉町城之内1丁目4−1
電話:0276-62-2025


ネットの反応

まとめ

「大泉町「ましも内科・胃腸科」の場所はどこ?70代医師がコロナ感染で重症」と題し、詳細をまとめてみました。

おそらく医師としての責任感や人手不足などもあり、発症後も診断を続けられていたのかもしれないですね。

現時点で67人の濃厚接触者がいるとのことですが、さならなる院内感染が発生せず、男性医師も回復されると良いですね。