\この作品を見るならココ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円

>>無料で今すぐ「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」を見たい方はコチラ(公式ページに移動します)<<

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のフル動画を無料で見る方法はないのかな~?
この記事では、「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のフル動画を、安心・安全に無料視聴する方法をご紹介します!

\作品の概要はコチラ/

映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』ってどんな作品?

大ヒット・カー・アクション・シリーズ『ワイルド・スピード』の第3弾。

アメリカで居場所を失い、日本で暮らすことになった高校生の主人公・ショーンが、仲間と出会い、「ドリフトレース」の世界で、ヒーローになる姿が描かれています。

舞台を東京に移し、公道を使った極限のバトルが展開され、北川景子さんや妻夫木聡さん、元レーシングドライバーの土屋圭市さんなど、日本人キャストも出演。

新宿や渋谷の街中で繰り広げられるカー・アクションは、とても格好よく、スカッとした気分になりたい方にオススメの映画です!

また、本作品は、2020年公開予定の『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』に繋がる、重要な回であったことも話題になりました。

そんな映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のフル動画配信をスマホで無料視聴する方法をご紹介します。

\さっそく結論から!/

結論からお伝えすると

「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のフル動画はU-NEXTで配信中!

U-NEXTなら31日間無料トライアル
「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」を無料で楽しむことができます。

さらに600ポイントもプレゼント!

登録・解約が簡単!なうえにいつでも解約OKなので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメ。

いつこのお得なキャンぺーンが変更・終了するかわからないので、お早めに!

\本日から【1月4日】まで無料!/

※無料期間中の解約で、0円。

\過去にU-NEXTを利用された方はコチラ!/

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

こちらも本編にてご紹介していきます。

『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の見逃しフル動画配信を無料視聴する方法

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTの動画配信状況

U-NEXTを含む国内の主要な動画配信サービス(VOD)について、「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」の配信状況をまとめましたのでご覧ください。

〇:無料視聴可、△:課金視聴、×:配信なし

配信サービス配信状況無料期間と月額料金
31日間無料
月額1990円
30日間無料
月額2417円
30日間無料
月額1780円
30日間無料
月額500円
14日間無料
月額933円
無料期間なし
月額800円
×
14日間無料
月額888円
31日間無料
月額500円
×
14日間無料
月額925円
15日間無料
月額562円
×
1か月間無料
月額960円
×
31日間無料
月額770円

2020年3月時点で、U-NEXTTSUTAYAディスカス/TVmusic.jpdTVTELASAの5つのサービスで「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」の無料視聴が可能です。

その中でも、以下の理由でU-NEXTがおススメ。

  • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
  • 「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」が見終わっても、無料トライアル中に業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
  • さらに、600円分のポイントで新作1本を無料視聴できる
「U-NEXTって聞いたことはあるけど、詳しくはよくわからない」という方のために、次の章でサービス内容について簡単にまとめてみました。

U-NEXTの概要・特徴・メリット・デメリット

U-NEXTは見放題作品数No.1

U-NEXTは、ドラマ、映画、アニメ、バラエティなど様々なジャンルの人気作品が「見放題作品数No.1」となる19万本が見放題で、さらに雑誌も80誌以上読むことができる動画配信サービスです。

U-NEXTには31日間無料トライアルも用意されているので、国内最大の配信コンテンツが見放題&読み放題!それがU-NEXTの最大の魅力です。

U-NEXTの概要や特徴、メリット・デメリットを簡単にまとめましたので、参考にしてみてください。

U-NEXT
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:31日間
  • 無料トライアルポイント:600ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:1,990円(税抜)
  • 通常会員ポイント:1,200ポイント(2か月目以降毎月もらえる)
  • 見放題作品数:19万本
  • 雑誌読み放題:80誌以上
メリット
無料期間が業界トップの31日間→無料で丸々1か月も楽しめる
無料期間中に600ポイントがタダでもらえる→最新作も(1本分)楽しめる
無料期間中に解約OK→気に入らなければ一切お金がかからず退会できる
2か月目以降は毎月1,200ポイントタダでもらえる→毎月新作2本以上が課金なしで楽しめる
1つの契約で最大4人でシェアできる→実質500円で利用できる
フルHD/4K&高音質対応→家でもリッチな動画鑑賞生活
マルチデバイス(テレビ、スマホ・タブレット、パソコン)対応→隙間時間なども有効活用できる
コンテンツのダウンロードOK→外出先でも通信容量を気にせず楽しめる
見放題作品数が業界ナンバーワンの19万本→観たい作品が必ず見つかる
動画コンテンツ以外にも80誌以上の雑誌や漫画・アダルトの読み放題サービスが充実
DVDレンタルと同じもしくはそれよりも早く、新作が視聴できる
NHKオンデマンドで大河ドラマや朝ドラなど700作品以上が楽しめる(NHKオンデマンドからの無料登録なら600→1,000ポイント
デメリット
月額料金が1,990円(税抜)と、ほかの動画配信サービスより高い

デメリットは「月額料金がほかの動画配信サービスより高い」というくらいですが、U-NEXTでは1つの契約で最大4人とシェアできるので、家族や友人とシェアすれば実質500円程度で利用できます。

それでも高いかどうか、あなたに合っているかどうかは、実際に31日間の無料期間を使い倒してみるのが良いと思います。

気に入らなければ好きな時に解約OKですので、まずはお気軽に体験してみるのがおススメです。

\見放題作品数No.1/

>>U-NEXT公式で31日間無料トライアルを体験してみる<<

 

さらに詳細については「U-NEXTの登録&解約方法をわかりやすく解説!メリット・デメリットもご紹介!」で詳しく解説していますので、気になった方はあわせてご覧ください。

U-NEXTの配信動画コンテンツ

U-NEXTで配信されている人気の動画コンテンツをご紹介します!

これらはほんの一部ですが、他にも多数の人気作品が配信されていますので、気になる作品はU-NEXT公式ページで確認してみてください♪

U-NEXTの口コミ

「U-NEXT」を利用する前に、口コミや感想・評判が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方のために、実際に「U-NEXT」を利用したことのある方の口コミを集めてみましたので、参考にしてみてください♪

実質月200円以下にもなる高コスパが嬉しい!

様々な動画配信サービスを登録してきましたが、『U-NEXT』が一番コスパが良いと感じました。ほかの動画配信サービスの料金が月1000円前後に設定されているなかで、『U-NEXT』は月1990円(税別)であり一見高額に見えます。しかし『U-NEXT』では一か月に1200円相当のポイントがもらえるため、実質的な負担額は790円となります。そのポイントの使い道も幅広く、例えば私はポイントを「NHKオンデマンド」との契約に利用して朝ドラを見放題にしています。さらにファミリーアカウントをつくることで4人まで同時視聴が可能になり、1アカウントあたりの金額は200円を切ります。ここまで高コスパなのに見放題作品数は14万本を超えており、見たい作品が多くあるのが嬉しいです。
平岸おん(20代・男性)
口コミのつづきを見る

最新作もすぐ見れる!

国内ドラマ中心にU-NEXTを利用しています。最新作の配信が早く見逃したドラマもいち早く視聴出来ます!最新作以外のドラマの配信数も非常に多く、過去のドラマをもう一度見たい!と思った時にも視聴出来ます。どの動画も見放題なので安心して視聴出来ます。アカウントを家族で共用出来るのでそれぞれが加入する必要もなく月額利用料のコスト削減にもなります。国内ドラマだけではなく、アニメ、映画の配信数も多くアニメ好きな子供、映画が好きな主人共々家族皆で楽しんでいます。
おおあき(40代・女性)

使い勝手も良く楽しい

新しい映画もポイント制ですぐに出してくれることや、古い映画もしっかりと揃っているからいいです。また、マイナーな映画もあって見たいものが全て見れます。ジャンルも細かくわけられていて、漫画なども見ることができるので最高のサイトです。テレビやパソコン、すまほなどたくさんのデバイスから見ることができるのでありがたいです。無料で子アカウントを多数作れるため親アカウントが管理しながら共有できるのがまた楽です。
すず(20代・女性)

観たい作品はだいたい揃ってる!

類似の他社サービスと比較しても作品数はかなり豊富なので、観たい作品は大抵見つかります。見放題だと人気のない映画が中心になりがちですが、U-NEXTは見放題でも話題作や人気のある作品まで見応えのある作品も多いです。検索方法もわかりやすく、人それぞれの趣向やその時々の気分に合った作品を探しやすいところも魅力です。家族でIDを複数持てるところも便利で、端末を変えて視聴したり観たい作品を一緒に選んだりする場面で活用しています。
おきくよめ(30代・女性)

最新の映画が見放題

最新の映画から、昔懐かしい映画まで幅広いジャンルの映画が揃っているため、飽きずに毎日動画を楽しむことができる。映画だけでなく、ドラマ、アニメ、子供向けなどコンテンツも多く、1人で、大人数でも楽しむことができる。また、1アカウントで3名まで登録でき、家族で共有もできる。動画をあらかじめダウンロードしておけば、通信環境がない場所、月末で残りギガが少ない時も、楽しむことができる。1980円と少々値段は高いが、画質も良く、最新の映画が見れるのは、映画好きには良い。
しょう(30代・男性)

ポイントで新作見れる!

U-NEXTは他の動画配信サービスに比べて金額が高いようにも感じますが、毎月1000ポイント近くポイントがもらえて、それで最新の映画やドラマ、アニメが見られるのでそこがいいところです。他の動画配信サービスではまだ配信されていない新作も配信されているのでポイントを使って見ることができます。漫画とかも見放題で見れるやつもあるので、漫画も動画も両方見たいという方には特にお勧めできます。アニメの配信数も多くていいです。
れおん(20代・女性)

U-NEXTの登録・解約方法

U-NEXTは登録も解約も90秒ほどで完了するので、とても簡単です。

不安な方にむけて、下記の記事で画像付きで解説していますので、参考にしてみてください♪

 >>U-NEXTの登録・解約方法を画像付きで確認する

過去にU-NEXTを利用された方へ

過去に一度でもU-NEXTに登録された方は、残念ながら31日間の無料お試しを再度利用することがでず、600Pも貰うことができません。

ただ、どうしても無料で「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」が観たい!という方には、U-NEXTの次にTSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ。

どちらも無料で観れるのでどちらでもOKですが、迷った方は作品数の多いTSUTAYAディスカス/TVから検討してみるのがおススメです。

以下に、サービスの概要を簡単にご紹介します。

TSUTAYAディスカス/TVの概要・特徴・メリット・デメリット

TSUTAYAディスカス/TVってどんなサービス?

TSUTAYAディスカス/TVは、レンタル専門店として認知度業界No.1のTSUTAYA が運営している宅配レンタル、動画配信サービス。

宅配レンタルサービスの「TSUTAYAディスカス」と、動画配信サービス「TSUTAYA TV」の2つのサービスが用意されていますが、2つを合わせたセットプランが業界トップレベルの30日間無料でお試しできます。

しかも新作映画2本分となる1,100ポイントの無料トライアルポイント付き!

作品数が無限と言っても過言ではない「TSUTAYAディスカス」(旧作は見放題)と、最新作がポイントで楽しめる「TSUTAYA TV」の2つのサービスのいいとこどり!が無料でお試しできるので、ぜひとも活用したいサービスです。

TSUTAYAディスカス/TV
サービス概要・特徴
  • 無料トライアル期間:30日間
  • 無料トライアルポイント:1,100ポイント
  • 無料トライアル期間内の解約:OK
  • 月額料金:2,417円(税抜)
    メリット
    初回登録で30日間の無料期間
    初回登録で1100ポイントがもらえる(新作映画2本分)
    無料期間中なら新作・準新作以外のDVD・CDが借り放題
    DVDを借りに行く必要がない
    DVDレンタルの延滞料金が0円
    無限と言っても過言ではない圧倒的な視聴可能作品数
    ジブリ作品はTSUTAYAディスカスだけ!
    デメリット
    DVDレンタルの場合は配送時間がかかる(ただし、北海道・九州を除き、翌日配達率98%)
    30日間の無料期間中は新作DVDのレンタルができない(TSUTAYA TV無料ポイントなら視聴可能)

    \作品数、無限。/

    >>TSUTAYAディスカス/TV公式で無料トライアルを試してみる<<

    music.jpの概要・特徴・メリット・デメリット

    music.jpってどんなサービス?

    music.jpは、エムティーアイが運営する動画配信サービスで、名前のとおり当初は音楽配信サービスとして立ち上がったものの、現在は「動画」や「電子書籍」などのコンテンツも充実し、「音楽」「動画」「電子書籍」の3つを利用できる総合エンタメサービスです。

    そんなmusic.jpの特徴は、業界トップレベルの30日間の無料トライアル期間と、なんといっても業界No1となる無料トライアル1,600ポイントが最大の魅力!

    これは新作映画3本分、準新作・旧作であれば4本以上に相当します。

    月額料金が高い、見放題作品が少ないなどのデメリットはあるものの、見たい作品が決まっている方には十分に満足できるサービスです!

    music.jp
    music.jp
    サービス概要・特徴
    • 無料トライアル期間:30日間
    • 無料トライアルポイント:1,600ポイント
    • 無料トライアル期間内の解約:OK
    • 月額料金:1,780円(税抜)
    • 動画配信数:18万本
      メリット
      初回登録で業界最長級の30日間の無料期間
      初回登録で業界最多の1600ポイントがもらえる(新作映画3本分)
      国内最大級の18万本以上の動画配信数
      音楽・動画・電子書籍をまとめて楽しめる
      最新作がいち早く配信される
      ハイレゾ対応の超高音質の音楽が楽しめる
      漫画の品揃えも充実
      デメリット
      月額料金が他の動画サービスより高い
      聴き放題や見放題作品が非常に少ない
      動画ポイントは付与された月しか使えない

      \業界No1の無料トライアル1,600ポイント/

      music.jp

      >>music.jp公式で無料トライアルを試してみる<<

      無料動画投稿サイトのPandoraやDailymotionで見れる?

      これらの無料動画投稿サイトのなかで、作品の一部シーンだけ見れるサイトも存在します。

      ただし、次の理由からおすすめできません

      • 違法サイトは海外サーバーを使用していることが多い
      • ウイルス感染し、クレジットカードの情報が盗まれた
      • フィッシング詐欺、ワンクリック詐欺などで、後日高額請求が来た

      といった事例が報告されています。

      最近ではYouTubeなどの規制が厳しくなってきたサイトでは、違法アップロードで逮捕者が出ています。

      また、違法アップロードを視聴することも違法であるため、今後ますます無料動画投稿サイトに対する規制が厳しくなってきます。

      これらの無料動画投稿サイトでの視聴は自己責任になりますが、個人的には安心・安全かつ合法でフル動画が見れる動画配信サービスのご利用をおススメします♪

      \安心、安全に/

       

      映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の作品情報

      基本情報

      作品名ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT
      原題The Fast and the Furious: Tokyo Drift
      原作
      制作年2006年
      製作国アメリカ、ドイツ
      制作会社(配給会社)レラティビティ・メディア オリジナル・フィルム、ユニバーサル・ピクチャーズ
      公開年(公開日)2006年9月16日
      上映時間(話数)104分
      公式サイト
      公式Twitterhttps://twitter.com/WildSpeed_jp?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor
      公式Facebook
      公式Instagram
      主題歌

      あらすじ

      大人気カーアクション映画「ワイルド・スピード」シリーズの第3弾!

      今作は東京を舞台に、1作目2作目を超えるほどの、とびきりのスピード感のアクションシーンが盛りだくさんです。

      前2作とは登場人物もガラッと変わり、ストリートレースの魅力にハマる若者が主人公となった「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」。

      日本を代表するアクション俳優、千葉真一さんや、女優の北川景子さんも出演しています。

      渋谷の街や首都高など、見慣れた場所で繰り広げられるカーレースは、自分も物語に入り込んだような感覚で、まさに手に汗握ります!

       

      アメリカ、アリゾナ州。

      車が生きがいでストリートレースにハマる高校生、ショーン・ボズウェルは、友人の挑発に乗って参加したカーレースで衝突事故を起こし、警察に逮捕されてしまいます。

      今までに何度も同様の騒動を起こしてきたショーン。

      今回の件で息子に愛想が尽きた母親は、日本の米軍基地で軍人として働く父親の元へ、ショーンを送る事にします。

      東京の高校に通う事になったショーンは、「カーレースはしない」という父親との約束を破り、同級生の誘いのままにドリフトバトルに行ってみることに。

      深夜の街の立体駐車場で行われるそのドリフトバトルで、「ドリフトキング」と呼ばれるタカシの存在を知ります。

      タカシは天才と言われるほどのテクニックをもつ走り屋であり、この街をシマとしている暴力団の組長、カマタ(千葉真一さん)を叔父に持っていました。

      ドリフトに関しては知識も経験も全くないショーンでしたが、タカシの弟分ハンから車を借り、無謀にもバトルに挑むことに。

      ドリフトに不慣れなショーンは案の定、借りた車をボロボロに壊したあげく、余裕のタカシを前に大惨敗してしまいます。

      しかし、ショーンにドリフトの才能があると感じ取ったハンは、タカシへの下克上を狙い、ショーンにドリフトを一から教え込むことを決めます。

      猛特訓を始めた2人。

      果たして、ショーンが「ドリフトキング」となる日は来るのでしょうか?!

       

      ロサンゼルス、マイアミに続く舞台として選ばれたのは、ドリフト発祥の地とも言われる日本。

      立体駐車場でのバトルシーンは、衝突ギリギリのドリフトシーンや派手なアクション連発で、物語序盤から目が離せません。

      渋谷の街の大型ビジョンや東京の住宅地など、前2作とはガラッと変わり、見慣れた街並みでのシーンにワクワクします。

      主人公ショーンたちが通う高校は、東京都中央区にある廃校となった学校で、またレースシーンの一部は東京高速道路の、鋸山登山自動車道で撮影されたそうです。

      海外では、“Sonny Chiba”の名でカンフーファンから愛されている千葉真一さんの、迫力ある暴力団組長にも注目です!

      キャストとスタッフ

      映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のキャスト陣とスタッフ陣をご紹介します。

      キャスト

      キャスト
      • ショーン:ルーカス・ブラック(小西克幸)
      • ニーラ:ナタリー・ケリー(佐古真弓)
      • トウィンキー:バウ・ワウ(大畑伸太郎)
      • カマタ:千葉真一
      • D.K.:ブライアン・ティー(最上嗣生)
      • ハン:サン・カン(室園丈裕)
      • レオナルド・ナム(星野貴紀)
      • レイコ:北川景子
      • 妻夫木聡
      • ビン・ディーゼル
      詳細を見てみる

      主人公のショーンを演じたルーカス・ブラック。


      アメリカ出身で、1990年代後半に、子役としてテレビシリーズ『アメリカン・ゴシック』などに出演しますが、一度、学業に専念し、高校卒業後に俳優業を再開。

      その後、数々の映画やTVドラマを経て、2005年には、サム・メンデス監督の大ヒット映画『ジャーヘッド』に出演します。

      そして、2006年、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の主人公に大抜擢。

      以降も、多くのの作品に出演しています。

      ヒロイン・ニーラを演じたのはナタリー・ケリー。

      この投稿をInstagramで見る

       

      nathalie kelley🌙(@natkelley)がシェアした投稿


      ペルー出身のオーストラリア人で、シドニーにあるニコール・キッドマンの出身高校へ通ったことがきっかけで、女優になることを志し、大学を卒業後に渡米します。

      そして、2006年に、本作品でスクリーンデビューを果たすと、以降、多くの映画やTVドラマで活躍中。

      2010年には、歌手ブルーノ・マーズの大ヒット曲『Just the Way You Are』のMVにも出演しました。

      スタッフ

      スタッフ
      • 監督:ジャスティン・リン
      • 製作:ニール・H・モリッツ
      • 製作総指揮:クレイトン・タウンゼント
      • 脚本:クリス・モーガン
      • 撮影:スティーブン・F・ウィンドン
      • 美術:アイダ・ランダム
      • 衣装:サーニャ・ミルコビック・ヘイズ
      • 編集:フレッド・ラスキン、ケリー・マツモト
      • 音楽:ブライアン・タイラー
      • 制作協力:シネバザール
      • ラインプロデューサー和田倉和利
      • 制作担当森徹、森賢正、岩谷浩
      • 助監督谷口正行、船橋哲男、山本透、市原大地
      • スタントコーディネーター:横山誠
      • 操演小林正巳
      • 美術花谷秀文
      • 照明和田雄二
      • 装飾:赤塚佳仁
      • 刺青田中光司
      • キャスティング杉野剛
      • ラインプロデューサー:石田基紀
      • 助監督児玉宜久
      • 撮影福本淳
      • スタントカーコーディネーター:大友千秋
      詳細を見てみる

      メガホンをとったのはジャスティン・リン監督。

      台湾系アメリカ人で、カリフォルニア大学のロサンゼルス校で、映画製作を学びます。

      在学中の1997年に、クエンティン・リーと共同で『Shopping for Fangs(原題)』を監督。

      2002年、初めて単独でメガホンをとった『Better Luck Tomorrow(原題)』で注目を浴び、2006年に、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』の監督に抜擢されました。

      以降、『ワイルド・スピード MAX』(2009年)、『ワイルド・スピード MEGA MAX』(2011)、『ワイルド・スピード EURO MISSION』(2013年)、『スター・トレック BEYOND』(2016年)など、手掛けた作品が大ヒット。

      中でも、『ワイルド・スピード EURO MISSION』は興行収入844億円超を稼ぎ出しています。

      まさに、MEGAヒットメーカーですね!

      口コミ・感想・評価

      「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」の口コミ・感想・評価をご紹介します。

      「そもそもワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTを見ようか迷っている」という方の参考になると思いますので、気になった方はご覧ください。

      ※ネタバレを含んだ内容の場合もありますので、ご注意ください。

      ひと味違う「ワイルド・スピード」

      【ワイルド・スピード初、日本が舞台に!】 映画「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」は、ワイルド・スピード初の日本が舞台となりました映画です。 妻夫木聡さんや北川景子さんなど、今では有名な俳優さんと女優さんが出演してる豪華なキャスティングが魅力的です。 ワイルド・スピードは豪快なカーアクションが見所ですが、ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFTは、「ドリフト」のカーアクションが楽しめます。

      「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」の感想は、”日本が舞台”となりましたことに衝撃と喜びを感じました!日本が舞台だからこそのカーアクションに新鮮さを感じて、とても楽しかったです。主人公や悪役のキャストは、海外の俳優さんではありますが、妻夫木聡さんや北川景子さんなど、今では有名な俳優さんと女優さんが出演されています。特に妻夫木聡さんの登場シーンはほんの数秒にはなりますが、妻夫木聡さんを発見したときの喜びは今でも覚えています。「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」を鑑賞したなかで、一番感動しましたシーンは、「ワイルド・スピード」の主人公である、ドミニク・トレッド(ヴィン・ディーゼル)が登場するというシーンに大興奮しました!
      ミク(20代・女性)
      詳細を見てみる

      日本人なら観ておきたい少しレアなワイスピ作品

      かなりショッキングな結末!2021年公開の9作目を観る前に鑑賞するのがベター

      ワイルド・スピードシリーズの中でもやや異質である『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』は、主に東京のドリフト文化に焦点が当てられています。また東京を舞台とした本作品は、時に珍作などと言われることもありますがコアなファンも大勢います。更にこの映画の主人公はショーンという名の高校生ですが、ワイスピシリーズのファミリーであるハンにスポットが当てられた作品としても有名です。もしもこのシリーズを時系列で鑑賞したいのであれば、6作目の後に鑑賞するのがベターかも知れません。立体駐車場内で繰り広げられるドリフトバトルシーンはいかにも東京らしく、こんなカルチャーが実際に存在するとは思えませんが、これがハリウッド作品になり世界に届いているところが興味深いです。高校生のショーンにハンが教えるのはドリフトだけでなく生き方そのものであり、ハンの名言は多くのワイスピファンの心を動かしました。ハンを演じるのはアジア系アメリカ人のサン・カン。ハンの優しい性格や過去の悲しみがよく表れている分、後半はかなり泣けるストーリーになっています。
      しずか(40代・女性)

      東京でカーアクション

      ついに東京が舞台

      ワイルドスピードは現在でも続く超人気な長編作品ですが、このシリーズはなんと、東京が舞台になっています。本来の主要キャラクターが出演しているわけではありませんが、シリーズを全て観ていくと、この回の重要性と後のシリーズとのつながりに気がつくはずです。後に主要キャラクターとなる重要人物が初登場するのもこの回です。また、ストーリーはワイルドスピードらしいカーアクションが中心となっており、ドリフトを極めて車の運転技術向上と悪者を倒すというシナリオになっています。後にも先にも、この世界的に有名な作品が東京を舞台に撮影され、公開することはもうないと思います。この作品以降に続くシリーズのためにも絶対に見逃せない回です。
      AKB55(30代・男性)

      車好きは絶対見るべき!!

      大切な仲間との別れに涙溢れました

      我が国、日本!そして日本といえば東京!そんな東京を舞台にワイルドスピードがやってきましたー!ワイスピ大ファンな日本人には堪らない映画だったのではと思います。主人公はポールウォーカーでは無かったのが少し残念ではありましたが、迫力は変わらずにダイナミック!東京を走り回るカーチェイスシーンは、たまったものではありません。スペシャルゲストであの妻夫木君が出ていたのにも大興奮でした!車もかっこいいけどクールな妻夫木君も物凄くかっこよかったです。中盤では、仲間が死んでしまうシーンがあります。個人的に凄い好きなタイプだっただけに、凄いショックでした。ですが、あのワイスピが東京を舞台にするなんて、今改めて思うと物凄く凄い事ですよね。ワイスピは永遠です!
      emakoさん(30代・女性)

      他のワイスピとは全然違う作品

      東京が東京じゃなくて面白い

      ワイルドスピードシリーズの中でも異色を放っている今作品。1と2を見たあとに見ると、あれ、、?ブライアンは、、、?知ってる人どこ、、、?ってなります。私もなりました。正直、私は1時間くらい見たところで途中でやめて次のMAXをみはじめちゃいました。3を見なくてもストーリーは問題なく理解できるし、時系列も異なるのでネットで調べて時系列順にみるのも面白いかなと思います。映画の舞台が東京なので、真木よう子や北川景子、妻夫木聡など私でも知っている日本人がたくさん出てきて驚きました。またアメリカの日本へのイメージが現実と乖離しすぎてて面白いです。アベンジャーズエンドゲーム然り、ハリウッド映画に出てくる日本は面白いですよね。そんな雰囲気を味わいたい人は好きだと思います。
      かれん(20代・女性)

      日本を舞台にしたカーレース作品

      ワイスピのスピンオフです。

      ワイルドスピードシリーズにおけるスピンオフ的な作品になっていて東京を舞台とした設定にてカーレースなどを展開していくアクロバットな内容に感じましたが、各シーンに登場する街のネオンやパチンコ店などの店内の様子などがその時代の東京の情景を見事に再現していて感動に近いものを感じました。ワイルドスピードシリーズでおなじみのドレスアップした車も日本車が登場する頻度が今回は特にあり、車好きな人にとってはワクワクした高ぶった気持ちで観れる内容になっているかと思います。また、友人出演的に北川景子さんや妻夫木聡さんといった日本人の役者も出ていて他のシリーズ作品よりも少し身近な感覚で観れるライトな印象もありました。作中にハンが亡くなるのがかなり残念な展開でしたが最後は気持ちよく勝利して終わる納得できる内容になっていて良かったです。
      GJA(30代・男性)

      その他ネットの口コミ・感想・評価

      詳細を見てみる

      https://twitter.com/fu_furu_/status/1220488807587270657

      あわせて見たいおススメ作品

      ここでは『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』とあわせて、『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』がお好きな方、もしくは気になる方に、当サイトおススメの関連作品をいくつかご紹介します!
      ルーカス・ブラックのおススメ関連作品

      これらの作品はごく一部になりますが、すべて動画配信サービスなどで視聴が可能となっています。

      ぜひ無料トライアル期間中に、たくさんの作品を楽しんでみてください♪

      映画『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』のまとめ

      「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」のフル動画配信を無料視聴する方法をご紹介してきました。

      最後にもう一度、本記事の内容をまとめます。

      本記事のまとめ

      配信サービス配信状況無料期間と月額料金
      31日間無料
      月額1990円
      30日間無料
      月額2417円
      30日間無料
      月額1780円

      • 「ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT」を無料で見るならU-NEXTがおススメ
      • 業界最長となる31日間の無料トライアルを実施中
      • 業界No1の19万本の見放題作品が視聴できる
      • 600円分のポイントがタダでもらえる
      • 過去にU-NEXTを利用したことがある人は、TSUTAYAディスカス/TVもしくはmusic.jpがおススメ
      • PandoraやDailymotionなどの動画共有サービスは、違法性など視聴リスクが高いのでNG

      どの動画配信サービス(VOD)も無料お試し期間を設けていることが多いため、気になるサービスがあれば、まずは無料登録してみて使い勝手を比較してみるのもおススメです。

      ただし、この無料トライアルキャンペーンは予告なく変更・終了になる可能性があります。

      無料トライアルキャンペーンがある今のうちに、好きな動画を思い存分楽しんでみてください♪

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      \本日から【1月4日】まで無料!/

      ※無料期間中の解約で、0円。

      >>TSUTAYAディスカス/TV公式サイトはコチラ<<

      >>music.jp公式サイトはコチラ<<

      ※本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況は各動画配信サイトにてご確認ください。