\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「2012」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「2012」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「2012」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『2012』ってどんな作品?

2009年に公開された映画、『2012』。

古代マヤ人が2012年の冬至ごろに訪れると予想した、人類滅亡に関するいくつかの伝説をもとに製作されました。

地球滅亡を前に、なす術もない人々が巨大な自然災害から必死に生きようと逃げ惑う姿やドラマが見事に描かれています。

パニック映画の第一人者と呼ばれるローランド・エメリッヒ監督が手がけた本作品は、見事な映像技術で第15回放送映画批評家協会賞で視覚効果賞にノミネートされ、累計興行収入は38億円の大ヒットを記録。

大地震・大噴火・津波など最新CG技術による映像は見ているこちらが画面に飲み込まれそうになるほどの迫力は圧巻です。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「2012」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「2012」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【12月23日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「2012」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『2012』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

2012の動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「2012」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額933円
×
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
14日間無料
月額925円
30日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年3月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpdTVの4つのサービスで「2012」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「2012」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「2012」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『2012』の作品情報

      基本情報

      作品名2012
      原題2012
      原作
      制作年2009年
      製作国アメリカ
      制作会社(配給会社)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
      公開年(公開日)2009年11月21日
      上映時間(話数)158分
      公式サイト
      公式Twitter
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      2009年に公開された、2012年人類滅亡説をモチーフにした映画『2012』です。

      地球内部が過熱され流動化が進む地球で、古代マヤ文明が予想した2012年冬至に訪れる『人類滅亡』を乗り越えようとする人類の様子を描いたスペクタクル・パニック・ムービー。

       

      2009年。地質学者のエイドリアンが、インドの科学者サトナム博士の元を訪れると『ニュートリノが新しい核物質に変化した』『過去最大の太陽フレアが起きた』などの重要な変化があったことを教えられます。

      エイドリアンはアメリカに帰国し、大統領補佐官のアンバイザーに資料を渡すと、資料を見たアンバイザーはエイドリアンを大統領と面会させました。

      2010年。コロンビアで開催されるG8でアメリカ大統領は『人類は近いうちに終末を迎える』と各国の首脳へ説明します。

      そして、チベットでは政府の計画のため技術者が選ばれ、フランス・パリではモナ・リザの絵が偽物と交換されました。

      一方アメリカのカリフォルニアでは、タクシー運転手で売れない作家でもあるジャクソンが、子供たちをキャンプへ連れていこうと迎えに来ていました。

      ジャクソンには、離婚した妻ケイトとの間にノアとリリーという2人の子供がいますが、普段はケイトの恋人で整形外科医のゴードンと暮らしています。

      街ではあちこちで地割れが起きていますが、人々は気にしていません。

      子ども達とジャクソンがイエローストーン国立公園へつくと、チャーリーという男がラジオから『地割れや噴火』について話す声が聞こえてきました。

      その頃、エイドリアンと大統領は『ノアの方舟』計画について話し合っていました。

      ジャクソンたちが着いたイエローストーンは、ホットゾーンと呼ばれる危険な状態になっていて軍に保護されます。

      状況説明のため、ジャクソンたちの元を訪れたエイドリアンは、ジャクソンが作家だという事に気づきました。

      ジャクソンたちに説明を終えたエイドリアンの元に、『想定よりも早く地殻が崩壊する』とサトナムから連絡が入ります。

      そして、ジャクソンはチャーリーの元を訪れると、政府は宇宙船を建造中で富豪だけが乗船チケットを買える事と、2012年12月21日に世界が終末を迎えることを話すのでした。

      人類は未曽有の危機を乗り越えることができるのでしょうか。

       

      本作でメガホンを執ったのは『インディペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』などのディザスター(大規模災害)映画を得意としている、ローランド・エメリッヒ監督

      煙などのこだわりをVFXで表現するために新しいソフトを開発し、観る人を圧倒するような大迫力で『誰も見たことがないような映像』を実現しました。

      ジャクソンを演じたジョン・キューザックは、インタビューで『平凡な”物書き”のジャクソンだからこそ、共感できた』と語り、目の前の自然災害にも突き進んでいく父親役を好演しています。

      最新鋭のVFXで描かれる大迫力の地震や噴火、津波、洪水、地割れなど誰もが知る自然災害が、『人類の大半が命を落とす』災害につながっていくストーリーに引き込まれて、ハラハラドキドキあっという間に時間が過ぎてしまう映画となっています。

      キャストとスタッフ

      映画『2012』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • ジャクソン・カーティス:ジョン・キューザック(家中宏)
      • エイドリアン・ヘルムズリー博士:キウェテル・イジョフォー(中井和哉)
      • ケイト・カーティス:アマンダ・ピート(林真里花)
      • カール・アンハイザー:オリバー・プラット(石住昭彦)
      • ローラ・ウィルソン:タンディ・ニュートン(藤貴子)
      • トーマス・ウィルソン大統領:ダニー・グローバー(佐々木敏)
      • チャーリー・フロスト:ウッディ・ハレルソン(安原義人)
      • ゴードン・シルバーマン:トム・マッカーシー(清水明彦)
      • ノア・カーティス:リーアム・ジェームス(本城雄太郎)
      • リリー・カーティス:モーガン・リリー(諸星すみれ)
      • ユーリ・カルポフ:ズラッコ・ブリッチ
      • タマラ:ベアトリス・ローゼン
      • サーシャ:ヨハン・アーブ
      • フレデリック・ウェスト教授:ジョン・ビリングスレイ
      • テンジン:チン・ハン
      • ニーマ:オスリック・チョウ
      • ハリー・ヘルムズリー:ブル・マンクマ
      • トニー・デルガット:ジョージ・シーガル
      • マイケルズ船長:スティーブン・マクハッティ
      詳細を見てみる

      主演はジョン・キューザック

      この投稿をInstagramで見る

      yukko(@yu.c.bob)がシェアした投稿

      コメディやヒューマンドラマなどで演技が光る印象のジョン・キューザックですが、本作品の主演に抜擢された時は脚本を非常に気に入りオファーを受けたのだそう。

      彼の代表作は『アイデンティティー』や『ニューオーリンズ・トライアル』など、約50本もの作品に出演しており、そのジャンルはコメディからサスペンスまで様々です。

      劇団”New Criminals Theater Company”を主催しており、演出や脚本も手がけています。

      そんな彼の危機迫る演技は本作の見どころのひとつです。

      本作品でアメリカ合衆国大統領を演じたのは、ダニー・グローバー

      この投稿をInstagramで見る

      NollywoodMovies Review(@nollywoodmoviesreview)がシェアした投稿

      大学で演技を学び、ブロードウェイに進出しシアター・ワールド賞を受賞

      1979年公開『アルカトラズからの脱出』で映画デビューを果たし、1987年『リーサル・ウェポン』で助演として注目を集めた後キャリアを積み、『プレデター2』では主演も務めました。

      テレビドラマにも積極的で、日本でも大人気の『ER 緊急救命室』にも出演しています。

      最近では2019年公開のドゥウェイン・ジョンソン主演ジュマンジ/ネクストレベル』に出演しており、73歳になった今も話題作で彼を見かけることが多いですね。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:ローランド・エメリッヒ
      • 製作:ハラルド・クローサー、マーク・ゴードン、ラリー・フランコ
      • 製作総指揮:ローランド・エメリッヒ、ウテ・エメリッヒ、マイケル・ウィマー
      • 脚本:ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー
      • 撮影:ディーン・セムラー
      • 美術:バリー・チューシッド
      • 編集:デビッド・ブレナー、ピーター・S・エリオット
      • 音楽:ハラルド・クローサー、トーマス・ワンダー
      詳細を見てみる

      本作でメガホンを取ったのは、ローランド・エメリッヒ監督。(写真左)

      この投稿をInstagramで見る

      Roland Emmerich(@rolandemmerich)がシェアした投稿

      ドイツの映画監督で、1985年に彼の妹と”セントロポリス・エンターテイメント”を設立し、『デビル・ドール』を製作。

      インデペンデンス・デイ』や『デイ・アフター・トゥモロー』など数々の大作映画を送り出してきました。

      1998年の『GODZILLA』 では、興行収入約4億ドルを記録しました。

      彼の作品のアクションや災害シーンは圧巻でとても高い評価を得ていることで有名ですが、本作『2012』でも彼の持ち味が最大限に発揮されています。

      本作で描かれている地球滅亡という想像が容易ではなく誰も見たことのない情景は、地球温暖化が問題視されているこの世の中だからこそリアルでより身近に危機感や恐怖が伝わってきます。

      そんな危機迫る情景に欠かせない音楽を担当したのは、トーマス・ワンダー

      この投稿をInstagramで見る

      Kosh(@vorlonambassador)がシェアした投稿


      彼はオーストラリアの作曲家。

      デイ・アフター・トゥモロー』、『もう1人のシェイクスピア』や『ホワイトハウス・ダウン』など数々のテレビドラマや映画音楽を製作しています。

      2008年公開の『紀元前1万年』でBMIミュージック・アワードを受賞しています。

      映画のサウンドトラックを聴けばそのシーンが蘇ってくるほど、音楽は映画に欠かせない要素ですね。

      口コミ・感想・評価

      「2012」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそも2012を見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      男らしさをみたいならこれを見て下さい

      家族を守る男の愛

      マヤ歴の世紀末とされる2012年度をベースに話は設定されています。災難や天災に見舞われる地球は人類全体がパニックを起こしていました。ありがちな設定と言えばありがちですが面白いんです。地球全体がパニックに陥る中アメリカのカルフォルニアで暮らす一人の男ジャクソンが家族を守るために早々に立ち上がります。パニック状態の中でもストーリーの中でも善と悪や熱い友情や家族愛が大変よく表現されています。見ごたえのある映画だと思いました。思っていた以上にスケールも大きいので期待以上の映画でした。感動も受けました。この映画CGのクオリティーが大変よく良い評判を受けた映画です。見ていても映像がとてもリアルな感じもしました。
      ベジータ(30代・女性)
      詳細を見てみる

      地球を題材にした壮大な作品

      CGが迫力ありです。

      他の映画と比べて何よりもスゴいと感じたのはあらゆるシーンにおいてCGをたくさん使用している印象があり、映画全体で地球を題材にしているためか壮大なインパクトがあって次々と壊れていく様がリアルに描かれている内容になっています。最終的に生き残るのは本当にごくわずかの人たちだけで、しかもちょっと財力というか特殊な権力のあるものばかりでなんともいえない気持ちになりました。一つの作品としてみれば壮大感があり視覚的にメッセージみたいなものが伝わる作品にも感じられましたが、生きていくうえで我々がこれからどうしていくべきなのかあらゆるあり方みたいなものを改めて考えていくのが大切なことを、改めて感じられるような作品にも思えました。
      GJA(30代・男性)

      現代のノアの方舟伝説

      エンターテインメントの裏にある非情な現実

      地表にある人間の創った建造物が次々と壊れていく様がCGとわかっていてもその迫力に圧倒されます。前半から中盤にかけては手に汗握る場面の連続。特に主人公達一家がリムジンで空港を目指すパートはテンポよくスピーディで、短いながらもすごく印象に残りました。最大の見所は崩壊する地表と押し寄せる大洪水のCGであることは間違いありませんが、この作品はノアの方舟伝説がベースにあり、ノアが動物や職人を選んで舟に乗せたように、一部の人間だけが生き残る非情な選別を描いているところがポイント。しかもその選別規定が性別や能力、人格とは関係なく、お金を持っているかいないかというのがリアルに感じました。ですから、ラストはハッピーエンドではありましたが、選別から漏れた人、結果的に方舟に乗れなかった人々の姿が鑑賞後もしばらく頭から離れず、余韻としては複雑な気持ちが残ります。
      out(30代・女性)

      飽きずに見られる迫力のある作品

      迫力満点

      最後までハラハラドキドキ感満載でした!CGと分かっていてもリアル感があって実際こんな風に世の中は終わっていくのだと感じ想像すると怖くなってしまいました!近年実際に自然災害なども多いのでそんな風に感じたのかもしれません。家族の絆も考えさせられる作品だったと思います。もしも世の中の終わりが近づいたとしたらやはり一番大切なのは家族だと実感するのではないかと思いました。ノアの方舟に乗る権利が自分にあっても家族や大切な人と離れ離れになってまで乗ることは自分にとって本当に幸せだろうか?実際に自分がその立場になったらどうだろうか?と考えたりもしました。色んな事を考えさせられる作品ですが決して暗い作品ではないと思いますし老若男女が楽しめる作品だと思います。
      たっこ(40代・女性)

      エンターテイメントとして世界終末を体験できる作品

      臨場感のある世界終末

      マヤの世界終末予言を題材した映画で臨場感もあるリアルな映像で体験する世界終末は見ているだけ恐怖すら感じます。特に世界が滅亡しようかという時にもお金が強い影響をもちお金持ちは助かるがそうでない者は助けられないというのは現実にも起こりうる事だと感じます。映画の中では家族愛なども描かれ混乱の状況でも大事なものがなにか教えてくれる映画です。また崩壊して倒れるビルの合間を飛行機で潜り抜けるなど臨場感ある映像はエンターテイメントとして要素もあり見ていて飽きない作品でした。一番のお気に入りのシートは声でエンジンが掛かるシーンです。いかすかないお金持ちの親父が最初に見せた人らしく、それでいて少しお茶目なシーンです。
      mocyako(20代・女性)

      大迫力のディザスター映画。

      迫力がすごい。

      ディザスター系の映画でドラマの部分ははっきりいってあんまりなのですが、やはり、エメリッヒの映画は終末表現がダントツでいいです。一人預言者みたいなのが、山に立ち、みろ、世界の終わりだ的なことを言うのですが、そこが本当に世界の終わりだと思える画でした。隕石?マグマ?がバンバン落ちてきて森が焼け、穴ぼこだらけで逃げ場がない感じです。他にも地割れがひどくて、車で逃げてる人々もいっぱい亡くなるし、ほんと誰も助からないだろうなと思わされました。でも、やっぱりドラマの部分はひどいです。ノアの方舟って、そんな、選民みたいなことと思うし、結局金持ちが助かるのかなと思います。まあ、実際はそうだろうから、リアルちゃあ、リアルですがひどいです。
      マイ3(30代・女性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      https://twitter.com/nekmas_shorT/status/1127914067782320128

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『2012』とあわせて、『2012』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      キウェテル・イジョフォーのおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『2012』のまとめ

      「2012」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「2012」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【12月23日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。