福井市コロナウイルス感染者は誰で職場や病院はどこ?日華化学の江守康昌社長と判明!

3月18日、福井県福井市に住む50代男性会社役員が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

福井県で新型コロナウイルス感染者が確認されたのは初めてとなります。

男性は東京都内の滞在歴があるようです。

「福井市コロナウイルス感染者は誰で職場や病院はどこ?行動歴、感染経路は?」と題し、詳細を確認してみます。

 

追記その後の報道で、50代男性会社役員が日華化学の江守康昌社長と発表されました。

福井市に住む50代男性会社役員が新型コロナウイルスに感染!行動歴や感染経路は?

3月18日、福井県福井市に住む50代男性会社役員が新型コロナウイルスに感染していることがわかりました。

報道や福井県のホームページによると、行動歴や感染経路、症状経過について、

  • 3月6日~8日 東京滞在(飛行機で移動)
  • 3月12日 37度台の発熱
  • 3月14日 発熱継続、県内の医療機関Aを受診
  • 3月16日 解熱のため出社
  • 3月17日 解熱のため出社
  • 3月18日 発熱継続、倦怠感、県内の医療機関Bを受診、医療機関Cを紹介受診、帰国者・接触者外来の医療機関Dを受診、新型コロナウイルス陽性

とのこと。

現在は感染症指定医療機関に入院しており、容体は軽症のようです。

このまま体調が回復されると良いですね。

男性は3月6日~8日に東京に滞在していたことから、この間に感染した可能性が高いのでしょうか。

福井、東京間の移動手段については飛行機であることが発表されていますが、滞在先の場所や、その他公共交通機関の利用有無についてはまだ発表されていません。

福井には小松空港があるようですので、小松空港と羽田空港間を利用された可能性が高そうですね。

フライト時間はちょうど1時間のようですので、東京で感染したとすると、帰りの飛行機内での感染も気になりますね。

東京から福井の便は、日曜日だと1日5便ほどあるようです。

出典:Googleフライト

どの便かは発表されていませんが、参考にしていただければと思います。

発症後に熱が下がったため「3月16日」「3月17日」の2日間は出社されていたようです。

通勤手段や社内感染、職業なども気になるところですね。

現時点での濃厚接触者は、妻と会食をした会社関係者のあわせて5人のようです。

今後も福井市にて調査するとのことです。

福井市に住む50代男性会社役員は誰で職場は?日華化学の江守康昌社長であることが発表!

今回感染が確認された福井市に住む50代男性会社役員について、現時点で判明している情報をまとめます。

名前:江守康昌
年齢:58歳
住所:福井県福井市
職業:化学メーカー日華化学社長


居住地は「福井県福井市」であることが発表されています。

これ以上の情報は風評被害や個人情報の観点から発表されることはなさそうですね。

男性は会社役員をされているようですが、現時点でどこの会社かは発表されていません。

不特定多数の方と接触するようなお仕事であれば、会社から公表される可能性があるかもしれません。

また、発症後にも勤務されていることから、社内に濃厚接触者がいる可能性も高いと思いますので、この辺りも含め新しい情報が発表される可能性がありそうですね。

 

追記その後の報道で、感染が確認された福井市に住む50代男性会社役員は化学メーカー日華化学の江守康昌社長であることが発表されました。

社長が勤務していた福井本社は、約半数の従業員250人が自宅待機、本社の消毒は完了済みとのことです。

日華化学の本社の住所は「〒910-8670 福井県福井市文京4丁目23−1」になります。

福井市に住む50代男性会社役員の受診、入院した病院は?4医療機関!?

今回感染が確認された福井市に住む50代男性会社役員は、新型コロナウイルスが確認され入院するまでに、3つの医療機関を受診していたことがわかっています。

ただし、どの病院かは発表されていません。

これまでの事例では、県や市からの発表がなくても、病院側がホームページなどで発表するケースがありましたので、いずれかから発表される可能性がありそうです。

男性は現在感染症指定医療機関に入院しているそうです。

福井県内の感染症指定医療機関で、感染症病床を有する医療機関は以下のとおりです。

  • 福井県立病院
  • 福井赤十字病院
  • 独立行政法人地域医療機能推進機構 福井勝山総合病院
  • 公立丹南病院
  • 市立敦賀病院

この中で、福井市内にある「福井県立病院」もしくは「福井赤十字病院」の可能性が高そうですね。

ネットの反応

まとめ

「福井市コロナウイルス感染者は誰で職場や病院はどこ?行動歴、感染経路は?」と題し、詳細を確認してみました。

男性は発症前に東京に滞在していたとのことで、その間の感染の可能性が高そうですね。

現在は感染症指定医療機関に入院していて症状は軽症とのことですので、このまま1日も早く回復されると良いですね。